【J1注目プレビュー|第18節:清水vs浦和】連敗脱出の清水、勢いに乗るべく2013年以来の浦和撃破に挑む

2020.09.23 15:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第18節】
2020年9月23日(水)
19:30キックオフ
清水エスパルス(16位/12pt) vs 浦和レッズ(8位/27pt)
[IAIスタジアム日本平]◆やっと止めた連敗、勢いに乗れるか【清水エスパルス】

前節はアウェイでの湘南ベルマーレ戦。“裏天王山”として、下位同士の対決となったが、0-3で快勝を収めた。連敗をストップするとともに、J1通算400勝もやっと達成した清水。この勝利を足掛かりに、勢いに乗りたいところだ。

今シーズンからピーター・クラモフスキー監督が就任し、攻撃に比重を置いたサッカーを展開。攻撃のパターンが増え、相手のゴールに迫る回数も増えていたが、フィニッシュの精度の低さに悩んでいた。

しかし、3バック、2トップの[3-5-2]とシステムを変えたことで大きく改善。守備陣が安定したことに加え、得点力を取り戻せそうな予感を感じさせた。

今節は難敵の浦和が相手だが、しっかりと守備を構築した上でゴールを決められるか。2013年以来勝利がない鬼門である浦和に勝利し、勢いをつけたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:大久保択生
DF:ヴァウド、立田悠悟、ヘナト・アウグスト
MF:金子翔太、竹内涼、西澤健太
MF:後藤優介、中村慶太
FW:7カルリーニョス・ジュニオ、ジュニオール・ドゥトラ
監督:ピーター・クラモフスキー

◆首位相手に完敗、それでも前を向く【浦和レッズ】

前節は首位の川崎フロンターレに真っ向勝負を挑んだが、完全に力負け。試合の入りこそ悪くなかったが、技術の差で先制ゴールを許すと防戦が続いた。

前々節の北海道コンサドーレ札幌戦は、リードから逆転を許し、土壇場で勝利というシーソーゲームを展開したが、川崎F戦ではクオリティの差を痛感させられ、追いつくどころか、ゴールすら許されなかった。

今シーズンは連勝も連敗も少ない出入りの激しい試合をしているが、ここで肩を落として連敗するわけにはいかない。団子状態の中位から脱却するためには、しっかりと下位相手に取りこぼさないこと。すぐに試合がやってくるため、連敗は避けなければいけない。

大きく戦い方を変える必要はないが、やはり自信を掴む事が大事。良い流れの時間帯でしっかりと得点を奪えるかが白星への近道だろう。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔
MF:マルティノス、青木拓矢、柴戸海、関根貴大
FW:興梠慎三、レオナルド
監督:大槻毅
コメント
関連ニュース
thumb

【ルヴァンカップ決勝プレビュー|柏vsFC東京】共に3度目の頂点へ、シーズン締めくくりの決戦!

【YBCルヴァンカップ決勝】 2021年1月4日(月) 14:35キックオフ 柏レイソル vs FC東京 [国立競技場] ◆7年ぶり3度目の戴冠へ【柏レイソル】 チーム内での新型コロナウイルス感染者が出た影響で、11月から延期。シーズン最後のゲームとなったルヴァンカップ。柏は3度目の優勝に向けて調整を進めた。 過密日程の最中に行う予定だった決勝だったが、リーグ戦終了から2週間後の開催とあり、選手たちも疲労は取れているはずだ。 柏としては2013年以来3度目の優勝を目指す今大会。当時はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)参戦のため、グループステージなしでの戴冠となった。 2020シーズンの柏はグループステージからの参戦。ガンバ大阪、湘南ベルマーレ、大分トリニータと同居したグループDを3連勝で突破。プライムステージでは、セレッソ大阪、横浜F・マリノスを下し、決勝へと駒を進めた。 シーズン終盤は3バックと4バックを併用し、FC東京相手にどの布陣で臨むのかは不明。明治安田J1の最終節では王者の川崎フロンターレ相手に2-3と渡り合ったこともあり、自信を持ってこの決勝に臨んでくるだろう。 ポイントはやはりFWオルンガ。リーグ得点王だけでなく、MVPまで受賞。この男を止めることができるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・スンギュ DF:北爪健吾、大南拓磨、山下達也、古賀太陽 MF:三原雅俊、大谷秀和 MF:クリスティアーノ、江坂任、瀬川祐輔 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆11年ぶり3度目の戴冠へ【FC東京】 対するFC東京は、2009年以来11年ぶりの戴冠を目指す。決勝進出も優勝した時以来。柏と同様に、決勝進出時は2度とも優勝しているため、今年も期待が高まる。 リーグ戦の過密日程に加え、ACLも戦ったFC東京としてはとても厳しいシーズンとなった。特に10月は4連敗を喫するなどチーム状態が最悪。その中で迎えるはずだった決勝だっただけに、この時期に延期されたことは不幸中の幸いかもしれない。 ACL参戦もあったため、プライムステージからの登場となったFC東京。準々決勝では名古屋グランパスを下すと、準決勝では川崎フロンターレを下しての決勝進出。圧倒的な強さを誇った川崎Fを下しての決勝進出は大きなものとなった。 その後ACLの戦いを挟み、リーグ戦のラスト2試合はともに1-0で連勝。悪くない形でシーズンを終えていた。 こちらもどのような布陣で臨むのかが読めない状況。ACLで試した森重真人をアンカーに置くスタイルは、リーグ戦でも継続していた。果たしてその形を継続するのかどうか。勝負師・長谷川健太監督が選ぶ策が気になるところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:中村拓海、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:東慶悟、森重真人、安部柊斗 FW:三田啓貴、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 2021.01.04 11:11 Mon
twitterfacebook
thumb

【天皇杯決勝プレビュー|川崎FvsG大阪】結束強まるフロンターレか、雪辱期すガンバか

【天皇杯決勝】 2021年1月1日(金) 14:40キックオフ 川崎フロンターレ(J1・1位) vs ガンバ大阪(J1・2位) [国立競技場] 記念すべき第100回大会の元旦国立決戦に勝ち上がったのはJ1リーグ王者の川崎フロンターレと2位のガンバ大阪。川崎Fが制すればクラブ初優勝、G大阪に歓喜が訪れれば2015年以来、5季ぶり6度目の載冠となる。 ◆バンディエラの最後を飾れ【川崎フロンターレ】 今季のJ1リーグで圧倒的な強さを見せつけ、記録ずくめの2季ぶり制覇を成し遂げた川崎F。鹿島アントラーズに屈して準優勝に終わった2016年大会以来の天皇杯決勝となる。 制すればクラブ初という部分だけでもチームの士気が高まるが、それ以上に負けられないワケがある。クラブのバンディエラである中村憲剛の現役ラストマッチだからだ。 さらに、今冬の海外挑戦が取り沙汰される守田英正も報道通りなら、川崎F退団前の最終戦に。両選手の新たな門出を祝すためにも、2冠達成で記録的な今季を締めくくりたい。 そんな川崎Fは今大会、準決勝からの登場となり、J3リーグ覇者のブラウブリッツ秋田と対戦して2-0の勝利。J3リーグ開幕28戦無敗で最速Vの相手を自慢の攻撃力でねじ伏せた。 決勝戦で対峙するG大阪とは今季2戦2勝。1stマッチこそ1-0のロースコアだったが、2季ぶりのJ1リーグ優勝を決めたリターンマッチは5-0の快勝で飾り、嫌なイメージがないに等しい。 そして、G大阪との3度目となる一戦に向け、登里享平の出場は難しそうだが、負傷明けの大島僚太と車屋紳太郎が準決勝から戦列復帰。戦力的にもほぼベストな陣容で挑めそうだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:田中碧、守田英正、大島僚太 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆目前Vをやり返せ【ガンバ大阪】 近年のJ1リーグで中位を彷徨うシーズンが続いたG大阪だが、今季は粘り強い守備で接戦をモノにするスタイルで2位フィニッシュ。ここ数年の低迷から久々に上位進出を果たした。 ただ、元々は常勝が求められるチーム。復権をアピールするなら、タイトルが欲しい。遡れば、頂に立ったのは2015年の天皇杯が最後。過去9つのタイトル全ては遠藤保仁がいた頃だ。 新たな歴史を築いていくためにも、10個目の星が欲しいG大阪だが、相手は今季2戦2敗の川崎F。中村を有終の美で送り出そうと強い結束もあるが、G大阪にも意地と期する思いがある。 そんなG大阪はシーズン終盤に主力の故障者が相次いだが、ここに来て整いつつある。先の準決勝では宇佐美貴史と小野瀬康介が復帰。あとは井手口陽介がどうかというところだ。 準決勝ではJ2リーグ王者の徳島ヴォルティスと対戦。ボールを握るスタイルの徳島に守勢の時間が多かったが、粘り強い守備で勝機を引き寄せる、今季を象徴する戦いで勝ち切った。 守備の時間が多くなりそうな川崎F戦でも相手の隙を突く堅守速攻をどれだけ貫けるか。ハイプレスの機能性も見どころの1つになりそうだ。3度目の正直で、目前Vのやり返しを狙う。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、矢島慎也、山本悠樹、倉田秋 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2021.01.01 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【J2注目プレビュー|最終節:福岡vs徳島】J1昇格を決めた両者、徳島有利の優勝争い、福岡はダブルなるか

【明治安田生命J2リーグ最終節】 2020年12月20日(日) 14:00キックオフ アビスパ福岡(2位/81pt) vs 徳島ヴォルティス(1位/84pt) [ベスト電器スタジアム] ◆逆転優勝は望み薄もシーズンダブルへ【アビスパ福岡】 前節はアウェイでの愛媛FC戦で、0-2と順当勝利。勝てば昇格の可能性があった中、3位のV・ファーレン長崎がヴァンフォーレ甲府と引き分けたために5年ぶりのJ1昇格が決定した。 まずは勝って徳島の優勝を止めることが目的だったが、しっかりと勝利を収めた結果の昇格決定に選手たちは沸いた。 前半戦はつまづく時期もあり、3連敗の5戦未勝利という苦境を味わったが、後半戦はわずか2敗。怒涛の12連勝で昇格争いをリードししていた。 どんな運命か、最終節は首位の徳島との対戦。両者の勝ち点差は「3」であり、逆転優勝の可能性は僅かに残されているが、得失点差が14も離れているために難易度はかなり高いミッションとなる。 それでも、前半戦で0-1で勝利しており、シーズンダブルを狙いたいところ。また、昨シーズンの明治安田J2最終節では柏レイソルが13-1という偉業を成し遂げており、8点差をつければ逆転優勝が可能。最後まで福岡らしくしっかりと勝利を収められるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:セランテス DF:エミル・サロモンソン、三國ケネディエブス、カルロス・グティエレス、湯澤聖人 MF:山岸祐也、重廣卓也、前寛之、田邉草民 FW:フアンマ・デルガド、遠野大弥 監督:長谷部茂利 出場停止:上島拓巳 ◆得失点差で大幅リードも勝って締めくくれるか【徳島ヴォルティス】 前節はホームに大宮アルディージャを迎え、1-0で勝利。自力での7年ぶりとなるJ1昇格を手にした。 直前の2試合では水戸ホーリーホックに1-0で敗戦、ジェフユナイテッド千葉には0-0でドローとあまり良くない流れだっただけに嫌な空気も流れたが、得意とする大宮をしっかりと倒しての昇格決定に沸いていた。 残すは悲願のJ2初優勝。2度と戻ってこないという目標を掲げれば、もう優勝するチャンスはない。得失点差は「14」あり、よほどのことがなければ負けても優勝する可能性は高い。しかし、シーズン最後を負けて終わるわけには行かないはずだ。 敵地での一戦となるが、しっかりと勝利して優勝を決め、気持ちよくJ1の舞台に迎えるか。また、天皇杯出場権もかかっているだけに、最後まで試合巧者ぶりを見せて勝利したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:岸本武流、内田航平、福岡将太、田向泰輝 MF:小西雄大、岩尾憲、鈴木徳真 FW:浜下瑛、垣田裕暉、西谷和希 監督:リカルド・ロドリゲス 2020.12.20 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:柏vs川崎F】中村憲剛のJリーグラストマッチ、柏はルヴァン決勝へ弾みを

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2020年12月19日(土) 14:00キックオフ 柏レイソル(7位/52pt) vs 川崎フロンターレ(1位/80pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆ルヴァンカップ決勝へ弾みをつけるか【柏レイソル】 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し、0-1で勝利を収めた。 今シーズンはチーム内でのクラスター発生など苦しい状況にも立たされた柏。エースであるオルンガがここまで驚異の27得点を記録し、得点王のタイトルを手中に収めている状況だ。 その柏は1月4日に延期となっていたYBCルヴァンカップ決勝でFC東京と対戦する。今節でリーグ戦は終了となるが、残り1試合今シーズンの戦いがあるだけに、しっかりと良い形でリーグ戦を終えたいところ。 その相手は王者の川崎Fだ。圧倒的な強さを見せてきた王者を相手にどこまで戦えるのか。シーズン序盤にアウェイで戦った際は3-1で敗れているが、そこからの成長度合いを図りたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:大南拓磨、山下達也、古賀太陽 MF:北爪健吾、三原雅俊、大谷秀和、瀬川祐輔 MF:クリスティアーノ、江坂任 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆史上最強の王者、天皇杯へ弾みを【川崎フロンターレ】 前節はホームに浦和レッズを迎えて3-1で勝利。史上最多勝ち点を記録した。 その浦和戦では先制されるも、しっかりと逆転。王者の風格をホームでしっかりと見せつけることに成功した。 今シーズン限りで現役引退を表明している中村憲剛にとっては、Jリーグでのラストゲームとなる。また、新人の三笘薫は新人ゴール記録タイの13得点を記録。あと1ゴールを奪えば、新人最多得点記録を樹立するだけに、三笘のゴールにも期待がかかる。 その川崎Fは、リーグ戦終了後に天皇杯が残っており、リーグとの2冠を目指す。しっかりと最終節も勝利して、弾みをつけたいところだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:脇坂泰斗、守田英正、田中碧 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 2020.12.19 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:名古屋vs広島】名古屋は勝てばACL確定、広島は指揮官不在でどう戦う

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2020年12月19日(土) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(3位/60pt) vs サンフレッチェ広島(8位/48pt) [豊田スタジアム] ◆3位死守へ勝利を【名古屋グランパス】 前節は横浜FCをホームにむかえて0-0のゴールレスドロー。手痛い引き分けとなってしまった。 2位フィニッシュを目指す中で痛い引き分けを喫すると、その影響はミッドウィークに出てしまいガンバ大阪の2位が確定。名古屋は3位を目指して最終節に臨む。 しかし、4位のセレッソ大阪とは勝ち点差1、5位の鹿島アントラーズとは勝ち点差2の状況。この両チームが直接対決のため、4位以上はすでに確定しているが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を得られる3位で終えなければ意味がない。 ここ5試合は負けなしだが、引き分けでは抜かれる可能性もある。ガブリエル・シャビエルが出場停止となり苦しい戦いとなるが、しっかりとホームラストゲームで勝利を収めたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:オ・ジェソク、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、相馬勇紀 FW:前田直輝、阿部浩之 監督:マッシモ・フィッカデンティ 出場停止:ガブリエル・シャビエル ◆指揮官不在の最終戦、勝利で締めくくれるか【サンフレッチェ広島】 前節はホーム最終節で柏レイソルを迎え0-1で敗戦を喫してしまった。 直近4試合は未勝利、さらに連敗中とここにきて結果がついてこない。さらに、城福浩監督が退席処分となり、最終節で指揮を執れないことに。この窮地をどう乗り切るのか、チーム力が試される。 広島が苦戦している理由はただ1つ。フィニッシュの精度の低さだ。試合の運び方は問題ないものの、ボックス付近でのプレー精度を欠いてしまい、この2試合は無得点。15得点を記録したFWレアンドロ・ペレイラが帰国したことが大きく影響している。 とはいえ、今シーズンのラストゲーム。アウェイゲームとなるが、負ければ2桁順位に落ちる可能性もある。しっかりと最後は締めくくりたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:茶島雄介、川辺駿、青山敏弘、東俊希 MF:浅野雄也、森島司 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督代行:沢田謙太郎 出場停止:城福浩 2020.12.19 11:37 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly