シティで9年間プレーした元アルゼンチン代表DFサバレタが現役引退を発表

2020.10.16 23:07 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨シーズン限りでウェストハムを退団していた元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(35)が現役引退を発表した。サバレタは母国アルゼンチンのサン・ロレンソでキャリアをスタート。2005年8月に海を渡りエスパニョールへと完全移籍。2008年8月にマンチェスター・シティへと完全移籍していた。

シティでは右サイドバックのレギュラーとして長らくプレーし、公式戦333試合に出場し11ゴール28アシストを記録。2度のプレミアリーグ優勝やFAカップ優勝、EFLカップ優勝を経験していた。

2017年7月にウェストハムへと完全移籍。ウェストハムでも公式戦79試合に出場し2アシストを記録。プレミアリーグでは通算300試合出場を達成するなど、多くの功績を残していた。

また、アルゼンチン代表としても58試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップ、そしてコパ・アメリカは2度出場。また、世代別では2005年のU-20ワールドカップ優勝や、バルセロナのFWリオネル・メッシらとともに2008年の北京オリンピックで金メダルを獲得するなど功績を残していた。

サバレタは自身のツイッター(@pablo_zabaleta)を通じて引退を発表。感謝のメッセージを送った。

「プロのサッカー選手として18年間プレーし、僕はサッカーをやめる事を決めた」

「これらは唯一無二の楽しみを与えられる機会を僕にくれ、僕の旅を一緒に過ごしてくれた素晴らしい年月だった。クラブ、チームメイト、監督、そして特に僕の家族とすべての友人に感謝する」

「たくさんの感情で僕は人生の最高のステージから去ります」

「心の底からありがとう」
コメント
関連ニュース
thumb

電撃デビューから4日…アル・ドゥハイルが正式に元柏FWオルンガの加入を発表、3年契約を締結

カタールのアル・ドゥハイルは16日、ケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)の加入を発表した。 オルンガは12日、カタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。柏からの移籍が発表されず、アル・ドゥハイルも加入を発表していない中、オルンガはいきなり試合のスターティングメンバーに名を連ねるという驚きの事態となり、残念な別れの形となっていた。 加入の発表がないままデビュー戦を戦ったオルンガだが、アル・ドゥハイルはようやく加入を発表。契約期間は3年間とのことだ。 オルンガは2018年8月にスペインのジローナから柏に加入。1年めは明治安田J1で10試合に出場し3得点を記録。しかし、チームはJ2に降格していた。 2年目となった2019シーズンは明治安田J2で大暴れ。30試合に出場し27得点を記録し、チームのJ2優勝に大きく貢献していた。 そして迎えた2020シーズンは、明治安田J1で32試合に出場し28得点を記録。柏の選手として初の得点王に輝くとともに、アフリカ出身選手として初めてJリーグの最優秀選手賞を受賞していた。 なお、アル・ドゥハイルはカタール・スターズリーグを戦っている他、2月に行われるクラブ・ワールドカップにも開催国王者として出場が決定。「オルンガも重要なメンバーになるだろう」とクラブも発表している。 2021.01.17 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

かつて天才と呼ばれた元レアルMFガゴが監督キャリアをスタート

アルゼンチン代表でも活躍し、2020年11月に現役を引退したフェルナンド・ガゴ(34)が、監督キャリアをスタートさせることとなった。 現役時代はボカ・ジュニアーズで名を挙げ、レアル・マドリーやローマ、バレンシア、べレス・サルスフィエルドでプレーをしたガゴ。若くして天才と評価され、エレガントなプレースタイルは将来の逸材として注目されていた。 しかし、マドリーではポジション争いやケガなどで出場機会を失うと、バレンシアでも輝けず。その後もケガに苦しむ形となっていた。 アルゼンチン代表としてもワールドカップに出場するなど活躍したガゴが監督に就任するのは、母国アルゼンチンのアトレティコ・アルドシビ。クラブが公式に発表した。 アルドビシは、不安定なパフォーマンスを続けていたため、アンヘル・ギジェルモ・ホヨス監督を解任していた。 ガゴはプレシーズンが始まる21日からチームを指揮するとのこと。天才的なゲームメイク力を持っていたガゴだが、監督としてどのようなチームを作るのだろうか。 2021.01.17 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

中島翔哉、塩谷司所属のアル・アインへのレンタルが決定

UAEのアル・アインは16日、ポルトの日本代表MF中島翔哉(26)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。背番号は22に決定している。 中島は、2019年7月にカタールのアル・ドゥハイルからポルトへ加入。ポルトでの1年目はコンスタントに出場機会を得て、プリメイラ・リーガで16試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間以降は、チームに復帰することなくシーズンを終え、優勝のメダル授与式などにも参加していなかった。 セルジオ・コンセンソン監督から見放され、今シーズンも当初はチームに合流していなかった中島だが、チームメイトからの要望もあり復帰を許されることに。すると信頼を回復し、ここまでリーグ戦4試合、チャンピオンズリーグ(CL)で4試合プレーしている。 かつては、カタールのアル・ドゥハイルでプレーしたこともある中島。UAEのアル・アインには、日本代表DF塩谷司も所属しており、日本人コンビが中東で実現することとなった。 2021.01.17 06:55 Sun
twitterfacebook
thumb

クリンスマンの息子・ジョナサンがLAギャラクシーと契約延長

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは15日、アメリカ代表GKジョナサン・クリンスマン(23)との契約延長を発表した。 かつてドイツ代表のエースとして活躍し、ドイツ代表やアメリカ代表の監督も務めたユルゲン・クリンスマン氏を父に持つジョナサンは、2020年8月にスイスのザンクト・ガレンから加入した。 これまで、バイエルンやヘルタ・ベルリンに所属するもプレー機会はなく、ザンクト・ガレンでも思うような出場機会を得られずにMLSへと活躍の場を移した。 2020シーズンのMLSでは4試合に出場。クリーンシートも達成している。 チームのGM(ゼネラル・マネージャー)を務めるデニス・テ・クローゼ氏は「ジョナサンは昨シーズン我々のチームで貴重な経験を積んだ才能ある選手だ」とコメント。「我々はGKのポジションをさらに強化できることを嬉しく思っている。彼がLAギャラクシーの選手として成長し続けることを楽しみにしている」と期待を寄せている。 2021.01.16 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

かつてシャルケで注目された元ドイツ代表MFマイヤーがクリスタル・パレスと契約解除

クリスタル・パレスは15日、元ドイツ代表MFマックス・マイヤー(25)との契約解除を発表した。 クラブの発表によると、双方合意の下での契約解除とのことだ。 2013年にシャルケでトップチームデビューを果たしたマイヤーは、デビュー2年目となった2013-14シーズンから主力に定着。卓越した攻撃センスと高精度の両足のキックを武器に左右のウイングや攻撃的MFとして4シーズンにわたって活躍した。 また、ドメニコ・テデスコ新監督の就任に伴い、2017-18シーズンにはアンカーやインサイドハーフにコンバートを果たし新境地も開いていた。 ステップアップを目指したマイヤーはシャルケからの退団を望み、2018年8月にフリートランスファーでクリスタル・パレスへと加入。プレミアリーグに活躍の場を移すとここまで46試合で1ゴール3アシストを記録していた。 しかし、今シーズンはプレミアリーグでは第7節以降メンバー外となり、出場機会なし。EFLカップ1試合の出場にとどまっていた。 2021.01.16 09:21 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly