横浜FMが後半ゴールショー披露で大分を4発粉砕! 大分は連勝ストップ…《J1》

2020.10.10 19:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第21節の横浜F・マリノスvs大分トリニータが10日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、4-0でホームの横浜FMが勝利した。前節のヴィッセル神戸戦で2-3の逆転負けを喫した6位の横浜FMは、7日に行われたルヴァンカップ準決勝では柏レイソル戦に0-1で敗れて連敗。中2日で迎える今節は柏戦からメンバーを7名変更となり、小池、チアゴ・マルチンス、扇原、渡辺、エリキ、前田、マルコス・ジュニオールに代えて松原、伊藤、喜田、天野、松田、ジュニオール・サントス、オナイウ・阿道を起用して公式戦4試合ぶりの白星を目指した。

対するは復調の兆しを見せる12位の大分。前節の清水エスパルス戦を2-1で競り勝って連勝中。その試合から小出、小塚に代えて町田、野村を起用して敵地で連勝継続に挑んだ。

立ち上がりは大分にボールを握られた横浜FMだったが、11分に右サイド深くに抜け出した和田のグラウンダーのクロスからチャンスシーンを迎えると、ここからペースを握って試合を進めていく。決定機を迎えたのは30分。敵陣右サイドのスローインを松原が素早くボックス内へ送ると、受けたジュニオール・サントスがニアサイド強襲のシュートを放つ。続く33分には前線でボール奪取した天野がチップキックでゴールを狙うも、どちらもGKムン・キョンゴンに防がれた。

その後もオナイウ・阿道を起点に左右に揺さ振りをかける横浜FMは、守備でも切り替えの早いハイプレスで大分を釘付けに。得点は奪えなかったが、アウェイチームを最終局面まで運ばせない堅実な戦い方で試合を折り返した。

両チームともメンバー交代なしで迎えた後半立ち上がりの53分に横浜FMにチャンス。カウンターから左サイドでボールを受けたジュニオール・サントスが一気に持ち上がりボックス左へ侵入。対峙するDFを交わして角度のない所からシュートを放ったが、クロスバーに嫌われた。それでも55分、CKの流れから二次攻撃、三次攻撃に繋げるホームチームは、左サイドから上げたティーラトンのクロスのこぼれ球を、ボックス手前から松原が左足でシュートを突き刺し先制に成功した。

その後、大分の決定機を凌いだ横浜FMがゴールショーを披露する。まずは65分、相手のバックパスを奪ったオナイウ・阿道からボールを受けたジュニオール・サントスが、ボックス手前中央から見事なコントロールシュートをゴール右上に突き刺し追加点。

75分には水沼からパスを受けた途中出場のエリキが、ボックス左からニアサイドを打ち抜き3点目。さらに87分には、左サイドからドリブルで斜めに切り込んだエリキがボックス手前からゴール左下に突き刺し大量4得点。2点とも相手の股下を抜く巧みなシュートで、エリキは今季のゴール数を「11」に伸ばした。

その後もきっちり締めたホームの横浜FMが、4-0で勝利を飾り連敗をストップ。一方、大分は連勝が止まった。

横浜F・マリノス 4-0 大分トリニータ
【横浜FM】
松原健(後10)
ジュニオール・サントス(後20)
エリキ(後30)
エリキ(後42)
コメント
関連ニュース
thumb

札幌がメンバーリストを公開! 1年半ぶり復帰の小野伸二は以前と同じ「44」、3選手が背番号変更

北海道コンサドーレ札幌は16日、2021シーズンのメンバーリストを公開した。 昨季の明治安田生命J1リーグでミハイロ・ペトロヴィッチ体制ワーストの12位に終わった札幌。そこからの巻き返しを期す新シーズンに向けてはMF早坂良太、DF石川直樹が現役引退したほか、DF進藤亮佑がセレッソ大阪に移籍した一方で、新卒やレンバルバック組を含めて、10選手の新戦力を獲得した。 主な選手の背番号はナイジェリア代表歴を持つFWガブリエルは「26」となり、1年半ぶりの復帰となるMF小野伸二は以前と同じ「44」に。既存メンバーだと、DF田中駿汰が「2」、MF高嶺朋樹が「6」、MF金子拓郎が「9」を新たに背負うことが決まった。 ◆選手背番号一覧 GK 1.菅野孝憲 21.阿波加俊太 22.大谷幸輝←アルビレックス新潟/完全 34.中野小次郎←法政大学/新加入 DF 2.田中駿汰※背番号変更 3.柳貴博←FC東京/完全 5.福森晃斗 20.キム・ミンテ 24.中村桐耶←Honda FC(JFL)/復帰 50.岡村大八←ザスパクサツ群馬/完全 MF 6.高嶺朋樹※背番号変更 7.ルーカス・フェルナンデス 8.深井一希 9.金子拓郎※背番号変更 10.宮澤裕樹 14.駒井善成 18.チャナティップ 23.中野嘉大 27.荒野拓馬 28.青木亮太←名古屋グランパス/完全 44.小野伸二←FC琉球/完全 FW 4.菅大輝 11.アンデルソン・ロペス 26.ガブリエル←ウィダード・カサブランカ(モロッコ)/完全 33.ドウグラス・オリヴェイラ 35.小柏剛←明治大学/新加入 45.中島大嘉←国見高校/新加入 48.ジェイ 監督 ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.01.16 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南退団の澤田恒が独4部チームに加入

湘南ベルマーレは16日、MF澤田恒(29)がドイツ4部のスタインバッハに移籍したと発表した。 澤田は札幌大学卒業後、ドイツでプレー。2019年7月から湘南に加わったが、出番に恵まれず、8日に両者合意の下で契約解除に至った。 2021.01.16 18:44 Sat
twitterfacebook
thumb

7年ぶりJ1参戦の徳島が選手背番号を発表! 藤田譲瑠チマ&宮代大聖の背番号は…?

徳島ヴォルティスは16日、2021シーズンの選手背番号リストを公開した。 昨季の明治安田生命J2リーグを制して、7年ぶりのJ1リーグ昇格を果たした徳島。昨季を最後に浦和レッズに旅立ったリカルド・ロドリゲス監督に代わり、新シーズンからダニエル・ポヤトス監督が指揮を執り、日本トップリーグでの躍進を目指す。 その徳島は完全移籍移行のMF杉森考起やレンタルバック組、レンタル延長者を除いて、6選手が新たに加入。東京オリンピックの世代別代表入りも期待されるMF藤田譲瑠チマは「13」となり、FW宮代大聖は「11」に決定した。 ◆選手背番号一覧 GK 1.瀬口拓弥 21.上福元直人 29.松澤香輝 31.長谷川徹 40.後東尚輝←徳島ヴォルティスユース/昇格 DF 2.田向泰輝 3.ドゥシャン 4.ジエゴ 5.石井秀典 16.鈴木大誠←FC琉球/復帰 20.福岡将太 25.安部崇士 27.吹ヶ徳喜 MF 6.内田航平 7.小西雄大 8.岩尾憲 10.渡井理己 13.藤田譲瑠チマ←東京ヴェルディ/完全 15.岸本武流 22.藤田征也 23.鈴木徳真 24.西谷和希 32.大森博←修徳高校/新加入 33.藤原志龍 34.川上エドオジョン智慧 37.浜下瑛 45.杉森考起←名古屋グランパス/完全移行 FW 9.河田篤秀 11.宮代大聖←川崎フロンターレ/期限付き 18.佐藤晃大 19.垣田裕暉←鹿島アントラーズ/期限付き延長 30.鈴木輪太朗イブラヒーム←日本大学藤沢高校/新加入 39.西野太陽←京都橘高校/新加入 監督 ダニエル・ポヤトス 2021.01.16 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖、選手背番号が決定! 新「10」に育成出身プロ3年目の樋口雄太

サガン鳥栖は16日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 鳥栖は昨季の明治安田生命J1リーグで13位フィニッシュ。そこからのさらなる上位進出に向け、MF原川力やMF原輝綺、MF高橋秀人らが相次いで退団した一方で、完全移籍移行のGK朴一圭や新卒、昇格組を含む13選手を新たな戦力として獲得した。 背番号は即戦力として期待のDFファン・ソッコが「20」、MF仙頭啓矢が「44」、FW山下敬大が「9」に。既存メンバーだと、育成出身でプロ3年目のMF樋口雄太が「10」となり、FW林大地とFW石井快征も新たな番号を背負ってのプレーが決まった。 ◆選手背番号一覧 GK 1.守田達弥 12.板橋洋青 21.キム・ミノ 40.朴一圭←横浜F・マリノス/完全 DF 3.エドゥアルド 6.内田裕斗 20.ファン・ソッコ←清水エスパルス/完全 28.今掛航貴←中央大学/新加入 30.田代雅也←栃木SC/完全 31.大畑歩夢 39.松本大輔←中央大学/新加入 MF 4.島川俊郎←大分トリニータ/完全 10.樋口雄太※背番号変更 14.高橋義希 15.酒井宣福←大宮アルディージャ/完全 22.小屋松知哉 23.本田風智 24.飯野七聖←ザスパクサツ群馬/完全 27.相良竜之介←サガン鳥栖U-18/昇格 32.湯澤洋介 41.松岡大起 44.仙頭啓矢←横浜F・マリノス/完全 50.梁勇基 FW 7.金森健志 8.林大地※背番号変更 9.山下敬大←ジェフユナイテッド千葉/完全 11.豊田陽平 18.和田凌←鹿児島ユナイテッドFC/完全 19.石井快征※背番号変更 26.兒玉澪王斗←サガン鳥栖U-18/昇格 監督 金明輝 2021.01.16 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌に衝撃…ペトロヴィッチ監督&杉浦通訳が共に手術、キャンプ始動時不在に

北海道コンサドーレ札幌は16日、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督と杉浦大輔コーチ兼通訳が手術を受けたことを発表した。 ペトロヴィッチ監督は、オーストリアに帰国中だが2日に転倒し負傷。左大腿骨骨折の手術をオーストリアの病院で受けたとのことだ。 なお、手術は無事に終了し現在は入院中とのこと。チームへの合流日は未定となっている。 また、ペトロヴィッチ監督の通訳を長年務め、コーチでもある杉浦氏は、甲状腺びまん性硬化型乳頭がんと診断されたとのこと。11日に手術を受け、無事に終了したとのことだ。 なお、札幌は18日から沖縄県でキャンプをスタート。ペトロヴィッチ監督が不在の期間は、四方田修平コーチを中心にチーム活動を行う。杉浦氏は沖縄キャンプの途中から合流予定とのことだ。 2021.01.16 13:57 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly