「日本でプレーしたい」20歳のブラジル人“カズ”、横浜FC“キング・カズ”との意外な関係

2020.09.18 13:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで“カズ”がプレーしているのはご存知だろうか。ただただ、登録名が“カズ”というわけではない。本名はクリスティアン・ケンジ・ワガツマ・フェレイラ。“カズ”の登録名でコリチーバに所属する20歳のディフェンダーだ。背番号「88」を背負い、左サイドバックを主戦場としている。

コリチーバの下部組織で育った“カズ”は、今年1月にファーストチームへ昇格。U-17ブラジル代表も経験したことがある選手だが、その名を日本で知る人はいないだろう。

◆“キング・カズ”にルーツを持つ20歳の“カズ”が関係を語る

そもそも、なぜ“カズ”という登録名になったのか。『Dugout』が独占インタビューを行い、2013年にコリチーバの入団テストを受けた際、監督が日本人であると知り、呼び始めたのがキッカケだという。

「それは2013年のことでした。監督が、僕が日本人であるのを見たとき、僕はまだここでテストを受けていました。彼はカズ(三浦知良)を覚えていて、そう呼び始めたんです」

“カズ”が2013年のいつテストを受けたかは定かではないが、2013年9月から12月まではかつて大分トリニータやジュビロ磐田で指揮を執ったペリクレス・シャムスカ氏が監督を務めており、思い出したのかもしれない。

また、本家本元の“キング・カズ”こと、三浦知良(横浜FC)は、1989年にコリチーバに所属。パラナ州選手権優勝に貢献しており、現地ファンとしては忘れられない存在となっている。そのため、“カズ”というニックネームには親しみもあるだろう。

親子ほどの歳の離れた2人の“カズ”だが、実は名前が同じだけではない。実際にコンタクトを取ったことがあるという。

「僕が彼と唯一連絡を取ったのは、僕の誕生日でした。彼が僕にメッセージをくれたんです」

「彼のストーリーに関する映像をいくつか観ました。彼がコリチーバでプレーし、ここで美しいストーリーを描いたことを知っています。彼についてよく知っています」

「バースデーメッセージが送られてくるなんて、期待もしていませんでした。父には日本に住んでいるカズを知る友達がいるんです」

「誕生日に、父がWhatsAppでビデオを送ってくれました。信じられなかったです。彼は、誕生日おめでとうと言ってくれました」

なんと、直接キング・カズからバースデーメッセージを受け取ったことがあるという“カズ”。それは2017年、17歳の誕生日だった。キング・カズはポルトガル語で、以下のビデオメッセージを送っていた。

◆“キング・カズ”が自身にルーツを持つ“カズ”へバースデーメッセージ!

「誕生日おめでとう。ケンジ。元気ですか」

「まだ会った事はないけど、今度コリチーバを訪ねた時は、会えることを楽しみにしています。僕はあなたに会いたいです」

「コリチーバでのキャリアの成功と、多くのタイトル獲得を願っています。グッドラック」

自身のニックネームのルーツであり、コリチーバでプレーした大先輩からのバースデーメッセージ。この奇跡の出来事は、当時の“カズ”にとっても大きなこと。その“カズ”のルーツは、実は日本にあったのだ。

「僕の祖父母は日本人で、日本で生まれました。母はブラジルで生まれましたが、日本人です。そして、父はブラジル人です。母の家族は日本にルーツがあります」

日本人とブラジル人のハーフである“カズ”だが、実は日本に来たこともあるとのこと。そして、日本でサッカーをするという夢もあるようだ。

「僕は日本に行ったことがあります。東京で1週間を過ごしました。素晴らしい国だと思いました」

「僕は日本に行き、そこでサッカーをしたいと思っています」

その“カズ”だが、実は日本語は話せないとのこと。両親は話せるものの、全然ダメだという。

「僕の両親は日本に5年間住んでいたので、日本語が話せます。とても流暢というわけではないですが、話せます。僕は何も学んでいないです(笑)」

53歳ながら現役を続けている“キング・カズ”と、弱冠20歳の“カズ”が同じピッチに立つ可能性はゼロではないかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

中村俊輔が背番号10を着用! ストライカー大量補強の横浜FCが新体制発表

横浜FCは17日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 2020シーズンは、2007年以来13年ぶりにJ1の舞台を戦った横浜FC。降格がない特別なシーズンとなったが、明治安田J1で15位と残留圏でシーズンを終えていた。 下平隆宏監督が指揮を執る3年目のシーズンは、チームとして重要な1年に。J1残留を目指す戦いに向けて多くの選手を入れ替えた。 移籍組で新たに加わったのは10名。鹿島アントラーズのFW伊藤翔、ガンバ大阪のFW渡邉千真、ヴィッセル神戸のMF小川慶治朗、ジェフユナイテッド千葉のFWクレーべ、ベガルタ仙台のFWジャーメイン良と、課題である得点力強化に向けて実力者を獲得した。 また、サガン鳥栖の元日本代表MF高橋秀人や浦和レッズのDF岩武克弥、ヴァンフォーレ甲府のDF中塩大貴、ブラウブリッツ秋田のDF韓浩康と守備陣も補強。GKには柏レイソルから猿田遥己を期限付き移籍で獲得した。 その他、2020シーズンは期限付き移籍だったGK六反勇治、MF杉本竜士、MF手塚康平を完全移籍で獲得。また、DFマギーニョは引き続き期限付き移籍で残留することとなった。 また、背番号変更も行われMF中村俊輔が「46」から「10」に変更。またDF袴田裕太郎が「26」から「3」、MF齋藤功佑が「15」から「8」、MF安永玲央が「28」から「15」に変更となった。 ◆横浜FC登録選手一覧 GK 1.大内一生←Y.S.C.C.横浜/期限付き満了 18.南雄太 21.市川暉記 28.猿田遥己←柏レイソル/期限付き 44.六反勇治←清水エスパルス/期限付き→完全 DF 2.マギーニョ←川崎フロンターレ/期限付き延長※背番号変更「3」 3.袴田裕太郎※背番号変更「26」 4.高橋秀人←サガン鳥栖/完全 5.田代真一 19.伊野波雅彦 20.カルフィンヨンアピン 22.岩武克弥←浦和レッズ/完全 23.前嶋洋太←水戸ホーリーホック/期限付き満了 24.高木友也←法政大学/新加入 26.韓浩康←ブラウブリッツ秋田/完全 27.中塩大貴←ヴァンフォーレ甲府/完全 MF 6.瀬古樹 7.松浦拓弥 8.齋藤功佑※背番号変更「15」 10.中村俊輔※背番号変更「46」 13.小川慶治朗←ヴィッセル神戸/完全 15.安永玲央※背番号変更「28」 17.武田英二郎 30.手塚康平←柏レイソル/期限付き→完全 31.杉本竜士←横浜F・マリノス/期限付き→完全 32.古宿理久 37.松尾佑介 FW 9.クレーべ←ジェフユナイテッド千葉/完全 11.三浦知良 14.ジャーメイン良←ベガルタ仙台/完全 16.伊藤翔←鹿島アントラーズ/完全 39.渡邉千真←ガンバ大阪/完全 監督 下平隆宏 2021.01.17 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FCがMFレアンドロ・ドミンゲスとの契約満了を発表「過ごした日々はとても良い思い出に」

横浜FCは16日、ブラジル人MFレアンドロ・ドミンゲス(37)との契約満了を発表した。 レアンドロ・ドミンゲスはブラジルのヴィトーリアやクルゼイロ、フルミネンセでプレー。2010年にクルゼイロから柏レイソルへと完全移籍し、Jリーグでのキャリアをスタートさせる。 J2の舞台でのJリーグ挑戦となったレアンドロ・ドミンゲスだが、圧倒的なパフォーマンスを見せ、32試合で13得点を記録。チームをJ2初優勝に導いていた。 2011年はJ1挑戦となるが、高いパフォーマンスを維持。30試合で15得点を記録すると、柏は史上初の昇格1年目でのJ1制覇に貢献。Jリーグ最優秀選手賞も受賞した。 その後もチームの中心としてプレーしたが、2014年に遡行の問題があり解雇。名古屋グランパスへと加入すると、ケガが続き2015年で退団。ブラジルへ戻り、ヴィトーリアやポルトゥゲーザでプレー。2017年6月に横浜FCへと復帰した。 3シーズン半を横浜FCで過ごしたレアンドロ・ドミンゲスは、J2通算90試合20得点を記録。2019シーズンはチームのJ1昇格に貢献するも、2020シーズンは明治安田J1で8試合の出場に終わっていた。 レアンドロ・ドミンゲスはクラブを通じてコメントしている。 「まず初めに横浜FCでプレーする機会を与えてくださったすべての方々に感謝申し上げます。僕が横浜FCに加入した頃から幸運にも物事がうまく運ばれていったと思いますし、クラブがJ2リーグを戦っていたシーズンは、常に昇格を争う形で良いシーズンを過ごすことができ、2019シーズンはJ1昇格を果たすことが出来ました」 「とても愛情深い3年半を横浜FCで過ごし、クラブへの愛情、僕を迎えてくださった方々に対する愛情が日々大きくなっていきました」 「残念ながら、2020シーズンは我々にとって苦しいことが多く、ピッチ内でも満足のいく結果は得られなかったと思います。ただ、僕が横浜FCで過ごした日々はとても良い思い出になりました。支えてくださった皆さんに感謝申し上げます。横浜FCの今後のご活躍を願っております」 2021.01.16 12:18 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCが鹿島FW伊藤翔を完全移籍で獲得「ピッチ内外で勝利に貢献できるよう」

横浜FCは15日、鹿島アントラーズのFW伊藤翔(32)が完全移籍で加入することを発表した。 伊藤は中京大付属中京高校からフランスのグルノーブルへ加入。2010年6月に清水エスパルスへ完全移籍で加入した。 2014年には横浜F・マリノスへと完全移籍すると、2019年から鹿島でプレー。鹿島ではJ1通算40試合8得点、リーグカップ通算6試合3得点、天皇杯通算5試合3得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)通算9試合5得点を記録していた。 2019シーズンは明治安田J1で26試合7得点を記録したが、2020シーズンは14試合で1得点に終わっていた。 伊藤はクラブを通じてコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜FCに移籍する事になりました伊藤翔です。毎年、クラブとしてステップアップしてきた横浜FCの一員になれた事を嬉しく思うと同時に、ピッチ内外で勝利に貢献できるよう頑張りたいと思います」 ◆鹿島アントラーズ 「2年間、お世話になりました。鹿島アントラーズとは別の道を歩む事になりますが、これから先も自分自身を磨いて人生を豊かにし、自分以外の人たちの人生にも良い影響を与えられる人間になれるよう頑張ります。ありがとうございました」 2021.01.15 14:08 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台が長身FW皆川佑介を横浜FCから完全移籍で獲得

ベガルタ仙台は15日、横浜FCの元日本代表FW皆川佑介(29)が完全移籍することを発表した。 皆川は前橋育英高校から中央大学を経て、2014年にサンフレッチェ広島に入団。2018年にはロアッソ熊本への期限付き移籍を経験すると、2019年途中から横浜FCでプレーしていた。 横浜FCでは、明治安田J2を戦っていた2019シーズンに16試合に出場し1得点を記録。2020シーズンは明治安田J1で29試合に出場し3得点を記録していた。 皆川はクラブを通じてコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「このたび、ベガルタ仙台に加入することとなりました、皆川佑介です。チームの勝利に貢献し、仙台を盛り上げられるようにがんばります。熱い応援をよろしくお願いいたします」 ◆横浜FC 「この度、ベガルタ仙台に完全移籍することを決めました。2019シーズンの夏に僕を必要としてくださり、サポーターの皆様と一緒にJ1へ昇格できたことは僕にとって最高の思い出です」 「また、横浜FCには偉大な先輩方も多く、この素晴らしい環境の中でチームの一員としてプレーできて幸せでした。1年半、たくさんの応援やサポート本当にありがとうございました」 2021.01.15 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

YS横浜が横浜FCのDF熊川翔を期限付き移籍で獲得「必ずまたこの舞台に戻ってきます」

Y.S.C.C.横浜は13日、横浜FCのDF熊川翔(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。なお、横浜FCとの全ての公式戦に出場できない。 熊川は柏レイソルの下部組織出身で、流通経済大学を経ていわきFCに入団。2020シーズンに横浜FCへ加入した。 横浜FCでは明治安田J1で2試合に出場していた。熊川はクラブを通じてコメントしている。 ◆Y.S.C.C.横浜 「この度、横浜FCから期限付き移籍で加入することになりました熊川翔です。Y.S.C.C.の勝利に貢献できるよう自分の持っているものすべてを出し全力で戦います」 ◆横浜FC 「この度、Y.S.C.C.横浜に期限付き移籍する事を決めました。昨シーズンはとても悔しいシーズンでしたが、たくさんの事を学べたシーズンでもありました。今シーズンは昨シーズンの学びを生かし、更に自分が成長できるよう頑張ってきます!必ずまたこの舞台に戻ってきます。1年間ありがとうございました」 2021.01.13 12:45 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly