フルアムが元オランダ代表DFコンゴロを完全移籍で獲得、昨季はレンタルでプレー

2020.10.17 12:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昇格組のフルアムは16日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドに所属する元オランダ代表DFテレンス・コンゴロ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2014年夏までの4年間で、1年間の延長オプション付き。移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると400万ポンド(約5億4500万円)にボーナスが加わるとのことだ。

コンゴロはフェイエノールトのアカデミー出身で、2012年7月にファーストチーム昇格。2017年7月にモナコへ完全移籍すると、公式戦6試合の出場に留まり、2018年1月からハダースフィールドへレンタル移籍。同年7月に完全移籍していた。

ハダースフィールドでは公式戦60試合に出場し1ゴール2アシスト。プレミアリーグでは45試合に出場していたが、今年1月からはフルアムへとレンタル移籍すると、ケガの影響もあり2試合の出場に終わっていた。

また、世代別のオランダ代表を経験しており、A代表では4試合に出場。20歳ながら3位に輝いた2014年のブラジル・ワールドカップのメンバーに選ばれ、グループステージ第3節のチリ代表戦の終盤に出場していた。

コンゴロはフルアムへの復帰について「本当に幸せだ。久しぶりに1日中待った。最終的にフルアムでプレーできるようになったんだ。僕はここに居ることを誇りに思うし、クラブのために全てを捧げます」とコメントした。

関連ニュース
thumb

再生回数は556万回以上!スタンド観戦の脳性麻痺の少年と喜びを分かち合うフルアム選手「これがサッカーのすべて」

フルアムの選手たちがスタンドの子供と喜びを分かち合った。 フルアムは24日、オンラインでいじめを受けていたという脳性麻痺を患う13歳の少年、リス・ポーターくんを名誉選手として登録。クラブの公式サイトでもメンバーの一員として紹介した。 翌25日、チャンピオンシップ(イングランド2部)第9節でブリストル・シティと対戦したフルアム。50分にアレクサンダル・ミトロビッチが先制点を挙げると、選手は一目散にスタンドへ。観戦に訪れていたポーターくんの下へと駆け出した。 多くの選手がポーターくんを囲み、ゴールの喜びを分かち合う。ネースケンス・ケバノなどは柵を乗り越えてスタンドイン。ポーターくんと抱き合いながらこの瞬間を共にした。 このシーンが収められた動画には「賞賛されるべき」、「美しいシーン」、「これがサッカーのすべて」などのコメントが。動画は多くの人の注目を集め、再生回数は556万回以上にも上った。 クラブは試合後「フラムの誰もが完全にリスに触発された」として、次のような声明を発表している。 「逆境に直面したときの彼の態度と、他の人を助けるという彼のコミットメントの両方に、我々がどれほど感銘を受けたかを彼に示したかったのだ」 残念ながら試合は終盤に追い付かれて引き分けに終わってしまったが、ポーターくんをはじめ、この場に居合わせた人々にとっては忘れられない瞬間となったことだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】脳性麻痺の少年とゴールの喜びを分かち合うフルアムの選手たちが感動的</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A beautiful moment in the beautiful game…<a href="https://twitter.com/hashtag/COYW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYW</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FFC</a> <a href="https://t.co/nCBY0qt2ci">pic.twitter.com/nCBY0qt2ci</a></p>&mdash; Mark Twomey (@markjtwomey) <a href="https://twitter.com/markjtwomey/status/1441783061180469249?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

フルアムがN・チャロバー獲得! かつて指導を受けた指揮官の下で再びプレー

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するフルアムは8月31日、ワトフォードから元イングランド代表MFナサニエル・チャロバー(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっており、移籍金は公開されていない。 N・チャロバーは弟のイングランド人DFトレヴォ・チャロバ―と同じくチェルシーのアカデミー出身。しかし、ファーストチームでの出場機会はなく、2012年夏に当時チャンピオンシップに所属していたワトフォードへレンタルで加入し、プロデビューを果たした。 その後はノッティンガム・フォレスト、ミドルズブラ、バーンリー、レディング、ナポリへのレンタル移籍を繰り返した後、2017年7月にプロデビューを飾ったワトフォードへ完全移籍を果たした。 ワトフォードでは公式戦127試合に出場し9ゴール3アシストを記録。主将としてプレーする試合もあったが、昨シーズン終盤は出場機会が減少していた。 再び西ロンドンに戻ってくることになったチャロバーは、移籍後のインタビューにおいてクラブのプロジェクトを称賛。ワトフォード時代に指導を受けた経験もあるマルコ・シウバ監督と共に、プレミアリーグ昇格を目指したいと語った。 「ここには素晴らしいプロジェクトがあり、それは僕を興奮させるものだった。ワトフォードでの1年目に監督と一緒に仕事をした経験があったが、彼からはいつも良い雰囲気を感じていたよ」 「このチームを見て、来年にはプレミアリーグに復帰できる可能性があると思ったんだ。そしてそれが、僕の目標でもある」 2021.09.01 11:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリがカメルーン代表MFザンボ・アンギサを獲得! 昨季フルアムで奮闘の守備的MF

ナポリは8月31日、フルアムからカメルーン代表MFアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、フルアムは今回の移籍決定前に同選手との契約を2024年6月30日まで延長している。 マルセイユでプロキャリアをスタートし、2018年にフルアムへ完全移籍したザンボ・アンギサ。翌年にはビジャレアルに1年間の武者修行に出て、昨夏にフルアムへ復帰した。 昨シーズンはチームが残留争いを強いられた中、プレミアリーグ36試合に出場。持ち味のフィジカル能力を生かしたボール奪取や正確な散らし、果敢な持ち出しと個人としては印象的なパフォーマンスを披露していた。 そのため、クラブが2部降格となったことで、今夏の退団が有力視されていた中、ナポリ移籍が決定した。 2021.09.01 02:11 Wed
twitterfacebook
thumb

「一体何が?」「プスカシュ賞をあげよう」英2部で起こった若きGKの珍プレーが話題に

チャンピオンシップ(イングランド2部)の試合で理解しがたいゴールが生まれた。 そのプレーが起きたのは14日に行われたハダースフィールドvsフルアムの一戦。試合開始9分のプレーだ。 ハダースフィールドのMFソーバ・トーマスがハーフウェイライン付近でパスの出しどころが無く、大きくバックパス。GKにロングボールを送った。 しかし、このバックパスがかなりアバウトになり、ラインを割りそうに。しかし、GKライアン・スコフィールドが何とかギリギリで胸トラップ。これをダイレクトで前に蹴り出した。 クリアをしたかったものの、そこにいたのは味方ではなくフルアムのセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ。突然来たボールに突如反応したミトロビッチはスライディング。何とか足に当てたボールは、そのままゴールへと吸い込まれたのだ。 すでにゴールラインを割っていたのではないかという見方もある一方で、CKを嫌った結果、失点という落ち着いた処理を最後まで行えなかったことには「一体何が起きたんだ?」というコメントが多発。中には「プスカシュ賞をあげましょう」や「これぞチャンピオンシップ」といった皮肉めいたコメントも多発していた。 失態を犯したスコフィールドは21歳の若き守護神。試合の立ち上がりで相手のチャンスを阻もうと努力したことが裏目に出てしまったが、これからもチャレンジは忘れないで欲しいものだ。 なお、この失点が影響したのかは定かではないが、試合はフルアムが1-5で大勝を収めた。 <span class="paragraph-title">【動画】GKの謎すぎるプレーでまさかの失点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What happened here?!<br><br>ICYMI, this is how Fulham&#39;s Aleksandar Mitrovic opened the scoring nine minutes into their 5-1 win over Huddersfield earlier today... <a href="https://t.co/9hsNvncxQw">pic.twitter.com/9hsNvncxQw</a></p>&mdash; Sky Sports Football (@SkyFootball) <a href="https://twitter.com/SkyFootball/status/1426639291065765893?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.17 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ボールにキスがダメなら…開幕戦で見せたイングランド主審の新しいルーティーンが話題!

選手だけでなく主審にも試合前のルーティーンがある。 イングランドで主審を務めるキース・ストラウド(51)氏は、イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)で300試合以上の試合を裁いているベテランだ。過去には2003年のFAカップ決勝、アーセナルvsサウサンプトンの副審を担当している。 8日、チャンピオンシップ(イングランド2部)開幕節のフルアムvsミドルズブラを担当したストラウド氏。通用ゲートを抜けてピッチへと向かう際の行動が、SNS上で話題となっている。 ストラウド氏はゲートを抜けてセットされたボールを手に取る前、ボールに対して投げキスを送ったのだ。 同氏は試合前にボールを手に取った際のキスをルーティーンとしていたが、現在は新型コロナウイルス(COVID19)の流行により、感染防止の観点からそのような行為は認められていない。以前、ボールへのキスをした際には非難が寄せられていた。 そこでストラウド氏は少しばかりルーティーンを変更。考案されたのが、今回のような投げキスだったというわけだ。 収束の兆しが見えないコロナだが、各々が工夫を凝らしているようだ。また、選手だけでなく、監督や審判団などの様子を見るのも面白いと伝えてくれる光景でもあるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】新ルーティーン!入場時、ボールに投げキスを送る主審</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CSUI-NQANfW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CSUI-NQANfW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CSUI-NQANfW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sky Sports(@skysports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.09 17:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly