新チーム名は「Edo All United」、ボタフォゴのMF本田圭佑が創設したサッカークラブが心機一転

2020.10.14 06:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボタフォゴのMF本田圭佑が創設したサッカークラブが「ONE TOKYO」の新クラブ名が決定した。新たなクラブ名は「Edo All United (エドオールユナイテッド)」に決定。ファン投票によってチーム名が決定した。

本田も自身のツイッターを通じて「ファン投票によってサッカーチーム名が新しく決まりました。OneTokyo →Edo All United (略して江戸)です!」と報告し、「「Edo 〇〇」での新企画募集」と新たな企画を求めた。

「Edo All United」は、2020年1月14日、本田が東京都社会人サッカーリーグ4部に所属する「ONE TOKYO」として設立。「リアルサカつく」をコンセプトに、誰もが参加できるサッカークラブを創った。

「東京から世界を一つに」というビジョンを掲げ、皆んなが1つになって創るサッカークラブとして設立され、監督や選手のスカウトや獲得、グッズ作成や販売、ファンサービスやスポンサー営業など、『ドリームジョブ』を自由に発案し、選挙を行って決めていくクラブとして活動していたが、クラブ名の「ONE TOKYO」は東京マラソン財団が商標権を保有。そのほか、関係各所と協議した結果、今回チーム名変更することになったとしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

異例の補強、横浜FMが鳥栖の正守護神・高丘陽平を完全移籍で獲得「ワクワクしています」、ACLとJリーグで2チーム編成の可能性

横浜F・マリノスは23日、サガン鳥栖のGK高丘陽平(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 この時期の移籍は過去にない異例の事態。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、今シーズンのJリーグは特別に第3登録ウインドーを設置。10月30日まで選手を登録することが可能となっており、この移籍が実現した。 高丘は、地元神奈川県の横浜市出身。横浜FCの下部組織で育ち、2013年5月にユース所属ながら2種登録選手としてトップチームに登録。2014年に正式昇格した。 昇格3年目の2016年に天皇杯でデビュー。2017年は明治安田J2で41試合に出場するも、翌年は出場機会を失い3月にサガン鳥栖へ期限付き移籍。2019年から鳥栖へ完全移籍していた。 2019年は明治安田J1で24試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンは新加入のGK守田達弥とのポジション争いもある中、明治安田J1で16試合に出場、ルヴァンカップで1試合に出場していた。 横浜FMは11月にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えている状況。隔離期間などを考え2チームを編成しなければいけない可能性もあり、朴一圭、梶川裕嗣、中林洋次の3人体制だったGK陣を補強したとみられる。 高丘は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さま、はじめまして。この度、サガン鳥栖から移籍加入してきました高丘陽平です。まずはF・マリノスでプレーする機会を与えてくださった関係者の皆さまに感謝をいたし 「ます歴史と伝統あるこのクラブの一員になれた事をうれしく思います。チームの方向性、スタイルを一日も早く理解し、チームの勝利に貢献出来る様に精進していきます。素晴らしいファン・サポーターの皆さまの前でプレーが出来る事にワクワクしています!皆さま、これから宜しくお願いいたします!!」 ◆サガン鳥栖 「この度横浜F・マリノスに移籍する事になりました。シーズンも残り2ヶ月を切ったタイミングでの移籍という事もあり、僕自身熟考の末、決断致しました」 「2018年3月末にサガン鳥栖に加入してから2年7ヶ月間本当に充実した日々を過ごす事ができました。初めての移籍で不安を抱えながらクラブハウスに来た思い出がつい昨日の事の様に感じます。試合に出た時、出られない時、様々な状況の中で沢山の方々に支えて頂いて今の自分があります。本当に感謝しています」 「今回コロナの影響でファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、鳥栖で出逢い支えて下さった全ての皆様に直接挨拶できない事は残念ではありますが、今後自分がより飛躍し活躍する事で恩返しをしていきたいと思っています」 「サガン鳥栖に来ることができて自分のキャリアの分岐点になりました。サッカー選手としても1人の人間としても成長させて頂きました。このクラブでプレーできた事を誇りに思います」 「このクラブに対して何か残す事ができたのかどうか自分では分かりませんが、何か皆様に感じるものを魅せる事ができていれば幸いです」 「最後になりますがファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、社長をはじめクラブ関係者の皆様、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、メディカルスタッフ、チームメイトの皆様ありがとうございました!」 「そして鳥栖に来て出逢った全ての皆様ありがとうございました!お世話になりました!また逢いましょう!」 2020.10.23 10:08 Fri
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】J2首位の福岡、チーム得点王のフアンマ・デルガドが2試合出停

Jリーグは22日、明治安田生命Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手情報を発表した。 J1およびJ3では、19日に発表された時点から大きな変更はなく、21日に試合が行われた各試合から追加の出場停止者は出なかった。 一方で、同日に第28節が行われたJ2では、FC町田ゼルビアのDF深津康太が累積警告で1試合の出場停止となったほか、首位のアビスパ福岡のFWフアンマ・デルガドが2度目の累積警告で2試合の出場停止処分に。チーム内最多の7得点を記録していただけに、痛い欠場となる。 【明治安田生命J1リーグ】 DFキム・ミンテ(北海道コンサドーレ札幌) 第24節vs横浜FC(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF宇賀神友弥(浦和レッズ) 第24節vsセレッソ大阪(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF三原雅俊(柏レイソル) 第24節vsガンバ大阪(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFジョアン・オマリ(FC東京) 第28節vs横浜F・マリノス(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFレアンドロ(FC東京) 第28節vs横浜F・マリノス(10/24) 今回の停止:3試合停止(3/3) DF立田悠悟(清水エスパルス) 第25節vs柏レイソル(10/31) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWレアンドロ・ペレイラ(サンフレッチェ広島) 第24節vs鹿島アントラーズ(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF深津康太(FC町田ゼルビア) 第29節vsヴァンフォーレ甲府(10/25) 今回の停止:1試合停止 FWフアンマ・デルガド(アビスパ福岡) 第29節vsジェフユナイテッド千葉(10/25) 今回の停止:2試合停止(1/2) 第30節vsジュビロ磐田(11/1) 今回の停止:2試合停止(2/2) 【明治安田生命J3リーグ】 MF土館賢人(Y.S.C.C.横浜) 第23節vsカターレ富山(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF松岡亮輔(藤枝MYFC) 第23節vsガイナーレ鳥取(10/25) 今回の停止:1試合停止 2020.10.22 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

福島が大分高校FW堤聖司の来季加入内定を発表「恩返し出来るように頑張ります」

福島ユナイテッドFCは22日、大分高校のFW堤聖司(18)の来季加入内定を発表した。 堤は大分県出身で、大分中学校から大分高校へ進学。昨年のインターハイや全国高校サッカー選手権大会に出場していた。 堤はクラブを通じてコメントしている。 「幼い頃からの夢でもあったプロサッカー選手になれる事を誇りに思い、今まで支えてくださった方々に結果で恩返し出来るように頑張ります!」 2020.10.22 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

7億円赤字見込みの仙台、選手の不祥事により緊急募金の中断を発表

ベガルタ仙台は22日、9月26日にスタートした緊急募金を中断することを発表した。 仙台は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による措置で観客入場に制限があることなどから、今期の赤字が約7億円に上ることを発表。債務超過となることから、ファン・サポーターに向けてクラウドファウンディングや口座振込を通じて緊急募金を呼びかけていた。 しかし、20日にMF道渕諒平(26)の交際相手への暴行が週刊誌で報道。仙台は同日に契約解除を発表していたが、このような事態が起こっていたことを公表しておらず、多くの批判が寄せられていた。 仙台は今回の緊急募金中断について「この度の当クラブ選手の不祥事につきましては誠に申し訳なく、ご支援いただきました皆様に心からお詫びを申し上げます」とし、「今回の事態を真摯に受け止め深く反省の意をお示しいたしたく、9月26日よりスタートいたしましたクラブ緊急募金の募集を中断することといたしましたのでお知らせします」と今回の不祥事を受けて中断することを決めたと発表した。 なお、クラウドファウンディングは仙台が管理していないとし、「クラブ緊急募金プロジェクトページ(CAMPFIREサイト)は、当クラブでは運用を中止することができませんので、誤ってご支援いただくことがないようご注意ください。(一部のSNS等から当該ページに接続できることがあります)万が一、誤ってご支援いただいてもご返金できかねますのでご理解ください」と注意を呼びかけていた。 債務超過、選手の不祥事に加え、成績も低迷している仙台。様々な面での信頼回復の道は険しいものとなりそうだ。 2020.10.22 18:22 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪のMF吉馴空矢が交通事故、双方にケガなし

セレッソ大阪は22日、MF吉馴空矢(よしなれたかや)が交通事故を起こしていたことを公表した。 クラブによると、事故の発生は21日(水)の12時30分ごろ。吉馴が運転する乗用車が自らの不注意で、信号待ちをしている前方の車に接触したという。 相手乗用車の運転手および吉馴にケガはなく、事故発生後に警察へ届け出を提出し、対応したとのこと。 事故を起こした吉馴は、「この度、私の不注意からこのような事故を起こしてしまい、相手の方に心よりお詫び申し上げます。運転中は常に集中し、周りの確認を怠らないよう改めて注意を払い安全運転を心がけます。本当に申し訳ございませんでした」と深く謝罪している。 同クラブの育成組織出身の吉馴は、昨年に2種登録し、今シーズンからトップチーム登録された19歳。今季はU-23チームで明治安田生命J3リーグ19試合に出場している。 2020.10.22 17:51 Thu
twitterfacebook