現スペイン代表指揮官ルイス・エンリケ、結果で掴んだバルセロナサポーターからの信頼【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.10.15 20:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、現スペイン代表監督のルイス・エンリケ氏が現役時代に決めたハットトリックだ。

◆ルイス・エンリケがオーフェルマルスやクライファートとの連携からゴールを奪う

ルイス・エンリケ氏は1996年にレアル・マドリーからバルセロナに移籍。ライバルへの禁断の移籍ということもあり当初は批判を受けたが、結果と実力で信頼を勝ち取った。

バルセロナでは公式戦通算300試合に出場し109ゴールを記録しているが、2001年2月3日に行われたラ・リーガ第21節のアスレティック・ビルバオ戦では、ハットトリックの活躍を見せている。

まずは試合開始早々の5分、左サイドを崩したFWマルク・オーフェルマルスの折り返しをルイス・エンリケが押し込み、幸先よく先制に成功する。

さらに24分には、個人技で相手ディフェンスを崩したFWパトリック・クライファートのお膳立てから追加点を奪う。

バルセロナはその後も攻勢を続け、4-0とリードを広げると、33分には再び左サイドFWマルク・オーフェルマルスからの折り返しをルイス・エンリケが流し込み、前半だけでハットトリックを達成している。

マドリー時代と比較して攻撃的なポジションで起用されたルイス・エンリケ氏は結果でサポーターの信頼をつかみ、現役引退後にはバルセロナの監督も歴任。現在はスペイン代表の指揮官を務めている。
コメント
関連ニュース
thumb

バーンリー戦はプリシッチに期待!昨シーズンのクラブ史上最年少ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、チェルシーに所属するアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆プリシッチのラッキーもあったクラブ史上最年少ハットの活躍<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTaUF6djB5NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> プリシッチは2019年1月にドルトムントからの加入が内定し、昨シーズンから満を持してチェルシーでプレー。昨季は公式戦34試合で11ゴール10アシストを記録した。 プリシッチにとってチェルシーでの飛躍のきっかけとなったのが2019年10月26日に行われたプレミアリーグ第10節のバーンリー戦だった。 リーグ戦6試合ぶりに先発で出場すると、21分に相手からボールを奪ったプリシッチがドリブルでボックス左へ。ゴール前に走り込んでくる味方を囮にしながら左足をコンパクトに振り抜くと、相手ディフェンスの股を抜いてゴールに突き刺さった。 これがチェルシー初ゴールとなったプリシッチはさらに45分、ショートカウンターからプリシッチがボックス中央に侵入し放ったシュートは、相手ディフェンスの足に当たってゴールイン。初ゴールから追加点を奪い、チェルシーに2点のリードをもたらした。 そして56分のチェルシーの左CKのシーン、MFメイソン・マウントのクロスは跳ね返されたが、もう一度マウントがクロスを送ると、プリシッチは頭で合わせてハットトリックを達成した。 クラブ史上最年少記録となるハットトリックを達成したプリシッチは、この活躍でフランク・ランパード監督の信頼をつかみ、左サイドのファーストチョイスになっていった。 チェルシーは31日、プレミアリーグ第7節でバーンリーとのアウェイゲームに臨む。 2020.10.31 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

逸材の宝庫アヤックス、下部組織出身のラングが初先発でいきなり3得点の大暴れ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、クラブ・ブルージュに所属するU-21オランダ代表FWノア・ラングがアヤックス時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆初先発のラングがチームを救う3得点の大暴れ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBbUwxQnFUUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> これまで数多くの若手選手を輩出してきたオランダの名門・アヤックス。24日には19歳のブルキナファソ代表FWラシナ・トラオレが5ゴール3アシストの活躍を見せ、一躍その名を世界に知らしめた。 現在はクラブ・ブルージュでプレーするラングもアヤックスの下部組織で育った逸材も一人だ。アヤックス時代の2019年12月1日に行われたエールディビジ第15節のトゥベンテ戦でファーストチーム初先発を飾ると、いきなりハットトリックを達成している。 FW中村敬斗が先制ゴールを決めるなど、トゥベンテが2点を先行する試合展開となったが、32分にボックス左からのクロスをラングが詰めて1点を返すと、51分にはボックス右からのクロスの流れを右足で沈め同点に追いつく。 その後、アヤックスが逆転に成功すると、70分には相手のミスからハットトリックとなる3点目を記録。チームも5-2で逆転勝利を飾った。 初先発でいきなりハットトリックを達成するのは、1959年にヘンク・フルート氏が記録して以来、2人目の記録となった。この先はオランダ代表としての活躍の可能性も秘めているラング。新たなダイヤモンドになるかもしれない。 2020.10.30 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

34分の1 C・ロナウドがラ・リーガで決めたハットトリックの一つをお届け【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ユベントスに所属するポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリー時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ドライブシュートに直接FK にヘディング!C・ロナウドが無双<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI5SHBMMGdCViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーで過ごした9シーズンで公式戦438試合に出場し450ゴールを記録したC・ロナウド。ラ・リーガでは292試合で311ゴールを記録し、34回ものハットトリックを達成している。 その内の一つが2016年3月5日に行われたラ・リーガ第28節のセルタ戦だ。 前半を1-0で折り返したマドリーは後半に攻撃陣が畳みかける。まずは50分、ゴール正面約25mの位置から右足を振り抜いたC・ロナウドの強烈なドライブシュートがゴール中央上に突き刺さった。 そして58分にC・ロナウドの直接FKが炸裂。ボックス手前左で得たFKをC・ロナウドが直接狙うと、GKが一歩も動けない完璧なシュートを突き刺した。 その後マドリーは1点を返されるも、64分にC・ロナウドがハットトリックを達成する。ボックス左へ抜け出したイスコの折り返しをフリーのC・ロナウドが押し込んだ。 さらに76分には左CKからC・ロナウドがヘディングシュートでこの試合4点目を決め、マドリーは7-1の大勝を飾っている。 13日に新型コロナウイルス(COVID-19)検査で陽性反応が確認されたC・ロナウド。所属先のユベントスでは28日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でバルセロナとのビッグマッチを控えるだけに、回復が待たれるところだ。 2020.10.18 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル3冠の立役者ディエゴ・ミリートが最初の“ミラノダービー”でいきなりのハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元アルゼンチン代表のディエゴ・ミリート氏がインテル時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆豪快なPK含みディエゴ・ミリートの3ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6V3R2ZFJKRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2009-10シーズンのインテル三冠達成時のエースストライカーであり、当時のジョゼ・モウリーニョ監督から絶大な信頼を置かれていたミリート氏。勝負強さが売りのミリート氏は、2012年5月6日に行われたセリエA第37節のミラン戦では、ハットトリックの活躍を見せている。 ミリートにとって初のミラノ・ダービーとなったこの一戦だが、14分にセットプレーの流れからDFワルテル・サムエルの折り返しをミリートが合わせ、幸先よく先制に成功する。 その後、ミランのFWズラタン・イブラヒモビッチの2ゴールで逆転を許すも、52分にはミリートがPKを沈め、スコアをタイに戻す。 さらに79分にもインテルがPKを獲得すると、再びミリートが決めて勝ち越し。その後追加点も奪い4-2でダービーに勝利した。 17日に今シーズン最初のミラノ・ダービーを迎える両者。ここ4年のダービーではインテルが無敗を続けているが、今シーズンのミランは開幕からセリエA3試合全勝の好スタートを切っているだけに、要注目の試合となりそうだ。 2020.10.17 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アグエロがアーセナル相手に決めたハットトリック!今夜の試合は不在が確定【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆アグエロのハットトリック!3点目はやや疑惑の判定も<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvc2dWWDI5UyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 昨シーズン終盤に負った左ヒザのケガで長期離脱中のアグエロ。17日に行われるプレミアリーグ第5節のアーセナル戦には出場できないが、2019年2月3日に行われたプレミアリーグ第25節では、アーセナル相手にハットトリックの大活躍を見せていた。 開始40秒過ぎ、相手陣内ボックス左で持ち出したボールを奪ったDFアイメリク・ラポルテが絶妙なクロスを入れると、これをゴール前のアグエロがダイビングヘッドで合わせ、電光石火の先制点を奪う。 シティはその後同点に追いつかれるも、前半終了間際に鮮やかなコンビネーションプレーで勝ち越しに成功する。44分、左サイドに張るFWラヒーム・スターリングがボールを受けると、ここからMFイルカイ・ギュンドアンとのワンツーでボックス左に抜け出したスターリングのワンタッチクロスをファーでフリーのアグエロが難なく流し込んだ。 さらに61分、ボックス左で縦に仕掛けたスターリングの低い高速クロスをGKレノが弾くと、ゴール前に詰めたアグエロの左手に当たったボールがそのままゴールネットを揺らす。アーセナルはハンドを主張するもゴールが認められアグエロのハットトリックとなった。 17日の試合では、アグエロに加えてFWガブリエウ・ジェズスも離脱中。他にも複数選手が代表ウィークで負傷しており、アーセナルとしては勝ち点を奪うチャンスだ。 2020.10.17 18:00 Sat
twitterfacebook