ブライトン、スイス期待の若手FWゼキリを完全移籍で獲得!

2020.10.02 03:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは1日、スイスのローザンヌ・スポルトからU-21スイス代表FWアンディ・ゼキリ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。過去にユベントスのプリマヴェーラに在籍経験もあるゼキリはコソボにルーツを持つ185cmの左利きのアタッカー。昨シーズンはスイス2部で33試合に出場し17ゴール8アシストを挙げる活躍をみせ、チームの1部昇格に大きく貢献していた。

また、左ウイングとセンターフォワードを主戦場とするスイス期待の若手は、同国の世代別代表でも常に主力を担ってきた。
関連ニュース
thumb

ESL反対を表明したヘンダーソンをララナが称賛「すべてのキャプテンやクラブをリードしている」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの元イングランド代表MFアダム・ララナが、ヨーロッパ・スーパーリーグに対しての見解を述べている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ララナは20日に行われたプレミアリーグ第32節のチェルシー戦に60分から出場。決定機をゴールに結びつけることはできなかったものの、敵地での勝ち点1獲得に貢献している。 試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたララナは、対戦したチェルシーがヨーロッパ・スーパーリーグ参加を表明したものの、各方面からの猛反発を受けて撤回したことに言及。皆が団結したからこその成果だと喜んでいる。 「とてもシュールな感じだった。他の選手ともこの話についてはしていたんだけど、今日はずっと変な感じがしていたね。6クラブがスーパーリーグから撤退したと聞いて、その感じはなくなった」 「示されたのは、僕ら皆が一緒にいれば何よりも強いということだ。皆が1つになり、物事に対処しているのを見るのは素晴らしい気分だね」 「僕らはこうした試合にも、意味を持たせるようにしていきたい。僕たちは人生をかけてこの試合を戦っており、チェルシーはチャンピオンズリーグ(CL)を目指して戦っている」 また、ララナはかつてのチームメイトであり友人でもあるリバプールのMFジョーダン・ヘンダーソンが、ヨーロッパ・スーパーリーグに反対の声を挙げていたことについてもコメント。同チームのキャプテンを心から称えている。 「彼がしたことには驚かないよ。彼はこれまでもすべてのキャプテンやフットボールクラブをリードしていることを、数えきれないほど証明しているからね」 2021.04.21 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

低調チェルシーが下位ブライトン相手にホームで辛くもドロー! 4位浮上も厳しい戦い続く《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、チェルシーvsブライトン&ホーヴ・アルビオンが20日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0のドローに終わった。 前節、クリスタル・パレスに4-1の快勝を収めた5位のチェルシー(勝ち点54)。以降の公式戦ではチャンピオンズリーグ(CL)でポルトに敗戦も、2戦合計スコアで上回り準決勝進出を果たすと、直近のFAカップではマンチェスター・シティのシーズン4冠を阻止し、決勝進出を決めた。 16位のブライトン(勝ち点33)をホームで迎え撃ったミッドウィーク開催の一戦ではシティ戦から先発5人を変更。アスピリクエタとチアゴ・シウバに代わってクリステンセン、ズマが3バックに入り、中盤から前ではチルウェルとカンテ、ヴェルナーに代わってマルコス・アロンソ、プリシッチ、ハヴァーツが起用された。 チェルシーのヨーロッパ・スーパーリーグ参戦に対するホームサポーターの抗議活動の影響によって15分遅れでスタートしたこの一戦。 立ち上がりから相手の圧力に晒されて思うようにボールを動かすことができないチェルシー。それでも、持ち味の守備からリズムを掴み始めると、17分には好調のプリシッチが鋭い反転シュートで最初の決定機を作り出す。さらに20分にはショートカウンターの形から最後はボックス中央で相手のクリアミスに反応したハヴァーツに絶好機も、左足のシュートはコースが甘くGKの正面を突いた。 その後も相手のビルドアップのミスを突いて幾度か決定機に絡んだホームチームだが、時間の経過と共に自陣への侵攻を許し始める。36分にはセットプレーの流れからビスマに際どいシュートを打たれると、直後にもトロサールにフィニッシュまで持ち込まれるなど、やや劣勢を強いられた。 結局、ほぼ五分五分の展開に持ち込まれてゴールレスでの折り返しとなったチェルシーは、早い時間帯にゴールをこじ開けようと、アグレッシブな入りを見せる。だが、球際できっちり身体を張るアウェイチームの守備をあと一歩で崩し切れない。 選手交代で流れを変えたいトゥヘル監督は67分にハヴァーツとマルコス・アロンソを下げてヴェルナーとハドソン=オドイを同時投入。この交代でリース・ジェームズが左、ハドソン=オドイが右のウイングバックに。さらに、77分にはツィエクに代えてジルーを最後のカードとしてピッチに送り込んだ。 しかし、この交代で流れを引き寄せられないチェルシーは78分に自陣深くでのズマの不用意なボールロストからショートカウンターを浴びてララナに決定的なシュートを打たれるが、これは枠の左に外れる。続く79分にはジョルジーニョのロストからウェルベックに決定機を与えるが、今度は右ポストに救われた。 その後も相手の攻勢を何とか撥ね返すので精いっぱいとなったチェルシーは試合終了間際の92分に相手DFホワイトが2枚目のカードで退場となり数的優位を得る。だが、93分のリース・ジェームズのFKにゴール前で合わせたジルーのヘディングシュートはGK正面を突き、試合はこのままタイムアップ。 下位相手のホームゲームを辛くもドローで終えたチェルシーは勝ち点55で並んだウェストハムを得失点差で抜き4位に浮上も、引き続きし烈なトップ4争いを戦うことに。 2021.04.21 06:15 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州出場権目指すアンチェロッティが意気込み! 勝ち点の半分以上を稼ぐアウェイでブライトン戦

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が意気込みを語った。イギリス『ガーディアン』が報じている。 エバートンはプレミアリーグ前節終了時点で勝ち点47の8位だが、1試合未消化であり、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内である4位のウェストハムと8ポイント差。ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内である5位のチェルシーとは7ポイント差であり、欧州カップ戦出場を巡る争いの真っ只中だ。 ここ3試合で2連敗を含む1分け2敗と足踏みが続くなかで、11日に16位ブライトン&ホーブ・アルビオンとの第31節に臨むエバートン。アンチェロッティ監督はクラブの目標であるヨーロッパの出場権獲得に向けて、好成績を収める敵地での今節をしっかりと勝ち切る必要性を説いた。 「一貫性があれば、もっと良い順位にいたと思う。ホームでの一貫性も欠いているが、昨季の状況を鑑みると、良いポジションにいるんじゃないかな。昨季は上位よりも降格ゾーンと近かったわけだからね」 「そうした状況をすべて考慮した上で、ホームでの一貫性も十分じゃないことも考えると、良い位置につけており、シーズンの初めに立てた目標を目指して戦うことができている」 「一方で、アウェイだと本当に一貫した戦いができている。例を挙げるなら、ダービーだったり、大事な試合で勝つことができているんだ」 「今季の終わりにヨーロッパの出場圏内にいるか否かはもう少し待たなければならないが、それができたら素晴らしいシーズンになるだろうね」 なお、今季のエバートンはここまでホーム戦5勝3分け7敗で全体14位。一方で、アウェイ戦だと全体4位の好成績となる9勝2分け3敗の結果を出している。 2021.04.12 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォード&グリーウッド弾でユナイテッドがブライトンに逆転勝利!《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは4日、プレミアリーグ第30節でブライトン&ホーブ・アルビオンと対戦し、2-1で勝利した。 直近のFAカップ準々決勝で熾烈な2位争いを繰り広げるレスター・シティに完敗した2位のユナイテッド(勝ち点56)が、3連勝を狙う16位ブライトン(勝ち点32)をホームに迎えた。 レスター戦の先発からマルシャルやファン・デ・ベーク、マティッチ、テレスの4選手を変更。カバーニ、ラッシュフォード、ブルーノ・フェルナンデス、ショーが先発で起用された。 最前線にカバーニを据えた[4-2-3-1]で試合に臨んだユナイテッドは、立ち上がりの8分にチャンスを迎える。ブルーノ・フェルナンデスの左クロスのこぼれ球をに反応したグリーンウッドがボックス右からダイレクトシュート。しかし、これは右ポストに弾かれた。 早い時間帯の先制点を逃すも、以降も相手を押し込む良い入りを見せたホームチーム。だが、ひとつのミスから与えた決定機を決められていきなりビハインドを負うことに。 13分、自陣中盤でポグバの横パスをトロサールにカットされショートカウンターを浴びると、グロスのパスで右サイド深くまで駆け上がったモペイのクロスをゴール前のウェルベックがヘディングシュート。これはGKヘンダーソンが右足で弾くも、跳ね返りを再びウェルベックが押し込んだ。 反撃に出たいユナイテッドだったが、その後は素早い攻守の切り替えと、フィールドプレーヤー全員が自陣で守備ブロックに参加するブライトンに対して、なかなかシュートまで持ち込むことができない。 38分には強引なドリブルでボックス左から侵入したラッシュフォードのロストボールを拾ったブルーノ・フェルナンデスの折り返しから走り込んだポグバがダイレクトシュートを狙ったが、これはゴール左に大きく外れた。 0-1のスコアで試合を折り返したユナイテッドは、後半もボールを支配し攻勢を仕掛けていく。すると60分、ポグバのダイレクトパスでブルーノ・フェルナンデスがボックス右深くに抜け出すと、ダイレクトシュートを狙ったが、これは飛び出したGKロベルト・サンチェスのブロックに阻まれた。 続く62分には、フェルトマンのクリアミスを敵陣でカットしたブルーノ・フェルナンデスがドリブルで持ち上がりストパスを供給。ボックス左に走り込んだラッシュフォードがダイレクトシュートをゴール右隅に流し込み、ユナイテッドが試合を振り出しに戻した。 同点弾で勢いづくユナイテッドだったが、70分にピンチ。右サイドのマク・アリステルが供給したサイドチェンジを受けたモペイがボックス左から侵入し折り返しを入れると、ウェルベックが走り込んだがわずかに届かず。ボールはゴール右に外れた。 ピンチを凌いだユナイテッドは、73分にラッシュフォードを下げてダニエル・ジェームズを投入。すると76分、ボックス外からブルーノ・フェルナンデスがミドルシュートを放つと、相手GKの弾いたボールに反応したダニエル・ジェームズの落としから最後はグリーンウッドが合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。 下位相手にホームで取りこぼしの許されないユナイテッドは、82分にカバーニを下げてファン・デ・ベークを投入。すると直後の83分、ショーのスルーパスでボックス左から侵入したブルーノ・フェルナンデスのクロスをファーサイドに駆け上がったポグバがダイレクトシュート。これはジャストミートせず、ゴール前へ折り返す形になったが、最後は中央に走り込んだグリーンウッドがダイビングヘッドでゴールに流し込んだ。 結局、これが決勝点となり、逆転勝利を飾ったユナイテッドがリーグ戦3連勝。ミッドウィークに行われるヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のグラナダ戦に弾みをつけた。 2021.04.05 05:39 Mon
twitterfacebook
thumb

代表ウィークにFW3選手負傷のユナイテッド、ラッシュフォード&グリーンウッドに今節出場の可能性も?

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードとU-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドに今節出場の可能性があるようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 両選手は先の代表ウィークでそれぞれ代表活動に参加したが、いずれも負傷で離脱。フランス代表FWアントニー・マルシャルも代表先でケガしてしまい、4日に本拠地で予定するプレミアリーグ第30節のブライトン&ホーブ・アルビオン戦に向けて計算できるストライカーがウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニしかしない。 しかし、ラッシュフォードとグリーンウッドについてはまだプレーできる可能性があるという。オーレ・グンナー・スールシャール監督はブライトン戦に先駆けた2日のプレスカンファレンスでメンバー入りの可能性を示唆した。 「代表に送り出すとき、彼らが起用できる状態で戻ってくるのを祈るもの。アントニーについてあまり把握していないが、今朝のトレーニングは不参加だった。マーカスとメイソンは参加した。その反応が何もないのを祈るばかりだ。明日のセッションもやり切れたら、メンバー入りもあり得る」 また、イングランド代表GKディーン・ヘンダーソンとスペイン代表GKダビド・デ・ヘアのどちらを先発で使うのかという質問についても応えてみせた。 「ご存知のように、私は2人の素晴らしいGKから選べるオプションがある。喜ばしい限りだ。うまくいけば、これから9試合+5試合を戦うことになる。ヨーロッパリーグ(EL)で優勝を目指しているからね。この先、2人がそれぞれ我々のゴールマウスを守る姿を目にすることになるはずさ」 2021.04.04 13:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly