アトレティコ、ヒメネスが新型コロナ感染…今月半ばにはシメオネ監督も

2020.09.22 21:58 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは22日、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスが新型コロナウイルスに感染したことを報告した。声明によると、クラブは21日にトップチームの選手及びコーチングスタッフ・補助スタッフを対象にPCR検査を実施。その結果、ヒメネスに陽性反応が確認されたとのこと。

アトレティコでは先月にMFアンヘル・コレアとDFシメ・ヴルサリコが感染。今月12日にはディエゴ・シメオネ監督にも感染が確認されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、レマルの1年8カ月ぶりのゴールで7連勝! 次節ダービーに弾み《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第12節、アトレティコ・マドリーvsバジャドリーが5日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。 現在、2位のアトレティコ(勝ち点23)は前節、バレンシア相手にウノセロでのらしい勝利を飾り、6連勝を達成。今節では18位に沈むバジャドリー相手に7連勝を目指した。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦を1-1のドローに終えたことにより、グループステージ突破を最終節に持ち越すことになっており、ザルツブルクとの直接対決を控える中、今節では幾つかのポジションでターンオーバーを採用。負傷のヒメネス、カラスコに加え、コケ、マルコス・ジョレンテ、フェリックスを温存し、コロナウイルスから回復したスアレスやビトロ、レマル、エレーラ、フェリペが起用された。 攻撃時にスアレスを最前線に置きレマルとコレアが2シャドーに入る[3-4-2-1]の布陣で臨んだアトレティコは、序盤からボールの主導権を握る。開始4分にはコレアのシュートをGKが弾くと、これを奪ったスアレスがドリブルでかわしにかかるが、ボールがゴールラインを割ってしまう。 その後も相手陣内で大半の時間を過ごすアトレティコだが、フェリックスやコレアらの不在が響き、引いた相手に対してなかなか効果的にボールを動かすことができない。最前線のスアレスも駆け引きを繰り返すものの、コンディションの問題か、個で打開するシーンはほとんどない。 一方、完全にカウンター狙いの相手に対して幾度か自陣への侵入を許したが、ここまでわずか2失点の守備陣が簡単にボックス内への侵入を許さず、相手の攻撃を可能性の低いミドルシュートに留めた。 互いに決定機が少ないクローズな前半を経て試合は後半に突入。早い時間帯にゴールをこじ開けたいアトレティコはビトロに代えてジョレンテをハーフタイム明けに投入した。 この交代によって後ろを4バックに代えて、より前がかった形にして攻勢を強めると、56分にゴールをこじ開ける。相手陣内中央でボールを受けたジョレンテの斜めのスルーパスに抜け出したトリッピアーが絶妙なグラウンダーのクロスを供給。中央のスアレスは合わせられなかったものの、ファーに詰めていたレマルが角度のないところから左足で流し込んだ。 レマルの2019年4月のエイバル戦以来となる値千金のゴールによって先手を奪ったアトレティコは、ゴール直前に準備させていたフェリックスとコケをコレア、サウールに代えて投入。ここから完全に試合の主導権を握った。 そして、72分にはGKオブラクからのロングボールをハーフウェイライン付近で競り勝ったトリッピアーがスペースに流すと、これに抜け出したジョレンテがそのままボックス内まで運んでGKとの一対一を制した。 ダメ押しの2点目を奪ったことで、ここから完全に逃げ切り態勢に入ったアトレティコは一矢報いろうと、積極的にゴールを目指すアウェイチームの攻撃を難なく撥ね返し続け、このまま試合をクローズ。 ターンオーバーを敢行した中、危なげなく勝ち切ったアトレティコはリーグ7連勝を飾り暫定首位に浮上。来週に控えるザルツブルク戦、マドリーとのダービーに向けて実りある勝利を手にした。 2020.12.06 05:02 Sun
twitterfacebook
thumb

スアレスが新型コロナ感染からついに復活! 陰性判定でトレーニング合流可能に

アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが新型コロナウイルスからの回復を遂げたようだ。 スペイン『マルカ』によると、2週間の自主隔離を経て、3日午前の検査で陰性判定が下り、4日のトレーニングから合流できる見通しに。今週末の5日に本拠地で予定するラ・リーガ第12節のバジャドリー戦から出場可能だという。 スアレスは今月の代表活動に参加。13日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選のコロンビア代表戦こそ出場したが、その後の検査で陽性反応が示され、続く17日のブラジル代表戦も欠場を強いられた。 所属先のアトレティコに戻ってからもラ・リーガ第10節のバルセロナ戦を含む公式戦4試合を欠場しているスアレスだが、その間のチームが記録したゴール数はトータルで3得点。スアレスを欠いた攻撃陣は得点不足を露呈している。 そうしたアトレティコの状況を受け、バジャドリー戦での復帰が期待されるスアレスは今夏にバルセロナから加入して以降、公式戦9試合でプレー。ラ・リーガでチームトップタイの5得点を挙げるなど、持ち前の得点力を発揮している。 2020.12.04 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

CLやマドリード・ダービーなど大一番控えるアトレティコDFヒメネス、太もも負傷で年内終了へ

負傷したアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスは、今年中の復帰は見込めなくなってしまったようだ。 1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦に先発出場したヒメネスは、後半に相手FWエリック・マキシム・チュポ=モティングとの接触の際に右足を負傷。67分の時点で交代を余儀なくされていた。 スペイン『マルカ』によると、試合後にナバラ大学病院で検査を行ったところ、右太ももに損傷が見つかったとのこと。年内の復帰は難しいようだ。 シーズン開幕当初は新型コロナウイルス感染でチームへの合流が遅れていたヒメネス。今後はチャンピオンズリーグのグループ突破をかけたザルツブルク戦に加え、ラ・リーガではレアル・マドリーとのダービーや暫定首位のソシエダ戦のビッグマッチが控えているだけに、12月の離脱は大きな痛手となる。 2020.12.03 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

王者バイエルンに土壇場で追いつかれたアトレティコ、今節でのGS突破逃すもシメオネは満足感

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、バイエルン戦の内容を評価した。スペイン『アス』が伝えている。 1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第5節で王者バイエルンと対戦したアトレティコ。ここまで1勝1敗2分けと苦戦が続いていたが、他試合の結果次第ではバイエルン撃破で今節での決勝トーナメント進出が決められるチャンスだった。 すでに突破を決めているバイエルンが主力を温存して臨んだ中、26分にFWジョアン・フェリックスのゴールでアトレティコが先制する。前半はアトレティコが押し込み続けて試合を折り返すも、CL連勝記録継続を狙うバイエルンが後半から主力を投入したことで拮抗した試合展開に。 すると86分にPKを献上してしまい、途中出場のMFトーマス・ミュラーに沈められ1-1で試合終了。バイエルンのCL連勝記録を「15」でストップしたものの、決勝トーナメント進出は最終節までお預けとなった。 シメオネ監督は試合後、特に前半のパフォーマンスに満足感を示した。 「チームは引き続き順調に良くなっていると感じている。確かにCLが頭痛の種となっているのは事実だ。引き分けた3試合はもっと良い結果が得られたかもしれないからね。だが、我々には力がなかった」 「前半は非常に良かった。素晴らしいゴールもあった。だが、後半20分までに2点目を奪うことができなかった。そして、相手にPKを決められ試合を振り出しに戻されてしまったのだ。来週の水曜日は我々にとって決勝戦となる」 9日に行われる最終節でザルツブルクとの一戦を残すアトレティコは、引き分け以上でグループステージ突破が決まる。 2020.12.02 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

CB不足のバルサ、アトレティコのブラジル代表DFフェリペに注目か

バルセロナが、アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFフェリペ(31)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 主力のDFジェラール・ピケが右ヒザの大ケガで長らくの戦線離脱を強いられているバルセロナ。その他にもDFサミュエル・ユムティティやDFロナルド・アラウホも負傷中で、先日のリーグ戦でDFクレマン・ラングレも右足首を負傷するなど、センターバックで故障者が相次いでいる。 冬の移籍市場での補強が必須とみられる中、フリーのDFエセキエル・ガライやマンチェスター・シティのDFエリック・ガルシアの名前が候補として浮上中。さらに『アス』はアトレティコで控えに甘んじているフェリペも候補の1人だと主張している。 母国ブラジルでプレーしていた同選手は、2016年夏のポルト移籍で欧州入り。ポルトでは在籍3年で公式戦142試合に出場するなど主力として活躍し、その間にセレソンデビューも果たした。 アトレティコではDFホセ・ヒメネスの負傷離脱に伴い、加入1年目の昨季は公式戦36試合に出場したが、ディエゴ・シメオネ監督はヒメネスとDFステファン・サビッチをファーストチョイスとしており、3バックを試した先のバルセロナ戦では、3人目のセンターバックはフェリペではなくDFマリオ・エルモソだった。 バルセロナはそんな状況から獲得のチャンスがあると見込んでいるようだが、アトレティコ側には手放す意思はない模様。それでも31歳という年齢や、契約が2022年までとなっていることから、可能性は低くないと『アス』は踏んでいる。 2020.12.02 13:47 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly