ベイル再デビューのスパーズ、前半にケイン&ソン躍動も最終盤の連続3失点でハマーズに痛恨ドロー…《プレミアリーグ》

2020.10.19 02:42 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第5節、トッテナムとウェストハムによるロンドン・ダービーが18日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。インターナショナルマッチウィーク前に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦を6-1の圧勝で飾り、9月中旬からの超過密日程を最高の形で締めくくったトッテナム。さらに、今月16日にはスウォンジーからウェールズ代表DFロドンを獲得し、今夏7人目の新戦力を迎え入れ、充実の移籍市場を終えた。

そして、今季初のリーグ連勝を狙う代表戦明けの今節ではウォルバーハンプトン、レスター・シティを相手に連勝を飾るなど、調子を上げるウェストハムとのダービーに臨んだ。ユナイテッド戦からは先発2人を変更。負傷のダイアー、ラメラに代えてアルデルヴァイレルト、ベルフワインが起用され、注目のベイルは同じく新戦力のカルロス・ヴィニシウスと共に初のベンチ入りを果たした。

戦前は好調同士による拮抗したダービーが予想されていたが、蓋を開けてみれば、ホームチームの独壇場となる。開始45秒、自陣深くで相手のハイプレスをかいくぐったトッテナムは、エンドンベレの横パスを受けたケインが前線で相手の背後を狙っていたソン・フンミンへ見事なミドルレンジのスルーパスを通す。これを受けた韓国代表FWはボックス左からのコントロールシュートを右隅に流し込み、電光石火の先制点とした。

これで勢いづくトッテナムは8分、ケインを起点としたカウンターからボックス左でこぼれ球を拾ったソン・フンミンがキープしてケインの足元へ短いパス。ペナルティアーク付近でボールを受けた背番号10は細かいタッチでライスの股を抜きシュートコースを作ると、GKファビアンスキが反応すらできないニア下を抜く右足のシュートを突き刺す。

さらに、16分にはホイビュルク、ソン・フンミンと繋いで左サイド深くに抜け出したレギロンにボールが渡ると、ファーでボールを呼び込むケインへ絶妙な浮き球のクロスが供給され、これをエースが難なく頭で流し込んだ。

今シーズンに入ってより破壊力を増すケインとソン・フンミンのコンビで、わずか15分あまりで3点を奪う余裕の展開となったトッテナム。その後はゲームコントロールを優先した戦い方にシフトしつつも、鋭いカウンターは健在。エンドンベレの絶妙なスルーパスに抜け出したオーリエからの際どい折り返し、3トップ揃い踏みといきたいベルフワインも果敢にゴールを目指す。

一方、難敵相手の連勝の勢いをもって試合に入ったものの、苦しい状況が続くウェストハムは、好調のアントニオ、フォルナルス、ボーエンのアタッキングユニットがなかなか仕事できない。前半終了間際にはボックス付近でコウファルが豪快に右足を振り抜くが、これもケインの身体を張ったブロックに阻まれた。

ハーフタイムにモイーズ監督から激しい檄が飛んだか、後半立ち上がりはウェストハムが良い入りを見せる。相手のカウンターを恐れず、人数をかけた攻撃から50分にはアントニオの強烈なシュートのディフレクトに反応したフォルナルスに絶好機も、ゴール至近距離からのヘディングをふかしてしまう。

序盤のハマーズの猛攻を何とか凌いだトッテナムは後半も15分を過ぎて反撃を開始。カウンターでケインらが4点目に迫り、攻勢に出たアウェイチームを徐々に押し下げることに成功した。

その後、この試合で最も注目を集める存在となっていたベイルに出番が訪れる。72分、ベルフワインとの交代となったウェールズ代表MFは2013年5月以来となるスパーズの一員としてプレミアリーグのピッチに立った。そして、ファーストプレーではボックス手前右やや距離のある位置からの直接FKを枠に飛ばす挨拶代わりのシュートも見せた。

右ウイングの位置でケイン、ソン・フンミンとの絡みに注目が集まったが、試合は終盤にかけて思わぬ展開に。

後半立ち上がり以降、ほとんど攻撃の形を作れずにいたウェストハムだが、82分に相手陣内左サイドで得たクレスウェルのFKからバルブエナのヘディングゴールで1点を返すと、そのわずか3分後には右サイド深くでコウファルが入れた高速クロスがDFサンチェスのオウンゴールを誘い、瞬く間に1点差に詰め寄る。
これで一気にダービーの熱気が戻ってくると、92分にはベイルに大きな見せ場が訪れる。ロングカウンターからボックス手前でケインからパスを受けたベイルは絶妙なタッチでDFをかわしてゴール前に抜け出すが、肝心のシュートは枠の右に外れる。

すると、この決定機を逃したトッテナムは試合終了間際の94分に1失点目とほぼ同じ位置で与えたFKの流れから、クレスウェルのクロスボールは何とか撥ね返すも、ウィンクスの短くなったクリアをペナルティアーク付近のランシーニに右足で豪快に振り抜かれる。この強烈なシュートがGKロリスの手を弾いてゴール右上隅の完璧なコースに決まり、ラストプレーで同点に追いつかれた。

そして、前半最初の16分間にトッテナム、後半最後の12分間にウェストハムに3点ずつが生まれた白熱のダービーは3-3のドロー決着。3点差を追いつかれての痛恨ドローとなったトッテナムは、ベイルの再デビュー戦を白星で飾ることはできなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナムが最終ラインでのパス回しからあっという間の崩しで速攻を決める!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はトッテナムのアルゼンチン代表MFエリク・ラメラが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トッテナムの速攻から最後はラメラが決める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2M1A4bmY1ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチンの名門リーベル・プレートでのデビューを経て、2011年夏に加入したローマで頭角を現したラメラ。2013年夏にトッテナムに加入し、ケガが多いものの長年チームを支えている。 ドリブルやパスでのチャンスメイクの他、ゴール前での決定的な仕事も得意とするラメラだが、2018年9月22日に行われたプレミアリーグ第6節のブライトン戦では、チームの見事な崩しからゴールを決めている。 前半に先制し、1-0とトッテナムリードで折り返して迎えた76分、最終ラインで相手からのプレスをかいくぐったMFエリック・ダイアーがセンターサークル内にいたラメラにパスを送る。素早く前を向いたラメラは左に開いていたFWルーカス・モウラにボールを預け、自らはボックス内へ走る。 ボールを受けたルーカス・モウラは大外から上がってきたDFダニー・ローズへパスを送り、ボックス左からローズがマイナスのボールを入れると、ボックス内に走りこんだラメラがダイレクトでゴールに沈め、美しい崩しから追加点を奪った。 このゴールで2点差としたトッテナム。終了間際に1点を返されるも、2-1と逃げ切り、勝利を収めている。 2020.10.20 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムが絶好調ソン・フンミンとの延長交渉開始か…週給の増加も検討

トッテナムが韓国代表FWソン・フンミンとの契約延長に動くようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 今シーズンのトッテナムは、爆発的な攻撃力を武器に公式戦9試合でわずか1敗。プレミアリーグでは2つの引き分けもあり7位に位置しているが、好調なトッテナムの攻撃陣を引っ張っているのがここまでプレミアリーグで7ゴールを記録し、得点ランキングトップタイに位置するソン・フンミンだ。 現在トッテナムはソンと2023年6月30日まで契約を結んでおり、週給は15万ポンド(約2050万円)と言われている中、ソンとの契約延長を望んでいるトッテナムは、週給の大幅な増加を検討しているという。 また、このタイミングでの契約延長交渉開始は、契約が2年を切ることを避けるという同チームのダニエル・レヴィ会長が定めたルールに従ってのことであるようだ。 さらに、今年1月にインテルへと完全移籍したデンマーク代表MFクリスチャン・エリクセンに関して、トッテナムは契約が残り1年になることから1700万ポンド(約23億2300万円)という市場価値よりもはるかに低い金額で売却。この失敗を繰り返さない意図もあるようだ。 『デイリー・メール』はソンのプレー以外でのチームへもたらす恩恵についても言及。アジアナンバーワンプレイヤーであるソンは、東南アジアでのマーケティング戦略の中でも重要な意味を持つと伝えた。 2020.10.20 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

3点差を追いつかれたスパーズファンの有頂天ツイートに、試合後のウェストハムMFライスが皮肉たっぷりのアンサーを返す

土壇場でトッテナム相手に3点差を追いついたウェストハムのMFデクラン・ライスのツイートが話題になっている。 18日に、プレミアリーグ第5節のトッテナムvsウェストハムも一戦が行われた。今夏レアル・マドリーから古巣トッテナムに復帰したFWガレス・ベイルの再デビュー戦ということで注目を集めていたこの試合だが、スポットライトを奪ったのはウェストハムだった。 試合開始から16分間で3失点を喫したウェストハムだったが、残り時間10分を切ったところで猛反撃を開始。82分、85分と立て続けにゴールを奪って、1点差のところまで詰め寄ると、後半アディショナルタイム4分にMFマヌエル・ランシーニの完璧な右足のミドルシュートがゴール右に突き刺さり、3-3のドローで終了した。 稀に見る劇的な展開に、ツイッター上ではあるトッテナムファンのツイートが残念な状態になってしまった。 3-0と楽勝の展開で有頂天だったあるトッテナムファンは、72分にベイルが投入されて間もない77分にランシーニが投入された際、「We bring on bale, West Ham bring on Lanzini(俺らはベイルを途中投入している一方で、ウェストハムはランシーニを途中投入だぞ笑)」とベンチから投入した選手の戦力差を揶揄するツイートを投稿。しかし、試合はそのランシーニの土壇場のゴールで追いつかれるという残酷な展開になってしまった。 このツイートに対し、劇的なドローに歓喜するウェストハムのライスが試合後に反応。「This Aged Well…(このツイートは時間を経てより良くなったね…笑)」と皮肉たっぷりのツイートを投稿し、“ロンドン・ダービー”で勝ち点2を落とした相手ファンを大いに煽った。 昔から「勝負は最後まで分からない」とよく言うが、試合終了前に調子に乗ってしまったため恥ずかしい目に遭ってしまったこのトッテナムファン。寓話のような展開になってしまったこの一件だが、勝負が決まるまで他言は避けた方が良いかもしれない。 <div id="cws_ad">◆ライスの皮肉たっぷりアンサー<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This Aged Well.... <a href="https://t.co/WzBYgXN5L0">https://t.co/WzBYgXN5L0</a></p>&mdash; Declan Rice (@_DeclanRice) <a href="https://twitter.com/_DeclanRice/status/1317890040291360769?ref_src=twsrc%5Etfw">October 18, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.20 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

思わず飛び跳ねた!劇的ドローのハマーズ指揮官「本当に大きな瞬間」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、劇的ドロー決着となったトッテナム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ウェストハムは18日、プレミアリーグ第5節でトッテナムとのロンドン・ダービーに臨んだ。試合は大方の予想を超えて、開始1分でFWソン・フンミンにゴールを許す苦しい立ち上がりとなる。 そこからさらに立て続けに失点を喫し、わずか16分で3失点。早くも敗戦模様となってしまう。 ところが、後半から徐々に修正を進めたウェストハムは、終盤の82分にDFファビアン・バルブエナのゴールで反撃の狼煙を上げると、85分にはオウンゴールで追加点。 これで1点差に詰め寄ると迎えた後半アディショナルタイム、FKのこぼれ球をMFマヌエル・ランシーニがボックス手前から見事なミドルシュートを突き刺し、土壇場で同点に追いついて見せた。 ラスト12分で3点差を追いついたパフォーマンスをモイーズ監督は絶賛。サポーターに見せられなかったことは嘆きつつも、劣勢の中でも選手たちを信じていたことを明かした。 「思わず飛び跳ねてしまったよ。それほど大きな瞬間だった。我々は0-3というスコアから舞い戻って見せた。それ以下でもそれ以上でもない」 「サポーターがスタジアムに居ないのは少し寂しいところだと思う。もし、満杯のサポーターの前で今日と同じことをしたら、それこそ信じられない瞬間になっていただろう。本当に彼らには早く戻ってきてほしいと願っているよ」 「前半は人々の言うことが正しかったのだと思う。私はホーム戦のように立ち回るべきだった。我々が良い入りが出来なかった一方、トッテナムは素晴らしかった」 「だが、15分が過ぎたあたりから我々もゲームをコントロール出来るようになった。何度か逃してしまったチャンスはあるがね」 「難しかったのはハーフタイムに(膝をつくような)決断をしないことだった。2、3人の選手を入れ替えると言うのは簡単だが、私は選手たちが良いプレーをしていると思っていた」 「本当に良かった。今夜の彼らは素晴らしかったよ。序盤はそうではなかったかもしれないが、12分、いや15分から同点の追いついた94分までね」 2020.10.19 14:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミン「大きなショック」 電光石火の先制弾で3点リードに導くもドロー

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがイギリス『スカイ・スポーツ』で落胆の心境を口にした。 トッテナムは18日に行われたプレミアリーグ第5節でウェストハムをホームに迎え撃ち、今季初の連勝がかかる一戦でキックオフから16分間で3点リードに成功。その点差のまま終盤に入ったが、82分の失点から守りが大崩れして、3-3のドローに終わった。 今季開幕からリーグ戦4試合で6ゴールの好調ぶりを際立たせ、開始1分にボックス左からのコントロールシュートで電光石火の先制劇を演じたものの、最終的にチームの勝利に結びつかなかったソン・フンミン。試合後、結果を悔やんだ。 「もちろん、選手たちはこの結果に打ちひしがれている。僕らは勝ち点3に値した。ラスト10分まで本当に良いプレーができてもいた。大きなショックだ」 「これがフットボール。絶対にあってはならないけどね。もう二度とこんなことをしたくない。今日の結果は僕らにとって良いレッスンになると思う」 「僕らは最初から試合を支配して、早い段階でゴールを決めた。ゲームをコントロールして、いくつか得点のチャンスもあったが、ホームで3点を奪ったのなら、ポイントロスはダメだ」 「最後の失点はただただ信じがたいものだった。誰もが2ポイントを落として、すごくがっかりしている。3ポイントを手にして、お祝いしたかったが、あんなことが起きてしまった」 2020.10.19 09:20 Mon
twitterfacebook