レアルで将来を期待されるヴィニシウスが明かす肉体強化の日々 「ジムはあまり好きじゃないが…」

2020.10.16 19:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが自身のインスタグラム(vinicius_junior_officiel)で自らを追ったドキュメンタリー番組『ViniforReal』の抜粋動画を公開して、肉体強化に励む日々を明かした。スペイン『アス』が伝えている。2018年にフラメンゴから加入して以降、着実に成長を続けるヴィニシウスは昨季、公式戦38試合に出場して5得点4アシストをマーク。今季もここまでラ・リーガ3試合で2得点を挙げ、ジネディーヌ・ジダン監督の下で主力として輝きを放っている。

チームの次代を担う選手のひとりとして期待を集めるアタッカーは新型コロナウイルスのロッグダウン中に本格的な肉体改造に着手していることが話題に挙がったが、苦手なものにもチャレンジしながらの日々のようだ。

「プレシーズンはすごく重要だ。うまくなるために可能な限りトレーニングしないとね」と語ったが、肉体作りの根幹となる食事に苦戦しているようで、「食事は少し大変だ。すべての食べ物が好きというわけじゃないが、日々努力している」と話した。

「クラブで2時間ほどトレーニングをして、自宅でもやる日とそうじゃない日もあるが、1日5〜6時間ほどやる」と続けたトレーニングについても「ジムはあまり好きじゃないけど、必要に応じてやっているよ」と述べ、好きでないものにも今後のために取り組んでいることを明かしている。

年々、レアル・マドリーで存在感を高めつつあるヴィニシウス。ひたむきなトレーニングは将来、どのような形で実を結ぶのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリーが堅守のビルバオ相手に決めた破壊力抜群の速攻【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベンゼマがマドリーの鮮やかな速攻から作ったチャンスをフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1SzdFR0hOeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンユース出身のベンゼマは、同チームでストライカーとして頭角を現すと、2009年にレアル・マドリーへ加入。主力として活躍を続けている。 不動のセンターフォワードとして、決定的な仕事をやってのけるベンゼマだが、2014年10月5日に行われた、ラ・リーガ第7節のアスレティック・ビルバオ戦では、見事な連携からゴールを決めている。 堅守を誇るビルバオ相手に3-0と大きなリードを付けて迎えた69分、自陣でボールを受けたMFルカ・モドリッチが相手のプレスをかわして前を向くと、一気に攻撃のスイッチが入る。 モドリッチから裏へ走るFWクリスティアーノ・ロナウドにスルーパスが入ると、中央のベンゼマとFWガレス・ベイルも並走。ボックス内まで侵入したC・ロナウドが中へパスを送り、ゴール前で合わせたベンゼマが難なく沈め、あっという間の速攻から4点目を奪った。 その後マドリーはさらにリードを広げ、5-0の大勝を収めている。 2020.10.30 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第8節プレビュー】CL連戦続く中、強豪は下位との対戦に!

先週末に開催された第7節では、王者レアル・マドリーが全世界注目の“エル・クラシコ”を制した他、強豪クラブではアトレティコ・マドリーを除きセビージャ、ビジャレアルが勝ち点を取りこぼす一節となった。 チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の連戦が続く間に開催される今節は、ヨーロッパの戦いに参戦中の各クラブが比較的与しやすい相手と対戦する。 宿敵バルセロナを敵地で3-1のスコアで下したマドリーは、連勝を目指してFW岡崎慎司を擁する昇格組のウエスカをホームで迎え撃つ。前節のクラシコ戦では決勝点となったPKを巡る判定が物議を醸したが、後半に守備面の修正を図って盛り返すなど、勝利に相応しい内容だった。ただ、直近のCLではボルシアMG相手に試合終了間際のFWベンゼマ、MFカゼミロの連続ゴールで辛くも2-2のドローの持ち込む低調な戦いを見せており、王者の本領発揮にはまだまだ時間がかかりそうだ。 ここまでCL2戦未勝利という中、来週ミッドウィークにインテルとの重要なホームゲームを控えており、今回のウエスカ戦ではその一戦に万全の状態で臨むため、ある程度のターンオーバーが見込まれる。その中でMFモドリッチと共に、ボルシアMG戦で好パフォーマンスを見せたMFアザールのプレーに注目したい。今季ラ・リーガ初出場が期待される中で真価を示せるか。なお、王者相手に戦列復帰が期待された岡崎はすでに練習復帰しているものの、現地報道では欠場が濃厚だという。 一方、クラシコで敗れてラ・リーガ連敗のバルセロナは、27日にバルトメウ会長含むクラブ首脳が不信任投票を前に辞任するという重大な事案が発生した。ただ、その影響が危惧されたCLのユベントス戦では前会長と確執があったFWメッシが1ゴール1アシストを含む圧巻のパフォーマンスを披露すれば、同会長の置き土産となったMFペドリも17歳とは思えない異次元のパフォーマンスをみせ、クラシコ敗戦を払しょくする2-0の勝利を手にした。 その勢いに乗って連敗ストップを目指す今節はアラベスとのアウェイゲームに臨む。DFアラウホの負傷により、センターバックの選手層に問題を抱えているが、ユベントス戦を出場停止で欠場したDFピケが復帰するため、ひとまず大きな問題にはならないはずだ。今回の試合ではようやく本領発揮のメッシと共に、ペドリやFWアンス・ファティ、FWトリンコンといった若手アタッカー陣の活躍に期待したい。 バルセロナと同様にラ・リーガ連敗中のセビージャは敵地サン・マメスで難敵アスレティック・ビルバオと対戦する。直近のCLではスタッド・レンヌを攻守に圧倒してFWデ・ヨングのゴールで1-0の勝利を収めたが、再三の決定機を逃がしており得点力不足解消には至らず。そのため、リーグ屈指の守備陣を揃えるアスレティック相手に真価が試される。 また、直近ラ・リーガ連勝中のアトレティコはCLでもRBザルツブルクとの打ち合いを3-2で制し、復調の気配を漂わせる。直近3戦負けなしと好調を維持する曲者オサスナとの一戦では直近の公式戦2試合連発中のMFマルコス・ジョレンテのプレーに注目だ。 岡崎を除く日本人選手ではビジャレアルMF久保建英がバジャドリーとマンデーナイト開催の一戦、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁するエイバルがカディスとのフライデーナイト開催の一戦に臨む。 直近の公式戦3試合連続スタメン出場中の久保は、前節のカディス戦では精彩を欠いたものの、直近のELカラバフ戦では前半こそ左ウイングでのプレーに苦戦も、後半は盛り返して良いイメージを残して試合を終えている。ただ、エースFWジェラール・モレノの戦列復帰が見込まれるバジャドリー戦ではベンチスタートとなる可能性が高いようだ。 一方、前節セビージャをウノセロで破るなど、直近2勝1分けと好調を維持するエイバルでは開幕から全試合スタメンを飾っている乾の存在感が光る。対して武藤はそのセビージャ戦で出場なしに終わるなど、ラ・リーガ、チームへの順応に手間取っている印象だ。上位陣相手に好成績を収めている昇格組カディスとの一戦では直近4試合でわずか1失点の堅守をこじ開けられるか。 その他ではメガクラブを抑えて首位に立つレアル・ソシエダがセルタと、その首位チームを勝ち点1差で追うグラナダがレバンテと対戦する。 《ラ・リーガ第8節》 ▽10/30(金) 《29:00》 エイバル vs カディス ▽10/31(土) 《22:00》 レアル・マドリー vs ウエスカ 《24:00》 アスレティック・ビルバオ vs セビージャ 《26:30》 オサスナ vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 アラベス vs バルセロナ ▽11/1(日) 《22:00》 ベティス vs エルチェ 《24:00》 セルタ vs レアル・ソシエダ 《26:30》 グラナダ vs レバンテ 《29:00》 バレンシア vs ヘタフェ ▽11/2(月) 《29:00》 ビジャレアル vs バジャドリー 2020.10.30 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

後輩への“陰口”疑惑のベンゼマが練習で本人に釈明、“被害者”ヴィニシウスの反応は?

レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールへの“陰口”疑惑がかかっている元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、本人に釈明したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節、ボルシアMG vs レアル・マドリーのハーフタイム中の言動が話題になっているベンゼマ。 フランス『Telefoot』がシェアした映像によると、前半戦のヴィニシウスのパフォーマンスに不満を募らせたベンゼマは、ハーフタイム中のトンネル内でフランス代表DFフェルラン・メンディに「アイツ(ヴィニシウス)は自分のやりたいようにやっている」、「アイツを相手にするな、兄弟。アイツはまるで俺たちに対して戦っているようなもんだ」と発言し、ヴィニシウスにパスを出さないように要求したとされている。 この映像により“陰口”疑惑が騒動となると、ベンゼマ本人は自らのインスタグラム(karimbenzema)のストーリーに「犬が吠えている間、9番はそれを無視する」という意味深な文言を投稿していた。 そんな中、29日にマドリーが練習を実施。騒動以降初めてベンゼマとヴィニシウスが顔を合わせる機会となったが、『マルカ』によると両選手がロンドで同じグループになった際、ベンゼマが自らヴィニシウスに近づいて話しかけ、釈明したようだ。ヴィニシウスもベンゼマの説明を受け入れた様子で、両選手は和解したと報じている。 CLでは、シャフタール・ドネツクとの初戦を落としていたマドリー。第2節のボルシアMG戦では土壇場のゴールで追いつき、引き分けに持ち込んだものの、2試合で勝ち点1とグループ最下位に沈んでいる。グループステージ突破の為にはチームが一丸となる必要があるが、不和を早期に解決できたことは、チームにとってプラスだろう。 2020.10.30 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

クロースが明かすレアル・マドリーとバイエルンの違い「バイエルンではCLの試合後に必ず…」

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、かつて所属したバイエルンとマドリーで異なる点があると明かしている。スペイン『アス』が伝えた。 クロースは、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のボルシアMG戦にスタメン出場。チームはアウェイで2点を先取される苦しい展開だったが、終盤に怒涛の反撃を見せ、2-2のスコアで試合を終えている。 クロースはこの母国ドイツへの遠征を利用し、試合後に現在ドイツ2部でプレーしている弟のフェリックス・クロースとポッドキャスト『Einfach mal Luppen』で配信を開始。選手としての最高の逸話や試合後の感情などについて話し、ファンを沸かせた。また、配信の中でクロースは、2014年まで所属していたバイエルンとマドリーを比べ、ある“習慣”が違うと明かしている。 「バイエルンではCLの試合後に必ず大宴会が開かれるんだ。正直、気乗りしていなかったし、面倒に感じていた。僕はここ(マドリー)でのやり方の方が好きだね。マドリーでは試合が終わるとすぐ家に帰れるんだ。でも、ミュンヘンでは違った。家に帰るまで永遠の時間が流れているようだったよ」 バイエルンとマドリーそれぞれの習慣は、合う選手と合わない選手ではっきり分かれるかもしれない。ただ、少なくともクロースにとっては、マドリーでの習慣の方が快適なようだ。 2020.10.29 17:46 Thu
twitterfacebook
thumb

「アイツを相手にするな」、ベンゼマが同僚ヴィニシウスを見切る

レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマは、同僚であるブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに対して見切りを付けたようだ。 マドリーは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節でボルシアMGと対戦し、2-2のドローに終わった。 ベンゼマとブラジル代表MFカゼミロの試合終了間際の連続ゴールによって2点差を追いつく劇的な展開となったが、シャフタールとの初戦に続く勝ち点逸によってグループ最下位に沈んでいる。 そういった苦境の中、チーム内においても軋轢が生まれているようだ。フランス『テレフット』は、ボルシアMG戦のハーフタイムのトンネル内におけるベンゼマとフランス代表DFフェルラン・メンディのやり取りに注目。 両選手はフランス語でやり取りをしていた際、ベンゼマは近くにいたヴィニシウスを見ながらメンディに対して、「アイツ(ヴィニシウス)は自分のやりたいようにやっている」、「アイツを相手にするな、兄弟。アイツはまるで俺たちに対して戦っているようなもんだ」と発言。ヴィニシウスにパスを出せないように要求していた。 ヴィニシウスに関しては決定力の問題に加え、判断の拙さから自己完結型のプレーが多く、周囲とのリンクアップで輝きを放つベンゼマにとって、ボルシアMG戦を含めここ最近の同選手のプレーに憤りを感じていたようだ。 なお、後半開始前にヴィニシウスとコミュニケーションを取っていたベンゼマだが、スペイン『OptaJose』によると、ボルシアMG戦の後半にはブラジル代表FWに対して1本のパスも出さなかったという。(前半は3本) <div id="cws_ad">◆「アイツを相手にするな、兄弟」<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Benzema : &quot;Il fait n&#39;importe quoi. Joue pas avec lui, il joue contre nous&quot; <a href="https://t.co/xrNQ10PNuK">https://t.co/xrNQ10PNuK</a> <a href="https://t.co/wLF132tV1f">pic.twitter.com/wLF132tV1f</a></p>&mdash; RMC Sport (@RMCsport) <a href="https://twitter.com/RMCsport/status/1321374928164315138?ref_src=twsrc%5Etfw">October 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.28 22:45 Wed
twitterfacebook