フルアムが元オランダ代表DFコンゴロを完全移籍で獲得、昨季はレンタルでプレー

2020.10.17 12:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昇格組のフルアムは16日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドに所属する元オランダ代表DFテレンス・コンゴロ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2014年夏までの4年間で、1年間の延長オプション付き。移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると400万ポンド(約5億4500万円)にボーナスが加わるとのことだ。

コンゴロはフェイエノールトのアカデミー出身で、2012年7月にファーストチーム昇格。2017年7月にモナコへ完全移籍すると、公式戦6試合の出場に留まり、2018年1月からハダースフィールドへレンタル移籍。同年7月に完全移籍していた。

ハダースフィールドでは公式戦60試合に出場し1ゴール2アシスト。プレミアリーグでは45試合に出場していたが、今年1月からはフルアムへとレンタル移籍すると、ケガの影響もあり2試合の出場に終わっていた。

また、世代別のオランダ代表を経験しており、A代表では4試合に出場。20歳ながら3位に輝いた2014年のブラジル・ワールドカップのメンバーに選ばれ、グループステージ第3節のチリ代表戦の終盤に出場していた。

コンゴロはフルアムへの復帰について「本当に幸せだ。久しぶりに1日中待った。最終的にフルアムでプレーできるようになったんだ。僕はここに居ることを誇りに思うし、クラブのために全てを捧げます」とコメントした。
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムント、エイブラハム弟獲得に迫るもフルアムの手続き不備で破談…加入は今冬に?

ドルトムントがフルアムに所属するイングランド人FWティミー・エイブラハム(19)の獲得を逃がしていたことが判明した。『Transfermarkt』が報じている。 チェルシーで活躍するイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)を兄に持つティミーは、185cmの大型ストライカー。2017年にチャールトンからフルアムのU-18チームに加入。U-18プレミアリーグで29試合12ゴールを挙げるなど、ユース年代では印象的な活躍を見せていた。 現在はフルアムのU-23チームの登録となっており、昨シーズンにはレンタル先のブリストル・ローヴァーズ(3部)でプロデビューも飾っていた。 ドルトムントはそのティミーに対して、移籍市場閉幕の2週間ほど前から関心を示しており、220万ユーロ(約2億7000万円)の買い取りオプションを付けたレンタル移籍でのオファーを掲示。クラブ間、個人間でも合意に至っていたものの、フルアム側に書類作成など事務手続きの不備や遅れがあり、10月5日の締め切りまでに交渉を完了させることができなかったようだ。 なお、ティミーをリザーブチームでプレーさせ、将来的にはトップチームに引き上げることも検討しているドルトムントは、今冬のタイミングで再び獲得に動く可能性が高いようだ。 2020.10.10 18:57 Sat
twitterfacebook
thumb

シティのホープと目されたCBアダラバイヨ、フルアム加入が決定 1年延長OP付きの3年契約にサイン

フルアムは5日、マンチェスター・シティに所属するイングランド人DFトシン・アダラバイヨ(23)の獲得を発表した。1年延長オプション付きの3年契約での加入となる。 世代別のイングランド代表歴を持つアダラバイヨはシティ下部組織出身のセンターバック。2016年2月にトップチームデビューを果たしたが、出番が限られ、2018年8月から武者修行が続き、2018-19シーズンにWBA入りすると、昨季もブラックバーンに活躍の場を移していた。 シティを離れ、今季からプレミアリーグを戦うフルアム入りを決断したアダラバイヨはクラブ公式サイトを通じて心境を語った。 「とても興奮している。ついにプレミアリーグでプレーできると思うとね。シティを離れて前に進むにはちょうど良い時期だと感じていたんだ。プレミアリーグの試合に多く出場できるよう願っている」 2020.10.06 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーのイングランド代表MFロフタス=チークが“お隣さん”のフルアムへ武者修行

フルアムは5日、チェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 チェルシーのアカデミー出身のロフタス=チークは、2015年1月にファーストチームへ昇格。2017-18シーズンはクリスタル・パレスへ武者修行に出たが、その後はチェルシーでプレーしていた。 これまでチェルシーでは公式戦82試合に出場し12ゴール11アシストを記録。2019-20シーズンはケガの影響もありシーズン開幕から欠場が続いたが、後半戦で復帰。プレミアリーグで7試合に出場していた。 今シーズンは開幕戦のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に先発出場したが、その後の試合を欠場していた。 同じウェストロンドンに本拠地を構え、近隣のライバルクラブへと移籍したロフタス=チークは「お隣さんに来られて本当に嬉しい」とコメント。昇格したフルアムでプレーできることを喜んだ。 「シーズンの最初にフルアムを見たけど、彼らはとても真っ当なサッカーをしているように見えた。この監督と一緒に僕は自分の最高のパフォーマンスを取り戻せると思う」 「それが僕にとってのメインテーマだ。自分のフォームを取り戻し、このチームが試合に勝つことを助けたい」 2020.10.06 10:02 Tue
twitterfacebook
thumb

PL昇格組フルアム、リヨンからデンマーク代表DFをレンタル!「プレミアでプレーするのは夢だった」

フルアムは5日、リヨンからデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(24)をレンタルで獲得したことを発表した。契約は今シーズンいっぱいとなる。 トゥベンテでプロキャリアをスタートさせたアンデルセンは2017年夏からサンプドリアでプレー。昨夏に推定移籍金3000万ユーロ(現レートで約37億3000万円)でリヨンへと活躍の場を移すと、公式戦32試合に出場していた。 プレミアリーグ初挑戦のアンデルセンはクラブ公式サイトで喜びの心境を語った。 「この移籍ができて本当に嬉しいよ。フルアムのような素晴らしいクラブの一員としてプレミアリーグでプレーするのを楽しみにしている。子供のころからフォローしているリーグ。プレミアリーグでプレーするのはとても大きな夢だったから楽しみだ」 プレミアリーグ昇格組のフルアムは今季のここまで開幕から4戦全敗。代表ウィーク明けの17日に行われる第5節でシェフィールド・ユナイテッドとのアウェイゲームに挑む。 2020.10.06 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

フルアムがライプツィヒからFWルックマンをレンタル移籍で獲得

フルアムは30日、RBライプツィヒから元U-21イングランド代表FWアデモラ・ルックマン(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ルックマンはチャールトンの下部組織出身で、2017年1月にエバートンへ完全移籍。エバートンでは公式戦48試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 2018年1月にライプツィヒへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で加入。大きな期待が寄せられていた。 しかし、ライプツィヒでは、2019-20シーズンのブンデスリーガで11試合、チャンピオンズリーグで1試合、DFBポカールで1試合と多くの出場機会は得られず。これまで公式戦24試合に出場し5ゴール4アシストとレンタル移籍中の方が結果を残していた。 2020.09.30 22:30 Wed
twitterfacebook