チェルシー、ヴェルナー&ハヴァーツ初弾も再び守備崩壊で痛恨ドロー…《プレミアリーグ》

2020.10.18 01:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第5節、チェルシーvsサウサンプトンが17日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-3のドローに終わった。
 
インターナショナルマッチウィーク前に行われたクリスタル・パレス戦を4-0で快勝したチェルシーは、2戦未勝利の状況から立て直して中断期間に入った。そして、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のセビージャ戦、次節にマンチェスター・ユナイテッド戦と重要な連戦を控える中、サウサンプトンを相手に連勝を狙った。
 
代表戦の影響を考慮してパレス戦から先発4人を変更。負傷のGKメンディに代えてGKケパ、チアゴ・シウバ、エイブラハム、ハドソン=オドイに代えてクリステンセン、ハヴァーツ、そしてプリシッチが今季初先発を飾った。
 
最前線にヴェルナー、2列目に右からプリシッチ、ハヴァーツ、マウントを配する[4-2-3-1]の布陣で臨んだホームチームは、立ち上がりから相手を圧倒していく。開始3分にボックス左に抜け出したチルウェルがいきなり決定的なシュートを放つと、その後も相手のハイプレスを質の高い繋ぎと、個人技でかいくぐって相手ゴールに迫っていく。
 
すると、攻勢を続けた15分には最終ラインでのステーションパスから左サイドバックのチルウェルが縦に入れたボールに対して絶妙なボディフェイントでDFベドナレクと完璧に入れ替わったヴェルナーがボックス内に侵入。深いカットインから複数のDFを振り切って右足のシュートを流し込み、待望のプレミアリーグ初ゴールを記録した。
 
このゴールで完全にノッたヴェルナーは28分、ハーフウェイライン付近で横パスを受けたジョルジーニョからの浮き球のダイレクトパスに反応。持ち味のスピードで再びDFベドナレクと入れ替わると、やや遅れて飛び出したGKを浮き球でかわして無人のゴールへヘディングシュートを流し込む。
 
ヴェルナーの2ゴールで余裕の試合運びを見せるチェルシーは、その後も危なげなく時計を進めていく。しかし、2点リードでの折り返し目前の前半終了間際にミスから相手にチャンスを与えてしまう。43分、自陣ボックス手前でボールを受けたハヴァーツが無理にボールキープを試みると、相手のプレスの網にかかって痛恨のボールロスト。チェ・アダムスのスルーパスに抜け出したイングスにゴールを決められ、嫌な形で試合を折り返した。
 
すると、この1点で息を吹き返したサウサンプトンに立ち上がりから押し込まれるチェルシーは、再びミスから2点目を献上。57分、最終ライン裏へ蹴り込まれたボールに対してDFズマのバックパスが短くなる。アダムスにボールをかっさらわれそうになった中、飛び出したGKケパが先に追いついたが、交錯を恐れたのかボールを確保できず。その後、DFクリステンセンが決死のゴールカバーを見せるも、こぼれ球をアダムスに蹴り込まれた。
 
2つのミスでヴェルナーの2ゴールを台無しにしたチェルシーだが、1失点目に絡んだハヴァーツが意地を見せる。失点直後の59分、右サイドのスペースでボールを受けたヴェルナーがプリシッチとのパス交換でボックス右へ抜け出し、マイナスの折り返しを送る。これをハヴァーツが冷静に流し込み、ヴェルナーに続きプレミアリーグ初ゴールを挙げた。
 
この勝ち越しゴールで流れを引き寄せたホームチームは、ようやく試合を落ち着けることに成功する。そして、マウントに代えてツィエクをデビューさせ、試合終盤にかけてはプリシッチ、ヴェルナーを下げてリース・ジェームズ、エイブラハムの投入で試合を締めにかかった。
 
しかし、逃げ切り目前の92分に自陣右サイドの嫌な位置でFKを与えると、DFズマのクリアボールに反応したウォルコットのシュートをゴール前の密集でヴェステルゴーアに頭でコースを変えられて土壇場での3失点目となった。さらに、残り時間でウォルコットにあわや逆転というシーンを作られるなど、最後までバタついたチェルシーは、ホームで痛恨のドローとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

チアゴ・シウバが規則違反でFAの懲戒危機に…何をした?

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバが、ある行為でFA(イングランドサッカー連盟)からの懲戒の危機に瀕しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 チェルシーは16日、プレミアリーグ第19節でフルアムと対戦した。相手は18位に沈む格下ながら、積極的で組織された守備に苦しみ、得点すら怪しい状況に立たされる。 それでも試合終盤に、クロスのこぼれ球に反応したMFメイソン・マウントがシュートを突き刺し先制。この虎の子の1点を守り切り、チェルシーは4試合ぶりの勝利を収めた。 そして、問題があったのはこの後。チアゴ・シウバは試合会場となったクレイヴン・コテージで働く作業員に、来ていたユニフォームを投げ渡したのだ。通常であれば温かい一面として取り上げられるだろうが、このコロナ禍では様子は異なるようだ。 プレミアリーグは感染拡大を防止するプロトコルの一部として、ユニフォームの交換や譲渡を禁止しているとのこと。先週、最高経営責任者であるリチャード・マスターズは各クラブに「強化されたルールを遵守することの決定的な重要性を強調する」ための手紙を送ったという。 プレミアリーグは現在、チアゴ・シウバの行為に対して罰を与えるか検討中とのこと。なお、新しいガイドラインでは、握手やハイタッチ、抱擁も避けなければならないと主張されているようだ。 2021.01.17 16:47 Sun
twitterfacebook
thumb

4試合ぶり勝利のランパード監督、決勝ゴールのマウントを称賛「若手選手のお手本」

チェルシーのフランク・ランパード監督が、勝ち切ったチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは16日に敵地で行われたプレミアリーグ第19節でフルアムと対戦。主導権を握りながらも、ゴールが奪えない状況が続いたが、78分にDFベン・チルウェルのアシストからMFメイソン・マウントが決勝ゴールを奪い、0-1で勝利を収めた。 4試合ぶりの勝利を手にしたランパード監督は、苦戦を強いられながらも、勝ち切ったチームを評価。そして、今後に控えるレスター・シティや、ウォルバーハンプトンとの一戦に向けて前進したいと意気込んだ。 「選手たちはパフォーマンスが向上している相手に対して、とても上手くアプローチをしてくれたよ」 「前半の最後に少し雑になってしまったが、試合をコントロールすることができていた。課題は10人になった相手に対して、これを利用し、敵陣で素早くボールを動かすことだった。彼らはキャンプをして、自分たちが何をすべきか理解していたから簡単でなかったね」 「冷静になることがとても重要だったんだ。最近のリーグ戦のパフォーマンスは我々が望んでいたものではなく、首位から離れてしまっていた」 「低いブロックに直面した時は、ライン間を通すちょっとした魔法のようなパスが必要なんだ。メイソン(・マウント)がゴールするまではそういったものが無かったが、忍耐力とボールの動かし方は良かったと思う」 「メイソンがゴールを決めたのは当然だ。彼の全体的なパフォーマンスは素晴らしかったが、チームスピリットも素晴らしかったよ」 「今日はリーグ戦で軌道に乗るという点では小さな一歩だったが、今月中に何試合かのビッグゲームが予定されているから、それに向けて前進することだけが重要だ」 また、ランパード監督は決勝ゴールを記録したマウントについても言及。自身の若手時代を引き合いに出し、絶賛している。 「彼は我々にとって非常に良い選手だ。先週22歳になったばかりだが、若手選手のお手本だね。私は22歳でチェルシーに移籍してきたが、加入初年度は世界を吹き飛ばすような活躍をしたわけではなく、足元を見つめていた。メイソンはすでに多くの試合に出場している。彼の努力と姿勢は素晴らしい」 2021.01.17 09:52 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のフルアムに苦戦もマウント弾で逃げ切ったチェルシーが4試合ぶりの白星!《プレミアリーグ》

チェルシーは16日、プレミアリーグ第19節でフルアムと対戦し1-0で勝利した。 リーグ戦3試合勝利のない9位チェルシー(勝ち点26)が、18位に沈むフルアム(勝ち点12)のホームに乗り込んだ一戦。直近に行われたFAカップ3回戦でリーグ2(イングランド4部)に所属するモアカムに4-0で完勝したチェルシーは、その試合から先発を7人変更。ヴェルナーやハドソン=オドイ、ハヴァーツらに代えてジルーやプリシッチ、ジョルジーニョらを先発で起用した。 3トップにツィエク、ジルー、プリシッチを並べた[4-3-3]で試合に臨んだチェルシーは、立ち上がりからボールを支配すると9分に最初の決定機を迎える。ボックス右でボールを受けたプリシッチの落としからボックス手前のジルーが左足アウトでゴールを狙ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 主導権を握るチェルシーは、25分に左クロスのクリアミスをボックス内で拾ったマウントがワントラップからシュート。さらに26分には、マウントの左CKからリュディガーがヘディングシュートを放ったが、シュートはクロスバーとGKアレオラの好セーブに弾かれた。 相手の勢いに呑まれて防戦一方のフルアムは41分に決定機。左サイドを持ち上がったA・ロビンソンのクロスを逆サイドの駆け上がったテテがゴール前にワンタッチパス。これをカバレイロがダイレクトで合わせたが、シュートは枠に上に外れた。 ピンチを凌いだチェルシーは44分、中盤でのこぼれ球に反応したアスピリクエタがA・ロビンソンに悪質なタックルを受けてVARの末に一発退場となり、チェルシーは数的優位となって前半を終えた。 迎えた後半は数的有利のチェルシーが立ち上がりから押し込む展開となるが、5バックで守るフルアムを攻略できず、決定機まで持ち込めない状況が続く。63分には、ツィエクのパスをゴール前で受けたジルーがチャンスを迎えたが、これはオフサイドの判定となった。 先制点が遠いチェルシーは、65分にジョルジーニョを下げてエイブラハムを投入。さらに75分には、ツィエクとジルーを下げてハドソン=オドイとヴァルナーをピッチに送り出した。 すると78分、ボックス右から侵入したハドソン=オドイが逆サイドへ浮き球のパスを送ると、これをボックス左手前で受けたチルウェルが縦に切り込みクロス。これは相手GKがパンチングで弾いたが、こぼれ球をマウントがハーフボレーでゴール右に突き刺した。 結局、このゴールが決勝点となりチェルシーが勝利。10人相手に苦しみながらもマウント弾で逃げ切ったチェルシーが4試合ぶりの白星を飾っている。 2021.01.17 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ドリンクウォーターがチェルシーから移籍へ トルコ行きが迫る

チェルシーに所属する元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター(30)のトルコ行きが秒読み段階のようだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、トルコ・スーパーリーグのカスムパシャと今季終了までのレンタル移籍で合意。移籍完了に向けたメディカルチェックや契約書へのサインを交わすべく、イスタンブール入りしたという。 ドリンクウォーターは2012〜2017年までを過ごしたレスター・シティで主軸を張り、2015-16シーズンの優勝に貢献。その活躍が認められ、イングランド代表にも呼ばれるようになり、2017年夏にチェルシー入りした。 しかし、ケガだけでなく、ピッチ外でのトラブルも明るみとなり、監督の信頼を勝ち取れず、バーンリーやアストン・ビラにレンタル。今季からチェルシーに復帰したが、依然として出番を得られずの状況だった。 2021.01.16 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ゾラの魔法のようなバックヒール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月16日にご紹介するのは、今から19年前に元イタリア代表FWジャンフランコ・ゾラ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ゾラが魔法をかける! 低弾道のCKを走りこみながらヒールで合わせる<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTZ0g5Y1FibSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 低弾道のコーナーキックに対し、ニアサイドに走り込みながらバックヒールでゴールネットを揺らす。角度的にバックヒールでしかゴールを狙えない位置から本当に決めてしまうゾラ氏の魔法のようなゴールでした。 ◆100回やっても1回しかできない ゾラ氏はチェルシーで7年間にわたりプレー。通算で80ゴールを記録し、4つの主要タイトル獲得に貢献しています。 魔術師の異名を取ったゾラ氏はいくつか記憶に残るスーパーゴールを決めていますが、中でも、2002年1月16日に行われたFAカップ3回戦再試合のノリッジ戦では素晴らしいゴールを決めています。 2-0とチェルシー2点リードの展開で迎えた63分、チェルシーは右CKを獲得。キッカーのDFグレアム・ル・ソーが左足でニアサイドに低い弾道のボールを供給すると、走りこんだゾラがバックヒールで合わせます。シュートは相手GKとポストの間ギリギリを通過し、ゴールネットを揺らしました。 本人も100回やっても1回しかできないと語るスーパーゴールです。 2021.01.16 07:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly