「日本でプレーしたい」20歳のブラジル人“カズ”、横浜FC“キング・カズ”との意外な関係

2020.09.18 13:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで“カズ”がプレーしているのはご存知だろうか。ただただ、登録名が“カズ”というわけではない。本名はクリスティアン・ケンジ・ワガツマ・フェレイラ。“カズ”の登録名でコリチーバに所属する20歳のディフェンダーだ。背番号「88」を背負い、左サイドバックを主戦場としている。

コリチーバの下部組織で育った“カズ”は、今年1月にファーストチームへ昇格。U-17ブラジル代表も経験したことがある選手だが、その名を日本で知る人はいないだろう。

◆“キング・カズ”にルーツを持つ20歳の“カズ”が関係を語る

そもそも、なぜ“カズ”という登録名になったのか。『Dugout』が独占インタビューを行い、2013年にコリチーバの入団テストを受けた際、監督が日本人であると知り、呼び始めたのがキッカケだという。

「それは2013年のことでした。監督が、僕が日本人であるのを見たとき、僕はまだここでテストを受けていました。彼はカズ(三浦知良)を覚えていて、そう呼び始めたんです」

“カズ”が2013年のいつテストを受けたかは定かではないが、2013年9月から12月まではかつて大分トリニータやジュビロ磐田で指揮を執ったペリクレス・シャムスカ氏が監督を務めており、思い出したのかもしれない。

また、本家本元の“キング・カズ”こと、三浦知良(横浜FC)は、1989年にコリチーバに所属。パラナ州選手権優勝に貢献しており、現地ファンとしては忘れられない存在となっている。そのため、“カズ”というニックネームには親しみもあるだろう。

親子ほどの歳の離れた2人の“カズ”だが、実は名前が同じだけではない。実際にコンタクトを取ったことがあるという。

「僕が彼と唯一連絡を取ったのは、僕の誕生日でした。彼が僕にメッセージをくれたんです」

「彼のストーリーに関する映像をいくつか観ました。彼がコリチーバでプレーし、ここで美しいストーリーを描いたことを知っています。彼についてよく知っています」

「バースデーメッセージが送られてくるなんて、期待もしていませんでした。父には日本に住んでいるカズを知る友達がいるんです」

「誕生日に、父がWhatsAppでビデオを送ってくれました。信じられなかったです。彼は、誕生日おめでとうと言ってくれました」

なんと、直接キング・カズからバースデーメッセージを受け取ったことがあるという“カズ”。それは2017年、17歳の誕生日だった。キング・カズはポルトガル語で、以下のビデオメッセージを送っていた。

◆“キング・カズ”が自身にルーツを持つ“カズ”へバースデーメッセージ!

「誕生日おめでとう。ケンジ。元気ですか」

「まだ会った事はないけど、今度コリチーバを訪ねた時は、会えることを楽しみにしています。僕はあなたに会いたいです」

「コリチーバでのキャリアの成功と、多くのタイトル獲得を願っています。グッドラック」

自身のニックネームのルーツであり、コリチーバでプレーした大先輩からのバースデーメッセージ。この奇跡の出来事は、当時の“カズ”にとっても大きなこと。その“カズ”のルーツは、実は日本にあったのだ。

「僕の祖父母は日本人で、日本で生まれました。母はブラジルで生まれましたが、日本人です。そして、父はブラジル人です。母の家族は日本にルーツがあります」

日本人とブラジル人のハーフである“カズ”だが、実は日本に来たこともあるとのこと。そして、日本でサッカーをするという夢もあるようだ。

「僕は日本に行ったことがあります。東京で1週間を過ごしました。素晴らしい国だと思いました」

「僕は日本に行き、そこでサッカーをしたいと思っています」

その“カズ”だが、実は日本語は話せないとのこと。両親は話せるものの、全然ダメだという。

「僕の両親は日本に5年間住んでいたので、日本語が話せます。とても流暢というわけではないですが、話せます。僕は何も学んでいないです(笑)」

53歳ながら現役を続けている“キング・カズ”と、弱冠20歳の“カズ”が同じピッチに立つ可能性はゼロではないかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

札幌が今季2度目の連勝でミシャJ1通算200勝! 勝ち点並ぶ横浜FCに3ゴール快勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第24節の1試合が札幌ドームで行われ、ホームの北海道コンサドーレ札幌が3-0で横浜FCを下した。 キム・ミンテを出場停止で欠く14位札幌は今季2度目の連勝だけでなく、ペトロヴィッチ監督の外国籍指揮官として初となるJ1史上3人目の通算200勝がかかる今節に向け、前節から3選手のメンバーチェンジ。菅野、アンデルソン・ロペス、ジェイをスタートから送り込み、宮澤を3バックの一角に配した。一方、4選手を変更した13位横浜FCはケガ人が増えつつあるなか、袴田、瀬古、草野、皆川が先発。こちらも今季2度目の連勝を目指して、敵地でのゲームに臨んだ。 試合数に違いがあるものの、勝ち点24で並ぶ両者の一戦は札幌がボールの主導権争いで優位に立つ形で立ち上がり、横浜FCに守備を強いる展開で進むと、16分に動く。敵陣中央のジェイが最終ラインい入る宮澤の縦パスをワンタッチで叩いて、右前を走るアンデルソン・ロペスにボールを供給。ワンタッチで最終ラインの背後にボールを出してボックス右に侵攻したアンデルソン・ロペスが小林をブロックしながら右足シュートをゴール右に沈め、札幌が先取する。 アンデルソン・ロペスの今季5ゴール目でリードした札幌はなかなか反撃の形を見いだせずにいる横浜FCを尻目に追加点を目指すと、41分に決定機。敵陣中央でボールをカットしたアンデルソン・ロペスがドリブルで相手をひきつけ、右横を併走したジェイにパスを出す。これを受けたジェイが相手GKの前がかったポジショニングを見越して、右足ループシュートを放っていったが、ゴール前にプレスバックした伊野波︎に頭でクリアされ、チャンスを生かせない。 1点リードで試合を折り返した札幌はハーフタイム明けからジェイと田中を下げ、金子と早坂を投入。追いかける横浜FCがその立ち上がりからボールの主導権を握り返して、全体を押し上げる。味方数人が絡む流れるようなパスワークで中央を攻略した52分に皆川がゴールに迫るなど、反撃の形を作り始めたが、札幌も徐々に押し返してみせ、一進一退の攻防に。そうした展開が続き、残り時間的にも次の1点が重みを増すなか、互いのベンチワークも激しくなっていく。 すると、79分にスコアが動く。敵陣中央でバックラインからのロングボールに反応したアンデルソン・ロペスが伊野波のクリアをひっかけてカウンターに持ち込み、ボックス左に侵攻。ボックス右のフリースペースに走り込む70分から出場のドウグラス・オリヴェイラがアンデルソン・ロペスからの浮き球パスに右足で合わせ、札幌が突き放しに成功した。 2失点目で後がなくなった横浜FCはその直後に残る交代枠で中村と中山を送り出して、一矢報いようと反撃を試みるが、87分に札幌が再びカウンター。自陣で中村の横パスをカットした金子がそのままスピードに乗ったドリブルで持ち上がり、一気にバイタルエリア左に侵攻すると、左足シュートをゴール右に決め、札幌が勝負の行方を決する3点目を奪った。 横浜FCとの勝ち点同数対決を制した札幌は2試合連続の完封勝利で今季2度目の連勝を達成。ペトロヴィッチ監督はJ1通算200勝目を成し遂げている。 北海道コンサドーレ札幌 3-0 横浜FC 【札幌】 アンデルソン・ロペス(前16) ドウグラス・オリヴェイラ(後34) 金子拓郎(後42) 2020.10.24 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCに大痛手、今季7得点のMF松尾佑介が全治最大8週間…左肩鎖関節脱臼で手術

横浜FCは21日、MF松尾佑介が負傷したことを発表した。 クラブの発表によると、松尾は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節のベガルタ仙台戦で負傷。左肩鎖関節脱臼と診断され、20日に手術。全治は約6〜8週間とのことだ。 松尾は仙台戦に先発出場。後半にアピアタウィア久と接触するとそのままピッチに倒れ込み、そのまま一美和成と交代していた。 昨シーズンは特別指定選手として明治安田J2で21試合に出場し6得点。仙台大学から今季正式に加入すると明治安田J1で20試合に出場し7得点を記録しており、チームとしては大きな痛手となった。 2020.10.21 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

終盤に草野侑己がJ1初ゴール、横浜FCがFC東京の猛攻を凌いで勝利を掴む《J1》

18日、明治安田生命J1リーグ第23節の横浜FCvsFC東京がニッパツ三ツ沢球技場が行われ、1-0で横浜FCが勝利した。 前節はアウェイでのベガルタ仙台戦を戦い、0-0のゴールレスドローに終わった横浜FC。スタメンは1名変更。松尾佑介に代えて一美和成を起用した。 対するFC東京は前節はホームに清水エスパルスを迎えて3-1で勝利。そこからスタメンを2名変更し、中村拓海、三田啓貴に代えて中村帆高、アルトゥール・シルバを起用する。 最初にチャンスを迎えたのは横浜FC。8分、縦パスをボックス手前中央で受けた一美が反転シュート。ジョアン・オマリに当たってディフレクトしたシュートは右ポストを叩く。 10分には、左サイドをディエゴ・オリヴェイラが強引にドリブル突破。ボックス左からグラウンダーのクロスを送ると、高萩がダイレクトで流すも、田川はシュートを打てない。 ポゼッションは横浜FCが上回り、ボールを動かしながら攻め込む展開に。FC東京はボール奪取からのカウンターを狙う。特に左サイドに入ったディエゴ・オリヴェイラがフィジカルを活かしたドリブルを見せる中、横浜FCの松浦が競り合いで左の腰を痛め24分に瀬古と交代する。 その瀬古は26分、右サイドでディエゴ・オリヴェイラを上手くかわしクロス。ゴール前に良いボールが入ったが、瀬沼に届かず森重がクリアする。 その後は一進一退の攻防が続く中、38分にはロングボールを受けようとした一美に対してジョアン・オマリが遅れて後ろから強烈なチャージ。この接触で一美は右側頭部から出血し皆川と交代。横浜FCは前半でケガにより2人も交代枠を使うこととなってしまった。 前半アディショナルタイムにはボックス手前でFKを得たFC東京だったが、これを森重が直接狙うも壁に阻まれ得点を挙げられない。 FC東京は、ハーフタイムにジョアン・オマリ、髙萩洋次郎を下げて、渡辺剛、三田啓貴を投入。すると50分、三田がFKからクロス。これをボックス内で渡辺が折り返すと、最後は田川がヘッド。しかしこれは枠を越えていく。 FC東京は55分、波状攻撃を仕掛けると、最後は三田が右足でシュート。これは相手の手に当たるもハンドは取られない。 こう着状態が続く中、FC東京は永井謙佑と田川亨介に代えてアダイウトンと原大智を投入。攻撃の活性化を図りにいく。 78分にはボックス手前でからディエゴ・オリベイラが狭いコースを狙ってシュート。しかし、GK六反がわずかに触ってシュートは枠の左に外れる。 直後の79分には、ロングボールにディエゴ・オリヴェイラが抜けると右サイドの深い位置からグラウンダーのクロス。これをボックス中央に走り込んだ原がダイレクトシュートも、GK六反の正面に飛びセーブされ流。 横浜FCは83分にチャンス。袴田が左サイドからクロスを送ると、ファーサイドで皆川がフリーでヘッド。しかし、これは枠を越えてしまう。 84分にはFC東京がビッグチャンス。ディエゴ・オリヴェイラのスルーパスに三田が抜けるが、切り返してシュート打てず。そこから繋ぎ、中村拓が浮き球のパスもDFがクリア。最後はアルトゥール・シルバがボックス手前からボレーを狙うが、枠を捉えられない。 オープンな展開となると86分には横浜FCがチャンス。カウンターから皆川のシュートはブロック。しかしそのこぼれ球からクロスを上げると、皆川がファーサイドで抜け出すがわずかに届かず。小川がユニフォームを引っ張っていたかに見えたが、ノーファウルとなった。 87分にはアルトゥール・シルバのサイドチェンジから中村拓がクロス。これに原が飛び込むが、ヘディングはわずかに当たらない。 すると88分、ついにスコアが動く。横浜FCが瀬古からの大きなサイドチェンジ。渡辺がカットするもトラップ側を瀬沼が詰めてボールを奪うと、草野がボックス内で粘ってシュート。これが決まり、横浜FCが先制する。 後半アディショナルタイムにFC東京はビッグチャンス。左CKからのこぼれ球を最後はディエゴ・オリヴェイラがシュート。枠に飛ぶも、瀬古がブロック。これが手に直撃していたが、体の前だったこともありハンドの判定とはならない。 その後もFC東京が圧力をかけて攻撃を仕掛け、横浜FCは何度もピンチを迎えるがそのまま試合終了。横浜FCが1-0で勝利を収めた。 横浜FC 1-0 FC東京 【横浜FC】 草野侑己(後43) 2020.10.18 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台と横浜FCの下位対決はゴールレス…共に久々無失点も痛み分け《J1》

明治安田生命J1リーグ第22節、ベガルタ仙台vs横浜FCが14日にユアテックスタジアム仙台で行われ、0-0のドローに終わった。 前々節、連敗を「6」でストップも前節で川崎フロンターレに敗れ、11戦未勝利で16位に低迷する仙台は、ホーム初勝利を目指す中3日での一戦で先発2人を変更。シマオ・マテ、中原に代えて平岡、17戦ぶりのスタメンとなる松下を起用した。 一方、2試合連続で3失点を喫して連敗中の14位・横浜FCは、土壇場の失点で逆転負けとなった鹿島アントラーズ戦からこちらも先発2人を変更。袴田、皆川に代えて志知、斉藤光を起用した。 共に[4-4-2]の布陣を採用した中、中盤での球際のバトルが強調される展開に。その中でGK六反を起点とするビルドアップが機能するアウェイチームは、攻撃から守備への切り替えもスムーズで徐々に流れを掴んでいく。ただ、瀬沼や松浦のシュートチャンスはホームチームの身体を張った守備に阻まれ、決定機までには至らない。 一方、ボールを握られる展開も慌てることなく自陣でブロックを敷きながらカウンターで反撃を試みる。幾度かサイドバックの裏を狙った攻撃で相手を引っくり返していくが、全体の重心が後ろに重く厚みを作り出せない。 前半半ばの飲水タイムが明けると、試合の流れは完全に横浜FCへと傾く。攻守両面で相手を圧倒してハーフコートゲームを展開していくが、最後の局面でクロスの精度や連係がうまくいかない。過密日程の中でジャブを打ち続け、相手を消耗させるところまでは持って行ったが、最後の精度の課題を残して試合を折り返した。 後半も右サイドで高い位置を取ったマギーニョが際どいクロスをゴール前に入れるなど、引き続き横浜FCが試合のペースを握る。55分には高い位置を取っていたセンターバックの小林が鋭い左足のミドルシュートをゴール左下隅へ飛ばすが、これはGKスウォビィクが見事な反応ではじき出された。 前半同様に攻めあぐねる横浜FCが焦れ始めた隙を突き、徐々に相手を押し返していく仙台。とりわけ、左サイドの関口とパラのコンビで幾度もサイドの深い位置を取ってはチャンスを作りかける。 試合がこう着状態に陥った中、65分過ぎには両ベンチが動く。ホームの仙台は山田に代えて長沢、横浜FCは松浦、瀬沼に代えて齋藤功、皆川を同時投入。 この交代を機に再び息を吹き返し始めた横浜FCだが、松尾がアピアタウィアとの接触で左肩を負傷。プレー続行不可能となり、一美のスクランブル投入を余儀なくされる。それでも、78分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーの手塚の正確なボールをニアに飛び込んだ小林が頭で合わせる。だが、ニア上を捉えた決定的なシュートはGKスウォビィクに再び好守で阻止された。 アウェイチームペースもゴールレスのまま試合は終盤に突入。横浜FCは中村俊、仙台はイサック・クエンカと共に個で局面を変える能力を持つジョーカーをピッチに送り出すが、試合はこのままタイムアップ。仙台は11戦ぶり、横浜FCは3戦ぶりのクリーンシートも共に最低限の勝ち点1獲得に留まった。 ベガルタ仙台 0-0 横浜FC 2020.10.14 21:12 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FCがSNSでの差別投稿に厳格な対応「弁護士にも相談」「法的措置も辞さない」

横浜FCは11日、「SNSにおける差別・偏見・誹謗中傷について」と題して、サポーターへの注意喚起を行った。 クラブによると、10日(土)に行われた明治安田生命J1リーグ第21節の鹿島アントラーズ戦後、SNS上でクラブや選手に対して誹謗中傷を伴う投稿を確認したとのことだ。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1hn3nhm3c4gqu18nimzaqwypvs" async></script></div> 横浜FCはアウェイで鹿島と対戦し、試合早々に瀬沼優司が先制。さらに松尾佑介のゴールで0-2とリードして試合を折り返した。しかし、後半にエヴェラウドのゴールで1点差とされると、終盤の88分にオウンゴールで同点に追いつかれ、さらには後半アディショナルタイムにセットプレーの流れから小泉慶に押し込まれ、土壇場で逆転負けを喫していた。 横浜FCはクラブを通じて、「今回の差別・偏見・誹謗中傷となりうる表現や投稿については、横浜FC及び選手にだけでなくJリーグ全体に対して悪意のある行為であり、リーグ統一禁止事項、さらに社会通念に照らし合わせても弁解の余地はなく、許されるものではありません」とし、「弁護士にも相談の上今後の状況によっては法的措置も辞さない考えです」と厳しい措置を取る可能性を明かした。 また、声明ではファン・サポーターへの注意喚起を行っている。 「クラブとして、今回の事象に対しては既にSNSのサービス運営会社に該当アカウント及び発信内容の報告をし、Jリーグにも報告をしております」 「ファン・サポーターの皆様がこれらの素性を明かさない匿名で悪意のある発信に対して、SNS上で反応することによって該当ユーザーとのトラブル、投稿の拡散に繋がる可能性も含むため、これらの投稿については反応することの無いようお願い致します」 「また、ご自身が被害にあわれた場合には、出来る限り証拠の保全(発信元のURLやスクリーンショット)を行い速やかにSNS上で繋がっているご家族やご友人に対して注意喚起をし、サービス運営会社に削除依頼等の通報の手続きを行ってください」 「今後も横浜FCへの熱いサポートをお願いいたします」 Jリーグでは川崎フロンターレのサポーターになりすましたSNSでの迷惑投稿や、浦和レッズでも誹謗中傷投稿が見つかるなど、SNS上でのトラブルが相次いでいる。 2020.10.11 19:07 Sun
twitterfacebook