浦和ユースDF福島竜弥の来季トップ昇格が内定!「日々のトレーニングからガムシャラに」

2020.10.07 16:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズは7日、ユースに所属するDF福島竜弥(18)の2021シーズントップチーム昇格内定を発表した。宮崎県出身の福島は身長175㎝、体重73㎏のDF。クラブは同選手を「闘争心があり、スピードを武器にするサイドバック。対人が強く、思い切りの良いオーバーラップも特長」と評価している。

高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2020では副キャプテンの一人としてチームを牽引している福島。昨年9月には二種登録され、トップチームの練習にも参加した経験もあるが、今後のプロデビューに向けて大きな期待を寄せている。

「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手を、浦和レッズという偉大なクラブでスタートできることを、大変うれしく思います。これまで自分を育ててくれた小学校、中学校時代の指導者の方々、浦和レッズ、そして家族には、本当に感謝しています。これからも常に謙虚で、誰にも負けない熱いおもいを胸に全力で取り組んでいきます」

「1日でも早くファン・サポーターのみなさんの前でプレーできるよう、日々のトレーニングからガムシャラにがんばっていきます。みなさん、応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪、今季からHCを務めたクラブOB山口智氏が退団「クラブ10個目のタイトルの力になれれば」

ガンバ大阪は2日、山口智ヘッドコーチが今シーズン限りで契約満了となることを発表した。 山口氏は、現役時代にもG大阪でプレー。宮本恒靖監督と3バックを形成し、J1優勝やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、ナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)、天皇杯など多くのタイトル獲得に貢献していた。 ジェフユナイテッド千葉や京都サンガF.C.でもプレーし、日本代表としても2試合に出場。引退後の2016年にG大阪へ復帰すると、2018年からコーチに就任。今シーズンからヘッドコーチを務めていた。 山口氏はクラブを通じてコメントしている。 「2020シーズンを持ちましてクラブを退団する事になりました。選手時代からこれまでたくさんの人に支えていただきながらたくさんのことを経験させてもらい、いろいろなことを学ばせてもらい感謝しかありません。ありがとうございました」 「今後はこれまでの経験を活かし、糧にし、指導者としてもまた人としても成長していきたいです。またガンバとのご縁がある時まで自分らしく頑張っていければと考えております」 「今年の公式戦残り最大で5試合。クラブ10個目のタイトル、天皇杯を目標に残りのシーズンを悔いのないよう過ごし、チームの力になれればと思っています」 「最後にシーズン途中での発表になってしまって申し訳ありません。本当にありがとうございました」 2020.12.02 15:37 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FM、昨季J1制覇のポステコグルー監督と契約更新

横浜F・マリノスは2日、アンジェ・ポステコグルー監督(55)との契約更新を発表した。 ポステコグルー監督は、サウス・メルボルンやパナハイキ、ブリスベン・ロアー、メルボルン・ビクトリーで監督を務め、2013年からはオーストラリア代表監督を務めていた。 2018年から横浜FMの監督に就任。堅守が売りだったチームスタイルから攻撃サッカーにスタイルを転向。1年目は12位に終わったが、2019シーズンは15年ぶりとなるJ1リーグ優勝を果たしていた。 今シーズンはリーグ戦で苦しんだものの、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではクラブ史上初のグループステージ突破を達成。現在もカタールの地で戦っている。 2020.12.02 11:43 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京が来季からニューバランスのユニフォーム着用

FC東京は2日、2021シーズンに関してニューバランスとオフィシャルサプライヤー契約を結ぶことを発表した。 FC東京は2015年からアンブロのユニフォームを着用していたが、来シーズンからニューバランスになるとのこと。 Jリーグではサガン鳥栖、モンテディオ山形、FC岐阜がユニフォームとして着用。ポルトやアスレチック・ビルバオ、リールの他、コスタリカ代表、パナマ代表なども着用している。 FC東京の大金直樹代表取締役社長は今回の契約についてコメントしている。 「新たにニューバランス様とオフィシャルサプライヤー契約を締結できたことを大変嬉しく思います」 「コロナ禍の影響は2021シーズンも残ることが予想され、JリーグそしてわれわれFC東京にとって厳しい環境が続きます。その状況下においても、スポーツだけでなくファッション、ライフスタイルの領域で独自性をもちながら、常に進化し続けている『ニューバランス』というブランドを身に着け、ファン・サポーターとともに新しい東京を創っていけることを楽しみにしております」 「改めましてニューバランス様の多大なお力添えに感謝申し上げます」 2020.12.02 10:47 Wed
twitterfacebook
thumb

クラブ史上初のGS突破を果たした横浜FM・ポステコグルー監督「まだまだ何も成し遂げていない」

横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が、全北現代モータース戦を振り返った。 横浜FMは1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第5節で全北現代(韓国)と対戦。攻撃陣が火を吹き、4-1で勝利を収めた。 28日に行われた上海上港戦では1-2で敗れていた横浜FM。しかし、この試合では17分にティーラトンのミドルシュートが決まり先生。さらに後半にはマルコス・ジュニオールのゴールでリードを広げる。 しかし54分にPKを与えるとグスタボに決められ1点差に。それでも71分に仲川輝人、83分にオナイウ阿道と効果的に得点を重ねて勝利。この結果、グループステージ突破が決定した。 試合後、ポステコグルー監督は「とても嬉しい結果になった」とグループステージ突破を喜び、「最初から良いプレーができ、ティーラトンの素晴らしいゴールで先制できた。良いゴールだった」とティーラトンの先制ゴールが大きく影響したとコメントした。 試合については「1-0の段階でなかなか次のゴールが奪えないと難しい状況になり、相手も来てしまう。後半はスマートに落ち着いてできたし、良いカウンターがいくつもあり、追加で3点も素晴らしいゴールを決められた」とコメント。カウンターからしっかりと追加点を奪えたことを喜んだ。 前回の敗戦からバウンスバックを見せた選手については「選手を誇りに思うし、グループステージ突破はクラブ史上初の事なので、みんなで快挙を成し遂げたと思う。まだまだ試合はあるし、どんどん続けていければと思う」とし、この先の戦いでもしっかりと勝ち上がりたいと語った。 横浜FMとして初のグループステージ突破だが、ポステコグルー監督としてはクラブにとって重要なことだと考えているようだ。 「去年(リーグ戦を)優勝したのはクラブにとって15年ぶりだった。今年は2連覇を狙って行ったが難しい状況になった。他のカップ戦でも敗退し、自分たちに残されたのはこの大会だけだ」 「クラブにとってまだまだ成長できる部分がたくさんある中で、1つ1つクリアしていくことが大事。その中でもグループステージ突破も快挙だが、まだまだ何も成し遂げていない」 グループステージ突破という最初の目標を達成したものの、「何も成し遂げていない」と語ったポステコグルー監督。チームには「まだまだ試合が続く中で、どんどん進化して進んでいくことが大事」とし、「今年に関しては本当に難しいシーズンになった。ただ、自分たちが掴めるものがあるので、しっかり戦って行きたい」と語り、成長しながらもタイトルを目指すと力強く語った。 これまでオーストラリア代表監督も務めたことがあるポステコグルー監督だが、代表チームとクラブチームの違いについてもコメント。この難しいシーズンで、チーム一丸となって戦えていることはクラブにしかできないと語った。 「自分はたくさんの経験をしている中で、代表とクラブのやり方は違う。クラブに関してはこのチームを率いて、24時間7日間選手と一緒にいることができる。リカバリーも大事になってくるし、今年のこのコロナの影響で、自分たちだけでなく世界中が大変な思いをしてチャレンジングなシーズンだった」 「メンタル面でもそうだし、この大会ではホテルにずっと缶詰状態だ。サッカー漬けの毎日を続けていくために、フィジカル面もメンタル面も、しっかりコントロールしながらやっていく。その中で自分以外のスタッフ一同が力を合わせて、本当に良い関係で、いい環境づくり、雰囲気も含めてやっている」 「よくやっていれば本当に良い結果が生まれる。ただ、スムーズにいかなければ結果にもつながる。一丸となって力を合わせてできることはクラブの醍醐味であり、代表ではなかなか味わえないことだ」 横浜FMは4日にグループステージ最終節でシドニーFCと対戦。グループ首位通過を目指して戦う。 2020.12.01 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

クリスティアーノが柏歴代最多タイの66ゴール!柏が6連戦の初戦で勝利、仙台は完封負けでまたもホーム初勝利お預け《J1》

1日、明治安田生命J1リーグ第26節のベガルタ仙台vs柏レイソルがユアテックスタジアム仙台で行われ、0-2で柏が勝利した。 11月3日に予定されていた同カードだが、柏の選手に新型コロナウイルスの陽性反応者が出たことで中止に。それからおよそ1カ月が経過して開催となった。 <div id="cws_ad">◆クリスティアーノが柏の最多得点記録66に並ぶゴールを決める<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ogixy3l8kfsr1ssjfn5q6c09h" async></script></div> ホームの仙台は前節アウェイでのサガン鳥栖戦でFW長沢駿が4試合連続ゴールを決め0-1と勝利。その鳥栖戦からは、スタメンを1名変更。DFパラに代えてDF蜂須賀孝治を起用した。 一方の柏は前節アウェイで鹿島アントラーズ相手に1-4と快勝。僅かに残された上位進出に向けて必勝で臨む一戦は、鹿島戦と同じ11人で臨んだ。柏はここから最終節まで6連戦となる。 今シーズンまだホームでの白星がない仙台。残り2試合となったホームゲームでサポーターに白星を届けたいところだ。 その試合は4分、柏が右サイドから崩すと、中央の江坂へパス。シュートチャンスを逃したが左の瀬川へ渡すと、瀬川はファーサイドに巻いたシュート。しかし、枠に飛んだシュートはGKヤクブ・スウォビィクが横っ飛びでセーブする。 柏は最前線のオルンガ、仙台は長沢をターゲットに、相手のブロックを下げて攻撃を仕掛けていく。そんな中21分に柏が決定機を物にする。最終ラインからビルドアップすると、三原の縦パスを受けたクリスティアーノがダイレクトでオルンガへ。そのオルンガが持ち出すと前線へスルーパス。これを受けたクリスティアーノがボックス内に持ち込み、ゴール左に流し込んだ。このゴールでクリスティアーノは、工藤壮人が持つ柏史上最多の66得点に並んだ。 先制を許した仙台だが、柏のタイトな守備の前でもしっかりとボールを繋いでゴールに迫る。すると29分、スローインの流れから佐々木が深い位置に持ち出すと、ボックス左からクロス。これをボックス中央で浜崎がヘッドで合わせるが、シュートは枠に飛ばない。 33分にはボックス右で受けた山田がボールを奪いに来た瀬川を上手くいなして抜け出すとフリーでグラウンダーのクロス。しかし、これは三原がクリアする。これで得たCKから浜崎がクロスを送ると、ニアサイドで平岡がフリック。最後は蜂須賀がシュートを放つがゴールとはならない。 柏は35分にカウンター。仙台がクリアしたボールがクリスティアーノへのパスになってしまうと、柏がカウンター。オルンガへと繋ぐと、最後は江坂へ。江坂はGKと一対一となるが、シュートはGKヤクブ・スウォビィクがセーブ。こぼれ球に詰めようとする江坂がボックス内で後ろから倒されたように見えたが、これはノーファウルとなった。 仙台も徐々にペースを握り返しにいく中、42分に柏が決定機。両サイドを使って仙台ゴールに迫ると、オル ンガとのワンツーで抜け出した江坂がボックス内左でシュート。しかし、飯尾が身体を張ってブロックする。 柏の1点リードで迎えた後半、互いに交代なしで迎える。立ち上がりから柏が圧力を持って仙台ゴールに迫ると52分にチャンス。CBの大南が攻撃参加すると、裏へのパスに北爪が反応。クロスをボックス内で瀬川がシュートも、これはブロックされる。 その後も攻勢を強める柏は55分、左サイドで江坂がボールを受けると前線のオルンガへ。オルンガが折り返すと、ボックス手前でパスを受けたクリスティアーノがシュートも、わずかに枠の右に外れていく。 防戦が続いた仙台は浜崎と佐々木に代えて松下と石原投入する。すると58分に左CKを得ると、松下のクロスを山田が中央でヘッド。しかし、これは枠に飛ばない。 すると今度は柏がCKのチャンス。これがゴールにつながる。60分、右CKからクリスティアーノがクロス。ニアで瀬川が合わせるとシュートは左ポストを叩きこぼれ球に。するとオルンガが長い足を伸ばして丁寧に蹴り込むと、これがネットを揺らして追加点となる。 さらに62分にも柏が決定機。ロングボールをオルンガが収めると、上がってきたクリスティアーノへ。クリスティアーノはボックス右から狙いすましたクロスを入れると、ファーサイドでオルンガがフリーでヘッド。しかし、これは左ポストに嫌われる。 攻め手に欠いていた仙台だが69分にシュートチャンス。左サイドでボールを持った石原がカットインからクロス。これを長沢がボックス中央でヘッド。しかし、枠を外れていく。 仙台は松下を中心にゴール前に積極的にクロスを入れていくが、なかなか精度が上がらず決定機までは作れない。それでも84分には右サイドからのクロスに兵藤がヘッド。しかし、これはGKキム・スンギュがセーブする。 柏は後半アディショナルタイム1分、江坂に代わって入った神谷がボックス内に侵入してループシュート。これがGKヤクブ・スウォビィクの逆を取るも、シュートはわずかに左ポストを戦う。跳ね返りを高橋がシュートに行くがこれは入らない。 仙台もそこから逆襲。ボックス内左で蜂須賀が浮き球のボールを送ると、飛び込んだ長沢がドンピシャでヘッド。しかし、これはGKキム・スンギュがしっかりとセーブして得点を許さない。 その後も仙台はクロスボールを積極的に入れて一矢報いようとするが、最後までゴールが奪えずにタイムアップ。柏が0-2で勝利を収めた。仙台はまたしてもホームでの初勝利がお預けとなり、残り1試合のホームゲームに全てを懸ける事となった。 ベガルタ仙台 0-2 柏レイソル 【柏】 クリスティアーノ(前21) オルンガ(後15) 2020.12.01 21:02 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly