フルアムが元オランダ代表DFコンゴロを完全移籍で獲得、昨季はレンタルでプレー

2020.10.17 12:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昇格組のフルアムは16日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドに所属する元オランダ代表DFテレンス・コンゴロ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2014年夏までの4年間で、1年間の延長オプション付き。移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると400万ポンド(約5億4500万円)にボーナスが加わるとのことだ。


コンゴロはフェイエノールトのアカデミー出身で、2012年7月にファーストチーム昇格。2017年7月にモナコへ完全移籍すると、公式戦6試合の出場に留まり、2018年1月からハダースフィールドへレンタル移籍。同年7月に完全移籍していた。

ハダースフィールドでは公式戦60試合に出場し1ゴール2アシスト。プレミアリーグでは45試合に出場していたが、今年1月からはフルアムへとレンタル移籍すると、ケガの影響もあり2試合の出場に終わっていた。

また、世代別のオランダ代表を経験しており、A代表では4試合に出場。20歳ながら3位に輝いた2014年のブラジル・ワールドカップのメンバーに選ばれ、グループステージ第3節のチリ代表戦の終盤に出場していた。

コンゴロはフルアムへの復帰について「本当に幸せだ。久しぶりに1日中待った。最終的にフルアムでプレーできるようになったんだ。僕はここに居ることを誇りに思うし、クラブのために全てを捧げます」とコメントした。
関連ニュース
thumb

スパーズが2021年初の連勝! 開幕以来スタメンのデレ・アリ絡んだOGを守り抜きフルアムに辛勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、フルアムvsトッテナムが4日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのトッテナムが0-1で勝利した。   現在、1試合未消化で8位のトッテナム(勝ち点39)は前節バーンリーを相手に4-0の快勝。リーグ戦の連敗をストップすると共に3試合ぶりの白星を手にした。2021年初の連勝を狙う今節は前回対戦で引き分けた18位のフルアム(勝ち点23)と対戦。バーンリー戦からは先発3人を変更。両サイドバックをレギロン、オーリエからドハーティ、ベン・デイビスに入れ替え、ルーカス・モウラに代わってデレ・アリが開幕戦以来となるリーグ戦でのスタメン復帰を果たした。   今季2度目のロンドン・ダービーは出足で勝るフルアムが押し込む入りを見せる。格上相手に前から圧力をかけるホームチームは、左サイドのロフタス=チークのキープ力を生かしてサイドバックも積極的に高い位置を取って攻撃に厚みを加える。その流れの中でロビンソンらがフィニッシュに絡んでいく。   一方、トッテナムも15分を過ぎた辺りから相手のプレッシャーに順応すると、ここから相手守備を引っくり返すカウンターからチャンスを創出。まずは16分、エンドンベレの仕掛けで得たFKをキッカーのベイルがブレ球で狙うと、直後の18分には左サイドのソン・フンミンが入れた右足アウトにかけた絶妙なクロスをゴール前でドフリーのケインが頭で合わすが、これはGKアレオラの守備範囲。   それでも、続けて良い形の攻めを見せたアウェイチームは19分、得意のロングカウンターでゴールをこじ開ける。自陣でボールを持ったベイルからの縦パスを受けたデレ・アリが左サイドでフリーのソン・フンミンへ繋ぐ。そして、ボックス左にそのまま持ち込んだ韓国代表FWからのグラウンダーの折り返しを、ゴール前に走り込んだデレ・アリが右足アウトで合わせると、後方にいたDFアダラバイヨに当たってゴール方向に向かったボールが右隅へ決まった。   デレ・アリの今季プレミア初ゴールとはならずも、オウンゴールで先制に成功したトッテナムは、以降もスムーズなポジティブトランジションからうまく浮くデレ・アリ、ソン・フンミンを起点に良い形でカウンターを仕掛けていく。   その流れから4戦ぶりのゴールを目指すソン・フンミンが際どい2本のシュート、エンドンベレのスルーパスに反応したケインがボックス内で相手と交錯してPK獲得に迫る場面を創出。また、守備の局面でもドハーティやホイビュルクが強度の高いプレーで相手の起点を潰す。前半ラストプレーではロビンソンに突破を許してマジャの落としからレミナに決定機に持ち込まれたが、ここはシュートミスに助けられた。   1点リードで試合を折り返したトッテナムだが、後半は相手の攻勢に晒される展開に。立ち上がりに続けて与えたCKからアンデルセン、アダラバイヨに枠を捉えたヘディングシュートを放たれるも、ここはGKロリスの連続セーブで凌ぐ。   以降は相手に押し込まれる中でカウンターチャンスを幾度か得るが、前半のように前線の選手に良い形でボールが繋がらず、なかなかフィニッシュで攻撃を完結できない。   すると、63分には相手の波状攻撃を受けてボックス内でルーズボールを拾ったマジャに左足のシュートを決められる。だが、VARのレビューの結果、DFサンチェスのクリアをレミナが腕を使ってブロックしたとの微妙な判定により、ゴールは取り消しとなった。   判定に救われてリードを維持したトッテナムは68分、ベイルとデレ・アリを下げてルーカス、ムサ・シソコを同時投入。さらに、75分にはエンドンベレを下げてこの日が29歳のバースデーとなったラメラを3枚目のカードとして切った。   互いに交代枠を使い切った残り15分の攻防ではそのバースデーボーイが攻守に気を吐く。83分にはシソコからの縦パスを受けゴール前に走り込むケインへ絶妙なラストパスを通すが、ケインのシュートは勇敢に飛び出したGKアレオラのビッグセーブに阻まれ、試合を決定づける2点目とはならず。   以降はホームチームのミトロビッチを目がけたシンプルなロングボール、サイドからの再三のクロスを撥ね返し続けたトッテナムが、辛くも2試合連続クリーンシートで試合をクローズ。   相手のオウンゴールで得た決勝点を微妙なVAR判定などもあり、何とか守り切る辛勝ながらも昨年11月の4連勝以来となるリーグ連勝を飾ったトッテナムが熾烈なトップ4争いにおいて価値ある勝ち点3を手にした。 2021.03.05 04:59 Fri
twitterfacebook
thumb

「彼らに人生を借りることになる」フルアムの32歳MFが腎臓移植手術へ、兄や親友が臓器提供

フルアムの元スコットランド代表MFケビン・マクドナルドが、来月にも腎臓移植を行うことを告白した。 32歳のマクドナルドは、慢性腎臓病を患っており、その状態が12年間も続いていた。しかし、現在では状態が悪化。キャリアを早急に終わらせてしまう可能性があると感じているようだ。 マクドナルドはフルアムの公式サイトのインタビューで「サッカーは素晴らしかった。しかし、これは引き継いでいかなければならない」とコメント。病気とはずっと付き合っていく必要があるとした。 「僕は今それを行いたいと思っている。全てが正しいということを確認し、そこから戻り、再び通常の生活を送りたい」 マクドナルドは、スコットランドのダンディーFCでキャリアをスタート。その後イングランドへと渡り、バーンリーやスカンソープ・ユナイテッド、ノッツ・カウンティ、シェフィールド・ユナイテッド、ウォルバーハンプトンでプレー。2016年7月からフルアムでプレーしている。 また、2018年にはスコットランド代表としてUEFAネーションズリーグなど5試合に出場したこともある。 フルアムでは公式戦128試合に出場し6ゴール5アシストを記録。昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で16試合に出場し、チームの昇格に貢献していたが、今シーズンはコンディションの問題もありプレミアリーグに登録されず、プレーしていない状況だ。 そのマクドナルドだが、手術を行い、その後およそ3カ月に渡るリハビリを終えた後も、プロとしてプレーし続けることを期待している。 「僕は32歳で、おそらくは35歳になるまではプレーできただろう。プレミアリーグは僕にとってスピーディすぎるけど、自分がキャリアのどの位置にいるかは理解している」 「サッカーをしたいか?僕は肉体的にも精神的にも準備できているか?それとも指導者の道を歩むか?手術を終えて自分がどう感じるかを見るまでは分からないね」 本来であれば2月に手術を行う予定だったが、これも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で遅れることに。4月には行われることを期待しており、マクドナルドの兄弟と親友の1人が腎臓を提供する準備ができているという。 「移植が最終目標であることを知り、僕は自分のキャリア全体で準備してきた。サッカーをやりきった後に行いたかったけど、最近の検査の結果により予定より早くなるだろう」 「僕はキャリアを終えるため、週に4度の透析を続けることもできた。でも、特別なことをしなければいけない時が来た」 「僕が生きているドナーを持つことにはとても多くの利点があり、僕は彼らに人生を借りることになるんだ」 まずは手術が成功することを願いながら、再びピッチに立つ姿が見られることを期待したい。 2021.03.03 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

エース不在に疲労困憊のエバートン、躍動フルアムに13戦ぶりの白星献上…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第24節、エバートンvsフルアムが14日にグディソン・パークで行われ、アウェイのフルアムが0-2で勝利した。 7位のエバートン(勝ち点37)が18位のフルアム(勝ち点15)をホームで迎え撃った一戦。前節、マンチェスター・ユナイテッドと劇的ドローゲームを演じたエバートンは、ミッドウィークのFAカップ5回戦でトッテナムを延長戦の末に5-4で撃破した。 強豪相手の連戦で確かな自信を手にしたホームチームは格下相手に勝利必須の一戦に向けて先発4人を変更。キーン、ミナ、イウォビ、負傷のキャルバート=ルーウィンに代えてコールマン、ホルゲイト、アンドレ・ゴメス、ハメス・ロドリゲスを起用した。 エバートンが最前線にシグルドソンを配した[4-3-3]、フルアムがデコルドバ=リードとボルドーからの新戦力マジャを2トップに配した[4-4-2]と、互いにここ最近の布陣から変更を加えた中、試合はアウェイチームが圧倒的に押し込む意外な形となる。 機動力のある2トップを起点に前から激しい圧力をかけつつ、積極的に背後のスペースを狙うフルアム。相手のビルドアップにうまく制限をかけて押し込む形を作り出し、10分には左CKの場面でニアに飛び込んだデコルドバ=リードのフリックシュートが右ポストを叩く決定機を創出する。 さらに、20分には相手陣内左サイドでのボール奪取からショートカウンターに転じてハリソン・リードが際どいミドルシュート、続く27分にはデコルドバ=リードのヒールパスに反応したルックマンがボックス内で右足を振り抜くが、古巣のゴールをこじ開けるまでには至らず。 一方、キャルバート=ルーウィンの不在によって前線で起点を作れないエバートンはシグルドソンとリシャルリソンの立ち位置を入れ替えるなど、微調整を繰り返しながら反撃を試みる。 すると、30分を過ぎた辺りからようやく相手陣内でのプレー機会を増やしていくと、34分にはハーフウェイライン付近でのボール奪取から中央を豪快なドリブルで持ち上がったコールマンにこの試合最大の決定機。フリーの味方をオトリに自ら左足を振ると、これが枠の右隅に向かうも右ポストを叩いた。 盛り返して前半を終えたエバートンだったが、後半は再びフルアムが主導権を握ることに。立ち上がりの48分、ルックマンとのパス交換でボックス左に侵入したアイナがGKと最終ラインの間にスピード、コース申し分ないグラウンダーの折り返しを入れると、これをファーでドフリーのマジャがワンタッチで流し込んだ。 マジャのプレミアリーグ初ゴールで先手を奪ったアウェイチームはその後もルックマンとアイナ、デコルドバ=リードを起点にコールマンのサイドを徹底的に突いて幾度も際どいクロスから2点目に迫る。 この劣勢を受けてアンチェロッティ監督は56分にコールマンとトム・デイビスを下げてキーンとキングを同時投入。この交代でホルゲイトが右サイドバック、シグルドソンがアンカー、キングが左ウイングと大幅に配置を変更した。 しかし、トッテナム戦勝利の代償か、チーム全体で出足が鈍くセカンドボールや切り替えの部分で後手を踏み続けると、65分に2失点目を喫する。ボックス手前でハリソン・リードが放った強烈なシュートはGKオルセンが何とか触るが、左ポストを叩いたこぼれ球をマジャに押し込まれた。 この失点で厳しくなったホームチームは、さらに負傷明けのハメスが左足首を痛めてしまい、68分にベルナールの投入を余儀なくされた。 何とか追いつきたいエバートンは78分、右サイドのアンドレ・ゴメスのアーリークロスに反応したキングがゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。最後まで諦めずに攻め続けたものの、13戦ぶりの白星に向けて気迫を見せるフルアムを最後まで上回ることはできず。 この結果、フルアムに今季3勝目を献上したエバートンは3戦ぶりの敗戦を喫し、マンチェスター・シティ、リバプールと続く強豪連戦に大きな不安を残すことになった。 なお、フルアムはグディソン・パークで開催されたエバートンとのリーグ戦で14戦全敗だったが、15戦目にして待望の初勝利となった。 2021.02.15 05:59 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがフルアムに6億円超の支払い、FWエリオットの補償金は16歳の記録に

2019年7月にリバプールが獲得したU-17イングランド代表FWハーヴェイ・エリオット(17)だが、その移籍金は16歳での新記録となるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 エリオットは、フルアムの下部組織出身で、2019年7月にリバプールへと移籍。リザーブチームを主戦場にしながら、トップチームにも足を伸ばし、プレミアリーグ2試合、FAカップ3試合、EFLカップ3試合に出場していた。 17歳になった今年からは3年間のプロ契約を結んでいたが、10月にブラックバーンへとレンタル移籍。チャンピオンシップ(イングランド2部)で22試合に出場し4ゴール8アシストを記録している。 リバプールによれば、「保証された補償金」として150万ポンド(約2億1700万円)を設定したほか、選手のパフォーマンスに応じて280万ポンド(約4億円)のボーナスを設定したとのこと。最大で430万ポンド(約6億2000万円)にのぼる事となり、その場合は16歳での最高額になるようだ。 なお、リバプールは、エリオット獲得時にフルアムとこの件で交渉ができなかったという。 フルアムは「プロサッカー報酬委員会」を通じて得る事となった金額について「とても満足している」としている。 2021.02.12 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターがフルアムに快勝で3戦ぶりの白星! マディソンが圧巻の2アシスト《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、フルアムvsレスター・シティが3日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのレスターが0-2で勝利した。 前節、リーズに完敗してリーグ8戦ぶりの黒星を喫したレスター(勝ち点39)は4位に転落。3戦ぶりの白星を目指す敵地での一戦では18位のフルアム(勝ち点14)と対峙した。前節からは先発4人を変更し、負傷のカスターニュとフォファナに代えてリカルド・ペレイラとソユンクを起用。また、メンディに代えてチョードリー、オルブライトンに代えてイヘアナチョを起用し、アジョセ・ペレスが最前線から右ウイングにポジションを移した。 立ち上がりは互いに攻め合う拮抗した展開となったが、フィニッシュの質で勝るレスターが先にゴールをこじ開ける。17分、相手陣内でのボール奪取から右サイドに流れてボールを引き出したマディソンが絶妙なピンポイントクロスを供給。これに反応したイヘアナチョがうまくDF2枚の間に入り込んで丁寧なヘディングシュートを流し込んだ。 幸先よく先制に成功したレスターは以降も相手を押し込みながらセットプレーを獲得していく。その流れの中で制空権を握るソユンクが幾度か惜しいヘディングを放っていく。 一方、流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めないフルアムも前半終了間際にビッグチャンスが訪れる。42分、ルックマンの左CKをファーで完全にフリーのアダラバイヨが打点の高いヘディングで合わせるが、枠を捉えたシュートはGKシュマイケルが圧巻の反応ではじき出す。 すると、守護神の好守でピンチを凌いだレスターは直後の44分、自陣左サイドのジャスティンからのクサビを受けたイヘアナチョが鮮やかなターンでDFをかわしてスペースを狙うマディソンにスルーパスを通す。そのままDFを引き連れてボックス内に運んだマディソンは左を並走してきたジャスティンにプレゼントパス。これをジャスティンが難なく流し込んだ。 マディソンの見事な2アシストで前半を2点リードで終えたアウェイチームは後半も試合の主導権を掌握。51分にはイヘアナチョ、64分にはリカルド・ペレイラがゴールネットを揺らすが、いずれもVARのレビューの結果、ゴールは認められず。 その後、アジョセ・ペレス、チョードリー、バーンズを下げてオルブライトン、メンディ、アマルテイとメンバーを入れ替えながらも危なげなく試合をコントロール。後半半ば以降は決定機こそ作れなかったものの、相手にもチャンスを与えることなく試合をクローズした。 そして、フルアムに力の差を見せつけたレスターが3戦ぶりの白星を挙げて優勝争いに踏みとどまっている。 2021.02.04 05:09 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly