離脱者続出のPSG、トゥヘルは頭を抱える「明日の試合は欠場者がたくさん」

2020.10.16 16:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督が代表ウィーク明け初戦のイレブン選定に頭を悩ませている。クラブ公式サイトが伝えた。PSGは16日に敵地で行われるリーグ・アン第7節でニームと対戦する。リーグ戦4連勝で飾った代表ウィーク前の良い流れを継続していきたい一戦だが、離脱者が相次ぎ、台所事情が苦しいようだ。

試合に先駆けた会見に出席したトゥヘル監督はそのチーム事情を明かした。

「明日の試合は欠場者がたくさんいる。(ユリアン・ )ドラクスラー、(マルコ・)ヴェッラッティ、マルキーニョスは負傷から復帰し、代表活動に参加している。(レイヴァン・)クルザワと(アンヘル・)ディ・マリアは出場停止だ」

「アンデル・エレーラは新型コロナウイルスの陽性反応が出たことで、我々と一緒にトレーニングができなかった。ダニーロ(・ ペレイラ)は今日、合流予定だったが、(代表先で新型コロナウイルスの陽性反応を示した)クリスティアーノ・ロナウドと接触しており、隔離措置を取らなければならない」

「(コラン・)ダグバは再検査で陰性かどうか確認しなければならない。(フアン・)ベルナトに加えて、(ティロ・)ケーラーも負傷しているし、(マウロ・)イカルディも先週にヒザを痛めてしまった」

また、今月の代表ウィークで各々の代表活動から帰国した選手に関しても準備期間が短く、起用に慎重な姿勢を示した。

「代表で自チームの選手が活躍しているのを見るのはポジティブだ。(キリアン・)ムバッペがゴールを決めて、ネイマールは(代表通算得点数の)記録を更新した。ケガの心配もするが、何度も連絡を取り合って確認している。体力に問題ないが、回復が難しい遠征組もいる。明日はアウェイ戦だからよりね」
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド撃破弾のPSG主将マルキーニョス「この勝利は自信に」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスがチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ突破に向けての大きな1勝を喜んだ。『UEFA.com』が報じている。 PSGは2日に行われたCLグループH第5節でマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込み、3-1で勝利。最終節を残してユナイテッド、RBライプツィヒと勝ち点「9」で並び、グループステージ突破の可能性を残した。 この試合にセンターバックの一角でフル出場して、1-1の69分に右CKからの二次攻撃を決勝ゴールに結びつけた主将のマルキーニョス。試合後、自信になる勝利だと勝ち誇った。 「この勝利は僕らの自信になる。すごく満足している。ここで3ポイントを手にしなければならず、それがすごく重要だった。チームのパフォーマンスにも満足だ。勇気と個性をもってプレーした」 また、「良い瞬間があれば、複雑な瞬間もあった。フットボールとはそういうものだ」と振り返り、運も味方しての勝利だと続けた。 「些細な部分や戦略が違いになるのは承知済みで、ハーフタイム明けからリスクを冒した。幸運にも、彼らはゴールを決められず、僕らが得点を奪ったんだ」 前回対戦で屈したユナイテッドにリベンジを成し遂げ、グループステージ突破の2枠を3チームで争う構図に持ち込んだPSG。8日に行われる最終節は敗退が決定している最下位のイスタンブール・バシャクシェヒルとのホーム戦となる。 2020.12.03 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマール2発などでPSGがユナイテッドにリベンジ! グループHはライプツィヒ含む3チームが勝ち点9で並ぶ大混戦《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節、マンチェスター・ユナイテッドvsパリ・サンジェルマン(PSG)が2日に行われ、アウェイのPSGが1-3で勝利した。 前節、イスタンブール・バシャクシェヒルに大勝でリベンジを果たし、首位をキープしたユナイテッド(勝ち点9)。現在、公式戦4連勝と好調を維持するチームは、前回対戦で2-1の勝利を挙げたPSG(勝ち点6)をホームで迎え撃ち、今節での決勝トーナメント進出を狙った。大逆転勝利を飾ったサウサンプトン戦からは先発3人を変更。グリーンウッド、マティッチ、ファン・デ・ベークに代わって古巣初対戦のカバーニ、マルシャル、マクトミネイが起用された。 一方、RBライプツィヒ(勝ち点6)との前節を1-0で競り勝ち決勝トーナメント進出への望みを自ら手繰り寄せたPSGは、前回対戦で敗れているユナイテッドに対してリベンジを狙った。2-2のドローに終わった直近のボルドー戦から先発4人を入れ替え、GKケイロル・ナバス、マルキーニョス、ディアロ、ダニーロが復帰した。 注目のビッグマッチは早い時間帯に動く。6分、ネイマールとのパス交換でペナルティアーク付近までドリブルで運んだムバッペが左足のシュート。これがDFに当たってボックス右のスペースにこぼれると、これに反応したネイマールが角度のないところから右足のシュートを流し込んだ。 ホームでいきなり先手を奪われたユナイテッドはすぐさま反撃を開始。引いて構えるアウェイチーム相手にボールを握って押し込み始めると、ブルーノ・フェルナンデスを起点にラッシュフォードがボックス付近で積極的に仕掛けてシュートを放っていく。 徐々に球際でのバトルが激しくなってきた中、20分過ぎにアクシデントが発生。パレデスと小競り合いを起こしたフレッジが顔面に軽く頭突きを見舞い、パレデスがピッチに倒れ込む。当該プレーをオルサート主審が見ていなかったことでオンフィールドレビューが行われると、レッドカード掲示と思われたがカードの色はイエローにとどまった。 ビハインドの中で数的不利を免れたユナイテッドは気持ちを切り替えて攻勢を仕掛けると、30分過ぎに同点に追いつく。32分、マルシャルのミドルシュートをGKナバスが弾いたボールを右サイド深くのワン=ビサカがマイナスに折り返す。そして、ラッシュフォードが右足ダイレクトで放ったシュートがダニーロの出した足に当たって大きくコースが変わり、ナバスの反応の逆を突く形でゴールネットを揺らした。 その後も追いついた勢いを持ってユナイテッドペースが続く中、試合は後半へと突入。立ち上がりの49分にマルシャルがいきなり決定機を迎えると、57分にはカバーニに大きな見せ場が訪れる。マルシャルのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したウルグアイ代表はボックス付近で狙いすましたループシュートを放つ。だが、これは惜しくもクロスバーを叩く。さらに、こぼれ球をマルシャルが蹴り込むが、今度はDFの決死のブロックに阻まれた。 押し込まれながらも何とか2点目を防ぐPSGは64分にセットプレーの流れからマルキーニョスがクロスバー直撃のヘディングシュートで久々にゴールに迫る。さらに、65分にはケアンとパレデスに代えてバッカー、古巣対戦のエレーラをピッチに送り込む。 すると69分、右CKの流れからボックス手前でエレーラが放ったシュートをボックス右のディアロがワンタッチで内へ叩くと、これに反応したマルキーニョスが絶妙なトラップでボールを収めて右足のシュートを流し込んだ。 再び追う展開となったユナイテッドは直後の70分にエレーラへのアフターチャージでフレッジに2枚目のイエローカードが出されて今度こそ退場に。このアクシデントを受けて、ラッシュフォードを下げてポグバを投入。さらに、10人で同点を目指す中、カバーニとマルシャルに代えて、よりフレッシュなファン・デ・ベーク、グリーンウッドをピッチへ送りだした。 その後はPSGがボール支配率を高めてゲームコントロールを優先しつつ、当該成績で上回るため3点目を狙いに行く。 試合終盤にかけて人数の差を感じさせない白熱の攻防が繰り広げられた中、PSGが3点目を奪って試合を決める。91分、カウンターからボックス内へタイミングよく飛び出してきた途中出場のラフィーニャが相手DFとGKを引き付けてボックス左から丁寧な折り返し。これをゴール前でドフリーのネイマールが冷静に流し込んだ。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、グループHではユナイテッドにPSG、ライプツィヒが勝ち点9で並ぶ三つ巴の大混戦の中で最終節を迎えることに。その中でPSGは最終節が最下位のイスタンブールBBSKとの対戦となるため、突破に向けて優位な立場に。一方、ユナイテッドはライプツィヒとの直接対決で突破を目指すことに。 マンチェスター・ユナイテッド 1-3 パリ・サンジェルマン 【マンチェスター・ユナイテッド】 ラッシュフォード(前32) 【パリ・サンジェルマン】 ネイマール(前6) マルキーニョス(後24) ネイマール(後46) 2020.12.03 07:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ムニエの柔らかなダイレクトクロスをカバーニが豪快なダイビングヘッド【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ムニエの柔らかいクロスをカバーニが豪快ヘッド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtVVZna2NPaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2016年夏にクラブ・ブルージュからPSGへ加入したムニエは右サイドバックとウイングバックの準主力として多くの国内タイトル獲得に貢献した。 大柄な体格を活かした守備力の高さに加え、確かなキック精度で攻撃面でも貢献したムニエだが、2018年4月29日に行われたリーグ・アン第35節のギャンガン戦では、見事なアシストを決めている。 1-2とPSGビハインドの82分、中央突破を図ったMFハビエル・パストーレからのパスをボックス手前右で受けたムニエは、左足ダイレクトで正確なクロスを中央へ入れる。 このボールに対し、オフサイドラインの駆け引きに勝ち、完全にフリーでボールを受けたFWエディンソン・カバーニがゴール前で豪快なダイビングヘッド。強烈なシュートは、GKの手を弾き、同点ゴールとなった。 このゴールで追いついたPSGだったが、試合はそのまま2-2の引き分けに終わっている。 2020.12.02 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとの大一番を控えるトゥヘル、古巣戦のカバーニにメッセージ「休んでおいてほしい」

チャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッド戦を控えるパリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督が、古巣戦となるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニにジョークを送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 CL・グループHでここまで2勝2敗の2位に位置するPSG。2日に行われる第5節では、グループ首位に立つユナイテッドのホームに乗り込む。 負ければ3位転落の可能性もある大一番に向けて、トゥヘル監督は前回対戦(1-2の負け)で決勝ゴールを許したイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを称賛しつつ、警戒を強めている。 「我々はイングランドでプレーする彼を非常に高く評価している。パルク・デ・プランスではなくね。正直なところ、彼が我々に対して決めたゴールには少し迷惑しているよ」 「彼は若いのに大人びていて、ピッチ内外における責任感のある行動がとても印象的だ。私は今までに3回対戦してきたが、いつも穏やかで謙虚で素晴らしい人間なのだ。そのギャップが私は好きなんだ」 「個人的にスポーツ面ではっきりしているのは、スピード、得点力、判断力、フィニッシュ面で大きな脅威となることだ。彼は非常に正確なシュートをボックス内外から打ってくる。カウンターアタックも非常に速く、空中戦でのヘディングを強い」 「彼は試合に大きな影響を与えている。彼のようなアカデミー出身者がユナイテッドのようなビッグクラブに大きな影響を与えているのは素晴らしいことだ」 また、トゥヘル監督はPSG最多ゴール記録を保持し、初の古巣対戦となるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについても言及。冗談を交えながらこう述べている。 「彼は常にチームのためにベストを尽くす準備ができている。大きな身体的影響力を持つ彼にとって、ゴールは極めて自然なこと。24時間いつでも信頼できる男だ。試合に呼べばゴールを決めて守備もしてくれるのだ」 「彼が直近のサウサンプトン戦でマンチェスター・ユナイテッドのファンにあのパフォーマンスを見せられたのは個人的に嬉しく思う。彼は決定的な仕事をした」 「だが、明日の試合でそれを示す必要はない。彼が凄いのは知っている。だから少し休んでおいてくれないかな! 我々に実力を発揮する必要はないんだ。もしプレーするなら、我々も対処の仕方を考えなければならない」 2020.12.02 18:25 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第5節プレビュー②】ドルトvsラツィオの大一番に、カバーニが古巣PSGと初対戦!

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が2日に開催される。ここではE~Hの第5節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループE:首位攻防戦&初白星を目指す一戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201201_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 ◎1. チェルシー(勝ち点10) ◎2. セビージャ(勝ち点10) 3. スタッド・レンヌ(勝ち点1) 4. FCクラスノダール(勝ち点1) ◎決勝トーナメント進出決定 《26:55》 FCクラスノダール vs スタッド・レンヌ 《29:00》 セビージャ vs チェルシー 2強2弱の構成となったグループEではその下馬評通り、前節にチェルシーとセビージャの決勝トーナメント進出が決定。レンヌ、クラスノダールの善戦によって1-1のドローかに思われたが、チェルシーはFWジルー、セビージャはFWムニルの劇的な後半アディショナルタイムの勝ち越しゴールによって競り勝ち、劇的な形での突破となった。そして、今節ではセビージャとチェルシーの首位攻防戦に大きな注目が集まるところだ。 セビージャは一時リーグ3連敗と深刻な不振に陥ったが、直近のウエスカ戦で1-0の勝利を挙げて今季初の3連勝でV字回復。左サイドバックに多くの負傷者を出しているものの、欧州屈指のセンターバックコンビを軸に守備が安定。また、クラスノダール戦勝利の立役者であるムニルやFWエン=ネシリら攻撃陣が調子を上げており、優勢に運びながらもゴールレスドローに終わったチェルシーとの前回対戦からの成長を見せたいところ。 対するチェルシーは直近のリーグ戦でトッテナムとゴールレスドローに終わったものの、目下公式戦11戦無敗と好調を維持。FWヴェルナーら一部主力の金属疲労は気がかりも、MFハヴァーツやFWプリシッチの戦列復帰により、より多くのオプションを持って試合に臨めるはずだ。互いに今週末にはレアル・マドリー、リーズとの重要なリーグ戦を控えていることもあり、ある程度のターンオーバーも見込まれるが、首位通過を懸けた好勝負を期待したい。 一方、2節を残して敗退が決定したクラスノダールとレンヌはヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントへの切符、今大会初勝利を懸けて激突する。 ◆グループF:突破を懸けたドルトvsラツィオの大一番 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201201_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 1. ドルトムント(勝ち点9) 2. ラツィオ(勝ち点8) 3. クラブ・ブルージュ(勝ち点4) 4. ゼニト(勝ち点1) 《29:00》 ドルトムント vs ラツィオ クラブ・ブルージュ vs ゼニト グループFは4節終了時点で決勝トーナメント進出が1チームも決まらない混戦模様だ。それでも、前節はドルトムントがクラブ・ブルージュに3-0、ラツィオがゼニトに3-1の快勝を収めて突破に近づいている。そして、今節では首位のドルトムントと2位のラツィオが突破を懸けた大一番に臨む。 ラツィオとの初戦で大敗スタートとなったドルトムントだが、以降は持ち味の攻撃力を遺憾なく発揮し3連勝で首位に浮上。ただ、直近のリーグ戦ではこの大一番に気を取られたのか、格下ケルン相手に1-2で敗れており、その敗戦からのリバウンドメンタリティが試される。FWハーランドを中心に攻撃陣好調を維持しているだけに、前回対戦で3失点を喫した守備の改善が重要となる。なお、ドルトムントは今節引き分けでもクラブ・ブルージュとの当該成績の優位性によって突破が決まる。 一方、今グループステージでここまで無敗の2位に付けるラツィオは突破に向けて好位置に付けるが、今節敗れて3位のクラブ・ブルージュが勝利した場合、最終節を勝ち点1差の中でベルギー王者と対峙する難しい状況に陥る。そのため、前回対戦で破ったドルトムントを再び沈め自力での突破を決めたい。ただ、ドルトムント同様に直近のウディネーゼ戦ではホームで1-3の敗戦を喫し、公式戦9戦ぶりの黒星。不安を抱える形で敵地に乗り込むことになる。 また、ドルトムントの勝利に期待しつつ2連勝での逆転突破を目指すクラブ・ブルージュは、すでに敗退が決定しているゼニトをホームに迎える。その中で前節を規律違反で欠場した主砲FWデニスの奮起に期待したい。 ◆グループG: バルサ&ユーベは直接対決前に格下撃破狙う <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201201_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 ◎1. バルセロナ(勝ち点12) ◎2. ユベントス(勝ち点9) 3. ディナモ・キエフ(勝ち点1) 4. フェレンツヴァローシュ(勝ち点1) ◎決勝トーナメント進出決定 《29:00》 ユベントス vs ディナモ・キエフ フェレンツヴァローシュ vs バルセロナ 2強2弱の構成となったグループGは2節を残してバルセロナとユベントスの名門2クラブが決勝トーナメント進出を決めた。バルセロナは主力を大幅に温存した中、伏兵FWブラースヴァイトの2ゴールの活躍などにより、敵地でディナモ・キエフを4-0で下し4連勝。一方、ユベントスはホームでフェレンツヴァローシュに大苦戦も、試合終了間際のFWモラタの劇的な逆転ゴールによって突破を決めた。 リーグ戦での不振とは打って変わってヨーロッパの舞台では実績通りの強さを見せているバルセロナは今節、フェレンツヴァローシュとのアウェイゲームに臨む。すでに突破を決めていることもあり、ディナモ・キエフ戦同様にFWメッシやMFコウチーニョ、GKテア・シュテーゲンと一部主力を温存。最終ラインに多くのケガ人が出ている中、直近のオサスナ戦で負傷交代したDFラングレの招集メンバー入りは朗報だが、DFミンゲサの継続起用やDFジュニオール・フィルポのセンターバック起用など、確実に勝ち点3を取りつつ今後に向けて試行錯誤を図っていきたい。 そのバルセロナとの直接対決を最終節に控える2位のユベントスはある程度、主力を起用して逆転での首位通過に向けて確実に勝ち点3を取りに行きたいところだ。しかし、直近のリーグ戦では格下ベネヴェントに屈辱のドローゲームを演じており、今週末のトリノとのデルビー・デッラ・モーレに向け、ターンオーバーが見込まれる。その中でトリノ戦を出場停止で欠場するモラタはこのディナモ・キエフ戦でプレーする可能性が高く、チームを勝利に導くゴールが期待される。 ◆グループH:カバーニが古巣初対戦! 三つ巴の争いの行方は… <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201201_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 1. マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点9) 2. パリ・サンジェルマン(勝ち点6) 3. RBライプツィヒ(勝ち点6) 4. イスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点3) 《26:55》 イスタンブールBBSK vs ライプツィヒ 《29:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs パリ・サンジェルマン 今グループステージ最激戦区と目されたグループHはその前評判通り、熾烈な三つ巴の争いが続いている。前節ではマンチェスター・ユナイテッドがイスタンブールBBSKに大勝でリベンジを果たし、首位をキープ。その一方で、パリ・サンジェルマン(PSG)がライプツィヒとの接戦を制して2位に浮上している。そして、今節ではユナイテッドとPSGの首位攻防戦が行われる。 現在、公式戦4連勝と好調を維持するユナイテッドは、直近のサウサンプトン戦で前半を2点ビハインドで終えるも、後半から途中出場したFWカバーニが後半アディショナルタイムの劇的な逆転弾を含む2ゴール1アシストの活躍をみせ、ファーガソン時代を思い起こさせる大逆転勝利を飾った。そして、ここ数試合で抜群の存在感を放つカバーニは今回、古巣PSGとの初対戦に臨む。セインツ戦でこれぞストライカーという圧巻のパフォーマンスを見せたエル・マタドールは、歴代最多得点記録を持つ古巣相手に再びゴールを挙げることができるか。 一方、ライプツィヒ相手に序盤に挙げたFWネイマールのPKによるゴールを守り切ったPSGだが、直近のボルドー戦では2-2のドローに終わるなど、なかなか安定したパフォーマンスを残すことができていない。それでも、FWイカルディやMFヴェッラッティといった長期離脱組のコンディションも徐々に上がっており、過密日程で疲弊気味の相手に対して、5枚の交代枠をうまく使いながら総合力で押し切りたいところだ。 その首位攻防戦に先駆けて行われる一戦でライプツィヒはイスタンブールBBSKとのアウェイに乗り込む。前回対戦では2-0の快勝を収めている相手だが、ホームではユナイテッドを破り、PSGを相手に善戦している侮れない相手だ。今週末には国内リーグでバイエルンとのビッグマッチが控えているが、ここ数試合の振るわないパフォーマンスを考えれば、まずはトルコ王者を全力で叩きたい。そして、数時間後に試合を行うユナイテッドとPSGに圧力をかけたいところだ。 2020.12.02 18:00 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly