逆転ゴールのB・フェルナンデス、1-6惨敗劇からの4-1快勝劇に「完璧な結果」

2020.10.18 10:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがクラブ公式チャンネル『MUTV』でチームの姿勢を称えた。今季開幕から1勝2敗の低調なシーズンスタートを切ったユナイテッドは代表ウィーク明けの17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節でニューカッスルと対戦。開始2分にオウンゴールで先制を許す苦しい展開だったが、終わってみれば4-1の快勝で飾り、シーズン2勝目を手にした。

PKのチャンスを不意にしたものの、その後に逆転劇を呼び込むゴールを挙げ、チームのバウンスバックに大きく貢献したB・フェルナンデスは試合後、こう振り返った。

「ニューカッスルのホームゲームが難しいものになるのは折り込み済みだった。僕らのプレーは先制ゴールを許してから良くなっていったが、改善が必要。シーズン開幕時のように失点を重ねるわけにいかない。それは誰もが認識しているところだと思う。何より大事なのは勝つこと。今日は満足している」

まだ改善の余地を残すものの、前節のトッテナム戦での1-6の惨敗劇から仕切り直しの1勝を手にしたユナイテッド。B・フェルナンデスはチームのメンタリティを称賛した。

「このチームには大きなキャラクターを持つビッグプレーヤーがいる。トッテナム戦での出来事は二度と起こさない。僕らはビッグクラブ、ビッグチームでプレーしているのだから。このクラブにはそれ以上の結果を手にする価値がある。全員がより良くならないと」

「まずは自分を見つめ直すところから始め、次にチームとしてどこを改善すべきかを考えていかないとね。今日はあの敗北の後、完璧な結果だった。前にも言ったが、これからも改善を続け、相手にゴールを許さないこと、僕らがゴールを決め続けることが必要だと思う」

また、逆転ゴールにも言及。「素晴らしいゴールだったが、(マーカス・)ラッシュフォードが練習通りにやってくれた。僕のオーバーラップから中に入って、少ないタッチで素晴らしいパスを出してくれ、あとは僕が決めるだけだった。彼は称賛に値する」と話した。
コメント
関連ニュース
thumb

「どこからそんな話が…」 スールシャールがグリーンウッドを追うメディアに苦言

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドに対する根も葉もない報道に苦言した。 昨季のユナイテッドで大きくブレイクを遂げたグリーンウッドだが、今年9月に初招集を受けたイングランド代表での活動中に新型コロナウイルス感染対策のガイドラインに違反する形で宿舎に女性を呼び込み、代表から追放。その後に笑気ガスを吸う写真が出回り、ピッチ外での素行不良が指摘され、批判に晒されている。 そうしたなか、プレミアリーグ第5節のニューカッスル戦に続いて、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦もメンバーに含まれなかった理由として、度々の練習遅刻によるクラブからの懲罰が挙げられたが、イギリス『BBC』よると、スールシャール監督はこう述べたという。 「メイソンはイングランド代表でひとつの過ちを冒して以降、突如としてイギリスメディアから追われるようになってしまった。私は君たち(メディア)をがっかりさせる必要がある。彼は決してトレーニングに遅刻したりなんてしていない」 「彼がトレーニンググラウンドにいても、何の問題になることもない。彼は常に時間を守っている。彼に関する記事やかつてユナイテッドでプレーした選手たちの話を目の当たりにしてきたが、彼らは自分が何を言っているのかわかっていない」 「日々の我々にはトレーニンググラウンドの外にカメラマンがいる。彼らは毎日、我々が時間どおりに来ているのかをチェックできる。どこからそんな話が出てきたのか見当がつかない」 「彼には良い家族がいて、このアカデミーから育ったバックグラウンドもある。それに、練習熱心であり、本当に良いトレーニングを積めている。彼がプロフェッショナルじゃないという話は信じられない」 2020.10.24 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ギグスが古巣の新たなSBテレスに求めるものとは?「リバプールの2人のように…」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるライアン・ギグス氏は、古巣の新戦力であるブラジル代表DFアレックス・テレスに大きな期待を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ユナイテッドは今夏の移籍市場で、ポルトからテレスを基本移籍金1500万ユーロ+ボーナス200万ユーロの最大総額1700万ユーロ(約21億円)で獲得。層の薄かった左サイドバックの補強に成功した。 このテレスについて、ギグス氏はユナイテッドを向上させる重要な存在になると考えているようだ。YouTubeチャンネル『Webby & O’Neill』において、現プレミアリーグ王者であるリバプールのサイドバックたちと同じような活躍をして欲しいと語っている。 「テレスは我々に欠けていたものだと思う。リバプールのトレント(・アレクサンダー=アーノルド)や(アンドリュー・)ロバートソンを見れば明らかだろう。彼らはゴールやアシストを(チームに)提供している」 「今のサイドバックにはそれが求められているんだ。もしもウィングが切り込んだら、サイドバックは幅を作ってゴールを創出する必要がある」 ギグス氏が理想として名前を挙げたアレクサンダー=アーノルドはこれまでリバプールで140試合に出場し36アシストを記録。ロバートソンも134試合で32アシストを記録している。 テレスはポルト時代に公式戦通算195試合26得点57アシストを誇っており、プレミアリーグに上手くフィットすれば、ライバルクラブのサイドバックに匹敵する存在となるだろう。 なお、テレスは20日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節パリ・サンジェルマン(PSG)で、ウィングバックとしてプレー。アウェイの地で2-1の勝利に貢献した。このポジションについて、イギリス『BTスポーツ』に出演したユナイテッドOBのオーウェン・ハーグリーブス氏は、「彼に適したポジションだ」と評価している。 「彼(テレス)は攻撃的な選手としてとても素晴らしい。アシストもするし、アップダウンの動きもいとわない。(サイドバックより)ウィングバックに適していると思う」 「アシストという点で、彼の数字は驚異的だ。セットプレーにも優れており、ユナイテッドにとっては良い強化になるだろうね。現代的なサイドバックだ」 開幕から低調なスタートを切っていたものの、公式戦で2連勝を飾り調子を上げてきているユナイテッド。24日に開催されるプレミアリーグ第6節では、チェルシーとの大一番が控えており、テレスがどのような活躍をするかにも期待したい。 2020.10.23 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

「言葉で表せられない強い感情が…」 PSG戦主将のB・フェルナンデスに湧き上がる感無量の思い

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが自身のインスタグラム(brunofernandes.10)でキャプテンとしての一戦を振り返り、感無量の思いを綴った。 ユナイテッドは20日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。昨季のファイナリストを相手に2-1の白星で飾り、見事に白星スタートを切った。 この試合を欠場したイングランド代表DFハリー・マグワイアの代わりにキャプテンマークを託されたB・フェルナンデスはPKのチャンスから先制ゴールを記録。交代でピッチを退く88分までチームをけん引した。 PSG前会見でオーレ・グンナー・スールシャール監督からユナイテッドに加入して初めて主将に任命され、試合に臨んだB・フェルナンデス。大役をチームの勝利という形で全うした後、喜びの思いを記した。 「またひとつの夢が叶った。そして、CLという舞台で大きな勝利で飾ることができた。マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブのキャプテンを務めることができたのは名誉であり、とてつもない特権だ。言葉で表せられないぐらい強い感情が湧いた瞬間だった。自分の夢が現実するまで、日々しっかりと目を開いて、信じて戦い続ける」 2020.10.23 09:25 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーとユナイテッドが来夏にザカリア獲得へ? バイエルンと競合か

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが、ボルシアMGのスイス代表MFデニス・ザカリア(23)の獲得を狙っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 同選手は2017年夏に母国の名門ヤング・ボーイズから加入。ここまで公式戦96試合に出場しているが、今年3月にヒザを負傷し、現在まで復帰できない状況が続いている。 スイス代表でも主力を務める23歳のセントラルMFに、プレミアリーグのビッグクラブが関心。チェルシーは今夏に6人の新戦力を迎えたが、フランス代表MFエンゴロ・カンテと、イタリア代表MFジョルジーニョが君臨するボランチの位置は手付かずとなっている。一方のユナイテッドは、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークを獲得。また、ブラジル代表MFフレッジやスコットランド代表MFスコット・マクトミネイも在籍しているが、上位互換として注目しているようだ。 また『ビルト』によると、ザカリアにはバイエルンも関心を示しているようで、現在は3クラブによる睨み合いとなっている模様だ。2022年まで契約を残す同選手の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約61億7000万円)は必要になると見込まれている。 2020.10.22 21:31 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表戦にも出場したユナイテッドDFバイリーが3、4週間の離脱

マンチェスター・ユナイテッドは21日、コートジボワール代表DFエリック・バイリーの負傷状況を報告した。 先日の日本代表との国際親善試合にも出場していたバイリーだったが、先週末のニューカッスルとの一戦ではベンチ入り。20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第1節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦ではメンバー外となっていた。 今シーズンはプレミアリーグで2試合、EFLカップ(カラバオカップ)で2試合に出場していたバイリーだが、この欠場についてオーレ・グンナー・スールシャール監督がコメント。11月7日のエバートン戦までは復帰できないとしていた。 クラブはケガの詳細を明かしてはいないものの、離脱期間は3〜4週間になるとのこと。イギリス『スカイ・スポーツ』によると筋肉系のケガとのことだ。 スールシャール監督の言葉通りであれば、チェルシー戦、RBライプツィヒ戦、アーセナル戦、イスタンブール・バシャクシェヒル戦、エバートン戦を欠場の予定となる。 現在のユナイテッドはバイリーの他、イングランド代表DFハリー・マグワイアも軽い負傷をしている状況。PSG戦は、アクセル・トゥアンゼベ、ビクトル・リンデロフ、ルーク・ショーの3バックに、アーロン・ワン=ビサカ、アレックス・テレスの両ウイングバックを置く[3-5-2]のシステムを採用していた。 2020.10.21 22:05 Wed
twitterfacebook