鎌田&長谷部先発フランクフルトと堂安先発ビーレフェルトの日本人対決はドロー決着《ブンデスリーガ》

2020.09.20 00:37 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ開幕節、フランクフルトvsビーレフェルトが19日に行われ、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地は88分までプレーし、MF長谷部誠はフル出場。ビーレフェルトのMF堂安律は72分までプレーしている。新シーズンの公式戦初戦となった先週のDFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦を2-1で勝利したフランクフルト。この試合で先発した鎌田が引き続きスタメンとなり、ベンチ入りも出場機会のなかった長谷部が先発となった。

一方、昨季2部優勝で12シーズンぶりに1部復帰となったビーレフェルトは、DFBポカールでは4部相手にまさかの敗戦。堂安はこの試合で先発デビューを飾ったものの、見せ場を作れずチームも敗れてしまった中、堂安は引き続きスタメンとなった。

[3-5-2]で臨んだフランクフルトは、鎌田がトップ下、長谷部が3バックの中央に入った。一方、ビーレフェルトは[4-1-4-1]で臨み、堂安は右インサイドMFに入った。

ビーレフェルトが良い入りを見せた中、徐々に圧力を強めていったフランクフルトは、21分にローデがミドルシュートでオンターゲットを記録。すると1分後に決定機。コスティッチの左クロスをダ・コスタがボレーで合わせたが、わずかに枠の左に外れた。

さらに32分にも決定機。GKのミスパスを鎌田がカットした流れから、アンドレ・シウバがヒールでシュートに持ち込むも、GKにセーブされる。

ゴールレスで迎えた後半、フランクフルトはダ・コスタに代えて新戦力のツバーを投入した中、開始5分に堂安がゴール正面の位置から際どいミドルシュートを浴びせたビーレフェルトが、51分に先制する。

スルーパスに反応したスクがディフェンスライン裏を取り、ボックス右に侵入しシュートを蹴り込んだ。

追う展開となったフランクフルトが前がかる中、62分に追いつく。コスティッチの左クロスをニアサイドのドストがヘッドで逸らすと、最後はアンドレ・シウバがヘッドで押し込んだ。

そして78分には逆転のチャンスが訪れるも、2度にわたる決定的なシュートはゴールライン上の相手DFの好クリアに阻まれた。

終盤にかけてはフランクフルトが押し込む展開が続いたが、ビーレフェルトが粘りの守備を見せ1-1でタイムアップ。日本人対決は勝ち点1を分け合っている。
コメント
関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキがハットのバイエルンが長谷部&鎌田先発のフランクフルトに5発圧勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、バイエルンvsフランクフルトが24日に行われ、5-0でバイエルンが完勝した。フランクフルトのDF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は前半のみの出場となっている。 バイエルンは前節、ビーレフェルト相手に4発快勝として2連勝。そして3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では4-0と快勝した。そのアトレティコ戦のスタメンから4選手を変更。ドグラス・コスタとバックラインの3枚を入れ替え、負傷明けのサネがベンチに入った。 一方、前節ケルン戦では鎌田のPK奪取があったものの1-1の引き分けに持ち込まれたフランクフルト。ゴールに絡む働きが続いている鎌田と、長谷部はそれぞれ開幕から5試合連続スタメンとなった。 [3-5-2]を継続したフランクフルトに対し、3トップに右からコマン、レヴァンドフスキ、ドグラス・コスタと並べたバイエルンは開始1分にアクシデント。アルフォンソ・デイビスが右足首を痛めてプレー続行不可能となり、リュカが投入された。 それでも10分、バイエルンが先制する。長谷部がコマンの対応に当たるためにレヴァンドフスキのマークを一瞬離すと、そのコマンのパスをフリーで受けたボックス中央のレヴァンドフスキが左足でゴール右に蹴り込んだ。 攻勢を続けるバイエルンはさらに26分、キミッヒの右CKからレヴァンドフスキのヘディングシュートが決まって追加点。 2点をリードして以降もバイエルンが主導権を握り続け、フランクフルトは前半にチャンスを作ることができなかった。 迎えた後半、鎌田とツーバーに代えてユネスとチャンドラーを投入したフランクフルトに対し、53分にリュカがGK強襲のシュートを浴びせたバイエルンは、60分にレヴァンドフスキがハットトリックを達成する。 ドグラス・コスタのパスを受けたレヴァンドフスキがボックス中央に侵入し、DFに寄せられながらもシュートを決めきった。 余裕のバイエルンは68分、レヴァンドフスキ、ミュラー、ドグラス・コスタをお役御免とし、サネらを投入する。 すると72分、サネがボックス手前右からゴール左に蹴り込むファインゴールを決めて4-0。さらに終盤の90分にはミュージアラにもゴールが生まれ、バイエルンが5発完勝としている。 2020.10.25 00:27 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第5節プレビュー】鎌田&長谷部が王者バイエルンに挑戦、レヴィア・ダービー開催

前節はMF堂安がバイエルン相手に嬉しいブンデス初ゴールをマーク。試合は完敗したものの、堂安自身にとっては自信を付ける一戦となった。また、MF鎌田はPK獲得に貢献した中、チームは1-1で引き分けた。迎える第5節、フランクフルトがバイエルンに挑み、ドルトムントvsシャルケのレヴィア・ダービーが開催される。 前節ケルン戦では鎌田とDF長谷部が開幕4試合連続先発となった中、1-1の引き分けに持ち込まれたフランクフルト。勝ちきりたい試合だったが、後半の鎌田の決定機逸も響いた格好だ。堂安に続き、鎌田がバイエルンからゴールを奪えるかに注目だ。また、長谷部としては既に7ゴールを挙げているFWレヴァンドフスキを抑え込む働きが求められるが、難しいタスクを完遂できるか。 一方のバイエルンはビーレフェルト相手にレヴァンドフスキとMFミュラーのドッペルパックで4発快勝とした。2連勝とした中、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では王者の貫禄を見せつけて4-0で快勝とした。さらに勢いを付けた中、フランクフルトを一蹴となるか。 続いてレヴィア・ダービー。前節ホッフェンハイム戦を途中出場のMFロイスとFWハーランドの活躍で1-0と辛勝したドルトムント。バイエルン同様にリーグ戦2連勝としたが、こちらは火曜に行われたCLラツィオ戦では主力を投入したものの1-3と敗戦し、黒星スタートとなってしまった。CLでの敗戦を引きずらず、前節ウニオン・ベルリン相手に引き分けて開幕からの連敗を3で止めたシャルケ相手にリーグ戦3連勝となるか。 バイエルン相手に一矢報いる形でブンデス初ゴールを挙げたビーレフェルトの堂安。その堂安はヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。バイエルン戦ではカットインからのシュートなど、持ち味を見せた堂安。ヴォルフスブルク戦でも積極的な仕掛けからゴールを脅かすことはできるか。 ヘルタ・ベルリン戦でもボランチとして守備の強度を保つ働きを見せたシュツットガルトのMF遠藤航。チームの2連勝に貢献した中、今節は金曜にケルンと対戦する。ケルン戦ではこれまでの試合とは異なり、ボールを持たされる展開も予想されるが、遠藤はカウンターのケアを1試合を通じて継続できるか。 前節シャルケ戦では試合終了間際に登場し2戦連続出場となったウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太。アピールするには出場時間が短すぎたが、今節フライブルクとのホーム戦ではシャルケ戦以上に出場時間が与えられることを期待したい。 代表戦帰りだったブレーメンのFW大迫は前節ベンチ外となってしまったが、ホッフェンハイムとのホーム戦で出場機会を得られるか。 ◆ブンデスリーガ第5節 ▽10/23(金) 《27:30》 シュツットガルト vs ケルン ▽10/24(土) 《22:30》 ウニオン・ベルリン vs フライブルク バイエルン vs フランクフルト マインツ vs ボルシアMG ライプツィヒ vs ヘルタ・ベルリン 《25:30》 ドルトムント vs シャルケ ▽10/25(日) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs ビーレフェルト 《26:00》 ブレーメン vs ホッフェンハイム ▽10/26(月) 《28:30》 レバークーゼン vs アウグスブルク 2020.10.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

鎌田PK獲得も決定機逸… フランクフルトはケルンに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは18日、ブンデスリーガ第4節でケルンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はフル出場している。 前節ホッフェンハイム戦で今季初ゴールを決め、チームの2連勝に貢献した鎌田。日本代表ではコートジボワール代表戦で先発し、随所に好プレーを見せた。その鎌田が長谷部と共に開幕4試合連続先発となった。 3連敗スタートのケルンに対し、[3-5-2]を継続したフランクフルトは鎌田がトップ下、長谷部が3バックの中央に入った。 そのフランクフルトが圧力をかける入りとし、6分にはアンドレ・シウバが決定的なシュートを放つ。しかし、徐々に膠着状態に陥ってしまった中、29分にようやくアンドレ・シウバがオンターゲットのミドルシュートを記録。だが、ハーフタイムにかけても動きの少ない展開で推移した。 そんな中44分、ドストのパスに反応した鎌田がボックス左に侵入。ボルナウに倒されると、主審はノーファウルの判定を下したが、VARの末にPK判定に覆った。そしてこのPKをアンドレ・シウバが決めてフランクフルトが先制し前半を終えた。 迎えた後半、開始4分に鎌田に決定機。しかし、右クロスをダイレクトで合わせにかかるも、シュートは空振りに終わってしまった。 すると52分、フランクフルトは同点に追いつかれてしまう。エヒジブエに右サイドを突破されてクロスを送られ、最後はフリーのドゥダにボレーで蹴り込まれた。 続く63分には逆転の大ピンチを迎えるも、ドゥダのヘディングシュートはGKトラップがビッグセーブで凌いだ。 流れの悪いフランクフルトは新戦力のユネスを左サイドに投入。すると70分、カウンターからドストがGK強襲のシュートを浴びせた。さらに鎌田のCKからA・トゥーレが際どいヘディングシュートを放った。 そして78分には決定機。鎌田がボックス右からクロスを折り返し、これを受けたユネスがシュートに持ち込んだが、DFの好ブロックに阻まれた。 終盤にかけてはフランクフルトが攻勢に出たが、1-1で終了。フランクフルトは勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2020.10.19 00:25 Mon
twitterfacebook
thumb

決定機逸を「そういう日もある」と語る鎌田大地、リスクあるパスを切望「フランクフルトでは無理にでもつける」

日本代表のMF鎌田大地(フランクフルト)が試合後にメディアの取材に応対。コートジボワール代表戦を振り返った。 13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表と対戦。後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。 トップ下で先発フル出場を果たした鎌田は、試合を振り返り「今日はチャンスがあったので、入れ切れないとダメなシーンが多かったと思います」と語り、「前半は自分らしくないミスもあったし、僕自身が浮いている状態で、パスをもっとつけてくれてもいいなと思っていましたが、チームメイトとの関係性も浅いなと思いました。もっと良くなる可能性もありました」と、チームメイトとの信頼関係がまだ構築中であると振り返った。ただ、「決めきれるシーンが多くあったので、(植田)直通くんに感謝です」と最後に勝利に導いてくれた植田に感謝の言葉を送った。 相手のプレスを受けにくい浮いたポジションを取っていた鎌田だが、コートジボワールはすぐに対応。システムを変えて抑えに来た。その点については、「前半の途中に3バックから4バックにして、相手がマンツーマン気味に置くようになったので、足元に入った時はがっつりくるし、嫌だなと思っていた」と、圧力が増したことでやりにくさがあったとコメント。一方で、「後半になれば段々空いてきて、ボールも触れるようになった。前半はカメルーン戦もそうでしたが難しいなと思います。焦れずに我慢していたら段々空いてきてチャンスもできるし、気持ち的な部分で我慢するのが大事です」と焦らずにじっくりと我慢することでチャンスが訪れると語った。 この試合では前半と後半に決定的なシーンを迎えた鎌田。後半はフリーでボックスに侵入ししっかりとシュートを放ったがGKグボウオがセーブ。こぼれ球を詰めるも、これもセーブされていた。 そのシーンについては「あれも本来ならば自分の頭の中では入るなと思っていましたが、思ったよりも疲れていたのか踏み込みが浅くて、思ったところに蹴れませんでした」とミートさせられなかったとコメント。前半のシーンについても「前半も相手にブロックされたシーンがあって、自分の前に溢れてきたところも思ったところに止められず、ブロックされました」としっかりとシュートが打てていなかったと振り返った。 「良いときはあのようなシーンで決められますが、今日は決めきれなかった。そこは改善しなければいけないですが、そういう日もあると思います。直通のゴールで勝てたし良かったです」と思い詰め過ぎずに、精度を上げると改善に意気込んだ。 結果こそ残せなかったものの、試合を通じて鎌田の特徴的なボールを引き出すプレーと、ボックス付近でのリズム作りが随所に見られた。「後半はうまく間でボールを触れるようになりましたけど、前半ももっと無理してでも僕のところにつけて欲しかった」と前半の出来に満足していないとコメント。「フランクフルトでは無理にでもつけて、前を向けるシーンもあったと思うので、もっともっとやればやるほど良くなると思う」と代表チームでの関係構築が必要だとし、「前半はイージーなミスも多かったと思うので、僕自身は満足いっていない」とやはり前半の出来には不満があるようだ。 それでも周りには要求していると言い、「結構言ってはいますが、今日アフリカ勢で足も長くて届かないようなところに届いたりとか。僕に入れて取られるとリスクがあるので、そこは難しいところだと思う」と、リスキーなパスを通さなかったと理解を示したが、「僕は欲しいので、そこは要求し続けること。トップ下で出るのも初めてだったので、まだまだ浅いし、時間も必要だと思う」とし、今後の代表活動でより自身の特徴が出せるように擦り合わせていくと語った。 2020.10.14 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

6番や8番に強いこだわりを見せる鎌田大地「9番は違和感」目標とする選手はシティのあの選手

フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が11日にメディア取材に応じた。 今回が通算4度目の招集となった鎌田。先日行われた親善試合のカメルーン代表戦は20分の出場にとどまり、結果を残すことは出来なかった。 インタビューでは、まずは2シャドーの一角として起用されたその一戦を振り返っている。 「前半は苦しい戦いをしていましたが、後半は相手が前に出てきたということもあり、少しスペースが出来て、最後は日本が主導権を握って攻め続けることが出来たと思います。スペースもかなり空いてたので、前半は途中で入るのは難しいと思ってましたが、意外とすんなり入れました」 「ボール自体はうまく回っていたと思うし、日本がやりたいようなことはできていたと思います。悪くはなかったですが、僕自身はシュートを打つ機会がなかったのでもう少しうまく関われたらなと」 今回の日本代表では9番を背負うが、鎌田は6番や8番の選手だと強調。自身の特徴からヨーロッパで結果を出すにはインサイドハーフなどトップ下のポジションしかないと考えていることを明かした。 「それはサガン鳥栖の時からで、代表は別ですがヨーロッパの上のクラブでやるにはこのポジションしかないと思っていました。足も速くないので、ヨーロッパでスピードで仕掛けるのは難しい。だから6番や8番でやりたいとはずっと考えていました。フランクフルトでは10番タイプですが役割は基本的に6番や8番、僕自身がやりたいことにかなり近づいているし、そうやっていかないと上にはいけないと思います」 また、同ポジションで高みを目指していく上で、目標としている選手にマンチェスター・シティで活躍するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネや、同じくシティで数々のタイトルを獲得してきた元スペイン代表MFダビド・シルバの名前を挙げた。 「中盤でも得点に絡むのは意識しています。今時の選手だとデ・ブライネやダビド・シルバが目標です。強いチームではインサイドハーフの選手は結構攻撃的な選手が多いので、守備が出来ないというイメージがありますが、上手い選手は守備も上手いので、僕もそういう風に慣れたらいいなと、一番の理想です」 「クラブでは守備の部分は意識してやってて、デュエルの勝率も高くなってきています。監督にも守備をやってくれと言われていて、守備を頑張って走る量を増やして対人に勝つことを意識しています」 最後に日本代表でワントップに立つことに「自信はない」と正直に告白した鎌田は、9番という背番号に違和感があることも明かしている。 「(ワントップは)自信は正直ないです。2試合ほどFWで出てかなり難しかったです。でも日本代表ならヨーロッパでやるより可能性はあるかなと。代表のワントップはうまく周りの選手を使う役割なので少し特殊。監督がそこにチョイスするなら頑張ってやります」 「僕自信9番は背負ったことは初めてなので違和感はあります。周りからも言われますね」 2020.10.12 19:32 Mon
twitterfacebook