ケインのハット含む大量7ゴールのスパーズがグループステージ進出!《ELプレーオフ》

2020.10.02 06:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは1日、ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフでマッカビ・ハイファとのホームゲームに臨み、7-2の圧勝を飾ってグループステージ進出を決めた。3回戦でシュケンディヤ(北マケドニア)を3-1で退けたトッテナムは、グループステージ進出を懸けたイスラエルの強豪との一発勝負に臨んだ。

2日前に行われたチェルシーとのEFLカップをPK戦の末に制して勢いに乗るモウリーニョ監督率いるチームは、週末にマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチを控える中、EFLカップからはアルデルヴァイレルト、ベルフワインを除く先発9人を入れ替えてロリス、負傷のソン・フンミンを除く主力を起用し、3トップはルーカス・モウラ、ケイン、ベルフワインとなった。

試合は開始早々にホームのトッテナムが動かす。2分、ベルフワインとのパス交換で左サイド深くに侵攻したベン・デイビスが低い弾道の高速クロスを入れると、ゴール前に走り込んだケインが右足ワンタッチで流し込んだ。

幸先良く先制に成功したトッテナムだが、直後の5分には相手の鋭いカウンターからボックス中央のチェリに強烈なシュートを打たれるが、ここはGKハートのファインセーブで凌ぐ。

その後はテンポの良い攻めからルーカス、ベルフワインが2点目に迫る一方、縦に急ぎ過ぎて不用意なボールロストからカウンターを浴びる場面が散見。すると、17分にはバイタルエリアでの寄せの甘さからチェリに左足のスーパーミドルをゴール左上隅の完璧なコースに突き刺され、同点に追い付かれる。

それでも、21分には左CKの場面でキッカーのベルフワインが右足インスウィングの鋭いボールを入れると、ニアに走り込んだルーカスがバックヘッドで合わせ、すぐさま勝ち越しに成功した。

このゴールで落ち着きを取り戻したトッテナムは、37分にボックス内での混戦からB・デイビスが短くマイナスに落としたボールをロ・チェルソが左足で流し込み、3点目を奪取。直後には相手最終ラインのトラップミスを奪ったケインのお膳立てから再びロ・チェルソが絶妙なチップキックのシュートを決め、前半で試合を決めた。

この展開を受けてハーフタイムでロ・チェルソを下げて去就が注目されるデレ・アリを投入したトッテナムは、立ち上がりに微妙なハンドで与えたPKを決められて1点を返される。だが、直後の55分には失点のお返しとばかりに微妙なハンドで得たPKをケインが決めて3点差を維持。

その後、ホイビュルクに代えてムサ・シソコを投入したトッテナムはややオープンな攻防を続けていく中、74分にはデレ・アリ、ベルフワインを起点とした見事なロングカウンターからケインがハットトリックを達成。

これでお役御免となったエースに代えてレギロンをピッチに送り込んだホームチームは、試合終了間際にもデレ・アリが自ら得たPKを決めてこの日のゴールショーを締めくくる7点目とした。

そして、中1日の過密日程を乗り越えたトッテナムがELグループステージ進出を果たし、今度は中2日でユナイテッドとのビッグマッチに臨むことになった。

トッテナム 7-2 マッカビ・ハイファ
【トッテナム】
ケイン(前2)
ルーカス・モウラ(前21)
ロ・チェルソ(前36)
ロ・チェルソ(前39)
ケイン(後10[PK])
ケイン(後29)
デレ・アリ(後46[PK])
【マッカビ・ハイファ】
チェリ(前17)
ルカヴィツヤ(後6[PK])
コメント
関連ニュース
thumb

今季プレミアで5戦7発の韓国代表FWソン・フンミンをモウリーニョが絶賛「信じられないような選手」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、韓国代表FWソン・フンミン(28)を高く評価した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2015年8月にレバークーゼンからトッテナムへと加入したソン・フンミン。これまで、とってまうでは237試合に出場し94ゴール51アシストを記録。チームの得点源として、イングランド代表FWハリー・ケインとともに支えている。 今シーズンもプレミアリーグでは開幕から5試合で7ゴール2アシストと絶好調。22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のLASKリンツ戦でも1ゴールを記録していた。 しっかりと結果を残し続けているソン・フンミンについて、モウリーニョ監督がコメント。「ワールドクラスの選手になるためには?」との質問には、「あなたたち次第だ」とコメント。すでに素晴らしい選手であることを示していると語った。 「シーズンを重ねるごとに、ソニーは自分がいかに優れているかを示している。もちろん、より良いチームであればあるほど、そういった選手が表に出てくるものだ」 「しかし、ソニーはソニーであり、次のステップに進むためには今何をしなければ行けないかは誰もが知っている。そして、それをどうするかは自分次第だ」 「あるいは、彼が社会的にどうしようもないことをして有名になり、愚かでナイーブな社会的マナーを犯すことで、大きな見出しに載るようになってしまうかもしれない」 「彼は信じられないような選手だ。彼がどのように優れているかを伝えるのも、あなた方次第だ」 ソン・フンミンは、トッテナムとの契約が2023年6月30日までとなっており、残り3年間ある。モウリーニョ監督は、クラブの"古株”になってほしいと考えており、新たな契約も結べると信じているようだ。 「ソンはあと3年契約が残っているので、誰もが心配しているような状況にあるわけではない」 「それよりも、ソンがここを愛しているかどうかの問題であり、彼は自分の将来をより長くこのクラブでコミットしたいと思っているだろう。クラブの誰もが惚れ込んでいて、彼を古株として感じたいと思っているはずだ」 「もちろんクラブが3年から4年、5年から6年としたいのは普通のことだが、私にはわからない。しかし、それは普通のことであり、彼には今3年間の契約があるので、とても落ち着いた状況だ」 「ただ、私は願っているし、彼はそれ(新契約締結)に値する。クラブもそれを理解し、遅かれ早かれ、プレッシャーをかけずとも決断を下すと信じているよ」 2020.10.23 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム移籍の決め手はモウリーニョ! レギロン「ユースの頃から憧れの存在だった」

今夏にレアル・マドリーからトッテナムへ加入したスペイン代表DFセルヒオ・レギロンが移籍の理由を明かした。 昨シーズンのセビージャでヨーロッパリーグ優勝やラ・リーガ4位に貢献し飛躍を遂げたレギロンは、今夏に親元のマドリーを離れ、トッテナムに完全移籍することになった。 イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューの中で、様々な選択肢があったと語ったレギロンは、トッテナム行きを決めた理由に、かつてマドリーを率いてリーグ優勝も成し遂げた、トッテナムの現指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督の存在があったからだと話す。 マドリーの下部組織に在籍していた頃から憧れの人物だったことを明かし、母国を離れる決断は間違っていなかったと、今回の移籍に満足感を示している。 「僕がずっと若かった頃、まだカデーテ(U-16)にいた時代には、彼に会う幸運には恵まれなかった。だけどその時の記憶は今でも偉大なものだよ」 「僕の家族はみんなモウリーニョの大ファンだった。彼はワールドクラスの指揮官で、移籍を決断をする上で重要人物だった」 「移籍市場ではいろんな選択肢があったけど、トッテナムの関心を聞いてからは早かったよ。母国やスペインリーグ、家族の下を離れるのは大きな決断だったけど、間違っていなかった」 「ここに来てからクラブは良い意味で僕を驚かせてくれた。トレーニング施設やチームメイト、その他全ての面においてね。スタジアムなんて最高だね。今のところ本当に楽しめているよ」 2020.10.23 15:29 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、3発快勝のEL白星発進に「ポジティブなスタート」 デビュー戦で2アシストのカルロス・ヴィニシウスも評価

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、3-0の白星スタートに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 22日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節でLASKリンツ戦と対戦したトッテナム。復帰後初先発のFWガレス・ベイルやFWカルロス・ヴィニシウスといった新戦力の活躍もあり、見事に白星発進を切った。 モウリーニョ監督は試合後のインタビューで選手たちの試合の臨み方を称え、勝利という結果を評価した。 「ホームで初戦を迎えて、3ポイントを獲得した。こうやってポジティブなスタートを切るのが非常に大事だ」 「選手たちは真剣だった。開始1分から遊ぶためにここにいるわけじゃないと認識していた。我々はプロフェッショナルとして、ここにいたんだ」 「簡単ではなかった試合で素晴らしいプレーをして簡単にした。彼らのリーグ戦やEL予選のプレーをみると、決して簡単ではなかったが、選手たちが真剣にやっていたから簡単そうに見えた」 「ベンチに12人も選手がいるのは素晴らしい気分だ。なぜなら、誰も外さず、全員が一緒になって、関与する。変更が必要な場合に備えて、オプションをもたらしてくれる」 また、デビュー戦で2アシストを記録したカルロス・ヴィニシウスについて言及。「もっとできる」と期待を込めながらも、パフォーマンスは評価した。 「カルロスなら、もっともっとできる。しかし、動き方やプレスのかけ方を学ぼうとしているところ。ほとんど英語も話せないから、ルーカス(・モウラ)ら数選手のアルゼンチン人を中心にコミュニケーションを取っている。彼には時間が必要だ」 「しかし、彼は素晴らしかった。2アシストは良かったし、何個か良いプレーも見せてくれていた。左足のクオリティが高い。ゴールを決められる選手だし、決められなくても戦術理解度が高く、とても満足している」 2020.10.23 14:20 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム復帰後初先発でゴール演出のベイル、コンディション向上に「少し時間がかかる」

トッテナム復帰後初先発を果たしたウェールズ代表FWガレス・ベイルだが、コンデションを戻すには時間が必要だと感じているようだ。『UEFA.com』が伝えた。 今夏にレアル・マドリーからレンタルでトッテナムに復帰したベイルは22日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のLASKリンツ戦に先発出場。27分に左足の鋭いグラウンダーのクロスでオウンゴールを誘発させるなど、3-0の快勝に貢献した。 移籍後初の先発機会でゴールを演出する活躍を披露したベイルは試合後のインタビューで勝利の喜びを口にしたが、さらなるコンディション向上の必要性を説いた。 「プロとしてのパフォーマンスを披露できて、満足している。難しい試合だとわかっていた。真剣な姿勢で試合に臨み、3ポイントを早く獲得したかった。できるだけ早くグループステージを突破したい」 「僕たちは選手層が厚く、選手のたくさんいる。でも、今シーズンは多くの大会がある。準備があまりできていないから、全選手が必要になってくる。このチームにいれるのは素晴らしい。互いに背中を押し合っていき、僕らが望む目標を達成したい」 「特に、先発に復帰できて良かった。クラブでは久しぶりだ! 試合勘や鋭さを取り戻すのは少し時間がかかるだろう。整えるためにはまだ試合が必要だ。今はフットボールに戻れたのを楽しんでいる。それが僕の幸せだ」 2020.10.23 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第1節結果まとめ】ナポリ敗戦も強豪は順当に白星発進! 日本人4選手全員が初戦でプレー

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が22日に行われた。 ◆強豪は順当に白星発進! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補に挙がるアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢では、ナポリを除く全チームが白星発進となった。 グループB初戦でラピド・ウィーンのホームに乗り込んだアーセナルは、主導権こそ握りながらもゴールレスで試合を折り返すと、後半立ち上がりにGKレノのビルドアップのミスから先制点を献上。それでも、主力を投入した後半半ば以降にダビド・ルイスの2ゴールに絡む活躍で試合を引っくり返し、2-1の逆転勝利を飾った。 一方、グループJ初戦でホームにLASKリンツを迎えたトッテナムはデビュー戦となったカルロス・ヴィニシウスがルーカス・モウラ、ソン・フンミンのゴールをアシスト。さらに、初先発のベイルも2点目のオウンゴールに繋がるクロスを供給するなど、きっちり仕事を果たした。また、今季の公式戦10試合目にして初のクリーンシートを記録する3-0の快勝で、選手層の厚みを強調する実りある一戦となった。 セリエA勢ではミランとローマが、それぞれセルティック、ヤング・ボーイズ相手に苦戦を強いられたものの、ミランがブラヒム・ディアスにクルティッチとハウゲの加入後初ゴールで3-1の勝利。一方、ローマは前半にPKから先制を許す苦しい展開となった中、後半半ばに投入されたジェコとムヒタリアンのアシストからブルーノ・ペレス、クンブラと2人のDFにゴールが生まれ、2-1の逆転勝利を飾っている。 その他の強豪チームではレバークーゼンがニースを相手にベララビの2ゴールなど攻撃陣が圧巻の6ゴールを奪い、6-2の圧勝。ベンフィカもヌニェスのハットトリックの活躍により、レフ・ポズナンに4-2で快勝。レスター・シティはイヘアナチョが1ゴール2アシストの躍動をみせ、ホームでゾリャを3-0のスコアで退けている。 また、PSVではゲッツェに公式戦2試合連続ゴールが生まれたが、EL初参戦のグラナダにホームで1-2の逆転負けを喫している。 ◆久保、三好、北川がELデビュー! 菅原がナポり相手に金星! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになったが、初戦から全選手がプレー機会を得た。 その中でひと際鮮烈な輝きを放ったのが、ビジャレアル加入後初先発でELデビューを飾ったMF久保建英。ホームで開催されたスィヴァススポル戦で先発フル出場を果たすと、13分に味方のシュートのこぼれ球を押し込んで、移籍後&EL初ゴールを奪取。さらに、20分と57分にはバッカとフォイスのゴールをアシストする衝撃のELデビューを飾り、チームも5-3で勝利している。 また、アントワープのMF三好康児はルドゴレツ戦でELデビューを飾り、フル出場を果たした中で攻守両面でハードワークし、2-1の逆転勝利に貢献。一方、ラピド・ウィーンのFW北川航也はアーセナル戦で、1-2のビハインドとなった76分に途中投入され、ELデビュー。だが、格上相手に見せ場を作るまでには至らず、惜敗となった。 デビュー組の3選手とは異なり、2年連続のEL参戦となったAZのDF菅原由勢は、トップチームの13選手が新型コロナウイルスに感染し欠場するなど厳しい台所事情の中、強豪ナポリとのアウェイゲームにおいて3トップの右で先発出場。決勝点の起点となる重要な攻撃面の貢献に加え、守勢を強いられた中で守備面でも献身的な働きをみせ、1-0の勝利に大きく貢献した。 ■ELグループステージ第1節結果 ◆グループA ヤング・ボーイズ 1-2 ローマ CSKAソフィア 0-2 クルージュ ◆グループB ダンドーク 1-2 モルデ ラピド・ウィーン 1-2 アーセナル ◆グループC レバークーゼン 6-2 ニース ハポエル・ベエルシェバ 3-1 スラビア・プラ ◆グループD スタンダール・リエージュ 0-2 レンジャーズ レフ・ポズナン 2-4 ベンフィカ ◆グループE PSV 1-2 グラナダ PAOK 1-1 オモニア ◆グループF ナポリ 0-1 AZ リエカ 0-1 レアル・ソシエダ ◆グループG ブラガ 3-0 AEKアテネ レスター・シティ 3-0 ゾリャ ◆グループH スパルタ・プラハ 1-4 リール セルティック 1-3 ミラン ◆グループI マッカビ・テルアビブ 1-0 カラバフ ビジャレアル 5-3 スィヴァススポル ◆グループJ トッテナム 3-0 LASK ルドゴレツ 1-2 アントワープ ◆グループK ディナモ・ザグレブ 0-0 フェイエノールト ヴォルフスベルガー 1-1 CSKAモスクワ ◆グループL ホッフェンハイム 2-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ リベレツ 1-0 ヘント 2020.10.23 07:30 Fri
twitterfacebook