昇格組WBAがハダースフィールドのFWグラントを獲得、6年契約を締結

2020.10.16 10:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)は15日、ハダースフィールドからイングランド人FWカーラン・グラント(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。

移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば約1500万ポンド(約20億4000万円)で合意したとのことだ。なお、契約期間は6年間となる。


グラントはチャールトンの下部組織出身で、2019年1月にハダースフィールドへ完全移籍。加入1年目の2018-19シーズンはプレミアリーグで13試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で43試合に出場し19ゴール4アシストを記録していた。

昇格組のWBAは、ここまでプレミアリーグで4試合を戦い1分け3敗と勝利がない状況だ。

U-18イングランド代表歴もあるグラントについてテクニカル・ディレクター兼スポーツ・ディレクターのルーク・ダウリング氏は「我々はカーランの成長を長い間追跡してきた。彼は夏の移籍ウインドーが開くかなり前からターゲットだった」と予てから狙っていたとコメント。「この移籍期間、我々は主に長期契約でクラブにコミットしている才能ある若い選手を連れてくることに焦点を当ててきた」と才能ある若手の獲得を喜んだ。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドが格下WBA相手に痛恨のドロー…2戦連続の取りこぼしで首位シティの背中遠のく《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第24節、WBAvsマンチェスター・ユナイテッドが14日にザ・ホーソンズで行われ、1-1のドローに終わった。 前節エバートンとの上位対決では試合終了間際の失点によって逃げ切りに失敗し、2ポイントを取りこぼした2位のユナイテッド(勝ち点45)。今節は首位のマンチェスター・シティ、3位のレスター・シティが前日に勝利を収めた中、19位のWBA(勝ち点12)を相手に2戦ぶりの白星を狙った。 ミッドウィークに行われたウェストハムとのFAカップ5回戦を延長戦の末に1-0で制したスールシャール率いるチームは先発5人を変更。守護神デ・ヘア、ショー、ブルーノ・フェルナンデス、カバーニ、マクトミネイと主力が復帰した。 ドン引きのホームチームをいかに崩すかをテーマに試合へ入ったユナイテッドだったが、相手の予想外のアグレッシブな入りに面を食らって開始90秒でビハインドを背負うことに。 2分、WBAの波状攻撃を受けてボックス手前右のギャラガーが入れた浮き球のクロスに対してDFリンデロフがディアニェに競り負けて強烈なヘディングシュートをゴール右隅に突き刺された。 緩い入りによって試合を難しくしてしまったユナイテッドはここから完全に引いた相手の守備ブロックを引き出し、崩すという難しいタスクに挑んでいく。両サイドバックとウイングのコンビネーション、カバーニ、B・フェルナンデスのダイレクトプレーと内と外を交えた仕掛けで辛抱強くゴールを目指す。 しかし、相手の人海戦術をなかなか崩し切れずにいると、20分過ぎにはマテウス・ペレイラのFKにディアニェ、タウンゼントの左クロスにスノッドグラスとゴール前で決定的なヘディングシュートを打たれる。だが、ここはGKデ・ヘアの好守などで何とかしのぐ。 その後は両チームのフィールドプレーヤー全員がWBA陣内でプレーするハーフコートゲームが展開された中、ユナイテッドが粘り強く攻撃を続ける。すると、前半終了間際の44分には左サイド深い位置まで侵攻したショーの浮き球のクロスをゴール前のB・フェルナンデスがゴールを離れながらうまく左足のボレーで合わせると、これがゴール左隅の完璧なコースに決まった。 そして、苦しみながらも1-1のイーブンで試合を折り返したユナイテッドは、前半の反省を生かしてアグレッシブな入りを見せる。一方、引き続き守勢が続くWBAもマテウス・ペレイラが惜しいシュートを放つなど、手数をかけない攻めで応戦を見せる。 以降はユナイテッドが圧倒的に押し込んでいく中、62分にはFKの場面でDFアジャイと接触してマグワイアがボックス内で倒された場面でPKの判定が下される。だが、オンフィールドレビューの結果、判定がノーファウルに変更される。 この直後の66分にマルシャルを下げてグリーンウッドを投入したユナイテッドは70分、右CKの二次攻撃からボックス右のグリーンウッド、マクトミネイと続けて決定的な枠内シュートを放つが、前者はGKジョンストンのファインセーブ、後者はDFファーロングのゴールカバーに阻まれ、絶好の逆転機を逸した。 すると、70分を過ぎた辺りからハマーズ戦の120分の激闘を戦った疲労によってネガティブトランジションに綻びが出始めたユナイテッドは71分に相手のロングカウンターからピンチを迎えるが、ボックス左に抜け出したメイトランド=ナイルズの折り返しが精度を欠いたことにより、事なきを得る。さらに、78分にはロングボールに反応したディアニェにDFマグワイアが競り負けてGKとの一対一を作られるが、ここはGKデ・ヘアがチームを救うビッグセーブを見せた。 その後、互いに交代カードを切って試合は最終盤に突入。88分にはWBAのカウンターから右サイドのファーロングが入れた絶妙なアーリークロスにゴール前のディアニェが飛び込むが、右足のシュートを枠に飛ばせない。 一方、格下相手に勝ち点逸は許されないユナイテッドはラストプレーとなった95分にショーの左からのクロスをゴール前に攻め残っていたマグワイアが頭で合わす。このシュートがゴール右隅へ向かい、劇的逆転ゴールかに思われたが、古巣対戦となったGKジョンストンが圧巻の反応でわずかに触ると、軌道が変わったボールは右ポストを叩いた。 そして、この直後に試合をタイムアップを迎え、得意のアウェイゲームで格下とドローとなったユナイテッドは辛くも2位キープも、1試合未消化のシティとの勝ち点差が7ポイントに広がった。 2021.02.15 01:06 Mon
twitterfacebook
thumb

WBAがイングランド人LBコナー・タウンゼントと契約延長 今季ここまで公式戦12試合に出場

WBAは12日、イングランド人DFコナー・タウンゼント(27)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2024年夏までとなる。 タウンゼントはハル・シティでプロキャリアをスタート後、イングランドの複数クラブを転々。2018年夏からWBAに活躍の場を移した。 その今季は左サイドバックをメインポジションにここまでプレミアリーグ10試合に出場。公式戦でも12試合でプレーしている。 タウンゼントは新契約締結後のインタビューで「すべてがまとまって嬉しいよ」と喜びの心境を語っている。 2021.02.13 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「勝ち点は取れなかったが笑いは取れた」“ビッグ・サム”の奇行が話題に

WBAのサム・アラダイス監督がお茶目なところを見せた。 “ビッグ・サム”の愛称で知られるアラダイス監督は、2020年12月に19位に沈んでいたWBAの監督に就任。これまで数々のクラブを救ってきた実績から、残留請負人としての役割を担っている。 WBAは7日、プレミアリーグ第23節でトッテナムとアウェイで対戦。前半をゴールレスで折り返すも、後半にケガから復帰のFWハリー・ケインとFWソン・フンミンにゴールを奪われる。 そんな中、アラダイス監督が後半アディショナルタイムの91分に沸かせる。 ピッチから出たボールがテクニカルエリアに出ていたアラダイス監督のもとへ転がると、ボールを拾ったアラダイス監督がまさかのスローインのモーションに入る。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=q8k8ejbklmgh14ekngx9eloph" async></script></div> この奇行には、トッテナムのFWルーカス・モウラだけでなく、WBAのDFリー・ペリティエルも思わず苦笑い。 残り時間やチームの不甲斐ないパフォーマンスを見て、勝ち点を諦めての行為なのか、チームに切り替えの早さを求める行為なのかは分からないが、スローインの素振りだけみせたアラダイス監督は、すぐにペリティエルにボールを手渡していた。 この場面以外にも、前半にタッチラインを超えたロングボールをヘディングで返すなどしていたアラダイス監督のアクションは、SNS上のサポーターたちの中でも大きな話題となると、「勝ち点は取れなかったが笑いは取れた」「12人目のフィールドプレーヤーだ」など、その意外性に驚く声も多く寄せられた。 試合は、そのまま2-0でタイムアップ。アラダイス監督就任以降も苦しい戦いが続くWBAは23節を終えて勝ち点12の19位のまま。残留圏内の17位バーンリー(1試合未消化)とは勝ち点差11となっている。 2021.02.08 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

3戦ぶり復帰のケインが決勝点! ソンにも久々ゴール生まれてスパーズが連敗ストップ!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、トッテナムvsWBAが7日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。   前節、チェルシーとのダービーを0-1で落とし、リーグ3連敗を喫した8位のトッテナム(勝ち点33)は、降格圏の19位に低迷するWBA(勝ち点12)を相手に連敗ストップ、4戦ぶりの白星を目指した。チェルシー戦からは先発4人を変更。ダイアーに代わってダビンソン・サンチェスが起用されたほか、ムサ・シソコ、ベルフワイン、カルロス・ヴィニシウスに代わって両足首のケガが癒えたエースのケイン、ラメラ、ルーカス・モウラが起用された。   得点力不足解消へアタッカーの枚数を1枚増やして臨んだトッテナムは立ち上がりにルーカスが果敢な仕掛けを見せ、10分にソン・フンミン、11分にラメラと続けて際どいシュートを放つ。   さらに、14分には高い位置でのボール奪取から右サイドを突破したオーリエからボックス左でフリーのケインに折り返しが渡る。3戦ぶりの復帰となったイングランド代表FWは左足を振り抜くが、これは惜しくもクロスバーを叩く。直後の18分にもエンドンベレのパスがDFにディフレクトしたボールがボックス左へ抜け出したケインへ渡るが、再び放った左足のシュートもわずかに枠の右へ外れた。   早い時間帯の先制点はならずも勢いを持った攻めでゴールを匂わせる良い形の攻めが続くホームチームは、サイドを起点に揺さぶりをかけていく。だが、ディアニェを残して全員がボックス付近で守り、ボールを持ってもGKジョンストンからロングボールを前線に蹴り込むだけのWBAの徹底した戦いに苦しみ、得意のショートカウンターなど波状攻撃を仕掛けることができない。   逆に、前半終了間際の44分には相手のカウンターからスノッドグラスの右クロスをゴール前のディアニェに頭で合わせられるが、ここはGKロリスのビッグセーブで何とかしのいだ。   迎えた後半、キックオフ直後のソン・フンミンの決定機をGKジョンストンの好守に阻まれて引き続き難しい展開も予想されたが、窮地を救ったのはやはり頼れるエースだった。54分、ボックス手前中央のホイビュルクの鋭い斜めのグラウンダーパスをボックス左で受けたケインが後半最初の決定機を右足の丁寧なシュートでゴール右隅に流し込み、今季13点目とした。   ようやく相手の守備をこじ開けたトッテナムは畳みかける攻めで2点目まで奪い切る。58分、自陣深くでのクリアボールをケインが胸で落としてルーカスに繋ぐと、そのままルーカスが快足を飛ばして相手ボックス付近までドリブルで運んでボックス右に走り込むソン・フンミンへラストパス。これをソン・フンミンが冷静に右足で決め切り、リーグ6戦ぶりとなる今季13点目とした。   これで完全に余裕の出てきたトッテナムはここからゲームコントロールを優先する戦い方にシフト。68分には足を痛めたオーリエに代えてドハーティ、74分にはラメラに代えてベルフワインをピッチに送り出し、試合を締めにかかる。   一方、何とか勝ち点を持ち帰りたいWBAはディアニェが2度ゴールネットを揺らす場面を作り出すが、いずれもオフサイドでゴールは認められず。すると、試合終盤にかけては前半から守備にパワーを注ぎ過ぎたことで肝心の攻撃に出るパワーを出せない。   3点目こそ奪えないものの、最後まで危なげない試合運びを見せたトッテナムは試合終了間際にソン・フンミンに代えて16歳の新星FWスカーレットをプレミアデビューさせる余裕の采配もみせ、2-0の完勝。   ケイン、ソン・フンミン揃い踏みの活躍によって連敗を「3」でストップすると共に4戦ぶりの白星を手にした。 2021.02.07 23:06 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルMFメイトランド=ナイルズがWBAにシーズンローン

WBAは1日、アーセナルからイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(23)のレンタル加入を発表した。 メイトランド=ナイルズは6歳でアーセナル下部組織に入団後、2014年にプロ契約を結び、同年12月に17歳という若さでトップチームデビュー。サイドバックや、サイドアタッカー、中盤センターでプレー可能なユーティリティ性も強みにアーセナルの一員として公式戦通算121試合の出場を誇る生え抜きプレーヤーだ。 イプスウィッチにローン移籍した2015–16シーズンを除けば、すべてのキャリアをアーセナルに注ぐメイトランド=ナイルズはミケル・アルテタ監督が2019年12月から指揮を執った昨季、キャリアハイのプレミアリーグ20試合に出場。そうした成長ぶりを受け、昨年8月に代表初招集を受け、翌9月にデビューを果たした。 今季もコミュニティー・シールドでマン・オブ・ザ・マッチに輝くなど、ここまで公式戦21試合に出場したが、プレミアリーグに限ると、11試合の出場しかなく、先発数も5回のみ。直近の3試合に至ってはいずれも出番がなく、ユーロに臨む代表入りのため、出場機会を求めての移籍が取り沙汰されている状況だった。 なお、WBAとの契約は今季終了まで。今季のここまで2勝6分け13敗の19位に沈むプレミアリーグで巻き返しを狙うWBAにとって、今冬5人目の新戦力となる。 2021.02.02 08:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly