【ブンデス・シーズンプレビュー】欧州王者バイエルンの9連覇は揺るぎなしか、対抗は若手スター集まるドルトムント

2020.09.18 17:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのブンデスリーガが18日に開幕する。昨季は新型コロナウイルスの影響により約2カ月半の中断期間があった中、フリック監督就任でV字復調を見せたバイエルンが8連覇を成し遂げた。そして、シーズン終了後に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではバイエルンが充実の戦いぶりを見せて優勝を飾り、欧州全土にバイエルンの底知れぬ強さを知らしめることとなった。迎える新シーズンもバイエルンが優勝の大本命であることに間違いなさそうだ。◆チアゴ流出は痛恨も9連覇の本命~バイエルン~
Getty Images

昨季途中に就任したフリック監督の下、欧州王者にも輝いたバイエルンが頭一つ抜け出した存在であることに異論はないだろう。MFチアゴのリバプールへの流出は痛恨だが、元々負傷気味のチアゴが不在だった際にはMFキミッヒとMFゴレツカが十分に穴を埋めており彼らが出場できれば問題ないだろう。また、レンタル組のMFコウチーニョ、MFペリシッチ、DFオドリオソラらの買い取りは行わなかったが、彼らも昨季はレギュラーでプレーしていたわけではなく、直接的な戦力ダウンには至っていない。選手層にやや不安は抱えるが、一方で代えの利かない主力であるDFアラバの残留が濃厚な上、マンチェスター・シティからFWサネを獲得。昨季ゴールデンシューを獲得した絶対的エースFWレヴァンドフスキに衰えは一切見られず、守護神のノイアーも完全復活の様相を見せており、9連覇の本命であることに変わりはない。

◆命運握る若手スター選手たち~ドルトムント~
Getty Images

そのバイエルンを追う一番手としては昨季同様にドルトムントを挙げたい。3季目となる知将ファブレ監督の下、若手スター選手が躍動しているドルトムント。DFハキミを確保できなかったのは痛いが、代役には経験豊富なDFムニエをパリ・サンジェルマンから獲得した。そして何より、昨季後半に加入してゴールを量産したFWハーランドと、マンチェスター・ユナイテッド行きが噂されたMFサンチョが残留し、2人の若手スターが今季もチームを牽引することになりそうだ。また、バーミンガムから加入した17歳の逸材MFベリンガムも早速DFBポカールでゴールを挙げており、勢いにさえ乗ればバイエルンと優勝を争うことも十分に可能なはずだ。

◆CL4強入りの自信を胸に~ライプツィヒ~
Getty Images

ドルトムント同様、昨季CLベスト4入りを果たしたライプツィヒにも優勝を争うことを期待したい。33歳にして名将に相応しい実績を残しているナーゲルスマン監督の下、2季目となるライプツィヒは昨季28ゴールを量産したFWヴェルナーの移籍が痛いが、怪物DFウパメカノの残留に成功した点はプラス。韓国代表FWファン・ヒチャンがヴェルナーの抜けた穴をどれだけ埋められるかにも注目だ。

◆ローゼ体制2季目の進化~ボルシアMG~
Getty Images

昨季ザルツブルクより就任したローゼ監督の下、ラングニック仕込みの縦に早いサッカーでCL出場権をもぎ取ったボルシアMGは、今季も4位以内に入ることが目標となる。昨季の活躍で注目銘柄となったFWテュラムが残留し、昨季と変わらない陣容をキープすることに成功した。成熟路線で昨季同様、上位争いを展開したい。

◆ハフェルツ&フォラント流出~レバークーゼン~
Getty Images

コロナ明けの怒涛の追い上げでボルシアMGと熾烈なCL出場権争いを展開したものの、一歩及ばず5位でフィニッシュしたレバークーゼン。CL出場権を逃した痛手は大きく、MFハフェルツとFWフォラントが流出してしまった。代役にはライプツィヒで結果を残したFWシックが加入したが、戦力ダウンは否めない。ボス監督の攻撃サッカーで両主力の抜けた穴をいかに埋められるか注目される。

◆堂安、遠藤航、遠藤渓太がブンデス1部初挑戦~6人の日本人~
Getty Images

日本人では新たに3選手がブンデス1部に参戦することとなった。まずはPSVから昇格組のビーレフェルトにレンタルで加入したMF堂安。PSVではフローニンヘン時代ほどインパクトを残せなかった堂安だったが、エールディビジより1ランクも2ランクもレベルが上がるブンデスリーガで結果を残せるか。

そしてシュツットガルトの昇格に貢献したMF遠藤航は、ブンデス1部初挑戦となる。これまでベルギー1部、ブンデス2部と着実にステップアップを果たしてきた遠藤航。トップレベルの舞台で自身のプレーがどれだけ通用するか。何事にも動じないメンタルの強さでチームを牽引したい。

横浜F・マリノスのJリーグ優勝に貢献し、この夏ウニオン・ベルリンへレンタルで加入したのがMF遠藤渓太だ。Jリーグで得点力を上げ、結果でドイツ移籍を勝ち取った遠藤渓太はウニオン・ベルリンでも目に見える結果を残し、完全移籍の座を勝ち取れるかに注目したい。

フランクフルトの主力となっているMF鎌田大地とMF長谷部誠に関しては昨季同様の活躍に期待だ。鎌田は復帰した昨季、公式戦10ゴールを挙げチームの得点源となった。今季も昨季と同じく二桁ゴールを目指したい。アジア人ブンデス最多出場記録を更新中の長谷部としては今季もケガなくチームの守備を締める黒子の役割に徹することが求められる。

最後に、昨季は何とかブンデス残留に貢献したブレーメンのFW大迫勇也。シーズン終盤の巻き返しで最終的には8ゴールを決めた大迫だが、今季は前半戦からコンスタントにゴールを挙げ、チーム共々余裕を持ったシーズンを送りたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

何でもできる万能エース、レヴァンドフスキがロッベンへ送った繊細スルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ <div id="cws_ad">◆万能ストライカー、レヴァンドフスキが決めた絶妙アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJieWtlcjNQMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏にドルトムントに加入したレヴァンドフスキは、リーグ屈指のストライカーとして大ブレイク。2014年にはバイエルンに加入し、世界最高峰のストライカーへと評価をさらに高めた。 絶対王者バイエルンのエースとしてゴールを量産しているレヴァンドフスキだが、その才能はゴールを決めることだけではなく、2014年10月21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのローマ戦では、見事なアシストを記録している。 前半から攻勢に出たバイエルンが、3-0と大きなリードを奪って迎えた30分、中盤まで降りてきていたレヴァンドフスキがセンターサークル付近でボールを持ち、ドリブルを開始する。 相手のプレスをいなしながら中央へボールを運ぶと、右サイドで裏へ走り出したFWアリエン・ロッベンに向けてスルーパスを出す。ブロックを形成して守る相手ディフェンスラインの間を通す美しいスルーパスがボックス内でロッベンに入ると、これをダイレクトで合わせたロッベンのシュートが相手GKの手を弾きながらニアポストに決まり、4点目が決まった。 試合は、その後も攻撃の手を緩めないバイエルンが7-1と歴史的な大勝を収めている。 2020.10.28 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

肉体改造成功のゴレツカの腕がごつすぎてユニフォームが破れる珍事が発生

27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節のロコモティフ・モスクワvsバイエルンの一戦で、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカの身にあるアクシデントが発生した。 この試合に先発で出場したゴレツカは、13分にヘディングで貴重な先制点を記録。ニアサイドに走り込んで決めた見事なゴールだったが、注目されたのはその後のゴレツカの左腕だ。 クロスを送ったDFバンジャマン・パヴァールと抱き合いゴールの喜びを分かち合ったゴレツカの左ヒジの部分のユニフォームが、ぱっくりと破けているのが確認された。プレーの強度でいえば、それほど高いという訳ではなかったが、ゴレツカが割とピッタリと着ていたためにユニフォームが耐えきれなかったのだろうか。 ゴレツカと言えば、元々は189cmの痩身の選手あったが、ロックダウン中に肉体改造を行い、筋骨隆々な姿に変貌を遂げていたことで話題に。特に上腕二頭筋や三角筋といった上半身の部分の筋肉は見事だ。 今やマッチョ姿が板についたゴレツカだが、ユニフォームをワンサイズ上げることを検討したほうが良いかもしれない。 <div id="cws_ad">◆逞しく鍛え上げられたゴレツカの上腕二頭筋<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So, what did you get up to in lockdown?<a href="https://twitter.com/leongoretzka_?ref_src=twsrc%5Etfw">@leongoretzka_</a>: <a href="https://t.co/vZ31lkJ7K3">pic.twitter.com/vZ31lkJ7K3</a></p>&mdash; FC Bayern English (@FCBayernEN) <a href="https://twitter.com/FCBayernEN/status/1265716399759978496?ref_src=twsrc%5Etfw">May 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.28 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「苦戦して勝利すれば美しい」バイエルン指揮官、苦しみながらの勝利に喜び

バイエルンのハンジ・フリック監督がロコモティフ・モスクワ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 前回王者のバイエルンは27日に敵地でチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でロコモティフ・モスクワと対戦。13分にMFレオン・ゴレツカのゴールで先制に成功すると、同点に追いつかれた後半にMFヨシュア・キミッヒが勝ち越しゴールを決めて2-1で勝利した。 思わぬ苦戦を強いられたフリック監督は、選手たちのハードワークに称賛の言葉を送り、どこが相手であろうと苦戦するとロコモティフ・モスクワを称えている。 「ハードワークをしたから勝利できたと私はチームに話した。最終的にそれに値したからね。我々と同じグループの他のチームもモスクワに苦戦すると私は確信している。だから、勝利は重要だった」 「先制点はセンセーショナルなプレーだった。モスクワはとても好調で非常に深い位置にポジションを取り、ロングボールを多用していたからね」 「だから我々は不必要に走らなければいけない時もあったから、ダメージを与えられた。2-1という結果は我々が望んでいたものではなかったものの、当然のことだ。こういった試合があるのも当然だ。それを勝ち取った場合、さらに美しくなる」 2020.10.28 11:51 Wed
twitterfacebook
thumb

敵地で苦戦もキミッヒ弾で勝ち切った王者バイエルンが連勝!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節、ロコモティフ・モスクワvsバイエルンが27日に行われ、アウェイのバイエルンが1-2で勝利した。 前大会王者のバイエルンは、先週にホームで行われたアトレティコ・マドリーとの今季CL初戦をコマンの2ゴール1アシストの活躍などで4-0で圧勝。最高の形で連覇に向けたスタートを切った。また、直近のリーグ戦でもレヴァンドフスキのハットトリックでフランクフルトを一蹴し、勢いに乗ってロシアでの第2戦を迎えた。 そのフランクフルト戦からは先発4人を変更。足首のケガで長期離脱となったアルフォンソ・デイビスに代わってリュカを起用したほか、ボアテング、ブナ・サールに代えてパヴァール、ジューレ、前線ではドグラス・コスタに代わってトリソが起用された。 立ち上がりの3分にミランチュクの左クロスをゴール前でドフリーのスモロフにヘディングで合わせられるなど、全体的に緩さが目立つ入りとなったバイエルン。しかし、時間の経過とともに相手を押し込み始めると、あっさりと先制に成功する。 13分、左サイドでコマンから短いマイナスのパスを受けたトリソがボックス右に走り込むパヴァールへ正確なパスを供給。これをフランス代表DFがダイレクトで折り返すと、ニアに入り込んだゴレツカが頭で合わせた。 早い時間帯の先制点で勢いに乗るアウェイチームは、ここからようやく本来のパフォーマンスを取り戻すと、厚みのある仕掛けで追加点に迫る。25分にはパヴァールのクロスに反応したゴール前のコマンが右足で合わせるが、これは惜しくも左ポストを叩いた。その後、世界王者となったロシアの地で躍動するパヴァールが積極的にミドルシュートを放つなど、主導権を握り続けたバイエルンは1点リードで試合を折り返した。 迎えた後半、ミュラーとゴレツカに代えてコロナウイルスから回復したニャブリ、ハビ・マルティネスをピッチに送り込んだバイエルン。危なげなく試合を運びながら、63分にはボックス内で仕掛けたレヴァンドフスキが相手DFに倒されてPKを獲得。だが、VARのレビューの結果、その前のオフサイドが取られて取り消しに。 後半半ばを過ぎて徐々に相手の縦に速い攻めに苦戦し始めるバイエルンは70分、右サイドのスペースに飛び出したゼ・ルイスからの折り返しをニアに斜めの動きで飛び込んできたミランチュクに右足ワンタッチで合わせられ、同点に追いつかれる。 さらに、王者らしくないバタバタした状況が続くと、失点場面と同じようなからロングカウンターを浴びてゼ・ルイス、ジャマレトディノフにあわや2失点目というピンチを招く。 それでも、一連のピンチを何とか凌いだバイエルンは79分、ペナルティアーク付近でハビ・マルティネスから足元へ速い縦パスを受けたキミッヒが左足でボールを浮かせるトラップから反転しながらの右足のボレーシュート。この技ありのフィニッシュがゴール左隅に決まり、個の力で勝ち越しに成功した。 その後、相手の決死の反撃をきっちり凌ぎ切った昨季王者が苦しみながらも2-1のスコアで勝利し、グループステージ2連勝を飾っている。 ロコモティフ・モスクワ 1-2 バイエルン 【ロコモティフ・モスクワ】 アントン・ミランチュク(後25) 【バイエルン】 ゴレツカ(前13) キミッヒ(後34) 2020.10.28 05:18 Wed
twitterfacebook
thumb

連覇に自信満々のミュラー「CLは僕たちの大会」

バイエルンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーが、チャンピオンズリーグ(CL)連覇に自信を覗かせている。 昨季王者のバイエルンは、開幕節でグループAの最大のライバルと目されていたアトレティコ・マドリーを4-0で粉砕。国内リーグで無敗を維持していたスペインの強豪を全く寄せ付けない強さで白星スタートを切った。 27日に行われる第2節では、昨季のロシアリーグで2位となり、3季連続出場のロコモティフ・モスクワとのアウェイ戦に臨む。その前日会見に出席したミュラーは「今季もバイエルンが優勝最右翼だ」と自信満々のコメントを残した。 「僕たちの大会が戻ってきてくれて嬉しいよ。バイエルンは常に優勝候補だ。ここ数年は多少の不運で2度もレアル・マドリーにやられてしまったけど、僕らは常に勝者のカテゴリーに入っている」 また、昨季三冠を達成したチームがどのようにモチベーションを維持しているのか尋ねられると、「無理してモチベーションを高める必要はない」と、王者の貫禄を込めて答えている。 「通常、僕たちは皆、特に攻撃陣はボールを持っている時や得点のチャンスがある時は楽しみながらプレーしている。モチベーションは自ずとついてくるもので、それよりも相手を圧倒し、クリエイティブな攻撃をする方が簡単だね」 2020.10.27 15:17 Tue
twitterfacebook