インテル・マイアミで“イグアイン兄弟”の共演実現へ! 兄フェデリコが加入

2020.10.11 14:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミでイグアイン兄弟の共演が果たされることになった。インテル・マイアミは10日、DCユナイテッドからアルゼンチン人MFフェデリコ・イグアイン(35)を5万ドル(約520万円)の金銭トレードで獲得したことを発表した。

フットボール界のスーパースターであるデイビッド・ベッカム氏が、共同オーナーを務めるインテル・マイアミは、先月18日にフェデリコの実弟であるアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)を獲得しており、共にキャリアをスタートしたリーベル・プレート時代以来、兄弟同じクラブに在籍することになった。

これまでリーベル、ベシクタシュ、ゴドイ・クルスなどを渡り歩いたフェデリコは、2012年にコロンバス・クルーに加入し、アメリカでのキャリアをスタート。ここまでリーグ戦217試合に出場し、60ゴール68アシストを記録。2015年にはコロンバス・クルーをMLSカップ決勝に導いたこともある、実績十分の攻撃的MFだ。

今年3月にはDCユナイテッドにプレイングコーチとして加入したばかりだったが、弟との共演を熱望するフェデリコの希望をクラブが受け入れたことで、今回のトレードが実現した。
コメント
関連ニュース
thumb

デビュー戦でPK失敗のイグアイン、汚名返上の弾丸FKでMLS初ゴール

今夏にインテル・マイアミに移籍した元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがMLS(メジャー・リーグ・サッカー)での初ゴールを記録した。 8日、イースタン・カンファレンス13試合目となるニューヨーク・レッドブルズ戦を戦ったインテル・マイアミ。MLSでの3試合目を迎えたイグアインはフランス代表MFブレーズ・マテュイディらとともに先発出場を果たした。 すると、1-1で迎えた81分、インテル・マイアミがペナルティーアーク手前でFKのチャンスを獲得し、イグアインがキッカーを務める。思い切り右足を振り抜くと、強烈な弾丸シュートがゴール右のサイドネットに突き刺さり、値千金の決勝ゴールとなった。 MLSデビュー戦となった9月のフィラデルフィア・ユニオン戦では、枠を大きく外してしまいPKを失敗したイグアインだが、これが嬉しいMLS初ゴール、そして加入後初勝利となった。 今シーズンがMLS初参戦のインテル・マイアミは、ここまで4勝2分け7敗で14チーム中11位に位置。イグアインのさらなる活躍に期待が懸かっている。 <div id="cws_ad">◆汚名返上の弾丸FK<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> OMG GONZALO HIGUAIN! <br><br>Pipita&#39;s first MLS GOAL comes off a rocket of a free kick! <a href="https://twitter.com/hashtag/RBNYvMIA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RBNYvMIA</a> <a href="https://t.co/aPp2C3EZfn">pic.twitter.com/aPp2C3EZfn</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1314004463611412480?ref_src=twsrc%5Etfw">October 8, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.09 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアイン、MLSデビュー戦のPK失敗をバカにされていた?「容認することは出来ない」

先日、インテル・マイアミでMLS(メジャー・リーグ・サッカー)デビューを果たしたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインだが、ほろ苦いものとなっていたようだ。 今夏にユベントスからインテル・マイアミへ活躍の場を移したイグアインは、先月28日のMLSイースタン・カンファレンスのフィラデルフィア・ユニオン戦で移籍後初出場。試合ではPKを含む2度のゴールチャンスを迎えるものの、そのPKではシュートはクロスバーを越えてしまい初ゴールならず。チームも0-3で敗れており、悔しいデビュー戦となった。 だが、イグアインには個人的に許せない案件が起こっていたようだ。フランス『レキップ』が伝えた同選手のコメントによると、PK失敗を相手選手から揶揄されていたようだ。 「僕はフェアプレーを信じている。僕は感情的な人間だから、それを受け入れることも容認することも出来なかった。5人の選手が僕に挑発してきたんだ」<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Gonzalo Higuain debuts<br> Chicharito &amp; Galaxy struggling<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/Quakes74?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Quakes74</a> stun LAFC<br><br>Time to recap. <a href="https://t.co/ZW0i7fXfqG">pic.twitter.com/ZW0i7fXfqG</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1310627832645718017?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ここまで3勝2分け6敗で14チーム中12位に位置するインテル・マイアミは、次節はニューヨーク・シティと対戦。イグアインは周囲の雑音を掻き消す活躍を披露することは出来るだろうか。 2020.10.02 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアインがインテル・マイアミでMLSデビュー! バイシクル、PKで得点チャンスも…

今夏にインテル・マイアミに移籍したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがMLS(メジャー・リーグ・サッカー)デビューを果たした。 28日、イースタン・カンファレンス11試合目となるフィラデルフィア・ユニオン戦を戦ったインテル・マイアミ。この試合がイグアインはのデビュー戦となった。 背番号「9」を身につけ先発出場した同選手は、1点のリードを許した前半に、右サイドのクロスから決定機。ボックス中央でバイシクルで合わせるも、シュートは左ポストを叩いた。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> SO.CLOSE. <a href="https://t.co/bTE22OJa4J">pic.twitter.com/bTE22OJa4J</a></p>&mdash; Inter Miami CF (@InterMiamiCF) <a href="https://twitter.com/InterMiamiCF/status/1310370767461376001?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> さらに相手の追加点を許して迎えた77分、PKのチャンスを得たものの、これをクロスバーに当ててしまいゴールならず。結局、チームはその後も失点を重ね、アウェイで3-0で敗れた。 今シーズンがMLS初参戦のインテル・マイアミは、ここまで3勝2分け6敗で14チーム中12位に位置。予想通り厳しい洗礼を受けているが、「欧州で得た経験が助けになれば」と話していたイグアインは救世主になれるだろうか。 2020.09.28 18:38 Mon
twitterfacebook
thumb

MLSでの活躍を誓うイグアイン「欧州で得た経験が助けになれば」

ユベントスを退団し、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに加入したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)が新天地での意気込みを語った。 12月で33歳となるイグアインは、年齢とともにパフォーマンスが落ちていると指摘されるが、インテル・マイアミの公式サイトで次のように語った。 「ここでの目標はチームを成長させ、競争力をもたらすことだ。欧州で何年も培って得た経験がクラブの成長の助けになるはずだ。大きなことを成し遂げるには、しっかりとした基盤が大事になってくると思う。チームが自信を付けられるよう、貢献していきたい」 「兄(DCユナイテッドでプレーするフェデリコ)の影響で長年MLSを観てきた。常に興味を持っていたリーグだし、楽しんで試合を観ていた。ここにやって来る良い時期だったと思う。新たなリーグへの挑戦と、チームを助けたいという意欲があり、モチベーションは高まっているよ」 「個人的な目標としてはプレーで示し続けることができればと思っている。成功するための全ての方法はわかっているから、それを成し遂げられるようにしたい。このチームは成功するために必要なチーム力を有していると思う」 2020.09.19 02:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベッカム氏のインテル・マイアミがユベントス退団のイグアイン獲得を発表!特別指定選手制度を利用

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミは18日、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)の加入を発表した。 背番号は「9」に決まり、サラリーキャップ(年俸総額の上限)の範囲外となる特別指定選手制度を利用しての獲得となるとのこと。国際移籍証明書とビザ、さらには新型コロナウイルス(COVID-19)に関して地方自治体とMLSのプロトコルに基づく検査を受けての合流となる。 <div id="cws_ad">◆乗ったら止まらないイグアイン!わずか20分で三発の乱れ撃ち<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4OFo5NkxlRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> イグアインはインテル・マイアミへの移籍に関して、「まず第一に、僕がサインするために尽力してくれたインテル・マイアミに感謝する。僕の人生で素晴らしい経験になると思う」とコメント。「ここは僕が探していたもの、新しい経験、新しいリーグ、そして美しい街があります。本当にここに来て良かった」と加入を喜んだ。 また、「僕の目標は、ヨーロッパで得た全ての経験を伝え、チームの成長をサポートすることだ」とチームを牽引する意気込みも語った。 イグアインは、リーベル・プレートから2007年1月にレアル・マドリーへと完全移籍。その後、ナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーでプレーした。なお、インテル・マイアミの共同オーナーであるデイビッド・ベッカム氏とは入れ替わりでマドリーに加入していた。 クラブキャリアでは合計306ゴールを記録。ユベントスでセリエAを3度制したほか、マドリーでもラ・リーガを3回優勝するなど数々のタイトルも獲得してきた。 しかし、アンドレア・ピルロ監督の下で構想買いが通達。両者合意の下、17日に契約を解除していた。 インテル・マイアミには、2019-20シーズンまでユベントスでチームメイトだったフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(33)が所属しており、再びチームメイトに。また、実兄であるMFフェデリコ・イグアイン(35)はMSLのDCユナイテッドでプレーしており、兄弟対決も見られそうだ。 2020.09.18 22:35 Fri
twitterfacebook