「日本でプレーしたい」20歳のブラジル人“カズ”、横浜FC“キング・カズ”との意外な関係

2020.09.18 13:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで“カズ”がプレーしているのはご存知だろうか。ただただ、登録名が“カズ”というわけではない。

本名はクリスティアン・ケンジ・ワガツマ・フェレイラ。“カズ”の登録名でコリチーバに所属する20歳のディフェンダーだ。背番号「88」を背負い、左サイドバックを主戦場としている。

コリチーバの下部組織で育った“カズ”は、今年1月にファーストチームへ昇格。U-17ブラジル代表も経験したことがある選手だが、その名を日本で知る人はいないだろう。

◆“キング・カズ”にルーツを持つ20歳の“カズ”が関係を語る

そもそも、なぜ“カズ”という登録名になったのか。『Dugout』が独占インタビューを行い、2013年にコリチーバの入団テストを受けた際、監督が日本人であると知り、呼び始めたのがキッカケだという。

「それは2013年のことでした。監督が、僕が日本人であるのを見たとき、僕はまだここでテストを受けていました。彼はカズ(三浦知良)を覚えていて、そう呼び始めたんです」

“カズ”が2013年のいつテストを受けたかは定かではないが、2013年9月から12月まではかつて大分トリニータやジュビロ磐田で指揮を執ったペリクレス・シャムスカ氏が監督を務めており、思い出したのかもしれない。

また、本家本元の“キング・カズ”こと、三浦知良(横浜FC)は、1989年にコリチーバに所属。パラナ州選手権優勝に貢献しており、現地ファンとしては忘れられない存在となっている。そのため、“カズ”というニックネームには親しみもあるだろう。

親子ほどの歳の離れた2人の“カズ”だが、実は名前が同じだけではない。実際にコンタクトを取ったことがあるという。

「僕が彼と唯一連絡を取ったのは、僕の誕生日でした。彼が僕にメッセージをくれたんです」

「彼のストーリーに関する映像をいくつか観ました。彼がコリチーバでプレーし、ここで美しいストーリーを描いたことを知っています。彼についてよく知っています」

「バースデーメッセージが送られてくるなんて、期待もしていませんでした。父には日本に住んでいるカズを知る友達がいるんです」

「誕生日に、父がWhatsAppでビデオを送ってくれました。信じられなかったです。彼は、誕生日おめでとうと言ってくれました」

なんと、直接キング・カズからバースデーメッセージを受け取ったことがあるという“カズ”。それは2017年、17歳の誕生日だった。キング・カズはポルトガル語で、以下のビデオメッセージを送っていた。

◆“キング・カズ”が自身にルーツを持つ“カズ”へバースデーメッセージ!

「誕生日おめでとう。ケンジ。元気ですか」

「まだ会った事はないけど、今度コリチーバを訪ねた時は、会えることを楽しみにしています。僕はあなたに会いたいです」

「コリチーバでのキャリアの成功と、多くのタイトル獲得を願っています。グッドラック」

自身のニックネームのルーツであり、コリチーバでプレーした大先輩からのバースデーメッセージ。この奇跡の出来事は、当時の“カズ”にとっても大きなこと。その“カズ”のルーツは、実は日本にあったのだ。

「僕の祖父母は日本人で、日本で生まれました。母はブラジルで生まれましたが、日本人です。そして、父はブラジル人です。母の家族は日本にルーツがあります」

日本人とブラジル人のハーフである“カズ”だが、実は日本に来たこともあるとのこと。そして、日本でサッカーをするという夢もあるようだ。

「僕は日本に行ったことがあります。東京で1週間を過ごしました。素晴らしい国だと思いました」

「僕は日本に行き、そこでサッカーをしたいと思っています」

その“カズ”だが、実は日本語は話せないとのこと。両親は話せるものの、全然ダメだという。

「僕の両親は日本に5年間住んでいたので、日本語が話せます。とても流暢というわけではないですが、話せます。僕は何も学んでいないです(笑)」

53歳ながら現役を続けている“キング・カズ”と、弱冠20歳の“カズ”が同じピッチに立つ可能性はゼロではないかもしれない。

関連ニュース
thumb

大久保智明がプロ初ゴール、高い強度を見せた浦和が横浜FCを振り切り無敗を「5」に伸ばす【明治安田J1第28節】

11日、明治安田生命J1リーグ第28節の横浜FCvs浦和レッズがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で浦和が勝利を収めた。 2週間の中断期間を経て再開したJリーグ。19位の横浜FCと7位の浦和との一戦となった。 中断前は残留争い中の柏レイソルとの試合で2-1と敗れた横浜FCは、その柏戦から4名を変更。マギーニョ、アルトゥール・シルバ、瀬古樹、渡邉千真が外れ、前嶋洋太、高橋秀人、サウロ・ミネイロ、フェリペ・ヴィゼウを起用した。 対する浦和は中断前に湘南ベルマーレとドロー。中断期間中に行われたYBCルヴァンカップでは準々決勝で川崎フロンターレと2試合を戦い、試合終了間際の劇的ゴールで逆転勝利を収めていた。 浦和は湘南戦から槙野智章、宇賀神友弥、平野佑一、大久保智明、キャスパー・ユンカーが外れ、岩波拓也、明本考浩、柴戸海、汰木康也、江坂任を起用した。システムはゼロトップと予想さっる。 最初にチャンスを作ったのは浦和。3分、左CKを獲得すると江坂がクロス。ファーサイドで岩波がヘディングで折り返すと、ボックス中央で酒井が滑り込みながらダイレクトボレー。しかし、シュートはクロスバーを直撃し嫌われる。 ピンチを凌いだ横浜FCは直後に決定機。フェリペ・ヴィゼウが右サイドを仕掛けてボックス内に侵入。グラウンダーのクロスにサウロ・ミネイロが合わせるが、シュートはGK西川が身体で防ぐ。 16分にも横浜FCがチャンス。高木がドリブルで左サイドを突破しボックス内に侵入。そのまま左足でシュートも、GK西川が見事な反応でセーブする。 横浜FCは30分にも決定機。ショートカウンターから最後は松尾のスルーパスを、ボックス内でサウロ・ミネイロがシュートも、再びGK西川がセーブする。 ホームの横浜FCが押し込みながら試合を進めたが、先制したのは浦和だった。ボックス右でボールを持った小泉が左足で鋭いクロス。これをボックス内中央で汰木がヘッド。これが決まり、決定機を作れていなかった浦和が汰木の今季リーグ戦初ゴールで先制する。 浦和の1点リードで迎えた後半。浦和はアシストの小泉を下げて、キャスパー・ユンカーを起用する。すると横浜FCは46分、安永のパスをオフサイドラインぎりぎりで受けた松尾がボックス内からシュートも、酒井がブロックする。 浦和は連続したCKで押し込むと50分には柴戸の縦パスを受けたキャスパー・ユンカーがボックス内でキープし反転してシュート。こぼれ球を岩波がシュートも、ブロックされる。 浦和の連続攻撃を凌いだ横浜FCは、56分にチャンス。酒井のパスをカットした高橋がドリブルで運び出さずにフェリペ・ヴィゼウへとパス。ボックス内右でシュートも、枠を外れる。 浦和は59分にチャンス。柴戸の裏へのパスに抜け出した酒井が巧みにヒールパス。これを江坂がシュートで狙うが、DFがブロックする。これで得たCKから江坂がクロス。こぼれ球をつなぐとアレクサンダー・ショルツのパスを受けた江坂が、ボックス内右からニアヲンラッタ強烈シュート。しかし、GKスベンド・ブローダーセンがセーブする。 さらに浦和は押し込むと、62分にも決定機。江坂のスルーパスを受けた伊藤が汰木とスイッチ。ドリブルで抜いてゴールへ迫るが、GKブローダーセンがなんとか凌ぐ。 66分にもビッグチャンス。自陣で相手ボールを奪った酒井がビルドアップから裏へ抜け出すと、完全に独走。ボックス内まで持ち込みシュートチャンスだったが、突破を試みて相手に防がれる。 横浜FCはこのピンチからボールをつなぐと、左サイドからクロス。これをGK西川がファンブルしこぼれると、倒れたジャーメイン良のところへこぼれ、そのままシュート。しかし、西川が飛び出てなんとかセーブする。 横浜FCも徐々に攻め手を見つけると、75分にもチャンス。浦和のライン裏に安永が浮き球のパス。これにジャーメイン良が反応して受けに行くが、酒井が絞って対応する。 互いに選手を入れ替えて迎えた試合終盤。横浜FCのセットプレーから浦和が一気に仕留める。88分、横浜FCがFKを獲得。クロスからこぼれ球を韓浩康がシュート。これがブロックされると、さらにジャーメイン良もシュート。しかし、これもブロック。すると、ここから浦和がロングカウンター。大久保が拾いドリブルで運ぶと、スルーパスに反応したユンカーがシュート。しかし、飛び出たGKブローダーセンがスーパーセーブ。横浜FCは凌いだかと思われたが、こぼれ球が大久保の下にこぼれると、無人のゴールへと蹴り込み、浦和が追加点を奪った。 浦和はそのまま残り時間を消化しタイムアップ。リーグ戦の無敗を5試合に伸ばし勝ち点を「48」に伸ばし3位争いに生き残り。横浜FCは再び最下位に転落する可能性が出てしまった。 横浜FC 0-2 浦和レッズ 【浦和】 汰木康也(前34) 大久保智明(後44) 2021.09.11 20:04 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCのMF齋藤功佑が左肩手術…全治4〜6カ月で今季終了

横浜FCは8日、MF齋藤功佑の手術を発表した。 クラブの発表によると、齋藤は反復性左肩関節脱臼と診断されており、3日に左肩の手術を実施。全治は約4〜6カ月の見込みとなる。 齋藤は今シーズンの明治安田生命J1リーグで9試合に出場し1得点を記録していた。 齋藤は4月24日に行われた明治安田J1第11節の横浜F・マリノス戦に先発出場。試合開始早々に相手ボックス内で脱臼。そのままピッチを後にしており、そこからはプレーしていなかった。 2021.09.08 14:14 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FCのGK市川暉記が追突事故…ケガはなし

横浜FCは3日、GK市川暉記が交通事故を起こしたことを発表した。 クラブによると、事故は2日の16時35分頃に発生したとのこと。神奈川県横浜市戸塚区付近で前方停止中の普通乗用車に接触する事故が発生したとのことだ。 なお、お相手は病院へ行き診察を受け、再度連絡を受けるとのことだ。また、市川にケガはないという。 クラブは「再発防止に向け選手・スタッフへの注意喚起をするとともに、交通安全への意識・知識の教育を徹底いたします」としている。 2021.09.03 12:03 Fri
twitterfacebook
thumb

クリスティアーノの弾丸ミドル炸裂! 柏が横浜FCを下し連勝【明治安田J1第27節】

29日、明治安田生命J1リーグ第27節の柏レイソルvs横浜FCが三協フロンテア柏スタジアムで行われ、2-1で柏が勝利した。 前節はアウェイで徳島ヴォルティスに0-1で勝利した柏と、前節はガンバ大阪相手にホームで3-1で勝利した横浜FCの一戦。残留争いの直接対決、互いに連勝が欲しい一戦となった。 柏は前節からスタメンを1名だけ変更。染谷悠太に代えて、大南拓磨が入った。大南は5試合ぶりの先発出場となる。 対する横浜FCは前節と同じスターティングメンバーで臨む一戦。中3日ながら選手たちは連戦となった。 今シーズンはリーグ戦とYBCルヴァンカップのグループステージと3試合を戦い、横浜FCが2勝1分け。柏としてはなんとか勝利したい試合だ。 立ち上がりから試合のペースを握ったのはホームの柏。このところ数字を残しているクリスティアーノを中心に攻め込んでいく展開となる。 対する横浜FCはビルドアップとロングボールを使いながら、柏陣内に攻め込むが、なかなか精度の高いプレーを見せられず決定機は作れない。 すると29分、最終ラインからの韓浩康のパスをバイタルエリアで戸嶋がカット。スルーパスは瀬川が受けられずに流れると思われたが、クリスティアーノがラインぎりぎりでクロス。クリアボールを戸嶋がボレー。これが瀬川に当たりゴールとなり、押し込んでいた柏が先制する。 先制した柏だったが、横浜FCも33分に反撃。遠目の位置で得たFKから瀬古がゴール前にクロス。これを渡邉がヘディングで合わせ、セットプレーで同点に追いつく。 一進一退の攻防となった試合は41分に柏がチャンス。ボックス内でのクリアボールが中途半端になると、瀬川が奪いに来たところをガブリエウが蹴って倒してしまい、柏がPKを獲得する。 これをクリスティアーノが蹴るが、左下を狙ったシュートは枠を外れていってしまう。 1-1で迎えた後半は、前半とは違い横浜FCがペースを握りながら進めていく。 すると64分、右CKを獲得した横浜FCはゴール前にクロス。これがボックス内で混戦となると、最後は韓浩康がシュート。ディフレクトしたボールだったが、GKキム・スンギュが体で止める。 71分には柏が相手のパスをカット。クリスティアーノが前線へ鋭いパスをくると、これが瀬川に通り、タメを作って横パス。後方から猛然と走り込んだクリスティアーノがボックス手前から右足を振り抜くと、目の覚めるような強烈なシュートがゴール右上に突き刺さり、柏が勝ち越しに成功する。 リードを奪われた横浜FCは94分、FKから前線へフィード。これをファーサイドに走り込んだガブリエウがヘッド。シュートは枠に飛ぶが、ファーを狙ったシュートをGKキム・スンギュが冷静にセーブする。 柏は95分にカウンターを仕掛けようとすると、アンジェロッティへパスを出したところへ瀬古が猛然とタックル。足の裏を見せたチャージは危険とみなされ、一発退場に。そのまま試合は終わり、2-1で柏が勝利。残留争いのライバル相手に貴重な勝ち点3を獲得した。 柏レイソル 2-1 横浜FC 【柏】 瀬川祐輔(前29) クリスティアーノ(後26) 【横浜FC】 渡邉千真(前33) 2021.08.29 21:28 Sun
twitterfacebook
thumb

数的優位生かした横浜FCが最下位脱出! 15連戦のG大阪はダービー前に痛い敗戦【明治安田J1第26節】

明治安田生命J1リーグ第26節の1試合が25日にニッパツ三ツ沢球技場で催され、ホームの横浜FCがガンバ大阪を3-1で下した。 再開してから1勝1分けの負けなしで来た最下位の横浜FCだが、セレッソ大阪との前節は1-3の逆転負け。同じく大阪勢との対戦となる今節は出場停止の高橋が欠場となり、アルトゥール・シルバが先発入りしたほか、2戦連発が期待される渡邉が古巣戦でも最前線を務めた。 一方、着実に勝ち点を積み上げ、残留争いから抜け出しつつある13位のガンバ大阪は15連戦の超ハードスケジュールを考慮して、今節もターンオーバー。前節から7選手が入れ替わり、古巣戦の小野瀬が右ウィングバックを務め、小野と大卒ルーキーの佐藤も先発した。 次戦の大阪ダービーに弾みをつけたいG大阪だが、横浜FCが開始数十秒でビッグチャンス。マギーニョのスルーパスで相手の裏を完全に抜け出した渡邉が折り返すと、ボックス左の松尾が落ち着いて押し込む。だが、VARチェックで渡邉がオフサイドをとられ、認められない。 ことなきを得たG大阪だが、ボールを保持する時間を作っても全体的に動きが乏しいなか、30分にGK東口のキックから好機。相手最終ラインの背後に抜け出したチアゴ・アウベスがボックス左から豪快に左足シュートを蹴り込むが、この場面もオフサイドの判定で幻となる。 33分にもGK東口のキックからチアゴ・アウベスの左足シュートでゴールに迫ったG大阪だが、枠に飛ばせず、不意に。すると、横浜FCも連続して好機を作り出すが、いずれもファイナルサードでのプレーが相手守備網に引っかかってしまい、なかなかゴールに繋げられない。 それでも、前半アディショナルタイム2分に右サイドから最終ラインの背後を突いたマギーニョがバイタルエリア右で佐藤のファウルを受けてFKのチャンス。佐藤を一発退場に追い込み、キッカーの瀬古が上げたクロスをファーのアルトゥール・シルバが頭で合わせ、先制した。 数的不利に陥った上、ハーフタイム目前に守りが崩れるという最悪の展開で試合を折り返したG大阪だが、交代なしで後半に入ると、48分に左CKのチャンスを獲得。ボックス中央で高く浮かび上がったボールを今季初先発の小野が頭で合わせ、G大阪が早い段階で追いつく。 リードを失った横浜FCは60分にガブリエウの負傷交代にも見舞われ、数的優位の状況を生かせずにいると、G大阪も勝ち越そうと66分に昌子、倉田、矢島の主力勢を一挙に投入。そのなかで、73分に渡邉の右足フィニッシュがゴール右を突くが、GK東口の牙城を崩せない。 だが、横浜FCが74分に前嶋とフェリペ・ヴィゼウを投入すると、この交代が的中する。フェリペ・ヴィゼウが80分にバイタルエリア中央に仕掛けると、井手口が対応。クリアされるが、ボールが自身の前にこぼれると、左足シュートをゴール左に叩き込み、勝ち越しに成功する。 再びリードした横浜FCは87分に小川と武田を入れ、終わらせにかかる。そのなかで、76分のレアンドロ・ペレイラを投入した効果が出る前に失点したG大阪も反撃。88分に敵陣左サイドで獲得したFKのチャンスから菅沼がクロスに頭で合わせるが、オフサイドで認められない。 その後、フェリペ・ヴィゼウが息の根を止める絶好機をモノにできず、最後の交代で藤春も送り出したG大阪にもツキが巡ってくるが、後半アディショナルタイム3分にゴール左隅を突いた三浦のヘディングシュートもGKスベンド・ブローダーセンがファインセーブ。横浜FCが粘る。 すると、後半アディショナルタイム8分に敵陣左サイド深くのスペースでパスを受けた安永がボールキープを選択せず、緩急をつけたドリブルでボックス左に侵攻。厳しい角度から右足シュートをファーサイドにねじ込み、勝負の行方を決した。 数的優位を生かして今季最多3得点の横浜FCは3試合ぶりの白星を掴み取り、大分トリニータを抜いて最下位脱出の19位に浮上。一時追いついたものの、疲労の色が濃くなる終盤に失点が続いたG大阪は3試合ぶりの黒星となり、ダービー前に手痛い敗戦を喫した。 横浜FC 3-1 ガンバ大阪 【横浜FC】 アルトゥール・シルバ(前45+5) フェリペ・ヴィゼウ(後35) 安永玲央(後45+8) 【G大阪】 小野裕二(後3) 2021.08.25 21:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly