9連勝の好調・福岡が山形FW山岸祐也を完全移籍で獲得「覚悟をもって福岡に行きたい」

2020.10.06 14:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は6日、モンテディオ山形のFW山岸祐也(27)が完全移籍で加入することを発表した。山岸は、流通経済大学から2016年にザスパクサツ群馬に入団。2018年にはFC岐阜、2019年に山形へ完全移籍していた。

これまでJ2リーグで6シーズンを戦い、通算159試合に出場し26得点を記録。今シーズンは、ここまで23試合に出場しキャリアハイの6ゴールを記録していた。

◆アビスパ福岡
「はじめまして。モンテディオ山形から移籍してきました山岸祐也です。J1昇格の為に全力で戦います。最後みんなで笑って終われるように頑張ります!一緒に戦ってください!宜しくお願いします!」

◆モンテディオ山形
「今、このタイミングで移籍をするのかどうか、本当に悩みました。そして、移籍するという決断をしましたが、そんな簡単に決められなかったですし、本当に悩んだのは事実です。しかし、移籍すると決めたからには、覚悟をもって福岡に行きたいと思います」

「この山形での1年間は本当に濃く、とても成長することが出来ました。どんな時も応援していただいたサポーターのみなさんからの愛をすごく感じました。本当に感謝しています。これからも少しでもいいので気にかけていただければ嬉しいです。ありがとうございました」

また、山形の相田健太郎代表取締役社長についてコメント。慰留したものの、移籍を認めることになったと経緯を明かした。

「我々は山岸祐也選手を貴重な戦力として、高く評価しておりました。今回の移籍の話があった際にクラブはシーズン最後までチームの一員として、共に戦い続けて欲しい旨を伝え、強く慰留しました。しかし、本人の意志が固く、今回の移籍に至りました」

「これからの山岸祐也選手の活躍を願うとともに、我々は成長を続けるべく、シーズン後半戦もチームの強化にあたってまいります」
コメント
関連ニュース
thumb

福岡が12連勝で首位浮上! 新潟も2試合ぶり白星で5位へ《J2》

明治安田生命J2リーグ第27節の6試合が18日に各地で行われた。 首位浮上を目指すアビスパ福岡(勝ち点52)は、正田醤油スタジアム群馬に乗り込みザスパクサツ群馬(勝ち点26)と対戦。11連勝と絶好調だが、この日も19位の群馬を押し込む展開となる。まずは6分に2度のCKから立て続けにヘディングシュート。13分には敵陣中央のFKから上島が頭で合わせるが、バーの上に。 その後は攻めあぐねる時間が続き、徐々に群馬の攻撃も形になっていく。それでもゴールレスで迎えた後半、51分にGK村上のロングフィードをつなぎ、右サイドに展開。福満がクロスを上げると、後方から走り込んだ前が右足で丁寧に合わせて、福岡が先制した。 前の今季初ゴールでリードを得たアウェイチームは、54分にはカウンターから遠野がシュートへ。ボックス左から左足で狙ったが、惜しくも右に逸れる結果に。一方で77分には、ボールを奪われた湯澤がボックス内で青木のユニフォームを引っ張ってしまうプレーがあったが、ここは主審からのお咎めなしで胸を撫で下ろす。 結局、虎の子の1点を守り切った福岡が群馬を退け完封勝利。連勝記録を「12」に伸ばし、首位に浮上した。 ケーズデンキスタジアム水戸では、水戸ホーリーホック(勝ち点35)とアルビレックス新潟(勝ち点40)が激突。前節からスタメンを8人変更した水戸に対して、新潟は開始4分に鄭大世が敵陣中央から初シュートを記録する。鳥栖も19分に左サイドの山口がゴールを狙うが、右足から放たれたロングシュートはわずかに左に外れた。その直後には右サイドから上げたクロスが相手に当たってオウンゴールになりかけるが、新潟GK小島がなんとか掻き出した。 試合が動いたのは40分、新潟の左CKのシーンで、高木のクロスをマウロが頭で合わせて先制に成功。1点リードで迎えた後半は、水戸に押し込まれる展開が続いたものの、75分に高い位置からプレッシャーをかけてボールを奪取した中島が、ボックス手前左から左足のミドルシュートを突き刺し、リードを広げた。 その後は90分に奥田のゴールで1点を返された新潟だったが、アディショナルタイムの94分にペナルティエリアでボールを奪った福田が倒されPKを獲得。これを中島が決めて、アウェイで1-3で勝利。5位に浮上している。 そのほか、ホームのNDソフトスタジアム山形で愛媛FCを迎え撃ったモンテディオ山形が、ヴィニシウス・アラウージョの2ゴールなどで4-1で快勝。3連勝で8位に順位を上げている。 ◆明治安田生命J2リーグ第27節 ▽10/18(日) 《14:00》 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-1 愛媛FC 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ジュビロ磐田</span> 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 レノファ山口</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-2 大宮アルディージャ ▽10/17(土) 東京ヴェルディ 1-1 栃木SC 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> ジェフユナイテッド千葉 0-0 FC町田ゼルビア ギラヴァンツ北九州 1-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-0 松本山雅FC 2020.10.18 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ルーキーFW三木のプロ初弾で磐田が新体制初白星! 上位対決制した11連勝の福岡が首位徳島と勝ち点で並ぶ《J2》

14日、明治安田生命J2リーグ第25節の全11試合が行われた。 デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsアビスパ福岡は、アウェイの福岡が1-2で勝利した。 3連勝で5位に付ける新潟と、10連勝で2位に位置する福岡による、好調同士によるJ1昇格の行方を左右するシックスポインター。新潟がボールを握り、福岡が堅守速攻で迎え撃つ互いの特長を押し出した展開の中、先手を奪ったのはアウェイチームだった。14分、左CKの場面でサロモンソンが入れたクロスをファーの福満が頭で折り返すと、中央のドウグラス・グローリが打点の高い浮き球のヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ホームで先制された新潟はより守備の集中力を高めた福岡を押し込んで攻勢に打って出る。田上のミドルシュートや右CKからファビオが際どいヘディングシュートを放つが、相手の堅守をこじ開けるまでには至らず。 迎えた後半、積極的に交代カードを切った新潟はセットプレーでやり返す。64分、右CKの場面で島田からの鋭いボールをファーのファビオが頭で合わせると、GK村上の好守に遭ったが、こぼれ球を本間が押し込んだ。 ここから流れがホームチームに傾くかに思われたが、福岡の見事なカウンターが炸裂する。71分、相手CKを撥ね返して自陣でルーズボールを拾った増山が長い距離を持ち上がり、ボックス中央にフリーで走り込んだ福満にボールが渡ると、ボールがやや足元に入り過ぎたものの、うまく歩幅を合わせた福満のシュートがゴールネットを揺らした。 その後、切り札の鄭大世をピッチに送り込んだ新潟の猛攻に晒された福岡だったが、後半アディショナルタイムの荻原の強烈なミドルシュートはGK村上が見事な反応ではじき出し、試合はこのままタイムアップ。好調の新潟を敵地で退けた福岡が11連勝を飾った。 9戦負けなしで首位の徳島ヴォルティスが、15位のファジアーノ岡山のホームに乗り込んだ一戦は 、1-1のドローに終わった。 試合を通して主導権を握った徳島は後半立ち上がりにセットプレーの流れから岸本に続けてビッグチャンスが訪れるが、相手GKポープ・ウィリアムスのビッグセーブに阻まれる。 それでも、後半に入って積極的に交代カードを切った中、79分には岩尾の直接FKのこぼれ球に反応したジエゴからの浮き球パスをボックス中央で受けた河田が胸トラップから見事な右足のボレーシュートを流し込み、アウェイチームが先制に成功した。 これで徳島の勝利は堅いかに思われたが、岡山が最後の最後に意地を見せる。92分、右サイド深くに侵攻した白井のクロスをゴール前に飛び込んだ齊藤が頭で合わせ、土壇場の同点ゴールとした。この結果、徳島は無敗記録を「10」に更新も、2位の福岡と勝ち点52で並ばれることになった。 また、7位のヴァンフォーレ甲府と3位のギラヴァンツ北九州の上位対決は、ホームの甲府が3-2で勝利した。 甲府が2連敗、北九州が5戦未勝利と是が非でも勝ち点3がほしい中、試合は激しい打ち合いとなった。泉澤の見事な個人技から宮崎、太田がゴールを奪ったホームチームに対して、北九州は10番の高橋、エースFWディサロ燦シルヴァーノの2ゴールで2度のビハインドを追いつく。 その後は北九州が押し込む展開となったが、甲府が粘りの守備で耐え抜くと、88分にはジュニオール・バホスのシュート性のクロスを武田が頭で合わせ、甲府が三度勝ち越す。そして、このまま逃げ切った甲府が北九州にシーズンダブルを決めた。 その他の注目カードでは前節、遠藤保仁がデビューを飾り、鈴木新体制初白星を目指す14位のジュビロ磐田と、2連勝で再浮上の予感漂わせる4位のV・ファーレン長崎の一戦は、ホームの磐田が1-0で勝利した。 一進一退の攻防を見せた試合はゴールレスで後半へと折り返すと、その立ち上がりにゴールが生まれる。47分、右CKの場面でキッカーの遠藤が正確なアウトスウィングのボールを入れると、ニアで大森が競ったこぼれ球がファーに流れる。これを三木が冷静に左足で流し込み、下部組織育ちの19歳が待望のJリーグ初ゴールを挙げた。 その後、長崎の反撃を安定した守備できっちり撥ね返し続けた磐田が1-0で試合をクローズ。ルーキー三木のプロ初ゴールによって鈴木新体制初白星と共に、J2通算50勝目を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第26節 ▽10/14(水) 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> 大宮アルディージャ 0-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 3</span>-0 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 3</span>-2 ギラヴァンツ北九州 松本山雅FC 2-2 水戸ホーリーホック アルビレックス新潟 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 4</span>-2 レノファ山口FC ファジアーノ岡山 1-1 徳島ヴォルティス 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 東京ヴェルディ</span> FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 V・ファーレン長崎 2020.10.14 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW森本貴幸の新天地はギリシャ3部のコザニFC、クラブは「日本のゴールマシン」と紹介

アビスパ福岡は13日、退団を発表していた元日本代表FW森本貴幸(32)の移籍先が、ギリシャ3部のコザニFCに決まったことを発表した。 なお、コザニはクラブ公式フェイスブックで森本の獲得を発表。「信じられない取引だ」とし、「日本のゴールマシンを歓迎します」と森本を評価した。 森本は、東京ヴェルディの下部組織出身で、15歳10カ月6日で公式戦出場。当時の最年少記録だった。15歳11カ月28日で当時のJ1最年少ゴールも記録するなどし、2006年までプレー。同年7月にカターニアへのレンタル移籍を果たし、2007年1月に日本人最年少でセリエAデビュー。その試合で初ゴールも記録した。 そのままカターニアへ完全移籍すると、2011年までプレー。その後はノヴァーラ、アル・ナスルへと移籍し、2013年8月にジェフユナイテッド市原・千葉へと完全移籍で加入。川崎フロンターレを経て、2018年に福岡へ完全移籍していた。 福岡では明治安田生命J2リーグで53試合に出場し7得点を記録。J1通算では62試合で10得点、J2通算では132試合で24得点を記録していた。 2020.10.13 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤保仁デビューの磐田は松本とドローで辛くも連敗ストップ…2位福岡が10連勝&首位徳島がダービーで愛媛に完勝リベンジ《J2》

10日、明治安田生命J2リーグ第25節の9試合が行われた。 サンプロアルウィンで開催された松本山雅FCvsジュビロ磐田は、0-0の引き分けに終わった。 共に1年でのJ1復帰を目指す中、成績不振によりシーズン途中の監督交代に踏み切った20位の松本と、13位の磐田による一戦では、ガンバ大阪から期限付き移籍で磐田に電撃加入となった元日本代表MF遠藤保仁が、G大阪時代の元同僚である今野、大森と共に早速スタメンを飾った。 共に[3-5-2]の布陣を採用した中、立ち上がりから新加入の遠藤を起点にスムーズにボールを動かすアウェイチームは、遠藤から2トップへの正確なフィード、左サイドで流動的な動きを見せる大森を使った攻めでペースを握る。15分にはセットプレーの二次攻撃から山田が際どいミドルシュートを放つが、これは右ポストを叩く。 一方、なかなか良い形でボールを奪えない松本だが、時間の経過と共に相手を引っくり返す場面を作り出すと、21分には前のボックス内への抜け出しからゴール前に入った佐藤和に続けてシュートチャンスも、クロスバーとGK八田のビッグセーブに遭い、デビュー戦ゴールとはならず。 その後は松本がビルドアップへの制限を強めたことで、より拮抗した展開となるが、前半終了間際の阪野のバックヘッドがクロスバーを叩くなど、互いに最後で決め切れず、0-0で試合を折り返した。 後半の立ち上がりはややこう着状態が続き、両ベンチは選手交代で流れを変えにいく。その流れの中で2トップを入れ替えた磐田は前線で起点となれるルキアンが徐々に存在感を放つ。 65分には右CKの場面で遠藤のクロスに合わせたルキアンがゴール前で続けて決定機も、クロスバーと阪野の身体を張ったクリアに遭う。さらに、67分にも右サイドからのクロスに合わせたルキアンのシュートが枠を捉えるが、序盤から再三の好守を見せていたGK村山のビッグセーブに遭う。 後半は磐田のペースが続く中、70分には注目の遠藤に最大の見せ場が訪れる。ボックス手前左の好位置で得たFKの場面で、Jリーグ屈指のプレースキッカーは直接右足で狙うが、ややボールが落ち切らず惜しくもクロスバーを叩いた。 試合終盤にかけては一進一退の攻防を見せた両者だが、村山、八田と両守護神の牙城を破ることはできず、ゴールレスのままタイムアップ。新天地でいきなりフル出場となった遠藤のデビュー戦を飾ることはできなかった磐田だったが、連敗を「3」でストップした。 山梨中銀スタジアムで開催された7位のヴァンフォーレ甲府と、2位のアビスパ福岡の上位対決は、アウェイの福岡が2-0で勝利して10連勝を達成した。 互いに安定した守備を特長とする両チームの一戦は、予想通りに守備の集中力が強調される拮抗した展開に。しかし、ゴールレスで折り返した後半に福岡の主砲が仕事を果たす。59分、左サイドで石津が上げた浮き球のクロスをゴール前のフアンマ・デルガドが頭で合わせ、ゴール右隅に流し込む。 畳みかけるアウェイチームは71分には右サイドでの細かい崩しから、最後はボックス左で遠野の短い落としに反応した石津が強烈な左足のシュートを突き刺し、追加点を奪取。その後は連敗を避けたいホームチームの猛攻に晒されたものの、前半から安定したゴールキーピングを見せていたGK村上が再三の好守で凌ぎ切って3試合連続のクリーンシートで試合を締めくくった。 また、上位争いでは首位の徳島ヴォルティスが、21位の愛媛との今季2度目の“四国ダービー”に臨み、2-0で完勝。無敗記録を9試合に更新した。前回対戦で3点差を引っくり返されて逆転負けを喫した因縁の相手にリベンジを狙う徳島は、立ち上がりから試合の主導権を掌握。前半終了間際の39分にはジエゴのシュートに詰めた垣田のゴールで先制。さらに、後半も立ち上がりに岩尾の左CKが相手のオウンゴールを誘い追加点を挙げると、最後まで主導権を与えることなく快勝し、リベンジを達成した。 その他では前節9試合ぶりの白星を手にした4位のV・ファーレン長崎が、レノファ山口FCをホームで迎え撃った一戦を90分の澤田の劇的ゴールで勝ち切り、久々の2連勝。5位の京都サンガF.C.と、6位のアルビレックス新潟の上位対決は2-1で競り勝った新潟が3連勝で5位に浮上した。一方、3位のギラヴァンツ北九州は、最下位に沈むザスパクサツ群馬を相手に0-0のドローに終わり、5戦未勝利となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第25節 ▽10/10(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 3</span>-0 FC琉球 大宮アルディージャ 0-0 栃木SC 松本山雅FC 0-0 ジュビロ磐田 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 2</span>-0 愛媛FC ギラヴァンツ北九州 0-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 4</span>-3 レノファ山口FC ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 水戸ホーリーホック</span> ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> ▽10/11(日) 《14:00》 FC町田ゼルビア vs ツエーゲン金沢 《16:00》 東京ヴェルディ vs ファジアーノ岡山 2020.10.10 18:06 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表、ロ・チェルソが左もも負傷で離脱…

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は6日、トッテナムMFジオバニ・ロ・チェルソが負傷を理由にアルゼンチン代表を離脱することを発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨むアルゼンチンは8日に第1節エクアドル戦(ホーム)、13日に第2節ボリビア戦(アウェイ)に臨む予定だ。 しかし、ロ・チェルソは予てより痛めていた左大腿部の筋損傷により、6日のトレーニングを回避。そして、今回のインターナショナルマッチウィーク中の復帰が難しいことから代表を離脱し、所属するトッテナムに戻ることになった。 なお、今月1日に行われたヨーロッパリーグのマッカビ・ハイファ戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたロ・チェルソだが、4日のプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦では遠征メンバー入りも、ベンチメンバーに入っていなかった。 2020.10.07 19:15 Wed
twitterfacebook