J1リーグの残り試合日程が発表! ACL出場3チームは変則日程に《J1》

2020.10.02 17:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは2日、11月以降の明治安田生命J1リーグのマッチスケジュールを発表した。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が10月開催予定から11月開催に変更。そのため、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京の3チームに関しては試合日を変更して行うこととなった。

その他、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で延期となっていた試合についても発表。一部未定の試合、ACLの日程次第ではさらに変更が起こる可能性がある。

【第7節】
▽11/11(水)
《19:00》
サンフレッチェ広島 vs 名古屋グランパス
[エディオンスタジアム広島]

【第11節】
▽11/8(日)
《13:00》
ベガルタ仙台 vs サガン鳥栖
[ユアテックスタジアム仙台]

【第25節】
▽10/31(土)
《18:00》
川崎フロンターレ vs FC東京
[等々力陸上競技場]

【第26節】
▽11/3(火・祝)
《13:00》
ベガルタ仙台 vs 柏レイソル
[ユアテックスタジアム仙台]
サガン鳥栖 vs 名古屋グランパス
[駅前不動産スタジアム]
《14:00》
川崎フロンターレ vs 北海道コンサドーレ札幌
[等々力陸上競技場]
セレッソ大阪 vs ガンバ大阪
[ヤンマースタジアム長居]
《15:00》
清水エスパルス vs ヴィッセル神戸
[IAIスタジアム日本平]
《16:00》
横浜FC vs 大分トリニータ
[ニッパツ三ツ沢球技場]
《17:00》
サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ
[エディオンスタジアム広島]

▽11/11(水)
《19:30》
湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス
[Shonan BMW スタジアム平塚]

【第27節】
▽11/14(土)
《14:00》
北海道コンサドーレ札幌 vs サガン鳥栖
未定
清水エスパルス vs セレッソ大阪
[IAIスタジアム日本平]
サンフレッチェ広島 vs 横浜FC
[エディオンスタジアム広島]
《15:00》
柏レイソル vs 大分トリニータ
[三協フロンテア柏スタジアム]
ガンバ大阪 vs ベガルタ仙台
[パナソニック スタジアム 吹田]
《16:00》
横浜F・マリノス vs 浦和レッズ
[日産スタジアム]
《17:00》
鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ
[県立カシマサッカースタジアム]

▽11/15(日)
《14:00》
ヴィッセル神戸 vs 湘南ベルマーレ
[ノエビアスタジアム神戸]
《19:00》
名古屋グランパス vs FC東京
[豊田スタジアム]

【第28節】
▽10/24(土)
《15:00》
FC東京 vs 横浜F・マリノス
[味の素スタジアム]

▽11/8(日)
《14:00》
横浜FC vs ヴィッセル神戸
[ニッパツ三ツ沢球技場]

▽11/21(土)
《14:00》
北海道コンサドーレ札幌 vs 清水エスパルス
[札幌ドーム]
大分トリニータ vs 川崎フロンターレ
[昭和電工ドーム大分]
《15:00》
ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ
[ユアテックスタジアム仙台]
柏レイソル vs サガン鳥栖
[三協フロンテア柏スタジアム]
《16:00》
セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島
[ヤンマースタジアム長居]
《17:00》
名古屋グランパス vs 湘南ベルマーレ
[豊田スタジアム]

▽11/22(日)
《16:00》
浦和レッズ vs ガンバ大阪
[埼玉スタジアム2002]

【第29節】
▽11/25(水)
《18:30》
川崎フロンターレ vs ガンバ大阪
[等々力陸上競技場]
《19:00》
鹿島アントラーズ vs 柏レイソル
[県立カシマサッカースタジアム]
横浜FC vs 清水エスパルス
[ニッパツ三ツ沢球技場]
大分トリニータ vs セレッソ大阪
[昭和電工ドーム大分]
《19:30》
湘南ベルマーレ vs サンフレッチェ広島
[Shonan BMW スタジアム平塚]
サガン鳥栖 vs ベガルタ仙台
[駅前不動産スタジアム]

【第30節】
▽10/28(水)
《19:00》
ベガルタ仙台 vs ヴィッセル神戸
[ユアテックスタジアム仙台]
FC東京 vs 柏レイソル
[味の素スタジアム]

▽11/18(水)
《19:00》
川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス
[等々力陸上競技場]

▽11/28(土)
《14:00》
名古屋グランパス vs 大分トリニータ
[パロマ瑞穂スタジアム]
サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌
[エディオンスタジアム広島]

▽11/29(日)
《14:00》
清水エスパルス vs 湘南ベルマーレ
[IAIスタジアム日本平]
《15:00》
鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ
[県立カシマサッカースタジアム]
セレッソ大阪 vs 横浜FC
[ヤンマースタジアム長居]
《17:00》
ガンバ大阪 vs サガン鳥栖
[パナソニック スタジアム 吹田]

【第31節】
▽11/3(火・祝)
《13:00》
横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ
[日産スタジアム]

▽11/18(水)
《18:00》
ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ
[ノエビアスタジアム神戸]

▽12/5(土)
《14:00》
北海道コンサドーレ札幌 vs セレッソ大阪
[札幌ドーム]
柏レイソル vs 名古屋グランパス
[三協フロンテア柏スタジアム]
清水エスパルス vs 川崎フロンターレ
[IAIスタジアム日本平]
《16:00》
横浜FC vs サガン鳥栖
[ニッパツ三ツ沢球技場]

▽12/6(日)
《14:00》
大分トリニータ vs ベガルタ仙台
[昭和電工ドーム大分]
《15:00》
湘南ベルマーレ vs ガンバ大阪
[Shonan BMW スタジアム平塚]

▽未定
FC東京 vs サンフレッチェ広島
[味の素スタジアム]

【第32節】
▽10/28(水)
《19:00》
サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス
[エディオンスタジアム広島]

▽11/11(水)
《19:00》
ガンバ大阪 vs ヴィッセル神戸
[パナソニック スタジアム 吹田]

▽11/18(水)
《19:00》
ベガルタ仙台 vs FC東京
[ユアテックスタジアム仙台]

▽12/12(土)
《14:00》
名古屋グランパス vs 横浜FC
[パロマ瑞穂スタジアム]
セレッソ大阪 vs 柏レイソル
[ヤンマースタジアム長居]
サガン鳥栖 vs 川崎フロンターレ
[駅前不動産スタジアム]
《15:00》
大分トリニータ vs 北海道コンサドーレ札幌
[昭和電工ドーム大分]
《16:00》
鹿島アントラーズ vs 清水エスパルス
[県立カシマサッカースタジアム]
《17:00》
浦和レッズ vs 湘南ベルマーレ
[埼玉スタジアム2002]

【第33節】
▽10/21(水)
《18:00》
ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ
[ノエビアスタジアム神戸]
《19:30》
横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス
[日産スタジアム]

▽11/11(水)
《19:00》
FC東京 vs 北海道コンサドーレ札幌
[味の素スタジアム]

▽12/16(水)
《19:00》
川崎フロンターレ vs 浦和レッズ
[等々力陸上競技場]
横浜FC vs ガンバ大阪
[ニッパツ三ツ沢球技場]
湘南ベルマーレ vs 大分トリニータ
[Shonan BMW スタジアム平塚]
清水エスパルス vs ベガルタ仙台
[IAIスタジアム日本平]
セレッソ大阪 vs サガン鳥栖
[ヤンマースタジアム長居]
サンフレッチェ広島 vs 柏レイソル
[エディオンスタジアム広島]

【第34節】
▽12/19(土)
《14:00》
ベガルタ仙台 vs 湘南ベルマーレ
[ユアテックスタジアム仙台]
鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪
[県立カシマサッカースタジアム]
浦和レッズ vs 北海道コンサドーレ札幌
[埼玉スタジアム2002]
柏レイソル vs 川崎フロンターレ
[三協フロンテア柏スタジアム]
FC東京 vs ヴィッセル神戸
[味の素スタジアム]
横浜FC vs 横浜F・マリノス
[ニッパツ三ツ沢球技場]
名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島
[豊田スタジアム]
ガンバ大阪 vs 清水エスパルス
[パナソニック スタジアム 吹田]
サガン鳥栖 vs 大分トリニータ
[駅前不動産スタジアム]


関連ニュース
thumb

ホームタウン制を再考する/六川亨の日本サッカーの歩み

「ホームタウン制撤廃」――日曜日のスポーツ紙の一面を飾った記事に驚いたサッカーファンも多かっただろう。インターネットへの書き込みも相当数だった。そのほとんどは、報道に批判的な書き込みだった。 折しも日本代表はW杯予選で苦戦している。チームを率いる森保一監督や、田嶋幸三JFA(日本サッカー協会)会長の責任を問う声も多い。 2つは別問題であるが、ファン・サポーターに「一石を投じた」という意味で意義があるのではないだろうか。 スポーツ紙の報道に関して、問題となったのは次の2点だ。まずは「ホームタウン制の廃止」である。そして「クラブ名にネーミングライツを認めることを検討する」ということだ。 すぐにJリーグは村井満チェアマン名で『JリーグではJクラブの本拠地を「ホームタウン」と呼び、Jクラブはホームタウンと定めた地域で、その地域社会と一体となったクラブづくりを行いながらサッカーの普及、振興に努めなければならないと定めています。このホームタウン制度について撤廃・変更の事実は一切なく、今後、Jクラブの営業、プロモーション、イベント等のマーケティング活動における活動エリアに関する考え方の方向性について議論しているものです。Jリーグが創設当初から掲げている地域密着の思想が揺らぐものでは全くありません』との声明を出した。 「ホームタウン制」はJリーグの根幹であるだけに、撤廃という表現はあまりにも“過激”だった。この言葉は、Jリーグの掲げる「地域密着」と同義語でもある。これがなければ三菱や日立といった親会社を持たない地方のクラブは存続できなかっただろう。 その一方で、数々のタイトルを獲得した鹿島は新日鐵住金からフリマアプリのメルカリにスポンサーが変わり、FC東京も来シーズンから親会社の東京ガスからミクシイに経営権が変わるなど、“変革”を余儀なくされているのが現状でもある。 ホームタウン制は揺るぎがないだろう。これがなければJリーグの存続意義も問われるからだ。その一方で、かつて存在した横浜フリューゲルスが鹿児島などを「準ホーム」にしたケースは今後もないにしても、Jリーグ誕生時に川淵チェアマンが「東京をホームにするチームはない」としながら、その後にFC東京や東京Vがホームにしたように、“東京都”では変革が起こりえる可能性は十分にある。 以前にもコラムで書いたが、FC東京と東京V、さらには町田も23区内にホームタウンを拡大したい動きがある。こうした動きは葛飾区や江戸川区、北区、新宿区などでも将来のJリーグ入りを目指して活動しているクラブがあるのが現状だ。 いずれも大企業に支えられたクラブではない。そのためには試合会場の確保のため地元自治体の支援が不可欠になる。そこで「地域密着」は絶対条件だ。その上で、クラブの存続のためには将来的にスタジアムだけでなくチームにも「ネーミングライツ」を認めざるをえなくなるかもしれない。 そうした事柄を考え、意見を出し合い、議論する。緊急事態宣言が解かれたので、酒場で意見を交わしてもいい。それこそがサッカーとJリーグが持つ「地域密着」による「コミュニティ」ではないだろうか。その一石を投じたという意味で、スポーツ紙の報道は価値があったと思うが、みなさんはいかがだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.10.19 21:52 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが新型コロナのワクチン接種啓発映像を全57クラブ分制作、各クラブのホームゲームなどで順次放映

Jリーグは18日、「ワクチン・検査パッケージ」を導入したチケットによる技術実証を開始するにあたり、全57クラブの主力選手が出演する新型コロナウイルスワクチン接種啓発映像(30秒)を制作したことを発表した。 この啓発映像は、10月16日(土)の明治安田生命J1リーグ第32節 横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌にて横浜FMバージョンを先行放映。今後、各クラブのホームゲーム等で順次放映されるとのことだ。 映像はJリーグ全57クラブそれぞれのバージョンで制作され、映像の中では、制限がある生活の中で、選手たちが今何よりもしたいことを伝えることで感染対策と日常生活を回復することの大切さを訴え掛けている。 この映像は、2021年5月14日に全国知事会に対して申し入れを行った「新型コロナウイルスワクチン大規模接種への協力」の活動の一環として、試合時におけるスタジアムの大型映像装置やリーグ、クラブの公式ホームページ・SNSで放映するとともに、全国知事会を通じてJクラブのホームタウン自治体の広報活動にも活用頂くために提供される。 Jリーグは「ワクチン接種者(2回目の接種)が全人口の60%を超えたものの、さらに接種率を向上させることで、現在適用している様々な日常生活の制限を段階的に緩和し、感染対策と日常生活の回復に受けた取組を両立することが可能となります。リーグとJクラブは引き続き一体となって新型コロナウイルスワクチン接種への協力と接種を推進するための啓発活動を進めてまいります」としている。 <span class="paragraph-title">【画像】Jリーグが発表したワクチン接種啓発映像のキャプチャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jleague202110_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎J.LEAGUE<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jleague202110_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎J.LEAGUE<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jleague202110_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎J.LEAGUE<hr></div> 2021.10.19 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎Fと今季契約切れのレアンドロ・ダミアン、決断のとき迫る? 海外から複数オファー

今季も川崎フロンターレで活躍を続ける元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(32)だが、将来の決断を迫られているようだ。 2019年から川崎Fに加わり、初年度からゴールゲッターとしてしっかりとチームに溶け込み、明治安田生命J1リーグや天皇杯、JリーグYBCルヴァンカップ制覇にも貢献するレアンドロ・ダミアン。加入3年目の今季もリーグ連覇にまい進するチームで個人としてもここまで得点ランキング2位の16ゴールを挙げる活躍を披露している。 そんな今季から副主将も務め、キャプテンマークを巻いてのプレーも多々あるレアンドロ・ダミアンだが、今季が契約最終年。チームはJ1連覇に向けた戦いがいよいよ佳境に差し迫っている状況だが、ブラジル『globo』によると、今季限りで契約満了となるブラジル人ストライカーも今後数日間で自らの将来を決める必要があるという。 川崎F入りから公式戦118試合で52得点24アシストの攻撃面だけでなく、前線からの守備でも高い貢献度を誇るレアンドロ・ダミアンは日本にとどまりたい思いもあるが、母国ブラジルやアメリカ、UAEからオファーがあり、次のシーズンに向けた代替案を検討している模様。今季も佳境に入り、連覇が迫る川崎Fだが、主砲の去就にも注目が集まる。 2021.10.19 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】横浜FMのマルコス・ジュニオールや鹿島FWエヴェラウドらが出場停止

Jリーグは18日、出場停止選手の情報を更新した。 明治安田生命J1リーグからは北海道コンサドーレ札幌のDF福森晃斗、柏レイソルのDF大南拓磨、横浜F・マリノスのMFマルコス・ジュニオールが新たに出場停止となった。また鹿島アントラーズのFWエヴェラウド、FC東京のMFレアンドロは引き続き出場停止となる。 明治安田生命J2リーグからは、ブラウブリッツ秋田のFW齋藤恵太、京都サンガF.C.のMF松田天馬、V・ファーレン長崎のDF新里亮が出場停止に。明治安田生命J3リーグではテゲバジャーロ宮崎のMF前田椋介、鹿児島ユナイテッドFCのFW米澤令衣が出場停止となる。 新里に関しては、16日に行われた明治安田J2第35節のアルビレックス新潟戦で一発退場。Jリーグは、自陣ペナルティーエリア手前でドリブルをしていた相手競技者に対し後方より反則で止めた行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とすると発表している。 【明治安田生命J1リーグ】 DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌) 第33節 vsアビスパ福岡(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWエヴェラウド(鹿島アントラーズ) 第33節 vsFC東京(10/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF大南拓磨(柏レイソル) 第33節 vs浦和レッズ(10/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFレアンドロ(FC東京) 第33節 vs鹿島アントラーズ(10/23) 今回の停止:1試合停止(3/3) MFマルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス) 第33節 vsセレッソ大阪(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 FW齋藤恵太(ブラウブリッツ秋田) 第35節 vsアルビレックス新潟(10/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF松田天馬(京都サンガF.C.) 第35節 vsレノファ山口FC(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF新里亮(V・ファーレン長崎) 第35節 vsヴァンフォーレ甲府(10/23) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF前田椋介(テゲバジャーロ宮崎) 第24節 vs福島ユナイテッドFC(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 第24節 vsアスルクラロ沼津(10/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.10.18 19:36 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸が看板を蹴り上げた初瀬亮の行動を謝罪…本人も反省「二度と行いません」

ヴィッセル神戸は18日、DF初瀬亮の行動について謝罪した。 クラブが謝罪した行動は、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第32節のアビスパ福岡戦。0-0で推移する中、86分にFWドウグラスがゴールを決めて、神戸が先制。1-0で勝利した。 その得点直後、ドウグラスのゴールをアシストした神戸の初瀬がピッチ脇にあるスポンサーの看板を蹴り上げる暴挙に出ていた。 神戸はこの行為に対し、初瀬へ厳重注意を行ったと報告。「得点後の感情の高ぶりからやってはいけない行為をしてしまいました。二度と行いません」と、初瀬本人が反省していると報告した。 神戸は「日頃より支えていただいている関係者の皆様、サッカーファンの皆様に深くお詫び申し上げま」と謝罪。「今後同様な行為が繰り返されぬよう、指導及び教育を徹底し、スポーツマンシップに則った姿勢で取り組んでいく所存でございます」とした。 <span class="paragraph-title">【動画】ドウグラスが値千金のゴール! 神戸vs福岡ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19f6kidz0zv431ps61ma64yovf" async></script> 2021.10.18 12:58 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly