ブライトン、スイス期待の若手FWゼキリを完全移籍で獲得!

2020.10.02 03:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは1日、スイスのローザンヌ・スポルトからU-21スイス代表FWアンディ・ゼキリ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。過去にユベントスのプリマヴェーラに在籍経験もあるゼキリはコソボにルーツを持つ185cmの左利きのアタッカー。昨シーズンはスイス2部で33試合に出場し17ゴール8アシストを挙げる活躍をみせ、チームの1部昇格に大きく貢献していた。

また、左ウイングとセンターフォワードを主戦場とするスイス期待の若手は、同国の世代別代表でも常に主力を担ってきた。
コメント
関連ニュース
thumb

フランス人FWノッカールが完璧なコースに叩き込んだゴラッソ【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はノッティンガム・フォレストのフランス人FWアントニー・ノッカールがブライトン&ホーヴ・アルビオン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆クノッカールが決めた完璧なゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGWXdDb1FsdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスでのデビューを経て、スタンダール・リエージュやレスター・シティでプレーしたノッカールは、2016年1月にブライトンに加入した。 ブライトンでは貴重な得点源として活躍したノッカールだが、2019年3月9日に行われたプレミアリーグ第30節のクリスタル・パレス戦では、見事なゴールを挙げている。 1-1の同点で迎えた74分、右サイドでボールを持ったノッカールは、ドリブルで仕掛け、ボックス手前まで侵入。鋭いカットインでシュートチャンスを作ると、ミドルシュートを放つ。 左足から放たれたシュートは、左上の完璧なコースにカーブしながら飛んでいき、ポストの内側に跳ね返ってゴールインした。 ノッカールのゴラッソで勝ち越しに成功したブライトン。試合には2-1で勝利している。 2020.11.23 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ熱視線のランプティ、9歳から過ごしたチェルシー退団の理由を明かす「何がベストかを考えた」

ブライトンのU-20イングランド代表DFタリク・ランプティ(20)が、11年過ごしたチェルシーを退団した理由について明かした。イギリス『90min』が伝えている。 9歳からチェルシーのアカデミーに所属していたランプティは、昨シーズンにトップチームでデビューを飾るも、2020年1月にブライトンへ移籍。ブライトンでは主軸としてポジションを掴んでおり、今シーズンはプレミアリーグ全試合に出場し1ゴールをマークしている。 その目覚ましい活躍ぶりに、バイエルンやアトレティコ・マドリーが獲得に興味を示すなど、波に乗っているランプティ。『90min』のインタビューで、キャリアの始まりとなるチェルシー加入の日を振り返った。 「僕はU-9としてチェルシーに加入したんだけど、元々は地元のトーナメントでプレーしていたU-7からキャリアは始まったんだ。試合後にスカウトが父のところに来て、『もう少し彼を見たいから、チェルシーのアカデミーセンターに来てくれないか』って言われてね」 「僕はいろんなポジションでプレーしていた。低い位置でボールを奪って走り始めたり、誰かがゴールに向かって突っ込んできたら戻ってタックルをしたりしたよ。右ウイングからのスタートだったけど、年を経るごとに中盤や右ウイング、右サイドバックとあらゆるポジションでプレーした」 「(トップチームでデビューを飾った日は)非現実的だったよ。素晴らしい試合だったし、自分と家族にとって誇りとなる、忘れられない瞬間だった」 チェルシーで待望のデビューを果たしたランプティだったが、クラブには同ポジションに大きな期待を集める同年代のDFリース・ジェームズ(20)がいたこともあり、出場機会を得られるかは不透明な状況だった。 こうした状況が、10年以上所属していたクラブを離れる原因だったとランプティは語っており、同時に新たなクラブとしてブライトンを選んだ理由についても明かしている。 「僕は野心家で、その瞬間は物事を楽しむけど、次の日に改善のため何が必要か、どうすればそのレベルに留まれるかを考えているんだ。プレーする機会は常に求めているし、デビューしたことでよりハングリーになった。試合に出られる味わいを、手放すつもりはなかったよ」 「監督や家族、代理人と一緒になって、何がベストかを考えたよ。本当に難しい決断だったと思う。9歳からクラブにいて、全てのシステムを経験し、トップチームデビューを果たせた。全てがあっという間だったけど、どこで最も多くプレーできるか、どうすれば自分をレベルアップできるか考える必要があったんだ」 「簡単な決断ではなかったし、毎日考えていた。でも、チームとして素晴らしいプランを持っているブライトンに移籍する機会が訪れたんだ。この移籍は大きな意味があった。移籍先の選択肢は多かったけど、家族で話し合った結果、ブライトンが自分を成長させてくれるベストなクラブだと思ったよ」 2020.11.13 18:13 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ブライトンの攻撃的SBに注目…バイエルン&セビージャも関心示す

ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するU-20イングランド代表DFタリク・ランプティ(20)に対して、複数クラブからの関心が浮上した。 今年1月にチェルシーから3年半契約でブライトンに活躍の場を移したランプティ。今季はここまでプレミアリーグ7試合に出場して、豊富な運動量と鋭いドリブルを武器に1ゴール3アシストと攻撃センスを遺憾なく発揮している。 イギリス『デイリー・メール』によれば、そんなランプティには右サイドバックの補強が取り沙汰されているバイエルンやセビージャが関心を示している模様。さらにアトレティコ・マドリーからの視線も新たに浮上して、獲得レースが激化する可能性があるようだ。 その一方で、プレミアリーグのサイドバックのなかで、1試合平均4.8回と最もドリブルを成功させているランプティの慰留を目指すブライトンは、11月の代表ウィーク後に新契約締結に向けて、交渉の席に着くと予想されている。 2020.11.03 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイル待望の復帰弾は値千金の決勝点! スパーズが今季リーグ戦ホーム初白星&連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第7節、トッテナムvsブライトン&ホーヴ・アルビオンが1日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-1で勝利した。   前節、バーンリーを相手にソン・フンミンが奪い切った1点を守り抜き、2戦ぶりの白星を手にしたトッテナム。ただ、直近のヨーロッパリーグ(EL)では攻守に振るわない内容でアントワープに0-1の敗戦を喫し、公式戦11試合ぶりの黒星となった。その敗戦からのバウンスバックを図るブライトンとのホームゲームでは、バーンリー戦から先発2人を変更。ベン・デイビス、ルーカス・モウラに代えてレギロン、ラメラを起用した。   今季4戦目でのリーグ戦ホーム初白星を目指すトッテナムは、立ち上がりからボールの主導権を握って押し込む入りを見せる。開始3分にはボックス左に抜け出したラメラのグラウンダーの折り返しにファーのケインが反応するも、ここは相手守備陣に触られてコースが変わって押し込めない。   それでも、11分には波状攻撃の流れでクリアボールに反応したケインがボックス付近でララナに後ろから倒される。当初、ボックス外でのファウルと判定されたが、VARのレビューの結果、ファウルの位置がボックス内と改められてPKが与えられる。   これをキッカーのケインがきっちり決めてトッテナム通算199点&プレミアリーグ通算149点と、2つのメモリアルゴールに王手をかけた。   13分の先制ゴールによって幸先良くリードを手にしたトッテナムだが、時間の経過と共に相手の反撃を許す展開に。23分にはボックス内でクロスに反応したトロサールに対するドハーティの対応がホールディングの対象となり、VARのレビューが入るが、ここはトロサールがやや大げさに倒れたこともあり、最終的にノーファウルの判定となった。   その後はケインを起点に幾度かカウンターを繰り出したものの、最後の精度や相手の好守などもあり、前半のうちに2点目を奪い切るまでには至らなかった。   後半も試合の入りはホームチームが押し込むが、アウェイのブライトンが早い時間帯に追いつく。   56分、相手ボックス付近でのカウンタープレスでマーチがホイビュルクからスライディングタックルでボールを奪い返すと、グロスを経由したボールがボックス右のランプティに渡る。ここでチェルシー育ちの20歳のDFが右足を振り抜くと、ゴール左隅に決まった。その後、マーチのボール奪取の場面に関してファウルの可能性があったことから主審によるオンフィールドレビューが入るも、ノーファウルの判定でランプティのプレミア初ゴールが認められた。   一瞬の気の緩みから追いつかれたトッテナムは68分に後半最初の決定機を作り出す。ボックス手前で仕掛けたラメラが左足で鋭いミドルシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。さらに、このはね返りに反応したDFフェルトマンのクリアがゴールに向かうが、ここはGKサンチェスが圧巻の反応ではじき出した。   後半に入ってなかなか攻撃にリズムが出ないトッテナムは、ロ・チェルソに続き70分にベイルをラメラに代えて投入。すると、直近のアントワープ戦での低調なパフォーマンスが批判されていたウェールズ代表FWが意地を見せる。   73分、アルデルヴァイレルトのロングフィードに反応した左サイドのレギロンがボックス付近で右足に持ち替えて鋭いクロスを入れると、ゴール前でフリーとなっていたベイルが冷静に頭で左隅へ流し込んだ。なお、ベイル待望の復帰後初ゴールは2013年5月19日のサンダーランド戦以来となる7年半ぶりのプレミアリーグでのゴールとなった。   ベイルの値千金の復帰弾で勝ち越しに成功したトッテナムは、85分にソン・フンミンを下げてベン・デイビスを投入し、レギロンを一列前に上げる守備的な布陣で逃げ切りを図る。元アーセナルのウェルベックらを投入して攻勢を仕掛けるアウェイチームの反撃を何とか凌ぎ切ってこのまま2-1のスコアで試合を終わらせた。   千両役者ベイルの復帰ゴールで勝ち切ったトッテナムが今季リーグ初のホームゲームでの白星と共に、今季初のリーグ戦連勝を飾った。 2020.11.02 06:20 Mon
twitterfacebook
thumb

フリーのウェルベックがブライトンに加入! 1年契約で背番号は“18”に決定!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは18日、元イングランド代表FWダニー・ウェルベック(29)の加入を発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 今月6日にチャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードとの契約を双方合意の下で解消し、フリーとなっていたウェルベックの新天地はプレミアリーグのブライトンとなった。 同クラブを率いるグラハム・ポッター監督は、経験豊富なベテランストライカーの加入に満足感を示している。 「ダニーがこのクラブに加入してくれたことを嬉しく思う。彼は我々の既存の攻撃オプションを補完してくれるはずだ」 「これまでの所属キャリアが彼の能力を証明している。素早く、技術的にも非常に優れている。我々の攻撃に鋭さを提供してくれるだろう。経験とクオリティを兼ね備えた新たなプレーヤーを迎え入れられたことにワクワクしている」 マンチェスター・ユナイテッドとの下部組織出身のウェルベックは、2014年からプレーしたアーセナルを離れ、昨夏にワトフォードへ加入。昨シーズンはケガなく1年を過ごしたが、なかなか主力として扱われず、シーズン半ばにはベンチ入りすらままならない時期も。 最終的には公式戦20試合に出場し、プレミアリーグ最終節で1ゴール1アシストを記録した古巣アーセナル戦がワトフォードでの最後のプレーとなった。プレミアリーグ通算では224試合44ゴール27アシストを記録している。 2020.10.18 22:14 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly