「エレガントさは天下一品」現レアル・マドリー監督ジダン氏が現役時代に決めた華麗なFK【ビューティフル・フリーキック】

2020.10.16 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、現レアル・マドリー指揮官の元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が現役時代に決めたフリーキックだ。

◆ゴールまで糸で結ばれているような軌道を描いたジダンのフリーキック

現在はマドリーの指揮官としてチームを率いるジダン氏だが、2001年から現役を引退する2006年まで、選手としてプレーしていた。

現役時代にはエレガントなプレーで観客を魅了し続けたが、2001年10月3日に行われたラ・リーガ第6節のラス・パルマス戦では華麗な直接FKを沈めている。

2-1と1点ビハインドで迎えた40分、マドリーはバイタルエリア左でFKを獲得する。キッカーのジダンがやや体を斜めに倒しながら右足を振り抜くと、ゴール左上の完璧なコースに一直線に飛んだシュートがクロスバーに直撃しながらゴールネットを揺らした。

移籍初年度から結果を残したジダン氏。チャンピオンズリーグ決勝のレバークーゼン戦では歴史に残るスーパーゴールでチームを9度目の欧州王者に導いた。
コメント
関連ニュース
thumb

ファルカオのFKは必見 モナコ時代に右足一本でチームを勝利に導く【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ガラタサライのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがモナコ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ストライカー、ファルカオの高精度FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWcGl2R0t0TCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ボックス内で真価を発揮するファルカオだが、その右足のキックの精度にも定評があり、直接FKからもゴールを奪うことができる。2017年4月15日に行われたリーグ・アン第33節のディジョン戦では、見事なキックを見せている。 0-1と1点ビハインドの61分にファルカオが投入されると、69分に得たFKはバーを叩くも、MFナビル・ディラールが押し込みこれで同点とすると、81分にはゴール正面やや左からのFKを、相手GKの逆を突いてゴール右隅へと突き刺し、その右足でチームを逆転に導いた。 トルコでの2シーズン目を迎えているファルカオだが、今季ここまでリーグ戦6試合に出場し5ゴールを記録。変わらぬ決定力を見せている。 2020.10.27 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールの高精度FK 至近距離から優しく沈める【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ネイマールが至近距離からのFKも優しく沈める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWVE9EUWN2cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 24日に行われたディジョン戦では、自身のゴールこそなかったもののFWキリアン・ムバッペらとの好連携で相手ディフェンスに脅威を与えたネイマール。 チームは4-0と強さを見せつけたが、2018年1月17日に行われた同カードでもPSGが8-0と大勝を飾り、ネイマールは見事な直接FKを決めていた。 序盤からPSGがゴールを重ね、3-0で迎えた42分に、PSGはペナルティーアークわずか右の好位置でFKのチャンスを獲得する。キッカーのネイマールが緩やかな助走から柔らかく右足を振り抜くと、壁を越えたシュートが鮮やかにゴール右へと突き刺さった。 その後もPSGが攻勢を続け、ネイマールは4ゴール2アシストの大暴れ、チームも8-0の大勝を飾った。 2020.10.26 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

魔術師パイエが2年前のELで決めた左ポストの内側を掠める圧巻FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、マルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆パイエが2年前のELで決めた左ポストの内側を掠める圧巻FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPSXNDdXNoTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 日本代表DF酒井宏樹らとともに近年のマルセイユを牽引するパイエ。卓越したテクニックで、流れの中からもセットプレーからもゴールとアシストを量産する。 今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場するマルセイユだが、パイエは2018年10月25日に行われたヨーロッパリーグのグループリーグ、ラツィオ戦では見事な直接FKを沈めている。 ホームで負けられないマルセイユだったが、ラツィオに2点を先制される苦しい展開となる。それでも、86分にはボックス手前好位置でFKを獲得すると、名手パイエが左ポストの内側を掠めるシュートで決め切り、土壇場で1点を返した。 それでも力及ばなかったラツィオは試合終了間際に1点を奪われ、そのまま3-1で敗戦。グループリーグ敗退に終わった。 今シーズンのCLは20日に開幕。マルセイユはオリンピアコスと対戦する。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルでのラストシーズンのベッカムが見せた柔らかく可憐な直接FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミの共同オーナーを務める元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が現役時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ベッカムが見せた柔らかく可憐な直接FK は必見<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkUDk0UmpFYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代には、日韓ワールドカップ欧州予選ギリシャ戦でのFKなど数々の直接FKを沈めてきたベッカム氏だが、レアル・マドリー時代の2006年12月10日に行われたラ・リーガ第14節のセビージャ戦でも見事な直接FKを決めている。 0-0の13分、マドリーはボックス左でFKを獲得する。直接狙うには角度がないと思われたが、ベッカムの柔らかいフォームから放たれたシュートはグングンと伸び、逆を突かれた相手GKの手が届かないゴール右のサイドネットへと突き刺さった。 このシーズン終了後、ベッカム氏はMLSのロサンゼルス・ギャラクシーへと移籍。リーグの新時代の幕開けを引っ張った。 2020.10.18 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

デル・ピエロの舌出しパフォーマンスが生まれた日【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆デル・ピエロのドンピシャFKと舌出しパフォーマンス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0WEpmN2R0MSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ビアンコ・ネロそしてアッズーリのレジェンドであるデル・ピエロ氏。「デル・ピエロ・ゾーン」とも称された左45度からのシュートやセットプレーも武器としていたが、2006年2月12日に行われたセリエA第25節のインテル戦では、見事な直接FKを沈めている。 1-1と同点で迎えた試合終盤の85分、ユベントスはゴールほぼ正面の位置でFKを獲得する。キッカーのデル・ピエロが右足を振り抜くと、相手GKジュリオ・セーザルの逆を突くゴール右へのシュートとなり、そのままゴール右隅に突き刺さった。 値千金の決勝点に、デル・ピエロは舌を思い切り出し、両腕を大きく広げながらゴールを喜んだ。このパフォーマンスがそれからも幾度となく披露されることとなる。 このシーズンは勝ち点91を積み上げたユベントスだったが、カルチョ・スキャンダル裁定により全勝ち点を剥奪されている。それでも、デル・ピエロ氏の華麗なゴールが消えることはない。 2020.10.15 17:45 Thu
twitterfacebook