チェルシー、ヴェルナー&ハヴァーツ初弾も再び守備崩壊で痛恨ドロー…《プレミアリーグ》

2020.10.18 01:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第5節、チェルシーvsサウサンプトンが17日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-3のドローに終わった。
 
インターナショナルマッチウィーク前に行われたクリスタル・パレス戦を4-0で快勝したチェルシーは、2戦未勝利の状況から立て直して中断期間に入った。そして、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のセビージャ戦、次節にマンチェスター・ユナイテッド戦と重要な連戦を控える中、サウサンプトンを相手に連勝を狙った。
 
代表戦の影響を考慮してパレス戦から先発4人を変更。負傷のGKメンディに代えてGKケパ、チアゴ・シウバ、エイブラハム、ハドソン=オドイに代えてクリステンセン、ハヴァーツ、そしてプリシッチが今季初先発を飾った。
 
最前線にヴェルナー、2列目に右からプリシッチ、ハヴァーツ、マウントを配する[4-2-3-1]の布陣で臨んだホームチームは、立ち上がりから相手を圧倒していく。開始3分にボックス左に抜け出したチルウェルがいきなり決定的なシュートを放つと、その後も相手のハイプレスを質の高い繋ぎと、個人技でかいくぐって相手ゴールに迫っていく。
 
すると、攻勢を続けた15分には最終ラインでのステーションパスから左サイドバックのチルウェルが縦に入れたボールに対して絶妙なボディフェイントでDFベドナレクと完璧に入れ替わったヴェルナーがボックス内に侵入。深いカットインから複数のDFを振り切って右足のシュートを流し込み、待望のプレミアリーグ初ゴールを記録した。
 
このゴールで完全にノッたヴェルナーは28分、ハーフウェイライン付近で横パスを受けたジョルジーニョからの浮き球のダイレクトパスに反応。持ち味のスピードで再びDFベドナレクと入れ替わると、やや遅れて飛び出したGKを浮き球でかわして無人のゴールへヘディングシュートを流し込む。
 
ヴェルナーの2ゴールで余裕の試合運びを見せるチェルシーは、その後も危なげなく時計を進めていく。しかし、2点リードでの折り返し目前の前半終了間際にミスから相手にチャンスを与えてしまう。43分、自陣ボックス手前でボールを受けたハヴァーツが無理にボールキープを試みると、相手のプレスの網にかかって痛恨のボールロスト。チェ・アダムスのスルーパスに抜け出したイングスにゴールを決められ、嫌な形で試合を折り返した。
 
すると、この1点で息を吹き返したサウサンプトンに立ち上がりから押し込まれるチェルシーは、再びミスから2点目を献上。57分、最終ライン裏へ蹴り込まれたボールに対してDFズマのバックパスが短くなる。アダムスにボールをかっさらわれそうになった中、飛び出したGKケパが先に追いついたが、交錯を恐れたのかボールを確保できず。その後、DFクリステンセンが決死のゴールカバーを見せるも、こぼれ球をアダムスに蹴り込まれた。
 
2つのミスでヴェルナーの2ゴールを台無しにしたチェルシーだが、1失点目に絡んだハヴァーツが意地を見せる。失点直後の59分、右サイドのスペースでボールを受けたヴェルナーがプリシッチとのパス交換でボックス右へ抜け出し、マイナスの折り返しを送る。これをハヴァーツが冷静に流し込み、ヴェルナーに続きプレミアリーグ初ゴールを挙げた。
 
この勝ち越しゴールで流れを引き寄せたホームチームは、ようやく試合を落ち着けることに成功する。そして、マウントに代えてツィエクをデビューさせ、試合終盤にかけてはプリシッチ、ヴェルナーを下げてリース・ジェームズ、エイブラハムの投入で試合を締めにかかった。
 
しかし、逃げ切り目前の92分に自陣右サイドの嫌な位置でFKを与えると、DFズマのクリアボールに反応したウォルコットのシュートをゴール前の密集でヴェステルゴーアに頭でコースを変えられて土壇場での3失点目となった。さらに、残り時間でウォルコットにあわや逆転というシーンを作られるなど、最後までバタついたチェルシーは、ホームで痛恨のドローとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

ロンドンを渡り歩いた名CBギャラスがチェルシー時代に叩き込んだロケットシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表DFウィリアム・ギャラス氏がチェルシーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ギャラスが決めた火を噴くような強烈ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWZFRSZkJvWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2001年夏にマルセイユからチェルシーに移籍したギャラス氏は、主力DFの1人として第一次ジョゼ・モウリーニョ政権での黄金期のリーグタイトル2連覇などに貢献した。 その後アーセナルやトッテナムなど、ロンドンのビッグクラブを渡り歩いたギャラス氏だが、チェルシー時代の2006年3月11日に行われたプレミアリーグ第29節のトッテナム戦では、圧巻のゴールを決めている。 1-1と同点のまま迎えた93分、相手ボックス前左サイドでボールを持ったギャラスは、鋭いターンで相手DFをはがし、ドリブルで中央へボールを運ぶと、ボックスの外から思い切りシュートを放つ。右足から放たれた豪快なシュートは、圧倒的なパワーとスピードでゴール右に突き刺さり、劇的な勝ち越しゴールとなった。 試合はチェルシーがそのまま2-1で勝利している。 2020.11.25 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

劇的勝利のランパード、勝ち越し狙った姿勢に満足「チームの強さを表している」

チェルシーのフランク・ランパード監督がレンヌ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第4節でレンヌと対戦。24分にカラム・ハドソン=オドイのゴールで先制するも、85分にセール・ギラシーに同点ゴールを決められてしまう。 終盤に追いつかれ、引き分けのまま終了と思われたが、交代で入ったオリヴィエ・ジルーが91分に劇的な勝ち越しゴール。チェルシーが2-1で勝利し、同組2位のセビージャとともにグループ突破を決めた。 ランパード監督は試合後「2試合を残してグループを突破できたことはとても嬉しい」とコメント。試合を振り返った。 「グループ首位を目指して戦ったが、本当にタフな試合だった。レンヌは過小評価されているチームだ。私たちは、大きなプレッシャーの中、良いプレーをしていた。難しい戦いでの勝利だった」 「最初の30分は本当に良いプレーをした。タフな時間帯での選手たちの振る舞い方、大きくフィジカルのあるチームを相手にした中でのディフェンス、そして同点にされた後のリアクション。引き分けも悪くないとわかっていながら、勝ち点を取ろうとした姿勢には本当に満足だ。これはチームの強さを表している。これからも続けていかなければならない」 「インパクトを与えてくれた交代選手たちのおかげで、試合に勝つことができた。これもまた、グループ全体の強化につながってくる」 また、ランパード監督は後半途中から投入され、決勝点を挙げたジルーを絶賛。同じポジションを争うタミー・エイブラハムとの起用問題は嬉しい悩みだと明かした。 「あのゴールは素晴らしかった。またそれだけでなくポストプレーやフィジカルも良かった。いいプレーをしているタミーと、いつもプロ意識を持ってチームに貢献し、信じられないようなリスタートを飾ったオリ(ジルーの愛称)がいるから、メンバー選考の問題がある。嬉しい悩みだ」 「オリは分刻みで出場機会を得るだろうし、スケジュールが忙しいからスタートから試合に出ることもあるだろう。土壇場での決勝点ではなくとも、毎日何かに取り組んでいるオリがゴールを決めれば、このような反応が見られたと思う。そういったことこそ彼がこのチームにとってどのような存在かを意味している」 最後にランパード監督は先制点を挙げたハドソン=オドイについても言及。素晴らしいパフォーマンスを見せていながらもまだ発展途上だと語った。 「彼からは常に改善が見られている。先週のU-21イングランド代表でのパフォーマンスは良かったし、もっと長く出たがっているのも知っていたが、競争相手がいる。もし彼が出場時間を確保できなかったとしても、彼が私に気に入られていないということにはならない。それは確実にないことだ」 「彼はまだ発展途上の選手だ。シュートを放つ前の最初の2つのタッチで見せたクオリティーはトップクラスだった。彼ならできると思っている。カラムには素晴らしい点がたくさんあるし、もっと改善できることも知っている。彼もそれをわかっている」 「彼はチェルシーのビッグプレーヤーであり、私たちと一緒に大きな未来を築くことができる。彼のオールラウンドなプレーは素晴らしかった」 2020.11.25 10:43 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!鋭いドリブルからのロングループシュート!緩急が抜群なチェルシー時代のウィリアンが圧巻

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月25日にご紹介するのは、アーセナルのブラジル代表MFウィリアンが今からちょうど3年前に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆GKも予想外!? ウィリアンがドリブル突破からそのまま決めたロングループシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyaVZVUEs1ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ドリブル突破からボックス内に侵入すると、そのままほとんどゴールを確認することなくループシュート。鋭いドリブルからのロングループシュートという緩急抜群のゴールでした。 ◆クロスにも見えたが 今シーズンからアーセナルでプレーするウィリアンですが、2013年から昨シーズンまで7年間はチェルシーでプレー。公式戦339試合で63ゴール62アシストを記録しました。 中でも2017年11月25日のプレミアリーグ第11節のリバプール戦では、見事なゴールを決めています。 この試合でベンチスタートだったウィリアンは、0-1と1点ビハインドの83分に投入されます。そのわずか2分後、敵陣内、ボックスの外中央でボールを受けたウィリアンは、相手DFラグナル・クラバンと対峙すると、右に流れながらボックス内に侵入していきます。 すると、ボックス右端に入ったところで、軽く右足を振り抜くと、ふわりと浮いたボールは、相手GKシモン・ミニョレの頭上を越えてそのままゴール左隅へと吸い込まれてしまいました。この同点弾で試合は1-1の引き分けに終わっています。 クロスにも見えたループシュートでしたが、本人は試合後のインタビューでシュートを狙ったと明言。相手の意表を突くループシュートでチームの危機を救っています。 2020.11.25 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーが後半ATの劇的決勝弾! 苦戦もチェルシーが2節を残して決勝T進出!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第4節、スタッド・レンヌvsチェルシーが24日にルテ・ドゥ・ロリアンで行われ、1-2で勝利したチェルシーの決勝トーナメント進出が決定した。 2勝1分けの首位でグループステージを折り返したチェルシー(勝ち点7)は、今節での勝利且つ、同時刻開催のFCクラスノダールvsセビージャでクラスノダールが引き分け以下に終わった場合、2節を残しての決勝トーナメント行きが決まる。 直近のプレミアリーグでニューカッスルに快勝し、今季初のリーグ戦3連勝中のチームは、29日にトッテナムとのダービーが控えていることもあり、先発4人を変更。リュディガー、リース・ジェームズ、カンテ、ツィエクに代わってチアゴ・シウバ、アスピリクエタ、ジョルジーニョ、ハドソン=オドイを起用。また、コロナウイルスから回復したハヴァーツがメンバー入りを果たした。 ホームでの前回対戦を3-0で快勝したチェルシーは、この一戦でも押し気味に試合を進めていく。開始4分には味方とのパス交換で右サイド深くに侵攻したハドソン=オドイの丁寧な折り返しを、ゴール前に飛び込んだヴェルナーが右足で合わせる。だが、ドイツ代表FWはゴール至近距離からの絶好機でシュートを大きくふかしてしまう。 開始早々の先制機を逸したチェルシーだが、その後もボールの主導権を握って終始相手陣内でのプレー時間を増やしていく。遅攻の場面では決定機まで持ち込めない状況が続くが、得意のカウンターアタックからゴールをこじ開ける。 22分、自陣左サイドでドクからボールを奪ったマウントがそのまま持ち上がり、右サイドで相手の背後を狙っていたハドソン=オドイへ絶妙なフィードを通す。そして、快足を飛ばしてボックス内まで持ち込んだハドソン=オドイが冷静にGKとの一対一を制した。 さらに、畳みかけるチェルシーは29分にもボックス左をえぐったチルウェルの短い折り返しにゴール前で反応したマウントが右足のダイレクトシュートをニア下に飛ばすが、ここはGKゴミスの驚異的なワンハンドセーブに阻まれる。 一方、クラブ史上初のCL白星に向けて難しい状況が続くレンヌだが、30分を過ぎてようやく反撃に出る。まずは32分、右サイドのドクの仕掛けからボックス内のブリジョー、レア・シリキの連続シュートで初めてゴールに迫ると、その後もドクの鋭いドリブル突破とギラシーの身体を張ったポストワークを軸に幾度も良い形の仕掛けを見せる。 39分にはボックス内のギラシーの反転シュートで元守護神メンディにセーブを強いると、直後にはチルウェルの不用意なバックパスをギラシーがカットして絶好の同点機が訪れる。しかし、自らシュートに持ち込まず、ブリジョーへのラストパスを選んだ結果、DFチアゴ・シウバのブロックに阻まれた。 相手の猛攻を何とか凌いで試合を折り返したチェルシーは後半の立ち上がりこそ押し込む形を見せたものの、以降は相手の攻勢に晒される。 リードこそ保っているものの、後半に入って1本もシュートを打てない苦しい状況が続く中、ランパード監督は68分にマウントとエイブラハムを下げて、母国凱旋のカンテとジルーを同時投入。 一方、自分たちの流れの中でゴールをこじ開けたいレンヌは70分過ぎに続けて決定機を迎える。73分、中盤での激しいデュエルでボールを奪い切ってボックス左でデル・カスティージョから折り返しを受けたギラシーがニア下へ強烈なシュートを放つが、ここはGKメンディがファインセーブ。さらに、このプレーで得た左CKの場面でゴール前のニャムジがピッチに叩きつける強烈なヘディングシュートを枠に飛ばすが、再びメンディのビッグセーブに阻まれた。 守護神メンディに救われて何とかピンチを凌いだチェルシーはこの直後にコバチッチ、ハドソン=オドイを下げてツィエクと久々の復帰となったハヴァーツの2人のレフティーをピッチに送り込む。 だが、一連の選手交代も流れを引き戻すキッカケとはならず。すると、85分にはレンヌの右CKからグルニエのクロスをゴール前のギラシーに豪快なヘディングで合わせられ、4戦目にして今季CLは初の失点を喫することになった。 土壇場で追いつかれ、今節での決勝トーナメント進出は厳しいかに思われたが、頼れるフランス代表FWが最後の最後に大仕事を果たす。91分、相手陣内中央でグルニエのパスを引っ掛けてショートカウンターを発動。ツィエクのスルーパスをボックス左で受けたヴェルナーのシュートはGKゴミスのビッグセーブに阻まれるが、ゴール前に高く浮いたルーズボールをDFニャムジに競り勝ったジルーがヘディングシュート。これがゴールネットに突き刺さり、劇的な決勝点となった。 そして、苦しみながらもレンヌに勝ち切ったチェルシーはもう1試合で勝利したセビージャと共に2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 スタッド・レンヌ 1-2 チェルシー 【レンヌ】 ギラシー(後40) 【チェルシー】 ハドソン=オドイ(前22) ジルー(後46) 2020.11.25 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マウントはSNSに影響されず 「そういった声は僕にとってどうでもいい」

チェルシーに所属するイングランド代表MFメイソン・マウントがソーシャルメディアや自身のプレーについて語った。クラブ公式サイトが伝えている。 マウントは昨シーズンのプレミアリーグで37試合に出場し、7ゴール6アシストを記録してブレイク。しかし、今シーズンは第9節終了時点で8試合に出場し、1ゴール2アシストのみとなっており、結果という面では少し物足りない状況だ。 昨季と比べて、ややインパクトを欠くイメージのあるマウント。ソーシャルメディアでも、その期待の大きさゆえに批判を受けることが増えてきたという。 しかし、そんなマウントは「ピッチ上で何をするか、それが僕の大きくフォーカスするところだ」とコメント。外野の声には耳を貸さず、ただ勝つことだけに集中していると語った。 「ソーシャルメディアにはあまり目を向けていないよ。ファンがスタジアムにいないから、多くの人がそこで試合について色々なことを言っている。たとえ試合に勝ったとしても、そういった声は僕にとってどうでもいいことなんだ」 「自分のパフォーマンスとチームのパフォーマンスの焦点はピッチ上にあり、その上で何をすべきかを知っている。毎試合で勝ち点3を獲得することに集中しているよ」 また、マウントは自身のここまでのキャリアについて言及。プロになってからここ2、3年で学んだことは多いと振り返った。 「たぶんアカデミーにいた時は、あちこちでちょっとしたフリックやステップオーバーなんかをやっていたかもしれないけど、年を重ねるごとにチャンピオンシップで学んだことは、初めて経験したようなものだったんだ」 「そしてチェルシーに戻ってきて、プレミアリーグでプレーしていると、ボールに素早く反応し、ボールが来る前に自分が何をすべきかを知ることが最も重要になる。MFとしては常にプレッシャーを感じながら素早くボールを動かさなければならないね」 「僕たちはチャンピオンズリーグ、そして世界最高のリーグであるプレミアリーグでプレーしているんだから、自分よりも速くボールを動かす必要がある。特に昨シーズンはそれを学んだよ」 「僕は自分が進化できるように、ボールが来たときにはすでに何をすべきかを知っているようにしているんだ。それは間違いなくここ2、3年で習得したことだね」 2020.11.24 17:02 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly