コロナ感染者急増中のイタリア、17日にトリノ、パルマ、クロトーネで陽性反応

2020.10.17 18:51 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAのクラブで新型コロナウイルス感染報告が相次いでいる。17日に感染者の確認を発表したのは、トリノ、パルマ、クロトーネの3クラブ。

トリノでは名前は伏せられているものの、トップチームの選手1名と、スタッフ2名の計3名が感染。パルマではトップチームの選手1名で、こちらも未詳細。そして、クロトーネではU-21ルーマニア代表から帰還したばかりFWデニス・ドラグシュの感染が報告されており、今季のセリエAでは3試合全てで出場していた。

イタリアでは10月に感染者が急増しており、16日には過去最多の10009人が感染。その魔の手はサッカー界にも影響を及ぼしており、最近ではユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアメリカ代表MFウェストン・マッケニー、ローマのギニア代表MFアマドゥ・ディアワラらの感染が伝えられている。

このまま増加を続ける場合、セリエAの継続も改めて審議される可能性がありそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

冨安フル出場のボローニャ、42試合ぶりのクリーンシートで不名誉記録をストップ!《セリエA》

ボローニャは29日、セリエA第9節でクロトーネをホームに迎え、1-0で勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節は吉田擁するサンプドリアとの日本人対決を制し、12位に浮上したボローニャ(勝ち点9)は冨安が[4-2-1-3]の左センターバックで開幕から9試合連続スタメンとなった。 最下位クロトーネ(勝ち点2)に対し、198cmの長身FWシミーにマッチアップする形となった冨安。 互角の攻防で立ち上がった中、18分にアクシデント。オルソリーニが負傷し代わってサンソーネが投入された。 その後も慎重な姿勢を崩さない両チームにチャンスがないまま迎えた前半追加タイム2分にボローニャが先制する。左サイドからのバロウのクロスをファーサイドのサンソーネがヘッド。これはGKにセーブされるもルーズボールをソリアーノが押し込んだ。 迎えた後半、開始2分にバロウがゴール至近距離からヘディングシュートを浴びせて追加点に迫ったボローニャが引き続き主導権を握る。 61分にはFKの流れからデ・シルベストリが枠内シュートを浴びせて牽制したボローニャは、終盤にかけても攻め手のないクロトーネを集中した守備でシャットアウト。 ウノゼロで勝利したボローニャは実にリーグ戦42試合ぶりの無失点で試合を締め、5大リーグワーストの不名誉記録をストップしている。 2020.11.30 01:17 Mon
twitterfacebook
thumb

コロナから復帰のインモービレが1G1Aのラツィオが最下位に快勝《セリエA》

ラツィオは21日、セリエA第8節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 前節ユベントス戦をラストプレー弾で引き分けに持ち込んだ9位ラツィオ(勝ち点11)は、ミリンコビッチ=サビッチとルイス・フェリペが新たにコロナ陽性となった中、コロナ陰性となったインモービレが先発で復帰した。 ピッチに雨を多く含んだ中でキックオフとなった一戦。最下位クロトーネ(勝ち点2)に対し、インモービレとコレアの2トップで臨んだラツィオは、13分にピンチ。しかし、シミーのボレーシュートはわずかに枠の右に外れた。 押し込まれる入りとなったラツィオだったが、21分に先制する。右サイドからパローロの上げたアーリークロスにインモービレがダイビングヘッドで合わせた。 エースの一発でリードしたラツィオは37分、コレアのパスをボックス中央で受けたパローロのシュートはGKコルダスの好守に阻まれ、1点のリードで前半を終えた。 それでも迎えた後半、58分にラツィオが突き放す。インモービレのパスを受けたコレアがボックス左から左足でシュートをねじ込んで追加点を奪った。 2点をリードしたラツィオはクロトーネにポゼッションを譲って時間を消化していく。そして終盤にかけてもクロトーネに反撃のチャンスを許さず、快勝でリーグ戦4試合負けなし(3勝1分け)とした。 2020.11.22 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ファウルを受けたふりで罰金25万円、名手リベリが“ダイブ”で処分

フィオレンティーナの元フランス代表FWフランク・リベリが、罰金処分を科された。 セリエAの懲戒委員会は、セリエA第7節での出来事に対して処分を決定。パルマvsフィオレンティーナに出場していたリベリと、トリノvsクロトーネに出場していたクロトーネノMFミロシュ・ヴリッチに対し、2000ユーロ(約25万円)の罰金を科した。 <div id="cws_ad">◆バイエルン時代の切れ味はどこへ…<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMZTh0NFVIZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 罰金処分の理由は「ダイビング」とのこと。「対戦相手のボックスでファウルを受けたふりをした」とし、重い処分が下されることとなった。 リベリは、今シーズンのセリエAでここまで5試合でプレーし2アシストを記録していた。 2020.11.10 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ムリエルのドッピエッタでアタランタが3試合ぶり勝利《セリエA》

アタランタは10月31日、セリエA第6節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-1で逃げ切った。 前節サンプドリア戦を完敗し、リーグ戦2連敗となったアタランタは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦では2点のビハインドを負った中、引き分けに持ち込んだ。そのアタランタはアヤックス戦のスタメンから3選手を変更。D・サパタ、イリチッチ、ゴセンズに代えてムリエル、マリノフスキー、モヒカを起用した。 1分け4敗スタートのクロトーネに対し、最前線にムリエル、2シャドーにマリノフスキーとアレハンドロ・ゴメスを据えたアタランタは7分にルペルトに決定的なシュートを許すも、わずかに枠を外れて助かった。 すると1分後には決定機。しかし、マリノフスキーのパスをボックス左で受けたムリエルのシュートはGKコルダスの好守に阻まれた。 その後はアタランタが攻勢を強める展開で推移すると26分に先制する。マリノフスキーのパスをボックス右で受けたムリエルがゴール右にシュートを流し込んだ。 先制したアタランタは31分に追加点のチャンスが訪れ、アレハンドロ・ゴメスがGK強襲のシュートを浴びせると、38分に加点した。フロイラーのパスをボックス左で受けたムリエルがゴール左に蹴り込んだ。 ムリエルのドッピエッタでリードを広げたアタランタだったが、40分に1点を返される。ヴリッチのパスをボックス左で受けたシミーにシュートを決められた。 2-1で迎えた後半、ムリエルとアレハンドロ・ゴメスに代えてD・サパタとイリチッチを投入したアタランタが引き続き押し込む展開とするも、3点目に迫るには至らない。 68分には負傷したハテブールがプレー続行不可能となった中、72分にはマリノフスキーがボックス左へ侵入してGK強襲のシュートを放ってアタランタが牽制。 終盤にかけてはアタランタが試合をクローズし、クロトーネの反撃を許さない。結局、前半のムリエルの2ゴールを守り抜いたアタランタがリーグ戦3試合ぶりの勝利を飾っている。 2020.11.01 00:56 Sun
twitterfacebook
thumb

クロトーネの新加入FWリビエールが右大腿部負傷で再離脱…

クロトーネは28日、フランス人FWエマニュエル・リビエールの負傷を発表した。 今夏に加入しセリエA開幕戦のジェノア戦(1-4で敗戦)でゴールを決めるなど、今季の活躍が期待されたリビエールだったが、その後のトレーニングで左ふくらはぎを負傷。約1ヵ月の離脱を経て、24日に行われたセリエA第5節のカリアリ戦で復帰していた。 しかし、『フットボール・イタリア』によれば、リビエールは今週行われたトレーニングの中で今度は右モモを負傷したようだ。 クロトーネの発表によれば、リビエールは28日に精密検査を受診。その結果、右足大腿部にグレードⅠの損傷が見つかったとのこと。なお、詳細な離脱期間は明かされていないが、『フットボール・イタリア』は1~2週間の離脱になると伝えている。 2020.10.29 03:00 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly