横浜FMが連勝ストップもエリキ6戦8発でドロー 鳥栖は森下2試合連続ゴールも今季初連勝ならず《J1》

2020.09.30 21:31 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第25節の1試合が30日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、横浜F・マリノスvsサガン鳥栖は1-1のドローに終わった。

4試合連続の3得点で4連勝を飾り、上位追撃ムードが強まる5位横浜FMは前節の先発から7選手変更のターンオーバー。一方、FC東京戦を3-0の快勝で飾り、3連敗ストップの4試合ぶり白星を手にした14位鳥栖も先発の半分以上となる6選手のメンバーチェンジを施した。

横浜FMがACLを戦う影響で当初予定の10月下旬から前倒し開催の一戦は互いに後ろからの丁寧なビルドアップで攻撃を形作ろうとするなど、それぞれの特長を出し合っての戦いになる。そのなかで、今季初の連勝がかかる鳥栖はプレッシングとパスワークで昨季王者を相手に序盤から好勝負を演じていく。
対する横浜FMは10分に高野の負傷交代を強いられるなど、鳥栖のスムーズなフィニッシュワークに手を焼いたものの、フォアチェックをフィニッシュに繋げるなど、徐々に攻勢ムードに。22分には前節を欠場したジュニオール・サントスが立て続けにシュートを放ったが、GK高丘が立ちはだかる。

守護神の踏ん張りも光る鳥栖は28分、原川の絶妙なスルーパスに反応した右サイドバックの森下が敵陣右サイド深くに抜け出して低い弾道のクロスボールを供給。ボックス中央で合わせた趙東建はこのチャンスを生かせなかったが、ボールの主導権を握り返せば、しっかりと押し上げて反抗する。

そんな拮抗したゲームを先に動かしたのは鳥栖。ゴールレスで迎えた49分、左CKのチャンスを獲得すると、キッカーの原川が右足クロスボールを供給する。扇原の中途半端なクリアボールをボックス内で拾った森下の振り向きざまに右足でインパクトしたボールがゴール上隅に突き刺さった。

ここ5戦連発中と絶好調のエリキをハーフタイム明けから送り出したものの、先制を許してしまった横浜FMは69分、チーム最多11得点のマルコス・ジュニオールとエジガル・ジュニオを投入。対する鳥栖も75分までに小屋松、本田、林、小林、内田の投入で交代カードを使い切り、横浜FMに対抗する。

しかし、横浜FMが鳥栖のひとつのミスにつけいる。84分、そのわずか1分前に最後のカードでピッチインの天野が敵陣中央で松岡の横パスをカットすると、右サイドから中に絞る動きでボックス内を目指したエリキにパス。左足シュートをゴール左下に決め、横浜FMが終盤に追いついてみせる。

エリキのここ6試合で8発目となるゴールでついに鳥栖の守りを崩した横浜FMはその直後に浴びたカウンターから林に決定的な場面を許しながら勝ち越しを目指したが、このまま終了。絶好調エリキの同点弾で追いついた横浜FMと、森下の2試合連発となる今季3得点目で先制した鳥栖の一戦は痛み分けに終わった。

横浜F・マリノス 1-1 サガン鳥栖
【横浜FM】
エリキ(後39)
【鳥栖】
森下龍矢(後4)


関連ニュース
thumb

「もはや持ち歌」一日区長就任の横浜FM宮市亮、最初の仕事はチャント熱唱「相変わらず歌上手い」「期待通りだった」

横浜F・マリノスの日本代表FW宮市亮が美声を披露した。 25日、宮市は横浜市港北区の「一日区長」へ就任。横浜FMのホームスタジアムである日産スタジアムも港北区内に存在している。 港北区役所へ姿を見せたアタッカーは、一日区長としての最初の仕事、委嘱状交付の前に「今日の初の仕事ということで…」と切り出し、挨拶代わりに「この街に、シャーレを〜」と歌い始めた。 ホーム最終戦のセレモニーでも宮市はこのチャントを熱唱。ファンからも「絶対すると思った」、「もはや持ちネタ」、「無駄に住民票取りに行きますか」、「相変わらず歌上手いな」、「もはや持ち歌」、「期待通りだった」、「マリノスのチャントだけど職場のマリノス興味ない人に宮市の歌って言われた笑」、「もはやお家芸やな」といった声が上がるなど、完全に鉄板と化している模様だ。 今季はケヴィン・マスカット監督の下で3年ぶり5度目のJ1優勝を果たした横浜FM。宮市は現在、右ヒザ前十字じん帯断裂からのリハビリ中だが、「優勝しないと持ちネタじゃなくなってしまうので連覇しよう」とのコメントもあるように、連覇へ向け、攻撃のけん引役の1人として復活が待たれている。 <span class="paragraph-title">【動画】もはやお家芸、港北区長・宮市亮がチャントを熱唱</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%AE%E5%B8%82%E4%BA%AE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宮市亮</a> 一日港北区長の最初のお仕事は…<br><br>「この街に、シャーレを」<br>挨拶代わりに自慢の歌唱力で区民の皆さんの心を鷲掴み<a href="https://twitter.com/hashtag/fmarinos?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fmarinos</a> <a href="https://twitter.com/yokohama_kohoku?ref_src=twsrc%5Etfw">@yokohama_kohoku</a> <a href="https://t.co/9h7ADHgZFm">pic.twitter.com/9h7ADHgZFm</a></p>&mdash; 横浜F・マリノス【公式】 (@prompt_fmarinos) <a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos/status/1596014817474916352?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FM、小学生から所属のDF池田航と契約満了…今季途中からはJFLのFCマルヤス岡崎に期限付き移籍「人間性の成長もF・マリノスで学べた」

横浜F・マリノスは25日、DF池田航(21)との契約満了を発表した。 池田は横浜FMの下部組織育ちで、プライマリー追浜からジュニアユース追浜、ユースと昇格。2020年にトップチームに昇格していた。 1年目の途中からSC相模原へ育成型期限付き移籍すると、2021年はカマタマーレ讃岐へ、今シーズンは7月にJFLのFCマルヤス岡崎へ育成型期限付き移籍していた。 横浜FMでは試合の出番はなく、Jリーグでは讃岐時代にJ3で2試合に出場したのみ。岡崎ではJFLで7試合に出場していた。 池田はクラブを通じてコメントしている。 「小学生の頃からF・マリノスのエンブレムを背負ってサッカーをやってきて、サッカーだけでなく、人間性の成長もF・マリノスで学べたことをとても嬉しく思います」 「自分がトップチームに昇格する前年と、F・マリノスを去る年に“優勝“という最高のプレゼントを貰った気持ちです。自分もチームのタイトル獲得に貢献できるような選手になれるよう、頑張っていきます!」 「最後に、今までずっと応援してくださったマリノスサポーターの皆さんありがとうございました。これからも応援してくださると嬉しいです!」 2022.11.25 10:22 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ戦を控える横浜FM、マスカット監督が新型コロナ陽性

横浜F・マリノスは24日、ケヴィン・マスカット監督が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、23日にマスカット監督は体調不良を訴えたとのこと。クラブが独自の抗原検査を実施したところ、陽性判定となったという。 24日にはPCR検査を実施し、陽性判定。現在は適切な指導、対策のもとで療養をしているという。 なお、クラブの選手やスタッフに濃厚接触者はいないとのことだ。 Jリーグのシーズンは終了し、見事に3年ぶりに優勝を果たした横浜FMだが、28日には来日中のローマと対戦予定となっている。 2022.11.24 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM、ユース出身FW山谷侑士の契約満了発表「12年間、横浜F・マリノスでプレーできてよかったです」

横浜F・マリノスは24日、FW山谷侑士(22)の契約満了を発表した。 神奈川県出身の山谷は、U-18まで横浜FMの下部組織に所属すると2019シーズンにプロデビュー。その後、水戸ホーリーホック、鹿児島ユナイテッドFCへのレンタルを経て、今シーズンは横浜FCに期限付き移籍の形で加入した。 同じく横浜を本拠地とするクラブで活躍が期待されたが、最後までポジションを掴むことはできず。1年でのJ1復帰を果たしたチームにおいて、リーグ戦2試合の出場にとどまった。 横浜FCからも期限付き移籍期間満了が発表された山谷は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「活躍してプレーしている姿を日産スタジアムで見せたかったのですが、自分の力不足で叶えることができず悔しいです。今より更に成長して頑張るので陰ながら応援していただけるとうれしいです。小学校から12年間、横浜F・マリノスでプレーできてよかったです。ありがとうございました!」 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターのみなさん。山谷侑士です。チームとしてはJ1昇格できましたが、個人としてはなかなかチームの力になれず悔しいシーズンでした。しかし、多くのことを横浜FCから学ぶことができました。チームは離れますが、どこかで再会した時は応援していただけると嬉しいです!1年間ありがとうございました!」 2022.11.24 13:23 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM、GK中林洋次の契約満了を発表「感謝しかありません」

横浜F・マリノスは24日、GK中林洋次(36)の契約満了を発表した。 神奈川県出身の中林は、横浜FMのジュニアユースに所属。2005年に入団したサガン鳥栖でプロデビューを飾ると、サンフレッチェ広島、ファジアーノ岡山を経て、2019年夏に地元クラブである横浜FMに期限付き移籍の形で加入。明治安田生命J1リーグ優勝に貢献すると、翌年完全移籍に切り替わった。 しかし、その後はGK高丘陽平やGKオビ・パウエル・オビンナの存在もあり、出場機会を得ることはできず。今シーズンも公式戦出場はなく、リーグ戦では一度もベンチ入りしなかった。 地元クラブの横浜FMを去ることになった中林は、クラブを通じてこれまでの感謝を述べている。 「契約満了により今年でチームを離れることになりました。僕にとってF・マリノスは地元クラブであり、ジュニアユース時代「プロサッカー選手」という夢を与えてくれたクラブでもあります。そんな思い入れのあるクラブに33歳という年齢から迎え入れてくれたことは感謝しかありません」 「なかなか自分の持ち味をピッチで発揮することができませんでしたが試合に向けて準備を続ける日々は充実した時間でした。ここで得た経験を今後のサッカー人生に活かして悔いのないものにしていきたいです。3年半あたたかい応援ありがとうございました」 2022.11.24 10:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly