フリーのウェルベックがブライトンに加入! 1年契約で背番号は“18”に決定!

2020.10.18 22:14 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは18日、元イングランド代表FWダニー・ウェルベック(29)の加入を発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。今月6日にチャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードとの契約を双方合意の下で解消し、フリーとなっていたウェルベックの新天地はプレミアリーグのブライトンとなった。

同クラブを率いるグラハム・ポッター監督は、経験豊富なベテランストライカーの加入に満足感を示している。

「ダニーがこのクラブに加入してくれたことを嬉しく思う。彼は我々の既存の攻撃オプションを補完してくれるはずだ」

「これまでの所属キャリアが彼の能力を証明している。素早く、技術的にも非常に優れている。我々の攻撃に鋭さを提供してくれるだろう。経験とクオリティを兼ね備えた新たなプレーヤーを迎え入れられたことにワクワクしている」

マンチェスター・ユナイテッドとの下部組織出身のウェルベックは、2014年からプレーしたアーセナルを離れ、昨夏にワトフォードへ加入。昨シーズンはケガなく1年を過ごしたが、なかなか主力として扱われず、シーズン半ばにはベンチ入りすらままならない時期も。

最終的には公式戦20試合に出場し、プレミアリーグ最終節で1ゴール1アシストを記録した古巣アーセナル戦がワトフォードでの最後のプレーとなった。プレミアリーグ通算では224試合44ゴール27アシストを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

ブライトンのコロンビア代表FWイスキエルドが決めた豪快なミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するコロンビア代表FWホセ・イスキエルドが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆イスキエルドが決めた豪快なミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEZDRFeVBVaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国コロンビアでのプロデビューを経て、2014年夏にベルギーのクラブ・ブルージュに加入し、欧州デビューを果たしたイスキエルド。2017年夏には、プレミアリーグ昇格を果たしたブライトンに加入し、イングランドに活躍の場を移している。 ここまでブライトンでは公式戦53試合5ゴール6アシストと期待通りの活躍を見せることはできていないが、2017年10月20日に行われたプレミアリーグ第9節のウェストハム戦では、見事なゴールを決めている。 ブライトンが前半の早い時間に先制し、1-0とリードして迎えた前半アディショナルタイムの47分、左サイドのイスキエルドにボールが入る。ドリブルでボールを前に運んだイスキエルドは、ボックス手前まで進むと鋭いカットイン。相手からのプレスをはがし、シュートコースを作るとすかさず右足を振りぬいた。カーブのかかった強烈なシュートはGKの手を弾きながらゴール右に決まり、見事な追加点となった。 試合は、後半にも1点を奪ったブライトンが、3-0とウェストハムに完勝している。 2020.10.17 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

イランの星、ジャハンバクシュがチェルシー相手に叩き込んだ圧巻のオーバヘッドゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はブライトンのイラン代表FWアリレザ・ジャハンバクシュが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジャハンバクシュが決めた圧巻のオーバーヘッド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHcVhkQ1N2dSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国でのプロデビューを経て、オランダに渡ったジャハンバクシュは、AZでブレイク。エールディビジで得点王に輝く活躍を見せると、2018年夏にブライトンに移籍し、プレミアリーグ初挑戦を果たした。 ブライトンでは、ここまで42試合で4ゴールに留まっているジャハンバクシュだが、2020年1月1日に行われたプレミアリーグ第21節のチェルシー戦では、圧巻のゴールを記録している。 0-1とチェルシーにリードされて迎えた終了間際の84分、ブライトンにコーナーキックのチャンス。右からのコーナーは相手にクリアされてしまうものの、ボックス内でボールの落下点に入っていたジャハンバクシュが豪快なオーバーヘッドシュートを放つ。しっかりとミートされた球は、ゴール前のDFたちの頭上を越え、ゴール左下に決まった。 終盤のスーパーゴールで同点に追いついたブライトンはこのままスコアを守り、1-1と強豪相手に貴重な勝ち点1を手にした。 2020.10.11 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

キャルバート4戦連発にハメスが2G1Aの躍動! エバートンが開幕4連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第4節、エバートンvsブライトンが3日にグディソン・パークで行われ、ホームのエバートンが4-2で勝利した。 積極補強を敢行した中、開幕3連勝と絶好調のエバートンは、直近のEFLカップ4回戦でもウェストハムを4-1で下し、開幕から公式戦6戦全勝を継続している。4連勝を狙う今節は負傷のアランとアンドレ・ゴメスに代えて、トム・デイビス、シグルドソンを起用し、初めてスタメンに手を加えた。 開始直後にキャルバート=ルーウィンがいきなり決定的なシュートを放つなど、押し込む入りを見せたエバートン。すると、その勢いのまま早い時間帯にゴールをこじ開ける。16分、左CKの場面でショートコーナーからゴールライン際でシグルドソンが上げたクロスをファーで競り勝ったキャルバート=ルーウィンが頭で合わせ、早々にリーグ4試合連続ゴールとした。 先制後も危なげなく試合を運ぶホームチームだが、20分過ぎにアクシデントに見舞われる。ランプティとの接触で左足首を痛めたリシャルリソンがプレー続行不可能となり、25分にイウォビが投入される。 その後はやや行ったり来たりの展開となった中、エバートンに痛恨のミスが出る。41分、右サイドのランプティからのクロスをボックス左のトロサールが左足ボレーで合わせると、当たり損ねたシュートをキャッチにいったGKピックフォードが痛恨のファンブル。ゴール前でこぼれ球を拾ったモペイに反転シュートを流し込まれた。 リシャルリソンの負傷に守護神のミスと嫌な流れが重なるエバートンだが、前半ラストプレーで勝ち越す。相手陣内右サイド深くで得たFKの場面でキッカーのハメス・ロドリゲスが柔らかなクロスをゴール前に入れると、コロンビア代表の同僚である長身DFミナが打点の高いヘディングシュートを叩き込んだ。 1点リードで試合を折り返したエバートンは、後半も早い時間帯にゴールを奪う。52分、相手陣内中央のハメスがトロサールの不用意な横パスをカット。これを拾ったキャルバート=ルーウィンからのスルーパスに反応したイウォビがゴール左で折り返すと、フリーのハメスが身体を倒しながら左足のボレーで流し込んだ。 これで余裕を持った試合運びが可能となったホームチームだが、再びアクシデントに見舞われる。58分、筋肉系の問題かプレー続行不可能となったキャプテンのコールマンがベンチに下がり、デルフを投入。この交代によりトム・デイビスが右サイドバックにポジションを移した。 このアクシデントもあり、以降しばらくはブライトンが押し込む状況が続くが、粘り強い守備で2点目を許さないエバートンは再びコロンビア代表MFが魅せる。70分、3点目と似た形からイウォビとのワンツーでゴール左に抜け出したドゥクレの丁寧な折り返しに反応したフリーのハメスが右足のワンタッチで流し込み、勝利を決定付ける4点目とした。 その後、殊勲のハメスを下げてウォルコットを投入したエバートンは、試合終了間際にビスマの見事なミドルシュートで1点を返されるも、4-2で試合をクローズ。キャルバート=ルーウィンの4試合連続ゴールに、ハメスの2ゴール1アシストの活躍で開幕4連勝を達成した。 2020.10.04 00:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトン、スイス期待の若手FWゼキリを完全移籍で獲得!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは1日、スイスのローザンヌ・スポルトからU-21スイス代表FWアンディ・ゼキリ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 過去にユベントスのプリマヴェーラに在籍経験もあるゼキリはコソボにルーツを持つ185cmの左利きのアタッカー。昨シーズンはスイス2部で33試合に出場し17ゴール8アシストを挙げる活躍をみせ、チームの1部昇格に大きく貢献していた。 また、左ウイングとセンターフォワードを主戦場とするスイス期待の若手は、同国の世代別代表でも常に主力を担ってきた。 2020.10.02 03:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ブライトン、ドルトムントから19歳の若手アタッカーを獲得

ブライトンは10月1日、ドルトムントからドイツ人FWレダ・カレダ(19)を獲得したことを発表した。契約内容は非公式となっている。 ドルトムントの下部組織出身のカレダ。主戦場は右ウイングだが、サイドハーフやセントラルハーフ、トップ下など幅広い経験を持つ右利きのアタッカー。昨シーズンはU-19チームで24試合に出場し2ゴールをあげた。 ブライトンでは23歳以下のリザーブチームに籍を置き、トップチームデビューを目指すことになる。 U-23のサイモン・ラスク監督は「彼は中盤でも攻撃的な役割もこなすことができる。イングランドでキャリアを積めることを楽しみにしていたよ」とコメントを残している。 2020.10.01 19:15 Thu
twitterfacebook