ホッフェンハイムが最年少出場記録を持つ逸材FWバイアーとプロ契約締結

2020.10.20 16:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは19日、下部組織に所属するU-18ドイツ代表FWマキシミリアン・バイアー(18)とプロ契約を締結したと発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年契約となる。バイアーは2002年10月17日生まれで、契約締結の2日前に18歳の誕生日を迎え、晴れてプロ契約を締結する形となったようだ。

エネルギー・コットブスのユース出身のバイアーは、U-17カテゴリーからホッフェンハイムに所属。昨年11月1日のブンデスリーガ第10節パーダーボルン戦でファーストチームの一員として初のベンチ入りを果たすと、今年2月8日に行われた第21節のフライブルク戦でブンデスリーガデビュー。17歳と113日でのデビューは現バイエルン所属のドイツ代表DFニクラス・ジューレの記録を抜き、クラブ史上最年少出場記録となった。

ユース育ちの逸材のプロ契約締結に同クラブのアレクサンダー・ローゼンSD(スポーツ・ディレクター)もコメントを発表。大きな期待を寄せた。

「マキシは非常に才能のある若い選手で、我々は将来に向けて大きな自信を持っている」

「マキシには大きな可能性があり、私たちは彼が成長するために必要な時間を十分に与えるつもりだ」

「我々が示している道の代表的な例だ。我々のアカデミーの才能をプロのチームと統合しそこで育成することは、我々の中心的な柱となっており、今後も続いていく」
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナ、ホッフェンハイムCBボハルデに関心! 叔父はクラブOBウィンストン氏

バルセロナがホッフェンハイムに所属するU-18オランダ代表DFメレイロ・ボハルデ(18)に関心を示しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が主張している。 バルセロナでは元々の選手層の薄さに加え、ディフェンスリーダーを務める元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期離脱によってセンターバックに大きな問題を抱えている。 この状況を受けて、フリーで獲得可能な元アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライ(34)の緊急補強に加え、今冬の移籍市場において予てより獲得を熱望するマンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシア(19)への関心を強めているようだ。 ガライの獲得の可否は別として、財政難のバルセロナにとって今冬のタイミングでのエリック・ガルシアの獲得には2000万ユーロ(約24億6000万円)と言われる移籍金が必要とされており、主力の売却による資金調達が必要と見られている。 そういった中、ディ・マルツィオ氏によると、バルセロナは新たな補強オプションとしてボハルデの獲得を考慮しているという。 フェイエノールトのアカデミー出身で、現在はホッフェンハイムのトップチームでプレーするボハルデは、184cmの身体能力と足元の技術に優れる現代型のセンターバックだ。 ホッフェンハイムでは今年5月に行われたブンデスリーガのマインツ戦でトップチームデビューを飾り、今シーズンはリーグ戦1試合とヨーロッパリーグ1試合に出場している。 ただ、クラブとの現行契約は今シーズン終了までとなっており、現時点では退団を選択する可能性が高いという。 そして、バルセロナはより安価な金額で獲得可能で、ポテンシャルの高い18歳DFの獲得に向けて、ホッフェンハイムと接触しているという。ただ、同選手に対してはミランも関心を示しているようだ。 なお、バルセロナがボハルデを獲得するうえで大きなアドバンテージとなり得るのは、同選手の叔父である元オランダ代表DFのウィンストン・ボハルデ氏の存在だ。 ウィンストン氏はアヤックス時代にルイス・ファン・ハール監督の薫陶を受け、1997年から2000年までバルセロナでプレーしたクラブOB。さらに、現指揮官のロナルド・クーマン監督は当時、ファン・ハール監督のアシスタントコーチとしてウィンストン氏を指導していた旧知の仲だ。 2020.11.26 23:55 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、土壇場弾でホッフェンハイムとの打ち合いはドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは21日、ブンデスリーガ第8節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-3で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節フランクフルト戦を2-2の引き分けに持ち込まれた8位シュツットガルト(勝ち点10)は、日本代表戦でも出色のパフォーマンスを発揮した遠藤が[3-5-2]のボランチで開幕から8試合連続先発となった。 13位ホッフェンハイム(勝ち点7)に対し、ハイプレスをかけていったシュツットガルトは5分、高い位置でボールを奪ってディダヴィがボックス左から決定的なシュートを放った。 良い入りを見せたシュツットガルトは14分に遠藤がミドルシュートでオンターゲットを記録。しかし16分、ルーズボールを拾ったバウムガルトナーにペナルティアーク中央からファーストシュートを打たれると、これが決まってしまった。 それでも2分後、遠藤のパスを受けた右サイドのニコラス・ゴンサレスがカットインからボックス右に侵入してゴール左へ蹴り込んだ。 ニコラス・ゴンサレスの個人技で同点としたシュツットガルトは27分、ニコラス・ゴンサレスのヘディングシュートはバーに直撃するも、ルーズボールをワマンギドゥカが押し込んで一気に逆転に成功する。 39分にもワマンギドゥカがコントロールシュートで3点目に迫ったシュツットガルトが2-1で前半を終えた。 しかし後半開始3分、セセニョンに同点弾を許したシュツットガルトは、50分に遠藤がミドルシュートで牽制。 その後は一進一退の攻防が続いていたが、70分にPKを献上してしまう。グリリッチュにディフェンスライン背後を取られ、アントンがボックス内で倒してしまった。このPKをクラマリッチに決められたシュツットガルトは、なかなかチャンスを作れずにいたが、試合終了間際に追いつく。 追加タイム3分、パワープレーで上がっていたボックス左のケンプフがスローインの流れからシュートを蹴り込んでシュツットガルトが土壇場で同点とした。直後にタイムアップとなり3-3で終了。打ち合いはドローに終わっている。 2020.11.22 01:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムで感染者続出、選手6名感染で代表からも離脱者が

ホッフェンハイムでのクラスター発生により、代表選手にも影響が出ている。 ホッフェンハイムは11日、ドイツ代表MFセバスティアン・ルディと元アルジェリア代表FWイシャク・ベルフォディルの両選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示したと発表した。 さらに、前日の検査で不明となっていたドイツ代表DFケビン・フォクトも陽性反応になったとし、ドイツ代表から隔離されたとしている。 ホッフェンハイムでは、10日にデンマーク代表FWロバート・スコフ、イスラエル代表FWモアネス・ダブールの両選手が陽性反応を示しており、7日にはデンマーク代表MFヤコブ・ブルーン・ラーセンが感染。これで合計6名が陽性反応を示したこととなった。 また、この影響を受けてドイツ代表に招集されていたGKオリバー・バウマンが隔離措置を取るために離脱。U-21イングランド代表に招集されていた、MFライアン・セセニョンも離脱することが発表されている。 2020.11.12 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムでもコロナが蔓延、新たにルディとベルフォディルが感染

ホッフェンハイムは11日、ドイツ代表MFセバスティアン・ルディと元アルジェリア代表FWイシャク・ベルフォディルの両選手が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを発表した。 ホッフェンハイムでは前日にデンマーク代表FWロバート・スコフ、イスラエル代表FWモアネス・ダブールの両選手が陽性反応を示していた。 また、7日にはデンマーク代表MFヤコブ・ブルーン・ラーセンの感染も確認されていた。 代表に合流していたスコフとダブールに関しては自己隔離に入っているとのことだ。 ホッフェンハイムは声明にて「感染拡大の理由を説明することができない。我々は何カ月もの間、衛生面で細心の注意を払い、パンデミックを乗り越えてきた」と困惑している様子を隠さなかった。 2020.11.12 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

R・セセニョンがドイツで人種差別被害に「最悪なのは僕がそれほど驚いてないということ」

ホッフェンハイムのイングランド人MFライアン・セセニョンが人種差別の対象になってしまったようだ。 今夏の移籍市場最終日に、トッテナムからホッフェンハイムへのレンタル移籍が決まったR・セセニョン。加入後はここまで公式戦全5試合に出場しており、新天地で印象的なスタートを切っている。 しかし、そんなR・セセニョンに看過できない事態が起こっているようだ。同選手は先日、自身の公式インスタグラムを通じて、自分宛に届いた誹謗中傷のコメントを公開。一部モザイクがかけられているものの、いわゆる俗語が並んでいた。 ホッフェンハイムも公式ツイッターを通じて「ホッフェンハイムは寛大、統合、そして尊重を強調します。我々はすべての差別を否定し、『NoToRacism』を叫び続けます」と声明を発表している。 その一連の流れでR・セセニョンが気になるコメントを残している。 「本当に信じられない。でも最悪なのは、僕がそれほど驚いていないということだ。気味が悪いね」 同選手の言う通り、今日ではサッカー界だけでなく、世界中で人種差別がはびこり、そういった発言や行動が珍しくなくなってしまっている。R・セセニョンの発言は、そんな情勢を一言で皮肉るとともに示唆に富んだものとなった。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Today, our player <a href="https://twitter.com/RyanSessegnon?ref_src=twsrc%5Etfw">@RyanSessegnon</a> was the target of horrific online racist abuse.<a href="https://twitter.com/hashtag/TSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TSG</a> stands for tolerance, integration and respect. We reject all forms of racism, discrimination and exclusion and say <a href="https://twitter.com/hashtag/NoToRacism?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NoToRacism</a>! <a href="https://t.co/mb6yvSk4Yg">pic.twitter.com/mb6yvSk4Yg</a></p>&mdash; TSG Hoffenheim EN (@tsghoffenheimEN) <a href="https://twitter.com/tsghoffenheimEN/status/1323396318744748032?ref_src=twsrc%5Etfw">November 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.03 20:50 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly