逆襲の岐阜、後半怒涛の追い上げで4連勝! 熊本との上位戦を制した長野は2位へ浮上《J3》

2020.10.07 22:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第20節の9試合が7日に各地で行われた。4位のFC岐阜は、敵地のありがとうサービス.夢スタジアムで9位のFC今治と対戦した。10分と30分に被弾して2点のビハインドを負ったが、後半から怒涛の追い上げを見せる。

49分にFKのこぼれ球を途中出場の橋本が押し込み1点を返す。互角の戦いが続く中で迎えた80分、右CKをファーサイドの甲斐が頭で落とすと、町田・ブライトがネットを揺らして同点に。

さらにその8分後の88分、右サイドからのクロスを甲斐が逸らすと、受けた川西が胸トラップからゴールへ突き刺し逆転に成功。3連勝中だった岐阜の勢いが2点差をひっくり返し、3-2で勝利した。

長野Uスタジアムでは今節最大の注目カード、3位・AC長野パルセイロと2位・ロアッソ熊本が激突。互いに前半から続いていた堅い守備を攻略したのはホームの長野だった。

54分、左サイドで東からパスを受けた坪川がカットインし、ボックス手前中央から一閃。強烈なシュートがゴール左に決まり、均衡を破る。

その後はともにシュートチャンスを迎えながらも、スコアは動かず試合終了。長野が2位へ浮上した。

そのほか、セレッソ大阪U-23に3-0で快勝した福島ユナイテッドFCと、ヴァンラーレ八戸を1-0で下したアスルクラロ沼津が今季初の連勝を飾った。

◆明治安田生命J3リーグ第20節
▽10/7(水)
いわてグルージャ盛岡 1-1 カマタマーレ讃岐
福島ユナイテッドFC 3-0 セレッソ大阪U-23
アスルクラロ沼津 1-0 ヴァンラーレ八戸
FC今治 2-3 FC岐阜
藤枝MYFC 1-2 カターレ富山
ブラウブリッツ秋田 0-0 Y.S.C.C.横浜
SC相模原 1-0 ガンバ大阪U-23
AC長野パルセイロ 1-0 ロアッソ熊本
ガイナーレ鳥取 1-3 鹿児島ユナイテッドFC
コメント
関連ニュース
thumb

熊本、順天堂大MF杉山直宏の来季加入内定を発表 「精一杯努力」

ロアッソ熊本は27日、順天堂大学に在学するMF杉山直宏(22)の2021シーズン加入内定を発表した。 福岡県出身の杉山は身長175cm、体重69kgのMFで、アビスパ福岡ジュニアユース、大津高校を経て、順天堂大学に進学。左足のプレー精度がアピールポイントの杉山は内定決定を受け、クラブの公式サイトを通じて次のように意気込みを語っている。 「この度、来シーズンよりロアッソ熊本に加入することになりました順天堂大学の杉山直宏です。幼い頃からの夢であるプロサッカー選手としてのキャリアをロアッソ熊本という素晴らしいチームでスタート出来ることを心から嬉しく思います」 「今まで僕を支えてくれた、家族、スタッフ、チームメイトなど、全ての方々に感謝をして、これからも頑張っていきます。チームの勝利に貢献できるように精一杯努力していきますので、応援よろしくお願いします」 2020.11.27 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田一筋の前山恭平、今季限りで現役引退 「11年間ありがとうございました」

ブラウブリッツ秋田は27日、MF前山恭平(32)の今季現役引退を発表した。本拠地最終戦の12月5日に予定する明治安田生命J3リーグ第31節のFC今治戦後、セレモニーが行われる。 佐賀県出身の前山は2010年に福岡大学から秋田入り。日本フットボールリーグ(JFL)時代から秋田一筋のキャリアを歩み続け、今季が11年目だった。 J3リーグ参入の2014年以降も主力として活躍を続け、J3リーグ通算成績は168試合30得点。今季はここまで9試合に出場している。 チームが来季のJ2リーグ初昇格を果たすなか、今季終了後の引退を決断した前山はクラブ公式サイトを通じて、感謝の言葉を綴った。 「この度、2020シーズンを持ちまして現役を引退することを決めました。まずは、スポンサー企業の皆様、後援会の皆様、ファンサポーターの皆様、ボランティアスタッフの皆様、試合運営に関わる全ての皆様、これまで在籍していた選手スタッフの皆様、そして家族。僕に関わる全ての方に支えられて11年間ブラウブリッツ秋田でサッカーをすることができ、感謝しています。今シーズン目標だったJ3優勝、J2昇格を達成することができて、嬉しく思います。来シーズンJ2での活躍を願っています。11年間ありがとうございました」 2020.11.27 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

八戸、JFL時代から在籍するDF須藤貴郁が現役引退「この7年間は大きな財産」

ヴァンラーレ八戸は26日、DF須藤貴郁(29)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 須藤は矢板中央高校から平成国際大学を経て2014年に八戸に入団。2012年にはFC町田ゼルビアの特別指定選手となっていた。 当時JFLに所属していた八戸に入団した須藤は、1年目からリーグ戦26試合に出場し3得点、天皇杯2試合に出場し1得点を記録。そのままレギュラーとしてプレーを続けて来たが、今シーズンは明治安田生命J3リーグで4試合の出場に留まり、1得点に終わっていた。 須藤はクラブを通じてコメント。7シーズンの現役生活に別れを告げた。 「21年間続けてきたサッカーを今シーズンをもって終わりにすることにしました」 「大学を卒業後、八戸でサッカー選手としてプレーさせてもらい、家族や友人、多くの方々に支えられたこの7年間は僕にとって大きな財産です」 「右も左もわからない、この土地で、たくさんの人と出会い、いいときも、悪いときも、八戸のあたたかいサポーターに支えられて走り続けることができました」 「ここにきたひとつの目標である「J3昇格」を成し遂げることができたのも、チーム関係者や多くの方々のおかげです」 「これからのことは、はっきりとは決まっていませんが、サッカーとは別の世界にチャレンジしようと思っています」 「ヴァンラーレ八戸という大好きなチームが今後さらに大きくなり、八戸の人たちを明るくする魅力あるチームになることを願っています」 「この世界に入るときから、覚悟を持って臨んだこの7年間。全てがうまくいったわけではないですが、後悔はありません。本当にありがとうございました」 「残りの試合もチームの勝利のために全緑でがんばります!最後まで応援よろしくお願いします!」 なお、12月6日(日)にプライフーズスタジアムで開催さるホーム最終戦で引退セレモニーを行うとのことだ。 2020.11.26 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

八戸、DF中谷喜代志とGK花田力の契約満了を発表

ヴァンラーレ八戸は25日、DF中谷喜代志(29)とGK花田力(27)の契約満了を発表した。 ガンバ大阪堺ジュニアユース出身の中谷は、2018年に当時日本フットボールリーグ(JFL)に所属していた八戸に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグに4試合出場している。 一方、花田は2015年にグルージャ盛岡(現:いわてグルージャ盛岡)でプロキャリアをスタート。その後、JFLに所属していた栃木ウーヴァ(現:栃木シティ)を経て2018年に八戸入り。今シーズンはここまでJ3リーグ11試合で守護神を務めている。 今季限りで契約満了となった両選手は、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントを残している。 ◆中谷喜代志 「この度、今シーズン限りでヴァンラーレ八戸を離れることになりました。この3年間で八戸という街が大好きになりました。ファン、サポーターの皆様には加入当時から『きよし』と親しみを持って呼んで頂き、プレー中はもちろんのこと、先の見えない長いリハビリ期間の時も支えになる温かいお言葉が僕の心の原動力となりました。感謝してもしきれません」 「スポンサー様、スタジアム関係者の皆様には、僕たちが何不自由なく無我夢中で大好きなサッカーに取り組める環境をつくっていただいたこと本当に感謝しています」 「このクラブにきて、サッカーをする意味、頑張れる理由が日に日に増えていくのを実感できたことはサッカー選手としてこの上ない幸せでした。まだまだサッカーが上手くなりたいという純粋な気持ちを持ち続けられるのも、八戸という地で出逢った皆さんの愛情のお陰です。3年間本当にありがとうございました」 ◆花田力 「2020シーズンをもちまして、契約満了となりヴァンラーレ八戸を離れることになりました。この3年間辛くて、苦しい出来事の方が多かったのですが、その中でもJ3昇格という素晴らしい経験をさせて頂きました」 「そんなたくさんの素晴らしい経験をさせてくれたクラブ、チームメイト、クラブを支えてくださっているスポンサー様・パートナー企業様、毎日の練習後に美味しい昼食を作ってくださるお母さんたち、ヴァンラーレ八戸が大好きで毎試合素晴らしい雰囲気を作ってくださるファン・サポーター、ボランティアスタッフの方々、皆さん無しにはここまで成長することはできませんでした。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「今シーズンも残り5試合となりましたが、最後までチームの為に愚直にひたむきに一体感を持って全力でプレーしたいと思います! 最後までヴァンラーレ八戸の応援よろしくお願いします!」 2020.11.25 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

八戸が貫名航世&金弘淵と来季契約結ばず

ヴァンラーレ八戸は23日、MF貫名航世(25)とFW金弘淵(キム・ホンヨン/30)の契約満了を発表した。 ガンバ大阪Jrユース出身の貫名は金光大阪高校、流通経済大学を経て、2018年から八戸でプレー。昨季こそ明治安田生命J3リーグ15試合に出場したが、今季はここまで4試合の出番にとどまっている。 金弘淵は2013年の福島ユナイテッドFC入り後、グルージャ盛岡(現・いわてグルージャ盛岡)を経て、2018年から八戸に所属。奈良クラブへのレンタルを経て、今季から復帰したが、ここまで4試合の出場だった。 ◆貫名航世 「この度、契約満了になり、ヴァンラーレ八戸を離れることとなりました。自分を応援してくださったファン、サポーターのみなさんには感謝してもしきれません。3年間ありがとうございました」 ◆金弘淵 「今シーズン限りでヴァンラーレ八戸を離れることになりました。2018年に加入し、レンタルへ行った期間も含めて3年間本当にありがとうございました。八戸にいる間は自分の力不足とケガが多く、チームの力になれなかったことをとても悔しく思っています」 「ですが2018年にはJFLからJ3への昇格も経験できて、ヴァンラーレ八戸のJ3初年度のメンバーとして戦えたことをとても光栄に思っています。今シーズンまだ5試合残っているので、復帰して試合に出る姿を見せられるように残りシーズンも最後まで頑張っていきます。本当にありがとうございました」 2020.11.23 13:30 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly