甲府の大卒ルーキー中村亮太朗がプロA契約締結 「より勝たせられる選手に」

2020.10.16 16:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴァンフォーレ甲府は16日、MF中村亮太朗(23)とのプロA契約締結を発表した。中村は今季、中央大学から甲府入り。ここまで明治安田生命J2リーグ17試合2得点をマークしている。4日に行われたJ2第24節のツエーゲン金沢戦でプロA契約締結条件である公式戦900分(J2)以上出場をクリアした。

中村はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「多くの方の支えがあり、A契約を締結することができました。感謝しています。試合に出場するだけで満足せず、ヴァンフォーレ甲府をより勝たせられる選手になる為に必要なプレーや考え方を磨き、この先の1試合1試合を大事に積み重ねていきたいです」
コメント
関連ニュース
thumb

甲府が金沢や栃木でプレーしたDFメンデスを獲得

ヴァンフォーレ甲府は17日、ブラジル人DFメンデス(25)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「40」となる。 メンデスはパウメイラスでプレーし、2015年9月からツエーゲン金沢で、2017年8月からは栃木SCでプレーしていた。 明治安田生命J2リーグでは通算16試合で2得点、J3リーグで11試合に出場。2020年1月に栃木を退団していた。 17日からトレーニングに合流しているメンデスは、クラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府の一員となり、とても嬉しく思います。チームの戦力になり、最大の目標であるJ1昇格を目指し、一生懸命努力しますので、応援よろしくお願いします。共に頑張りましょう」 2020.09.17 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

好調の甲府に敗れた長崎が首位陥落…仕切り直しで白星の北九州が今季初の首位浮上!《J2》

9日、明治安田生命J2リーグ第18節の11試合が行われた。 山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府vsV・ファーレン長崎は、ホームの甲府が2-0で勝利した。 2連勝で4位に位置する甲府と、2戦連続ドローで足踏みが続く首位の長崎による上位対決は、雷の影響によってキックオフ時間が45分遅れるアクシデントの中でスタート。毎熊の右クロスに飛び込んだ氣田が先制点に迫るなど、アウェイチームが先にチャンスを作る。 だが、17分には右CKの場面でキッカーの藤田の右足アウトスウィングの絶妙なボールに反応した中村亮がドンピシャのヘディングシュートを流し込み、ホームの甲府が先制に成功する。 すると、その後は甲府が長崎の攻撃をうまく受け止めながら、山本の質の高いフィードに抜け出した金園が幾度か2点目に迫るなど、甲府ペースで前半は終了した。 迎えた後半は1点ビハインドの長崎が攻勢を仕掛ける立ち上がりとなるが、最後の場面で粘る相手の守備を崩し切れない。 すると、62分には右サイドで山本の縦パスを起点に一気にスピードアップした甲府が金園、松田とボックス付近で繋ぎ、最後はボックス左でパスを受けた泉澤がファーポストを匂わせながら鋭い腰の捻りでニア下を抜く技ありのシュートを決め切り、貴重な追加点を挙げた。 これで一気に厳しくなった長崎は畑に続きルアンなど攻撃的なカードを切り、猛攻を見せる。76分にはそのルアンのプレースキックから角田に絶好機も、枠を捉えたヘディングシュートはGK岡西の好守に遭う。 その後もリスクを冒した長崎の猛攻を、Jリーグ通算500試合達成のバンディエラ、山本を中心に無失点で凌ぎ切った甲府が、3試合連続クリーンシートで3連勝を飾った。一方、長崎は6戦ぶりの黒星で首位陥落となった。 今節、その長崎に代わって首位に浮上したのは、前節甲府相手に11戦ぶりの黒星を喫したギラヴァンツ北九州。愛媛FCのホームに乗り込んだ北九州は、前半は相手に決定機を許すなど、ペースを握り切れない。 それでも、0-0で折り返した後半の63分にカウンターからボックス右でルーズボールに反応した福森からの丁寧な折り返しに反応した町野が冷静にワンタッチで流し込み、先制に成功した。その後は完全にペースを握りながらも追加点が遠いアウェイチームだったが、10試合ぶりのクリーンシートで試合を締めくくって1-0の勝利。この結果、長崎を抜いて今季初めて首位に立った。 その他の試合では8位の栃木との上位対決に臨んだ3位の徳島が、小西のゴールを守り切って1-0の勝利。また、4連勝で6位に浮上したFC町田ゼルビアが11位のツエーゲン金沢のホームに乗り込んだ一戦は1-1のドローに終わり、連勝がストップ。一方、4連敗中のFC琉球は大宮アルディージャを相手に今季最多5ゴールを挙げて圧勝した。 ◆明治安田生命J2リーグ第18節 ▽9/9(水) モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-0 V・ファーレン長崎 ツエーゲン金沢 1-1 FC町田ゼルビア ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> レノファ山口FC 2-2 松本山雅FC 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ギラヴァンツ北九州</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 5</span>-0 大宮アルディージャ ジュビロ磐田 0-0 水戸ホーリーホック 2020.09.09 22:23 Wed
twitterfacebook
thumb

10試合負けなしの北九州を甲府が切り崩す! 首位・長崎も金沢にドローで足踏み…《J2》

明治安田生命J2リーグ第17節の9試合が5日に各地で開催された。 5位のヴァンフォーレ甲府は2位のギラヴァンツ北九州のホーム、ミクニワールドスタジアム北九州へ乗り込んだ。9連勝を含む10試合負けなしと絶好調の北九州相手に19分に武田のゴールで先制。1点リードのまま迎えた後半立ち上がりには、ボックス右からの小林のクロスにゴール前へ走り込んだ太田が蹴り込み追加点をマークする。さらに68分、ボックス左に持ち上がった太田が難しい角度からダメ押し弾をねじ込んで勝負あり。アウェイの甲府が3-0で北九州を敗って連勝を収めた。 デンカビッグスワンスタジアムでは、ともに直近4試合負けなしの4位・アルビレックス新潟と6位・ジュビロ磐田の上位対決が行われた。試合開始からボールを支配していた磐田が23分に右サイドからのクロスに中野が合わせて先制する。しかし、新潟もすぐさま反撃。28分、FKのこぼれ球をゴール前のマウロが押し込んだ。一進一退の攻防が続く中、63分にオウンゴールで磐田が勝ち越すと、その4分後に中野が追加点を挙げて引き離しに成功。そのままタイムアップとなり、3-1でアウェイの磐田が勝利。新潟を躱して5位へ浮上した。 そのほか、首位のV・ファーレン長崎は石川県西部緑地公園陸上競技場でツエーゲン金沢と対戦。28分に玉田のゴールで先制するも、49分に被弾。その後、ゴールを奪えず1-1の引き分けに終わった。長崎、北九州ともに勝ち星を挙げられず足踏み状態となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第17節 ▽9/5(土) 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 愛媛FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 モンテディオ山形 アルビレックス新潟 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジュビロ磐田</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 大宮アルディージャ 1-1 ファジアーノ岡山 ツエーゲン金沢 1-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 2</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 2</span>-0 レノファ山口FC ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ヴァンフォーレ甲府</span> ▽9/6(日) 《19:00》 水戸ホーリーホック vs 栃木SC FC町田ゼルビア vs FC琉球 2020.09.05 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府のFW太田修介が学生時代から交際していた一般女性と入籍

ヴァンフォーレ甲府は1日、FW太田修介の入籍を発表した。 クラブの発表によると、太田は1日に一般女性と入籍したとのことだ。 太田はクラブを通じてコメントしている。 「私事ではありますが、この度学生時代よりお付き合いしていた方と入籍したことをご報告させていただきます」 「どんな時でも私の味方となり支えてくれる妻の為にも、より一層頑張っていきたいと思います。温かく見守って頂けたら幸いです」 太田は甲府の下部組織出身で、日本体育大学を経て2018年に入団。今シーズンは明治安田生命J2リーグで11試合に出場し3得点を記録していた。 2020.09.01 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府のFWジュニオール・バホスが左足関節外側じん帯部分断裂で全治約6週間

ヴァンフォーレ甲府は20日、FWジュニオール・バホスの負傷を発表した。 クラブの発表によると、バホスは16日に行われた明治安田生命J2リーグ第12節の徳島ヴォルティス戦で負傷したとのこと。左足関節外側じん帯部分断裂と診断され、全治は約6週間とのことだ。 ジュニオール・バホスは2017年に甲府へ加入。今シーズンはJ2リーグで9試合に出場し、チーム最多タイの4得点を記録していた。 2020.08.20 17:11 Thu
twitterfacebook