敵地でゴールレスもオリンピアコスが2大会連続の本戦出場を決める!《CL》

2020.09.30 06:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
29日にチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ2ndレグの3試合行われた。2大会連続の本戦出場を目指すオリンピアコス(ギリシャ)は、アウェイでオモニア(キプロス)と対戦し、0-0の引き分けに終わった。この結果、2戦合計スコア0-2でオリンピアコスが本選出場を決めた。

ホームでの1stレグを2-0と先勝したオリンピアコスは、開始早々の5分にチャンス。ヴァルブエナの浮き球のパスで抜け出したエル・アラビがボックス右からシュートを放ったが、これは相手GKのセーブに防がれた。

オリンピアコスは19分にも、相手DFのクリアミスを奪ったカマラの折り返しをランジェロビッチが右足で合わせたが、これはわずかにゴール左に外れた。

後半も主導権を握るのはオリンピアコスは65分、左からの折り返しをボックス手前のブハラキスがダイレクトシュートであわせると、このこぼれ球にエル・アラビが反応したが相手DFがボールを突っつき決定機を阻止。さらにこぼれ球をランジェロビッチが左足で狙ったが、シュートは飛び出した相手GKのセーブに阻まれた。

結局、試合はゴールレスドローで終了。2戦合計スコア0-2でオリンピアコスが本戦出場を決めた。

また、4季ぶりの本戦出場を目指すディナモ・キエフ(ウクライナ)vs5季ぶりの本戦出場を目指すヘント(ベルギー)は、3-0でディナモ・キエフが勝利。この結果、2戦合計スコア5-1でディナモ・キエフが本選出場を決めた。

その他、初の本戦を狙うフェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)と11季以来の本戦を目指すモルデ(ノルウェー)の一戦は、ゴールレスドローでタイムアップ。2戦合計スコアは3-3となったが、アウェイゴール差でフェレンツヴァーロシュが本選出場を決めた。

◆CL予選プレーオフ2ndレグ
▽9/30(火)
オモニア 0-0(AGG:0-2) オリンピアコス
ディナモ・キエフ 3-0(AGG:5-1) ヘント
フェレンツヴァーロシュ 0-0(AGG:3-3) モルデ

▽10/1(水)
ミッティラン vs スラビア・プラハ
PAOK vs FCクラスノダール
ザルツブルク vs マッカビ・テルアビブ
コメント
関連ニュース
thumb

オリンピアコス、PSVのポルトガル代表FWブルマをレンタル移籍で獲得

オリンピアコスは5日、PSVのポルトガル代表FWブルマ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ギニアビサウ出身のブルマは、スポルティング・リスボンの下部組織で育ち、2013年2月にファーストチームへと昇格した。 2013年9月にガラタサライへ完全移籍すると、その後はガズィアンテプスポル、レアル・ソシエダへのレンタル移籍を経験。2017年7月にRBライプツィヒへと完全移籍する。 ライプツィヒでは公式戦67試合に出場し10ゴール5アシストを記録。2019年7月にPSVへ完全移籍すると、2019-20シーズンはエールディビジで18試合に出場し3ゴール3アシスト。ヨーロッパリーグでも6試合に出場し1アシストを記録。今シーズンも開幕から3試合に出場していた。 世代別のポルトガル代表を経験しているブルマは、ポルトガル代表としてもここまで9試合でプレーし、1ゴールを記録している。 2020.10.05 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

本大会常連のオリンピアコス&D・キエフが先勝!《CLプレーオフ》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ・1stレグの3試合が23日に行われた。 CLグループステージ参戦を懸けたプレーオフは、国内リーグ王者同士が対戦するチャンピオンズパス、UEFAカントリーランキングで5位以下の各国リーグ上位チーム同士が対戦するリーグパスに分かれている。 チャンピオンズパスでは本大会の常連であるオリンピアコス(ギリシャ)が、オモニア(キプロス)とホームで対戦。試合は球際での攻防が強調された拮抗した展開となった中、後半半ばにスコアが動く。69分、MFランジェロビッチの果敢な仕掛けからPKを得たオリンピアコスは、キッカーのMFヴァルブエナが冷静に決めてホームチームが先制に成功する。 さらに、試合終了間際にはFWエル・アラビがペナルティアーク付近から豪快な左足のミドルシュートを突き刺し、勝利を決定付ける2点目とした。そして、このまま逃げ切ったオリンピアコスが2-0のスコアで先勝している。 また、モルデ(ノルウェー)とフェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)の一戦は、壮絶な打ち合いとなった中、3-3のドローに終わり、アウェイゴール3つを手にしたフェレンツヴァーロシュが優位に立っている。 リーグパスではヨーロッパのコンペティションの常連であるヘント(ベルギー)と、ディナモ・キエフ(ウクライナ)が対戦。1-1のイーブンで折り返した後半立ち上がりにヘントにアクシデントが発生。古巣対戦のMFベズスがわずか4分間で立て続けに2枚の警告をもらい、退場処分に。 すると、数的優位を手にしたアウェイチームはここから攻勢を強めると、79分にボックス左で味方のシュートのこぼれ球に反応したMFデ・ペナがGKの股間を抜くシュートを流し込み、ディナモ・キエフが勝ち越しに成功。このまま逃げ切ったウクライナの雄が、敵地で先勝した。 なお、本大会行きを懸けた運命の2ndレグは29日と30日に開催される。CLプレーオフ1stレグの結果および日程は以下の通り。 ■CLプレーオフ1stレグ結果 ◆チャンピオンズパス ▽9/23(水) オリンピアコス 2-0 オモニア モルデ 3-3 フェレンツヴァーロシュ ▽9/22(火) スラビア・プラハ 0-0 ミッティラン マッカビ・テルアビブ 1-2 ザルツブルク ◆リーグパス ▽9/23(水) ヘント 1-2 ディナモ・キエフ ▽9/22(火) FCクラスノダール 2-1 PAOK 2020.09.24 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

元フランス代表MFエムビラがオリンピアコスに完全移籍

オリンピアコスは14日、サンテチェンヌの元フランス代表MFヤン・エムビラ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 フランス代表として22試合の出場歴を持つセントラルMFのエムビラは、レンヌの下部組織出身。レンヌで頭角を現し、これまでルビン・カザンやインテル、サンダーランドに所属した。 2018年1月に加入したサンテチェンヌでは公式戦91試合に出場し、昨季はリーグ・アンで23試合に出場して2アシストを記録していた。 2020.09.15 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

チャビ監督率いるアル・サッド、オリンピアコスMFギリャルメを3年契約で獲得

カタールのアル・サッドは8月31日、オリンピアコスからブラジル人MFギリャルメ(29)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は3年間となる。 ギリャルメはポルトゥゲーザやコリンチャンスでプレーしたのち、2014年7月にウディネーゼへ完全移籍。2016年7月にデポルティボ・ラ・コルーニャへレンタル移籍。2018年8月にオリンピアコスへ完全移籍した。 オリンピアコスでは公式戦79試合に出場し11ゴール4アシストを記録。2019-20シーズンは公式戦46試合に出場し7ゴール2アシストを記録していた。 チャビ・エルナンデス監督率いるアル・サッドは、今夏ビジャレアルからスペイン代表MFサンティ・カソルラ(35)を獲得していた。 2020.09.01 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスが元ブラジル代表DFラフィーニャの獲得を正式発表! バイエルンで多くのタイトル獲得

オリンピアコスは23日、フラメンゴの元ブラジル代表DFラフィーニャ(34)の獲得を発表した。背番号は「13」となる。契約期間は2022年夏までとなる。 ラフィーニャはコリチーバでプロデビュー後、シャルケ、ジェノアを経て、2011〜2019年までバイエルンに所属。ブンデスリーガ7連覇やチャンピオンズリーグ(CL)、クラブ・ワールドカップ(CWC)など数々のタイトル獲得に寄与した。 バイエルンと契約満了の昨夏には2年契約でフラメンゴに移籍。14年ぶりの母国復帰を果たすと、公式戦46試合に出場して、コパ・リベルタドーレス、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAなどの優勝に貢献した。 フラメンゴは14日に、ラフィーニャのオリンピアコス移籍に向けた現地行きをすでに発表していた。 2020.08.24 11:58 Mon
twitterfacebook