アウェイで強豪ウルブスを下したシティが10季連続の開幕戦白星スタート!《プレミアリーグ》

2020.09.22 06:42 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第2節のウォルバーハンプトンvsマンチェスター・シティが21日に行われ、1-3でシティが勝利した。7位のウルブスと昨季2位のシティによる強豪対決。前節シェフィールド・ユナイテッドに2-0で勝利したウルブスは、その試合から先発メンバーを1人変更。デンドンケルに代えてネヴェスが先発に名を連ねた。

一方、8月に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)の影響で第1節が延期されたシティは、明言通り左ヒザのケガでアグエロが欠場。スターリングやガブリエウ・ジェズス、デ・ブライネ、フェルナンジーニョといった主力が先発し、新戦力ではアケが先発で起用された。

立ち上がりからボールを握って押し込むシティは20分、フォーデンのパスに反応したデ・ブライネがボックス右深くでサイスに倒されPKを獲得。これをデ・ブライネがゴール右隅に決め、シティが先制した。

先制後もボールを保持して試合をコントロールするシティは、32分にもデ・ブライネのスルーパスでボックス左に侵入したスターリングが飛び出したGKを引きつけてラストパス。これを中央のフォーデンが無人のゴールに流し込み、シティが追加点を奪った。

シティは前半終了間際の43分にも、中盤での浮き球をスターリング、ガブリエウ・ジェズスと頭で繋ぐと、このボールでDFの裏に抜け出したデ・ブライネがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKルイ・パトリシオの好守に阻まれた。

後半に入ってもボールを保持するシティは、53分にカウンターから決定機を迎える。自陣でボールを奪ったメンディが前線にパス送ると、センターライン付近で受けたデ・ブライネも素早く前線のスペースへスルーパス。これを受けたガブリエウ・ジェズスは切り返しで相手マークをかわしシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。

後半に入ってもなかなか決定機が作れないウルブスだったが59分、モウチーニョのパスで抜け出したポデンセがボックス手前まで持ち上がると、飛び出したGKを確認しループシュート。しかし、これはわずかに枠の上に外れた。

膠着状態が続く中、ウルブスは78分にペドロ・ネトとモウティーニョを下げてファビオ・シウバとデンドンケルを投入。すると直後にゴールが生まれる。右CKのクリアボールをボリが繋ぐと右サイドで受けたポデンセがドリブルでボックス右まで持ち上がりクロス。これをヒメネスがヘディングで叩き込んだ。

1点を返されたシティは、81分にスターリングを下げて新加入のフェラン・トーレスを投入。すると後半アディショナルタイム5分、ボックス左横から中に切り込んだしたガブリエウ・ジェズスのシュートがコーディにディフレクトしそのままゴールネットを揺らした。

結局、試合はそのまま1-3でタイムアップ。アウェイで3ゴールを奪ったシティが10シーズン連続の開幕戦白星を飾った
コメント
関連ニュース
thumb

開幕5試合で監督キャリアワーストの滑り出し ペップ「結果を出したい思いだが…」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が多忙なスケジュールを嘆いた。イギリス『talkSPORT』が報じている。 プレミアリーグ開幕から2勝1分け1敗のシティは24日に敵地で行われた第6節でウェストハムと対戦して、1-1のドロー。後半にハーフタイム明けから出場したイングランド代表MFフィル・フォーデンのゴールで追いついたものの、勝ち越しまで持っていけず、今季リーグ戦初の連勝を逃した。 チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージこそ白星スタートで飾ったものの、肝心のリーグ戦で波の乗り切れず、暫定12位に沈むシティ。グアルディオラ監督は監督キャリアでリーグ開幕から5試合を消化した時点で勝ち点8のワースト記録を叩き出してしまっている。 そんなスペイン人指揮官はウェストハム戦後、試合を回想。十分な調整時間を設けられない過密日程を嘆きつつ、視線を次戦に向けた。 「すごく良い形で滑り出したが、彼らの1stアクションで失点して、苦労したね。後半から良くなり、ゴールも決めた。終盤にチャンスもあったが、生かせず、引き分けに終わってしまったんだ」 「私自身も結果を出したい思いだが、自分たちの現在地を分析しなければ。多くのケガ人、準備不足、乏しいリカバリーの時間。タフなゲームが続くなかで、我々はそういう状況にある」 「しかし、選手たちはピッチ上で全てを出し尽くしてくれた。今はリカバリーして次の試合のことを考える」 2020.10.25 12:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アグエロに再離脱の疑い ペップ「ハムストリングだと思う」

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが再び負傷してしまったようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 17日に行われたプレミアリーグ第5節のアーセナル戦を今季初先発で飾り、昨季に負った左ヒザのケガからようやく復帰したアグエロ。チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のポルト戦に続いて、24日に行われたプレミアリーグ第6節のウェストハム戦も先発した。 しかし、そのウェストハム戦は前半のみのプレーで交代。ジョゼップ・グアルディオラ監督は試合後、「筋肉系のケガだ。ハムストリングだと思う。明日になれば、わかるはず」と語った。 アーセナル戦でついに戦列復帰を遂げ、ポルト戦で初ゴールを記録したばかりだが、出場3試合目で再び離脱の恐れに直面するアグエロ。果たしてどのような検査結果が下るのだろうか。 2020.10.25 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、ウェストハムと痛恨ドロー…5試合でわずか2勝のスロースタートに《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは24日、プレミアリーグ第6節でウェストハムと対戦し、1-1で引き分けた。 今季ここまでのシティは、第3節でレスター・シティ戦に大敗し、第5節では昇格組リーズ・ユナイテッドに不覚をとるなど、決して好スタートとは言えないものとなっている。だが、前節はアーセナルを下し、3日前のチャンピオンズリーグ開幕戦ではポルトに快勝。公式戦3連勝を目指す今節は、そのポルト戦と同じイレブンを起用している。 ファーストシュートはシティ。立ち上がり2分、速攻からスターリングが敵陣中央を持ち上がり、並走するアグエロにラストパス。ボックス左からシュートを狙ったが、相手に当たって枠の外へ。その後も8割近いポゼッションでウェストハムを釘付けにするものの、5バックの守りを崩すことができない。 すると18分、ホームチームは数少ないチャンスをモノにする。右サイドのスローインの流れからコウファルがクロスを上げると、アントニオがルベン・ジアスを背にしながらバイシクルシュート。虚を突かれたGKエデルソンは全く動けないまま、シュートはゴールに吸い込まれた。 ここからウェストハムの守備は鋭さを増し、球際の高いインテンシティで主導権を握らせないまま時間を進めていく。一方、シティは中2日の疲れからか、なかなかキレのある攻撃を見せられず最初の45分が経過。シュート数は相手と同じ4本にとどまった。 そんなシティは後半からアグエロを下げてフォーデンを投入。するとこの交代がすぐに功を奏す。51分、左サイドバックのカンセロが爆発的なスピードでドリブル突破し、ボックス左から折り返しのクロスを供給。これがニアのフォーデンに渡り、トラップはうまくいかなかったものの、反転しながらゴールを打ち抜いた。 同点に追いつかれたウェストハムは、その直後に先制点を挙げたアントニオが負傷交代。代わりにピッチに立ったヤルモレンコは68分、右から切り込んで得意の左足シュートへ。長所を生かしていく。 その後、70分手前でシティはベルナルド・シウバを下げてデ・ブライネ、ウェストハムはボーエンを下げてアラーを投入。デ・ブライネはリーズ戦以来の出場となった。 ベルギー代表MFの投入で攻撃力が増したシティはさらにウォーカーを下げてジンチェンコを起用し、最後の交代カードを切る。80分に獲得したFKでは、ボックス手前の絶好の位置からデ・ブライネが直接狙ったが、GKファビアンスキの正面だった。 86分に決定機が訪れる。敵陣中央でマフレズがボールを奪い、デ・ブライネが前進。ボックス左のスターリングにラストパスを供給しビッグチャンスを迎えるが、絶妙なタイミングで飛び出したGKファビアンスキにつかまり、ネットは揺らせなかった。スターリングは89分にもカウンターからボックス左に侵入するが、ここは戻ってきたDFに囲まれてシュートを打てず。 結局、シティの得点は1点にとどまり痛恨のドロー。5試合を消化した時点で2勝のみとなっている。 2020.10.24 22:22 Sat
twitterfacebook
thumb

審判へのセクハラまがいの行為で批判浴びるアグエロをペップは擁護「普段の彼と変わらない」

審判へのセクハラ的態度が批判を浴びているマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに関して、ジョゼップ・グアルディオラ監督は擁護の姿勢を示している。 アグエロは17日に行われたアーセナル戦で、スローインの判定に抗議しようと女性副審のシアン・マジー・エリス氏に詰め寄った際、肩に手を回したことが物議を醸していた。 セクハラ行為と見るものや、下心がないにしろ攻撃的だったとする意見もあり、批判は集中していた。イングランドサッカー協会(FA)からはお咎めなしとなったものの、今なお懐疑的な目を持つファンは多く、アグエロには謝罪を求める声も少なくない。 そんな中、24日に控えるプレミアリーグ第6節のウェストハム戦の試合前会見で、グアルディオラ監督はエースに対する擁護の姿勢を示した。炎上中のアグエロの行為は「普段通り」だったとして、教え子の人となりを称賛している。 「多くの人がジャッジの外から意見しているが、私はセルヒオの考えは理解している。彼はいつも私にやっているように普通に手を置いただけだ。ピッチの外でも中でも、それに私がハグする時と同じようにね。時には交代の際にもレフェリーや相手選手にタッチすることもある」 「彼のことをよく知っている私からするとあれは普通のことだ。彼は世界の大スターだが、謙虚で私が会った人たちの中でも最も親切なひとりだ」 「重要なのは彼が何を意図したのかということと、それは普通のことだったということだ。普通に彼女に話しかけ、悪い言葉も使っていない。この件に関してセルヒオと話し合ったわけではないが、もし彼女が不快に感じたというのなら、彼は間違いなく謝罪すると確信しているよ」 2020.10.24 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

フェルナンジーニョが決めた豪快なアンストッパブルミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのブラジル代表MFフェルナンジーニョが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フェルナンジーニョが決めたアンストッパブルなゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bFlLV3I1byIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ブラジルのアトレチコ・パラナエンセでのデビューを経て、ウクライナのシャフタール・ドネツクでブレイクしたフェルナンジーニョ。2013年夏にマンチェスター・シティに加入し、ステップアップを果たしている。 チームにとって欠かせない存在となっているフェルナンジーニョだが、2018年10月20日に行われた、プレミアリーグ第9節のバーンリー戦では、豪快なミドルシュートを決めている。 2-0とシティリードの56分、シティが左コーナーキックのチャンスを得る。クロスは相手DFにクリアされるも、このこぼれ球にフェルナンジーニョが反応。ペナルティアーク内からダイレクトでシュートを放つと、ボールはゴール右上の完璧なコースに一直線に突き刺さり、見事な追加点となった。 この後も得点を重ねたシティが5-0の大勝を収めている。 2020.10.23 19:00 Fri
twitterfacebook