「日本でプレーしたい」20歳のブラジル人“カズ”、横浜FC“キング・カズ”との意外な関係

2020.09.18 13:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで“カズ”がプレーしているのはご存知だろうか。ただただ、登録名が“カズ”というわけではない。

本名はクリスティアン・ケンジ・ワガツマ・フェレイラ。“カズ”の登録名でコリチーバに所属する20歳のディフェンダーだ。背番号「88」を背負い、左サイドバックを主戦場としている。

コリチーバの下部組織で育った“カズ”は、今年1月にファーストチームへ昇格。U-17ブラジル代表も経験したことがある選手だが、その名を日本で知る人はいないだろう。

◆“キング・カズ”にルーツを持つ20歳の“カズ”が関係を語る

そもそも、なぜ“カズ”という登録名になったのか。『Dugout』が独占インタビューを行い、2013年にコリチーバの入団テストを受けた際、監督が日本人であると知り、呼び始めたのがキッカケだという。

「それは2013年のことでした。監督が、僕が日本人であるのを見たとき、僕はまだここでテストを受けていました。彼はカズ(三浦知良)を覚えていて、そう呼び始めたんです」

“カズ”が2013年のいつテストを受けたかは定かではないが、2013年9月から12月まではかつて大分トリニータやジュビロ磐田で指揮を執ったペリクレス・シャムスカ氏が監督を務めており、思い出したのかもしれない。

また、本家本元の“キング・カズ”こと、三浦知良(横浜FC)は、1989年にコリチーバに所属。パラナ州選手権優勝に貢献しており、現地ファンとしては忘れられない存在となっている。そのため、“カズ”というニックネームには親しみもあるだろう。

親子ほどの歳の離れた2人の“カズ”だが、実は名前が同じだけではない。実際にコンタクトを取ったことがあるという。

「僕が彼と唯一連絡を取ったのは、僕の誕生日でした。彼が僕にメッセージをくれたんです」

「彼のストーリーに関する映像をいくつか観ました。彼がコリチーバでプレーし、ここで美しいストーリーを描いたことを知っています。彼についてよく知っています」

「バースデーメッセージが送られてくるなんて、期待もしていませんでした。父には日本に住んでいるカズを知る友達がいるんです」

「誕生日に、父がWhatsAppでビデオを送ってくれました。信じられなかったです。彼は、誕生日おめでとうと言ってくれました」

なんと、直接キング・カズからバースデーメッセージを受け取ったことがあるという“カズ”。それは2017年、17歳の誕生日だった。キング・カズはポルトガル語で、以下のビデオメッセージを送っていた。

◆“キング・カズ”が自身にルーツを持つ“カズ”へバースデーメッセージ!

「誕生日おめでとう。ケンジ。元気ですか」

「まだ会った事はないけど、今度コリチーバを訪ねた時は、会えることを楽しみにしています。僕はあなたに会いたいです」

「コリチーバでのキャリアの成功と、多くのタイトル獲得を願っています。グッドラック」

自身のニックネームのルーツであり、コリチーバでプレーした大先輩からのバースデーメッセージ。この奇跡の出来事は、当時の“カズ”にとっても大きなこと。その“カズ”のルーツは、実は日本にあったのだ。

「僕の祖父母は日本人で、日本で生まれました。母はブラジルで生まれましたが、日本人です。そして、父はブラジル人です。母の家族は日本にルーツがあります」

日本人とブラジル人のハーフである“カズ”だが、実は日本に来たこともあるとのこと。そして、日本でサッカーをするという夢もあるようだ。

「僕は日本に行ったことがあります。東京で1週間を過ごしました。素晴らしい国だと思いました」

「僕は日本に行き、そこでサッカーをしたいと思っています」

その“カズ”だが、実は日本語は話せないとのこと。両親は話せるものの、全然ダメだという。

「僕の両親は日本に5年間住んでいたので、日本語が話せます。とても流暢というわけではないですが、話せます。僕は何も学んでいないです(笑)」

53歳ながら現役を続けている“キング・カズ”と、弱冠20歳の“カズ”が同じピッチに立つ可能性はゼロではないかもしれない。

関連ニュース
thumb

残留懸けた下位対決は合計8ゴールの壮絶な乱打戦に! 横浜FCが徳島に競り勝つ【明治安田J1第32節】

明治安田生命J1リーグ第32節、横浜FCvs徳島ヴォルティスが16日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、ホームの横浜FCが5-3で勝利を収めた。 最下位の横浜FC(勝ち点66)と、16位徳島(勝ち点28)の残留を懸けた直接対決。前節鹿島アントラーズを2-1で破り、5試合ぶりの白星を手にした横浜FCは、出場停止が明けたマギーニョが先発へと復帰した。対する徳島は、前節サガン鳥栖との“九州ダービー”を3-0で完勝。その試合で2得点を挙げた垣田が引き続きスターティングメンバーに入った。 試合は9分、ホームの横浜FCが早々に先制点を挙げる。敵陣右サイドで高橋がプレッシャーを掛け、こぼれ球を回収した瀬古がボックス中央手前に縦パスを供給。そこにポジションを取っていた松尾が右足ダイレクトで強烈なシュートを放つと、クロスバーを叩いてゴール右に決まった。 先手を取った横浜FCはさらに攻勢を強める。20分、安永が自陣からDFラインの裏を狙ったスルーパスを送り、受けたサウロ・ミネイロがドリブルでボックス内に侵入。相手GKとの1対1の状況で、右足のグラウンダーシュートでゴール左下へ流し込んだ。 2点を追う展開となった徳島は、22分に反撃開始。左サイドをドリブルで突破し、ボックスに侵入したジエゴが左足でシュートを放つも、これは相手GKにキャッチされてしまう。 35分には徳島に大きなチャンスが到来する。ボックス手前中央でパスを受けた西谷が右足で強烈なミドルシュート。無回転気味のボールは相手GKによって弾かれるも、こぼれ球に岩尾が頭で詰め、前半のうちに1点を返した。 1点を返された横浜FCだが、前半アディショナルタイムに再度突き放す。敵陣をドリブルで突破した瀬古が、スペースを狙ったスルーパスを送ると、オフサイド寸前で抜け出したのはサウロ・ミネイロ。ワンタッチで相手GKの股間を破るシュートを放ち、この試合2点目のゴールを決めた。 2点のビハインドで試合を折り返した徳島だったが、後半に入った56分には、岸本のパスを右サイドで受けた宮城がボックス内へグラウンダーのクロス。ファーサイドに走り込んだ垣田が左足でゴールに流し込み、再び1点差に詰め寄った。 この流れで追いつきたい徳島は、またもサイド攻撃からチャンスを作る。敵陣右サイドから岸本がアーリークロスを送り、ボックス内に走り込んだバケンガがヘディングシュート。しかし、これは枠の左に外れた。 ペースを掴んだ徳島は、ついに同点に追いつく。66分、岸本のフィード受けた西谷がボックス左へと侵入し、浮き球のボールをゴール前に供給。ファーサイドで垣田が頭で合わせ、ゴールに決まった。 追いつかれた横浜FCだが、68分に高木がハーフウェーライン付近からドリブルでボックス左手前まで持ち込み、左足で豪快なシュート。これがゴール右上に決まり、すぐさま勝ち越した。 またもリードを奪った横浜FCは、その後は相手のサイド攻撃に苦しむも、決定的な場面は作らせず。すると、後半アディショナルタイムにはロングカウンターの形から渡邉がハーフウェーライン付近でボールを受けると、パワープレーで上がっていた相手GKのポジションを確認し、ロングシュートを放つ。これが無人のゴールに吸い込まれ、試合を決定づけるゴールとなった。 試合は5-3のまま終了し、壮絶な打ち合いを制したホームの横浜FCが勝利。前節に続く連勝となり、奇跡の残留に向けて希望を繋いだ。対する徳島はこれが3試合ぶりの敗戦となり、降格圏との勝ち点差を「1」のまま広げることができなかった。 横浜FC 5-3 徳島ヴォルティス 【横浜FC】 松尾佑介(前9) サウロ・ミネイロ(前20、前51) 高木友也(後23) 渡邉千真(後47) 【徳島】 岩尾憲(前35) 垣田裕暉(後11、後21) 2021.10.16 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:横浜FCvs徳島】残留争いのライバル対決、離すか食らいつくか

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年10月16日(土) 16:00キックオフ 横浜FC(20位/22pt) vs 徳島ヴォルティス(16位/29pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆ハイプレスでハメることができるか【横浜FC】 前節はアウェイで鹿島アントラーズ相手に1-2で勝利。5試合ぶりの勝ち点3を積み上げた。 最下位と順位に変化はなかったが、逆転残留に向けては貴重な勝ち点3を手にしたことは間違いない。苦しい戦いは続くが、価値を続けるしかない。 その横浜FCにとっては勝たなければいけない相手が2試合続く。まずは今節の徳島戦。残留ラインにいる徳島との勝ち点差は「7」となっており、ここで負ければ限りなく残留は苦しくなる。 ポイントはハイプレスが生きるのかどうか。鹿島戦では前からの激しいプレスで相手をハメ、ショートカウンターでゴールに迫る戦い方ができた。これを継続できるかが重要になる。 一方で、その前がかりになった裏を突かれる心配事もある。リスク管理をしながら、アグレッシブに戦えるのか。連勝となれば、追い風も吹くことになるだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ブローダーゼン DF:岩武克弥、高橋秀人、ガブリエウ MF:マギーニョ、安永玲央、瀬古樹、高木友也 MF:松浦拓弥、松尾佑介 FW:サウロ・ミネイロ 監督:早川知伸 ◆2度目の3連勝なるか【徳島ヴォルティス】 対する徳島は中断前の前節はサガン鳥栖を相手に3-0と快勝。今シーズン2度目の連勝を飾ることに成功した。 ここ2試合は連続クリーンシートと守備陣が安定。また、鳥栖戦では相手の攻撃をしっかりと封じた後のカウンターで3ゴールと、6連敗と泥沼だった状態から立ち直りを見せている。 まだまだチームとしての完成度は低い一方で、結果が出ることで選手たちのパフォーマンスは変わるもの。メンタルを整えることで、高いパフォーマンスを見せ、3連勝を目指したいところだ。 ポイントは1トップとシャドーに誰を配置するか。前節結果を出した2人をそのまま起用するという考えが良いかもしれいないが、ダニエル・ポヤトス監督が誰を選ぶかが大事となる。 守備が安定し初めて来たことはプラス材料。残留を争う中で、下位のチーム相手に勝ち点を落とすわけにはいかない。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、カカ、石井秀典、福岡将太 MF:浜下瑛成、鈴木徳真、岩尾憲、:西谷和希 FW:垣田裕暉、ムシャガ・バケンガ 監督:ダニエル・ポヤトス 2021.10.16 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

残留争い中の横浜FC、MF小川慶治朗がオーストラリアのウェスタン・シドニーへ期限付き移籍「海外でのプレーはずっと夢」

Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは15日、横浜FCのMF小川慶治朗(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 横浜FCによれば、レンタル期間は2021年10月16日~2022年6月30日までとなるとのことだ。 小川は神戸の下部組織出身で、2010年に2種登録。2011年にトップチーム昇格を果たす。その後神戸でプレーを続けるも、2018年7月からは湘南ベルマーレへ半年間期限付き移籍を経験。2019年からは復帰していたが、2021年1月に横浜FCへの完全移籍が発表されていた。 横浜FCでは、明治安田生命J1リーグで23試合に出場し1得点、YBCルヴァンカップでは3試合に出場していた。 チームが残留争いに巻き込まれている中での移籍決断となった小川は、横浜FCを通じてコメントしている。 「この度、ウェスタンシドニーワンダラーズFCに期限付き移籍することになりました!海外でプレーすることはプロサッカー選手になる前からずっと夢でした」 「まず、今シーズンはチームも個人も思い描いていたような成績は残せていなくてもどかしい思いをしていました。終盤にきてチームも好調になってきており、残留に向けてチームは更に団結していますし、奇跡の残留ができると信じています!そのような中、チームを離れるのは本当に難しい決断でした」 「しかし、僕の夢を理解し移籍の背中を押して下さったクラブを始め、監督、フロントスタッフには心から感謝しています!」 「サポーターの皆様には、なかなか勝てない中でもいつも最高の後押しをしてもらいすごく感謝しています!残留を信じ、最後まで諦めずに横浜FCのサポートをよろしくお願いします!覚悟を持って、異国の地で必ず成長してきます!」 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、かつて小野伸二や田中裕介、髙萩洋次郎、楠神順平ら日本人が在籍したこともあるクラブ。2014年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で優勝を果たしたこともある。 2021.10.15 12:58 Fri
twitterfacebook
thumb

「映画のワンシーン」横浜FC・三浦知良のスーツ姿にファン歓喜「やっぱりKING」

横浜FCの元日本代表FW三浦知良(54)のスーツ姿が話題だ。 横浜FCは11日、公式ツイッターで三浦知良のスーツ姿を公開。『好評だった私服シリーズ』と題して4枚の写真を投稿した。 サングラスをかけ、ダークスーツを着こなす三浦知良。表情を引き締め、ポーズを決める姿はまるで俳優のようだ。さらに最後のショットでは一転し、両手を広げての爽やかな笑顔を披露している。 男気溢れる姿にはファンも歓喜。「カズさんのスーツ姿は神です」、「上司がカズさんだったら何でも言う事聞いてしまう」、「映画のワンシーン」、「やっぱりKINGだね」など、SNS上には"キングカズ"を称えるが相次いだ。 今季はここまでリーグ戦1試合、カップ戦3試合に出場し、それぞれの大会最年長出場記録を更新している三浦知良。J1は残り7試合となっているが、最下位に沈むチームを逆転残留へと導くことはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】やはりKING!ダークスーツを着こなす三浦知良</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">好評だった私服シリーズ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E7%9F%A5%E8%89%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三浦知良</a> 選手のスーツ姿を。<br>こんなダンディ、どうしたらなれるのでしょうか<a href="https://twitter.com/hashtag/yokohamafc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yokohamafc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%AA%E6%B5%9CFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#横浜FC</a> <a href="https://t.co/PlGOGy7VCO">pic.twitter.com/PlGOGy7VCO</a></p>&mdash; 横浜FC【公式】 (@yokohama_fc) <a href="https://twitter.com/yokohama_fc/status/1447406256075902977?ref_src=twsrc%5Etfw">October 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.11 19:11 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FC、ユースから杉田隼が昇格内定 「多くの方々のおかげでスタートラインに」

横浜FCは8日、ユースからDF杉田隼(17)の2022シーズン昇格内定を発表した。 杉田はジュニアユース時代から横浜FCのアカデミーで育ち、今年5月に2種登録選手としてトップチーム入り。世代別代表歴もあり、今年8月にはBalcom BMW CUPのU-17日本代表にも選ばれた。昇格内定を受け、クラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語っている。 「来季からトップチームに昇格する事になりました、杉田隼です。横浜FCユースでは人として、サッカー選手として育てていただきました。このようなクラブでプロキャリアをスタートできることを嬉しく思います」 「これまでどんな状況でも支え、力を貸してくれた家族、友人、監督、コーチ、メディカルスタッフ、学校の先生をはじめ多くの方々のおかげでスタートラインに立つことが出来ました」 「横浜FCの一員として一日でも早く貢献出来るように日々努力していきます。それと共にこれまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、ファン・サポーターの皆様に元気や夢を届けられる選手になれるようひたむきに頑張っていきます。応援宜しくお願いします」 2021.10.09 09:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly