CLグループステージの組み合わせが決定!GSで初めてメッシvsロナウド実現! 死の組は?

2020.10.02 01:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループステージの組み合わせ抽選会が1日、スイスのニヨンで行われた。昨季王者バイエルンはグループAに入り、アトレティコ・マドリー、予選を勝ち上がったMF奥川雅也の所属するザルツブルク、ロコモティフ・モスクワと対戦する。

また、グループGではユベントスとバルセロナが同居し、グループステージでは初めてFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドの対決が実現。

最激戦区となったのはグループHで昨季準優勝のパリ・サンジェルマン、ベスト4のRBライプツィヒがマンチェスター・ユナイテッドと、初出場のイスタンブール・バシャクシェヒルと2枠を争うことに。

そして、FW中島翔哉の所属するポルトガル王者のポルトと、DF酒井宏樹とDF長友佑都が所属するマルセイユはグループCに入り、マンチェスター・シティ、ギリシャ王者のオリンピアコスと対戦することが決まった。

FW南野拓実の所属するイングランド王者リバプールはグループDに入り、オランダ王者のアヤックス、昨季ベスト8のアタランタ、ミッティランと対戦する。今回決定した組み合わせは以下の通り。

◆グループA
バイエルン(CL王者/ドイツ)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
ザルツブルク(オーストリア)
ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

◆グループB
レアル・マドリー(スペイン)
シャフタール(ウクライナ)
インテル(イタリア)
ボルシアMG(ドイツ)

◆グループC
ポルト(ポルトガル)
マンチェスター・シティ(イングランド)
オリンピアコス(ギリシャ)
マルセイユ(フランス)

◆グループD
リバプール(イングランド)
アヤックス(オランダ)
アタランタ(イタリア)
ミッティラン(デンマーク)

◆グループE
セビージャ(EL王者/スペイン)
チェルシー(イングランド)
FCクラスノダール(ロシア)
スタッド・レンヌ(フランス)

◆グループF
ゼニト(ロシア)
ドルトムント(ドイツ)
ラツィオ(イタリア)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)

◆グループG
ユベントス(イタリア)
バルセロナ(スペイン)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)

◆グループH
パリ・サンジェルマン(フランス)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
RBライプツィヒ(ドイツ)
イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
コメント
関連ニュース
thumb

デ・ブライネ躍動のシティが酒井フル出場のマルセイユに快勝! ポルト中島は途中出場で2点目の起点に《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節、マルセイユvsマンチェスター・シティが27日にヴェロドロームで行われ、アウェイのシティが0-3で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 久々のCL参戦となったマルセイユはオリンピアコスとの初戦で酒井がCLデビューを飾ったが、試合終了間際の失点によって無念の黒星スタートとなった。週末のロリアン戦を1-0で制してリーグ連勝の形で迎えたホームでの第2戦では優勝候補シティを迎え撃った。この試合では[5-3-2]の守備的な布陣を採用し、酒井は右のウイングバックで先発した。 一方、ポルトとの初戦を3-1の逆転勝利で制したシティだが、直近のリーグ戦ではウェストハム相手に1-1のドローに終わり、なかなか波に乗り切れない序盤戦となっている。CL連勝を目指すこの一戦ではウェストハム戦から先発5人を変更。デ・ブライネが先発復帰を果たし、アグエロの再離脱でストライカー不在の中、フェラン・トーレスが最前線に入り、フォーデンとスターリングと3トップを組んだ。 試合は戦前の布陣からも窺えたようにボールを保持するシティが後方に重心を置くマルセイユを押し込む展開に。立ち上がりからデ・ブライネ、フォーデンとシュートを浴びせかけると、18分には相手陣内ボックス付近でロニエの不用意な横パスを奪ったデ・ブライネの正確なグラウンダーのクロスに反応したフェラン・トーレスがワンタッチで流し込んだ。 良い流れの中で先制に成功したシティはその後も質の高いパスワーク、素早い攻守の切り替えでマルセイユを圧倒。ジンチェンコが2点目に迫るなど、攻勢を続ける。 一方、立ち上がりから守備に追われるマルセイユはなかなか自陣からボールを運ぶことができない。42分にはラドンジッチがようやくファーストシュートを放つが、これはGKエデルソンにがっちりとキャッチされた。 シティの1点リードで折り返した後半も試合展開に大きな変化はなし。55分にトヴァンが両チームを通じて最初のシュートを放ったが、依然として試合の主導権はアウェイチームが握る。 すると、後半半ばを過ぎた76分に試合を決定づけるシティの2点目が生まれる。フォーデンが左サイド深くに抜け出して入れたクロスをファーに走り込んだスターリングが頭で折り返すと、フェラン・トーレスに当たってゴール前にこぼれたところをギュンドアンがすかさず右足で蹴り込んだ。 さらに、シティは81分にも右サイドに抜け出したデ・ブライネからの正確な折り返しをスターリングがワンタッチで蹴り込み、トドメの3点目とした。そして、マルセイユを攻守に圧倒したシティが3-0の快勝でグループステージ連勝を飾った。 また、同日行われたグループB第2節のもう1試合、ポルトvsオリンピアコスは、ホームのポルトが2-0で勝利している。なお、ポルトFW中島翔哉は60分から途中出場している。 今大会初勝利を目指すホームのポルトは、前半の11分に相手のビルドアップのミスを突いてファビオ・ヴィエイラが先制点を奪取。さらに、85分に中島の縦パスに抜け出した右サイドのマレガのクロスを、ゴール前に飛び込んだセルジオ・オリヴェイラが頭で合わせ、試合を決定づける2点目とした。 そして、このまま相手の反撃を凌ぎ切ったポルトが今大会初勝利を挙げている。 マルセイユ 0-3 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 フェラン・トーレス(前18) ギュンドアン(後31) スターリング(後36) ポルト 2-0 オリンピアコス 【ポルト】 ファビオ・ヴィエイラ(前11) セルジオ・オリベイラ(後40) 2020.10.28 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルト中島翔哉が今季リーグ初先発で決勝アシスト! チームの勝利に貢献《プリメイラ・リーガ》

ポルトの日本代表FW中島翔哉が結果を出した。 ポルトは24日に行われたプリメイラ・リーガ第5節でジル・ヴィセンテとホームで対戦。今年3月の昨季リーグ戦以来、出番なしの状況が続いた中島だが、途中出場の21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のマンチェスター・シティ戦に続いて起用され、ジル・ヴィセンテ戦に今季初先発を果たした。 試合は中島のプレーから均衡が破れる。41分、味方とのパス交換で左サイドから切り崩した中島がボックス内にドリブルで切り込むと、左足で鋭いクロスを中央に供給。エヴァニウソンが右足で合わせ、ポルトが先制に成功した。 後半も攻撃陣の一角としてアタックシーンに顔を出した中島は68分、70分に自らのフィニッシュシーンも演出。しかし、59分にウリベが決めれば追加点のPKチャンスを不意にしたポルトは74分にサヌシが2枚目のカードで退場となる。 79分に中島も交代でピッチを後にしたポルトだったが、1点を守り抜いて、リーグ戦3試合ぶりの白星。暫定2位に浮上している。なお、ジル・ヴィセンテのMF藤本寛也は85分から出場している。 ポルト 1-0 ジル・ヴィセンテ 【ポルト】 エヴァニウソン(前41) 2020.10.25 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ギュンドアンの直接FK弾で逆転勝ちのシティが白星発進! 敗戦ポルトは中島翔哉がCLデビュー!《CL》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節、マンチェスター・シティvsポルトが21日に行われ、ホームのシティが3-1で勝利した。なお、ポルトのMF中島翔哉は77分からプレーした。 昨シーズンのCLベスト8のシティは、悲願のCL初制覇に向けた初戦でポルトと対戦。直近のアーセナル戦を勝利して勢いに乗るチームは、その試合から先発2人を変更。アケとフォーデンに代えてエリック・ガルシアとギュンドアンを起用した。 一方、ポルトガル王者のポルトはこの試合で[5-4-1]の守備的な布陣を採用。直近のリーグ戦で約7カ月ぶりのベンチ入りを果たした中島はこの試合でもベンチスタートとなった。 攻撃時に左肩上がりとなる可変式の[4-3-3]の布陣で臨んだホームチームは、立ち上がりからボールを保持して[5-4-1]の守備ブロックを敷くアウェイチームの攻略を目指す。 しかし、14分にはポルトの高速カウンターが炸裂する。左サイドでウリベからボールを受けたルイス・ディアスが長い距離を持ち上がって右サイドへドリブルで切り込んでいく。そして、ボックス右から腰の捻りを利かせた右足のシュートをゴール左隅へ突き刺した。 ホームで先制を許したシティだったが、すぐさまスコアをタイに戻す。17分、ボックス内でギュンドアンのシュートのこぼれ球に反応したスターリングがDFペペに倒されてPKを獲得。これをキッカーのアグエロが冷静に決めて20分に追いついた。 その後はボールを保持して手数をかけた攻めを見せるシティ、カウンターから一発を狙うポルトという構図の下、拮抗した状況が続く。だが、シティ優勢も前半のうちに逆転ゴールを奪うまでには至らず。 迎えた後半、立ち上がりの49分にギュンドアンが強烈なミドルシュートを枠の右隅に飛ばすが、ここはGKマルチェシンの好守に遭う。それでも、前半以上に相手を押し込むホームチームは65分に再びセットプレーでゴールをこじ開ける。 ボックス手前中央好位置で得たFKの場面でキッカーのギュンドアンが右足を振り抜くと、壁の上をギリギリで越えたシュートがゴール左隅に決まった。 ギュンドアンの鮮烈な直接FKで勝ち越しに成功したシティは68分にアグエロ、ギュンドアンのスコアラー2人を下げてフォーデン、フェラン・トーレスを同時投入。すると、この交代が3点目をもたらす。72分、左サイド深くに侵攻したフォーデンから横パスを受けたフェラン・トーレスがボックス左45度から右足のコントロールシュートをゴール右隅へ突き刺した。 連続失点で一気に苦境に立ったポルトは77分に3枚替えを敢行すると、サヌシに代わって投入された中島が待望のCLデビューを飾った。その中島は劣勢の中で前線を駆け回り積極的にボールを呼び込むが、なかなか決定機に絡めない。 その後、試合を締めにかかったシティは85分に投入したフェルナンジーニョが試合終了間際に負傷交代するアクシデントに見舞われたものの、2点差を守り抜いて3-1の勝利。ホームで今シーズンのCL初戦を白星で飾った。 マンチェスター・シティ 3-1 ポルト 【マンチェスター・シティ】 アグエロ(前20)【PK】 ギュンドアン(後20) フェラン・トーレス(後28) 【ポルト】 ルイス・ディアス(前14) 2020.10.22 06:02 Thu
twitterfacebook
thumb

今季こそは! シティ悲願のCL制覇にペップ「もうすぐそこまで来ている」

ジョゼップ・グアルディオラ監督がマンチェスター・シティでのチャンピオンズリーグ(CL)制覇についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 今シーズンで10年連続のCL出場となったシティ。近年、優勝候補の一角として挙げられているものの、ベスト8を突破したのは2015-16シーズンの1回のみとなっている。 悲願のCL制覇を切望するシティは、21日にホームでグループステージ第1節のポルト戦を戦う。 前日会見の席でグアルディオラ監督は、CLタイトルまでの距離について持論を展開。工夫と改善を施して変化が必要だと語っている。 「我々の戦い方を分析すると、もうすぐそこまで来ていると感じている。だが、それと同時に我々はミスを犯してしまうので、勝ち抜くのに値しないとも感じる」 「何度も準々決勝まで進出した。10回連続の出場は素晴らしいことだが、このクラブの現実を知っている。次のステップはCLのタイトルに向けて一歩前進することだ。今までやってきたことは過去のこと。次は新たな戦いだ」 「この大会では今までと違うことをしなければならない。これまでのゲームを振り返ってみると、リバプールに0-3で敗れた時も、トッテナムやリヨンとの試合でも、我々はそう遠くないと感じている。小さなギャップを解決しなければならない。そうしなければ、CLタイトルに値しない」 2020.10.21 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジルの超攻撃的SBアレックス・サンドロがポルト時代に決めた美しいロングチップシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロがポルト時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ポルト時代のサンドロが決めた美しいチップシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJFT1VZdTYzdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国でのデビューを経て、ウルグアイのクラブやサントスでプレーしたサンドロ。2011年夏にポルトに加入しヨーロッパデビューを果たすと、2015年夏にユベントスに移籍している。 攻撃的SBとして活躍するサンドロだが、2013年1月19日に行われたプリメイラ・リーガ第15節のパソス・デ・フェレイラ戦では、美しいチップシュートを決めている。 0-0で前半を折り返し、後半開始早々の47分、ゴール正面のボックス手前でボールを持ったMFルチョ・ゴンサレスが左サイドを駆け上がるサンドロにパスを送る。ボックス左の際でボールに追いついたサンドロは、なんとここからクロスに見せかけてチップシュート。ボールは美しい放物線を描きながら見事にGKの頭上を超えると、ゴール右に決まった。 サンドロの見事なゴールで先制したポルト。その後も追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.10.15 19:00 Thu
twitterfacebook