久保が決勝点演出も終了間際に退場…ビジャレアル、元エース&主将弾でバレンシアとのダービー制す!《ラ・リーガ》

2020.10.19 01:08 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第6節、ビジャレアルとバレンシアによるバレンシア自治州ダービーがエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、ホームのビジャレアルが2-1で勝利した。なお、ビジャレアルMF久保建英は64分から出場し、92分に2枚目の警告によって退場となった。

今夏、主将のパレホ、コクランが移籍したことで、因縁強まる今回の自治州ダービー。その中で前節のアトレティコ・マドリー戦で5試合連続途中出場となった久保は、エースFWジェラール・モレノの負傷による不在もあり、初先発が期待されたが引き続きベンチスタートとなった。

注目のダービーは開始早々に動く。ボックス手前右でボールを持ったチュクウェゼからの対角の浮き球パスに反応した左サイドバックのペドラサがDFガブリエウに倒されてPKを獲得。これをバレンシアの元エースであるパコ・アルカセルが冷静に流し込んだ。

幸先良く先制に成功したホームチームはボールの主導権を握り、[4-4-2]のブロックを敷くアウェイチームに対して、パレホ、イボーラを中心に小気味よくボールを動かし、9分にはそのパレホがミドルシュートで古巣のゴールを脅かす。
その後もビハインドのバレンシアが慎重な戦い方を選択したこともあり、ビジャレアルがストレスなく押し気味に試合を進めていく。

ただ、時間の経過と共にフィニッシュの回数が減り始めると、バレンシアが圧巻のゴラッソで追いつく。37分、左CKのショートコーナーからボックス手前左でパスを受けたゴンサロ・ゲデスがそのまま中に切り込み、パレホの股間を抜く強烈な右足の弾丸ミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。

ビジャレアルペースも1-1のイーブンで折り返した試合はより拮抗した展開に。互いに序盤から相手ゴールに迫っていくが、最後のところで精度を欠く。そういった中、ビジャレアルベンチは64分、トリゲロス、チュクウェゼに代えて久保と古巣初対戦のコクランをピッチに送り込む。

すると、この交代が勝ち越しゴールに繋がる。69分、左サイド深くに侵攻したモイ・ゴメスからボックス手前左でマイナスのパスを受けた久保が、ヴァスと交錯しながら後方スペースにヒールで落とす。これを拾ったパレホが強烈な右足のミドルシュートを放つと、クロスバーの内側を叩いたボールが古巣のネットを揺らした。

久保のお膳立てからバレンシアの元主将パレホにゴールが生まれ、ビジャレアルはその後も優勢に試合を運んでいく。一方、バレンシアは3枚替えを含む、積極的な選手交代で再び同点を目指す。

試合終盤にかけてはバレンシアの攻勢が続く中、ビジャレアルにアクシデント。92分、すでに1枚カードをもらっていた久保がボール奪取を狙ってスライディングを敢行した際に、遅れて入ってきたソレールの太ももを軽くスパイクしてしまい、2枚目のカードが掲示され、痛恨の退場となった。

それでも、残り時間を10人で守り切ったビジャレアルが元エース、元主将のゴールでバレンシアを破り、2試合ぶりの白星を手にした。

コメント
関連ニュース
thumb

久保の“EL日本人最年少得点”に同世代のAZ菅原がインスタ上で“待った”!「おれの方が若い時に決めてるっぽいよ」

ビジャレアルは22日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポル(トルコ)とホームで対戦し、5-3で勝利した。この試合に先発フル出場を果たした日本代表MF久保建英は、13分に移籍後初ゴールを記録し、定位置獲得に向けて大きなアピールに成功した。 弱冠19歳ながらEL初ゴールをマークした久保。このゴールを受け、一部メディアでは“EL日本人最年少得点”との報道がされていたが、これにある選手から待ったがかかっている。 この記録に待ったをかけているのは、日本代表にも初招集された、AZの日本代表DF菅原由勢だ。 AZは同じく22日、ELグループF第1節のナポリ戦で、1-0と強豪相手に金星を挙げていた。 この試合にフル出場した菅原は自身のインスタグラム(yukinarisugawara)に「ナポリに勝ったのはデカい!」とのキャプションとともにチームフォトを投稿。これに久保がハートの絵文字で反応すると、そのコメントに返信する形で「ちなみに最年少ゴール、おれの方が若い時に決めてるっぽいよ。」と返していた。 2019年7月に名古屋グランパスからレンタルでAZに加入した菅原(2020年7月に完全移籍)は、2019年10月24日に行われた、ELグループL第3節のアスタナ戦で自身のEL初ゴールを記録している。 久保より1歳年上の菅原だが、2000年6月28日生まれの菅原のこのゴールは、19歳3カ月26日での得点ということになる。一方、2001年6月4日生まれの久保にとってスィヴァススポル戦の得点は、19歳4カ月18日での得点ということになり、菅原のゴールの方がわずかに若い時に決めている。 初先発初ゴールを決めた久保と、欧州の強豪ナポリ相手に金星を飾った菅原。両選手とも将来の日本代表を背負っての活躍が期待される若手選手だが、SNS上での微笑ましいやり取りにも注目だ。 <div id="cws_ad">◆久保と菅原のインスタ上での微笑ましいやり取り<br/><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CGqJQDEMV1B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGqJQDEMV1B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGqJQDEMV1B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Yaaaaaaaaaaaaa ナポリに勝ったのはデカい!#az #UEL</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/yukinarisugawara/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> YukinariSugawara</a>(@yukinarisugawara)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-10-22T20:02:46+00:00">2020年10月月22日午後1時02分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.10.23 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

1G2Aの久保建英にエメリ監督「仕事を遂行した」、打ち合いを制したことを喜ぶ

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)のスィヴァススポル戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 ビジャレアルは22日、ELグループI第1節でトルコのスィヴァススポルと対戦。試合は壮絶な打ち合いの末、5-3でビジャレアルが勝利を収めた。 この試合では日本代表MF久保建英が先発出場。13分に先制ゴールを記録した他、2つのアシストを記録していた。 セビージャ時代にELを3連覇しているエメリ監督が試合を振り返り、難しい試合だったものの勝利を喜んだ。 「確かに今夜は90分で多くのことが起こりすぎたが、我々にとって有利に働いた。彼らは我々が多くのこととはしていなかったが、我々にかなりのダメージを与えた」 「勝利は重要だ。この大会は難しく、常に勝つことは難しい。オープンな戦いになると思っていたが、そうなった。強くなるためには、勝利した中で、反省しなければならない」 また、これまでのラ・リーガで出場機会があまり与えっれていなかったものの、先発で起用した途端に3ゴールに絡む活躍を見せた久保についてもコメント。役割を果たしたと評価した。 「我々は彼に仕事を頼んだ。そして、彼はそれを遂行した」 「ただ、久保だけじゃなく、サム(サムエル・チュクウェゼ)とか、ピノ(ジェレミ・ピノ)もそうだ」 「この大会のことは好きだし、優勝に向けて一歩踏み出したのはいいことだと思う」 2020.10.23 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル久保建英が1G2Aの活躍で猛アピール 「スタメンに入りたい」

ビジャレアルの日本代表MF久保建英が定位置奪取に猛烈アピールした。 ビジャレアルは22日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節でスィヴァススポル(トルコ)と対戦。加入後初先発の久保は[4-3-3]の右インサイドハーフに入った。 そして13分、味方のシュートが相手GKに弾かれたところを押し込み、移籍後初ゴールを挙げ、その後にも2アシストを記録。チームとしてもELで2年ぶりの白星となる5-3の勝利に貢献した。 ビジャレアル加入後初の公式戦先発機会でいきなり大暴れの久保はスペイン『マルカ』によれば、試合後のインタビューで満足しすぎることなく、定位置奪取のきっかけにしたい思いを口にした。 「個人的にも、チーム的にも、満足しています。ここから積み上げていきたいですね。僕は確約されているわけじゃないですし、選手の誰もがスターティングメンバーに入りたいと思っています。激しい競争があるなかで、前に進めました。週末にどうなるかを見守りたいです」 ラ・リーガ開幕から6試合消化の現時点で途中出場が続き、トータル80分のプレータイムにとどまる久保。今回の活躍はウナイ・エメリ監督の目にはどう映ったのだろうか。 2020.10.23 08:40 Fri
twitterfacebook
thumb

初先発の久保はELデビュー弾など1G2Aと躍動!! ビジャレアルがスィヴァススポルとの打ち合いを制し白星発進!《EL》

久保建英の所属するビジャレアルは22日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポル(トルコ)とホームで対戦し、5-3で勝利した。久保はフル出場、13分に移籍後初ゴールを記録した。 ラ・リーガ開幕から3勝1分け1敗の上々の滑り出しとなったビジャレアル。直近のバレンシア戦でも新加入のパレホ弾で逃げ切り2-1と勝利を飾った。2季ぶりの出場となるEL初戦に向けては、バレンシア戦からスタメンを8人変更。アルカセルやパレホ、イボーラ、パウ・トーレスらに代えてバッカやコクラン、バエナらを起用。久保も移籍後初のスタメンに名を連ねた。 久保をインサイドハーフに配置した[4-3-3]で試合に臨んだビジャレアルは13分、敵陣でバエナがボールをカットすると、こぼれ球を拾ったチュクウェゼがボックス外からシュート。これは相手GKが弾いたが、こぼれ球を久保が流し込んだ。 久保の移籍後初ゴールで先制したビジャレアルは、20分にも久保のラストパスをボックス内に走り込んだバッカが右足ダイレクトでゴール右に突き刺し、追加点を奪った。 33分にカヨデのゴールで1点を返されたビジャレアルだったが、直後の34分に決定機を迎える。久保のパスを受けたバッカがヤルシンにボックス内で倒されPKを獲得。しかし、バッカのPKは完璧にコースを読んだ相手GKのビッグセーブに阻まれた。 追加点のチャンスを逃したビジャレアルは、43分に再びピンチを迎える。左クロスのクリアボールをヤルシンがバイタルエリア右で拾うと、縦に持ち上がりクロスを供給。これをヤタバレにヘディングで叩きこまれ、前半は2-2で終了した。 迎えた後半、ビジャレアルはバエナを下げてイボーラを投入。すると57分、ビジャレアルは久保の左CKからフォイスがヘディングシュートを流し込み、勝ち越しに成功した。 ところが64分、バイタルエリア左で与えたFKをグラデルに直接ゴール左に決められ、再び試合は振り出しに。 三度の勝ち越しを狙うビジャレアルは、70分にバッカとハウメ・コスタを下げてアルカセルとペドロサをピッチに送り出す。すると74分、チュクウェゼのパスを受けたアルカセルがボックス左深くまで切り込むと飛び出したGKをかわし、無人のゴールへシュートを流し込んだ。 さらにビジャレアルは、78分にもフォイスの絶妙パスでDFの裏に抜け出したアルカセルがボックス内まで侵入。相手GKとの一対一を冷静に制して5点目を奪った。 結局、試合はこのまま5-3で終了。久保のELデビュー弾を含む1G2Aの活躍で打ち合いを制したビジャレアルが、白星スタートを飾った。 2020.10.23 05:56 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELグループステージ展望】4人のサムライが参戦! ノースロンドン勢にセリエA勢に注目

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが22日に開幕する。昨シーズンと同様、優勝チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるELに、今シーズンは4人の日本人選手がグループステージから参加。また、アーセナル、トッテナム、ミラン、ナポり、ローマ、ベンフィカといった優勝候補も登場する。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。 ◆優勝候補はロンドン勢とセリエA勢! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201021_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今大会の優勝候補はアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢に加え、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢だ。 昨シーズン、リーグ戦ではEL出場権を逃がすもチェルシーとのFAカップを制して今大会出場に漕ぎ着けたアーセナル。今夏の移籍市場ではMFトーマスを始め、DFガブリエウ、MFウィリアンと実力者を迎え入れ、アルテタ体制2年目は更なる進化の予感だ。今回のグループステージではラピド・ウィーン(オーストリア)、モルデ(ノルウェー)、ダンドーク(アイルランド)と実力差、移動距離を考えても、まずまずの組み分けとなっており、問題なく突破可能と思われる。そういった中、新戦力や準主力にプレー機会を与えながら、昨季のMFサカ、FWエンケティアに続く新たな若手の台頭を促したい。 そのアーセナルのライバルチームであるトッテナムは、2015-16シーズン以来となるELグループステージの参戦に。予選からの参戦となったものの、爆発的な攻撃力を武器に問題なくグループステージ進出を決めた。今夏の移籍市場ではFWベイルの7年ぶりの復帰をトピックに、DFレギロン、MFホイビュルク、FWカルロス・ヴィニシウスらとポルトガル人指揮官が求める7人の新戦力を加え、今大会出場チーム屈指の陣容を誇る。ルドゴレツ(ブルガリア)、リンツ(オーストリア)、アントワープ(ベルギー)と同居するグループJではアーセナル同様に突破へ向けて大きな問題はなく、ベイルらのコンディション調整の場に当てつつチーム内のポジション争いを盛り上げていきたい。 PK戦までもつれ込んだ薄氷のプレーオフを制してグループステージに到達したミランは、セリエAではインテルとのダービーを制するなど開幕4連勝と絶好調。セルティック(スコットランド)、スパルタ・プラハ(チェコ)、リール(フランス)と同居したグループHの戦いは、他のビッグクラブに比べて困難と見られるが、より上位を狙えるリーグ戦とのバランスを意識しながらの戦いとなる。やや選手層に不安を抱えていることもあり、攻撃陣ではFWマルディーニやFWコロンボといった生え抜きの若手の活躍に期待したい。 戦力値で前述の3チームと比肩するローマとナポリは、ローマが比較的ラクな組に入った一方、ナポリはレアル・ソシエダ(スペイン)とAZ(オランダ)と同じ組に入り、突破に向けてよりパワーを使うことになりそうだ。共にリーグ戦において比較的メンバーを固定する傾向にあるため、控え選手や新加入選手はこのELをアピールの場としたい。 その他では昨季プレミアリーグで再躍進を遂げたレスター・シティ、ベンフィカ、昨季ベスト8のレバークーゼンといった実力クラブの戦いぶりにも注目が集まるところだ。 ◆久保、北川、三好が初参戦! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201021_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになる。 今夏、レアル・マドリーからビジャレアルにレンタル加入したMF久保建英は、カラバフ(アゼルバイジャン)、マッカビ・テルアビブ(イスラエル)、スィヴァススポル(トルコ)と同居するグループIに入った。大きな期待を背負って加入した新天地では開幕から6試合連続途中出場と、守備面や規律を重視するエメリ監督から信頼を得るまでには至らず。直近のバレンシア戦では決勝点をお膳立てした一方、やや不運な形で退場処分となっている。ただ、この退場の影響により、初戦となるホームでのスィヴァススポル戦では初先発のチャンスが与えられる可能性が高い。本人としては主力が起用されるラ・リーガでスタメンを勝ち取りたいところだが、まずはELの舞台できっちり結果を残したい。 その久保と日本代表でポジションを争う一人のMF三好康児はアントワープで主力として活躍。今季ここまではリーグ戦5試合に出場し、ゴールこそ1点に留まっているものの、攻撃の起点としてチームをけん引している。自身初のELではトッテナムやルドゴレツ、リンツといずれも格上との対戦となるが、今後の更なるステップアップに向けて活躍を期待したい。 同じくELは初参戦となるラピド・ウィーンのFW北川航也は優勝候補アーセナル、モルデ、ダンドークと同じグループBに入った。今季ここまでは途中出場を中心に公式戦8試合1ゴールとポジション奪取に向けてアピールが必要な状況だ。そういった中、フランクフルトでアーセナル相手に躍動した昨季のMF鎌田大地のように注目の一戦で活躍を見せたいところだ。 前述の3選手とは異なり、EL2シーズン連続の参戦となるAZのDF菅原由勢は、ナポリ、ソシエダと同居する厳しいグループに入ったが、更なるステップアップに向けて強豪チームとの対戦は格好のアピールの場ともいえる。昨季のELでマンチェスター・ユナイテッドとの対戦も経験しているため、物怖じすることなくビッグクラブ相手にプレーできるはずだ。 ◆グループA ローマ(イタリア) ヤング・ボーイズ(スイス) クルージュ(ルーマニア) CSKAソフィア(ブルガリア) ◆グループB アーセナル(イングランド) ラピド・ウィーン(オーストリア)※北川航也 モルデ(ノルウェー) ダンドーク(アイルランド) ◆グループC レバークーゼン(ドイツ) スラビア・プラハ(チェコ) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) ニース(フランス) ◆グループD ベンフィカ(ポルトガル) スタンダール・リエージュ(ベルギー) レンジャース(スコットランド) レフ・ポズナン(ポーランド) ◆グループE PSV(オランダ) PAOK(ギリシャ) グラナダ(スペイン) オモニア(キプロス) ◆グループF ナポリ(イタリア) レアル・ソシエダ(スペイン) AZ(オランダ)※菅原由勢 リエカ(クロアチア) ◆グループG ブラガ(ポルトガル) レスター・シティ(イングランド) AEKアテネ(ギリシャ) ゾリャ(ウクライナ) ◆グループH セルティック(スコットランド) スパルタ・プラハ(チェコ) ミラン(イタリア) リール(フランス) ◆グループI ビジャレアル(スペイン)※久保建英 カラバフ(アゼルバイジャン) マッカビ・テルアビブ(イスラエル) スィヴァススポル(トルコ) ◆グループJ トッテナム(イングランド) ルドゴレツ(ブルガリア) リンツ(オーストリア) アントワープ(ベルギー)※三好康児 ◆グループK CSKAモスクワ(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) フェイエノールト(オランダ) ヴォルフスベルガー(オーストリア) ◆グループL ヘント(ベルギー) ツルヴェナ・ズヴェズタ(セルビア) ホッフェンハイム(ドイツ) リベレツ(チェコ) 2020.10.22 18:00 Thu
twitterfacebook