PSG、ユムティティ獲得は見送り…慢性的なヒザのケガを問題視

2020.09.17 15:22 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は、バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(26)の獲得を見送ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。今夏にロナルド・クーマン監督を招聘したバルセロナでは、構想外となる選手の売却に向けた動きが活発化している。すでにウルグアイ代表FWルイス・スアレスとチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは、それぞれユベントスとインテル移籍へ秒読み段階に入っており、着々と人員整理を進めている。

ユムティティもその一人で、売却先としてPSGの名前が挙がっていた。しかし『アス』によると、PSGは獲得リストからその名前を削除。慢性的な左ヒザのケガを問題視して、獲得を見送ったようだ。

同選手は2017-18シーズンの終盤からヒザに問題を抱えており、18-19シーズンはその影響でシーズンの大半を棒に振っている。今年も同様の問題で7月以降の試合は欠場していた。

そんなユムティティは2018年夏に5年契約を締結している。元々ヒザの状態を懸念していた医療チームの意見を無視し、契約延長に踏み切ったジョゼップ・マリア・バルトメウ会長には少なからず非難の声が挙がっているという。

バルセロナは一方で、リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ獲得にユムティティの譲渡を提案したようだが、要求は受け入れてもらえなかったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、デパイ獲得に向けユムティティを差し出すもリヨンは拒否

リヨンが、バルセロナからの申し出に対して拒否する姿勢を貫いた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナは今夏の移籍市場でロナルド・クーマン監督が希望するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)の獲得を画策。この移籍には、バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(26)の譲渡が含まれるとされていた。 しかし、この移籍については実現しないとリヨンのジャン=ミシェル・オラス会長がフランス『Canal+』でコメント。ユムティティがリヨンにこないことを明言していた。 ユムティティは、チームを改革しているクーマン監督の構想外となっており、アルトゥールやネウソン・セメド、イバン・ラキティッチ、アルトゥーロ・ビダル、そしてルイス・スアレスに続いて、退団が認められている選手だった。 ユムティティを手放したい理由の1つは高額な給与が挙げられているが、リヨン側もこの点を懸念。数週間前には、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏も懸念があると語っていた。 「契約のレベルが我々のものではない。我々にとって良いことではない。ユムティティの給与を支払うのは無理だ。選手が複数年契約のプロジェクトを見つけ、家に帰りたいと思えば、考慮する」 デパイ獲得の際の移籍金引き下げに動いていたバルサだが、リヨン側がユムティティを受け入れないと決断したことで破談に。残り1週間で獲得に漕ぎ着けることはできるだろうか。 ユムティティは、2016年7月にリヨンからバルセロナに移籍金2500万ユーロ(約30億6500万円)で完全移籍。これまで公式戦116試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2020.09.28 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シーズン初戦で2ゴールのバルサFWアンス・ファティが同僚メッシを語る「一緒にプレーするのは子供の頃からの夢」

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティがビジャレアル戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナは27日、ラ・リーガ第3節でビジャレアルと対戦。ロナルド・クーマン監督を迎えた今シーズン最初の公式戦となったが、15分にジョルディ・アルバのアシストからアンス・ファティがネットを揺らし先制。19分にはロングカウンターからフィリペ・コウチーニョのパスを受けたアンス・ファティが2点目を決める。 35分にはPKを獲得するとリオネル・メッシが冷静に決めて3点目。終了間際にはオウンゴールで追加点を挙げて、前半だけで4点リード。そのまま逃げ切って勝利した。 アンス・ファティはシーズン初戦を振り返り、メッシとともにプレーしたことについて改めてコメント。大きな助けとなっていると語った。 「メッシとプレーすることは子供の頃からの夢だったけど、今ではそれが実現できるようになった」 「彼はいつも僕を助けてくれるし、アドバイスをくれる。僕はとても幸せだよ。彼はピッチでもピッチ外でもトレーニングでも僕を大いに助けてくれる」 「僕は最高の選手とプレーしている。真実は、すべての試合とすべてのチャンスで、僕はイリュージョンに遭遇するんだ」 今シーズンの公式戦初ゴールを決めたアンス・ファティだが、貪欲にゴールを求めていくとコメント。チームとしては常に改善していきたいと語った。 「ストライカーがそれを手にした時、もっと欲しがるものだ。最初のゴールはジョルディ(・アルバ)のパスがとても良かった。僕はそれに合わせるだけだった」 「前半にも見られたと思うけど、僕たちは本当に改善し続けたいと思っている。これは前に進むための方法だよ」 「僕が望んでいるのは日々改善し続け、最高のチームメイトから学び続けルコとだ。彼らはいつだって最高だし、僕を毎日助けてくれる」 2020.09.28 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「とても満足。印象は良い」公式戦初戦で4発快勝に満足のクーマン監督、2ゴールの17歳アンス・ファティには注文「一貫性を求める」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、シーズン初戦となったビジャレアル戦での快勝に満足感を示した。スペイン『マルカ』が伝えた。 27日にラ・リーガ第3節で日本代表MF久保建英が所属するビジャレアルと対戦したバルセロナ。FWアンス・ファティの2ゴールや、FWリオネル・メッシのPK成功などで前半に4ゴールを奪い、4-0の白星発進を飾った。 バルセロナでの公式戦初陣で快勝したクーマン監督は、前半のパフォーマンスについて良い印象だと評価。このパフォーマンスが今後の基準になると述べている。 「とても満足しているよ。前半はとても良かった。後半は試合がゆっくりになってしまった。だが、今季初戦。印象は良いね」 「(上手くスタートを切れたことは)非常に重要だ。前半の結果は我々が何を改善して、何を望んでいるのかを明確にするのは役に立つだろうね」 「我々が与えたプレッシャーは良い試合をするための結果に役立つ。ボールを保有して、たくさんのチャンスを作り出すのは良いことだ。ゴールにはとても満足している」 また、2ゴールを記録し、PKを獲得するなどチームを勝利に導いたファティを賞賛。ただ、パフォーマンスの一貫性を要求している。 「彼の試合、パフォーマンスは明るい。私はとても満足している。彼はまだ17歳で改善しなければいけないことは我々もわかっている。試合とパフォーマンスの一貫性を求める。彼は良い選手だ。耳を傾け、改善するために前向きだ」 「ただ、たまに集中力を欠いている。(ジョアン・ガンペール杯2020の)エルチェ戦はそれほど良くなかったが、今日は良かった。彼は素晴らしい試合をした。素晴らしいグループだ。彼とペドリにはとても満足している。どちらとも素晴らしい未来が待っている」 2020.09.28 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサに大敗もビジャレアル指揮官は久保建英のプレーを評価「全ての試合で貢献」「上手くプレーしている」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、試合を振り返ると共に、日本代表MF久保建英のプレーについても言及した。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは27日、ラ・リーガ第3節でバルセロナと対戦。シーズン初戦となったバルセロナに対し、アンス・ファティに2ゴールを許すなど、前半だけで4失点。そのまま4-0で敗れた。 開幕から2試合を1勝1分けとしていたビジャレアルは、エメリ監督就任後の公式戦で初黒星。これまでの試合と同じでは勝てなかったと、敗戦を振り返った。 「これまでの試合をプレーしてきたチームに継続性を与え、自信と同じ戦術があった。我々はボールを保持したかったが、それが正確にできず、攻撃の時に急いでしまい、避けなければいけないことをしてしまって自分たちで傷つけてしまった」 「最初の45分間は割と順調にスタートしたので、ミスを犯してしまった。ここで勝つためには、もっと多くのことを行わなければいけない」 「前半の出来に関してファンのみんなには謝罪する。これを取り戻していきたい」 また、74分から途中出場し、古巣との対戦となった久保についても言及。一定の評価を下した。 「タケは全ての試合で色々と貢献してくれている。彼は攻撃するためにどのポジションでもプレーすることが可能だが、右サイドではとても快適にプレーしている」 「ボックス内に入ること、いつ突破するのか、いつ動かし始めるのかをやって欲しいと思う。彼はとても上手くプレーしていると思う」 2020.09.28 09:58 Mon
twitterfacebook
thumb

アンス・ファティのドブレーテなど新生バルサが4発躍動! 久保途中出場のビジャレアルは今季初黒星…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、バルセロナvsビジャレアルが27日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが4-0で快勝した。なお、ビジャレアルMF久保建英は74分からプレーした。 監督交代にエースの去就問題、多くの主力の放出など、混迷を極めている昨季2位のバルセロナは、ビジャレアルとのホームゲームで新シーズンをスタートする。 今夏、クラブOBのクーマンを新指揮官に据え、スアレスやラキティッチなど昨季までチームを支えた主力を揃って放出する大幅な刷新に踏み切ったバルセロナ。絶対的エースの去就問題の余波が続くなど、混迷を極める昨季2位チームは、そのメッシがグリーズマン、コウチーニョ、アンス・ファティと共に初陣のピッチに立った。 一方、前節エイバルを2-1で下してエメリ新体制初白星を挙げたビジャレアル。そのエイバル戦ではジェラール・モレノ、アルカセルの2トップがきっちり結果を出すなど、徐々にパフォーマンスを上げている印象だ。その中、開幕2戦連続で途中出場が続いている久保は、古巣対戦での今季初先発に期待が集まるも、引き続きベンチスタートとなった。 立ち上がりはやや行ったり来たりの展開となるも、トップ下に入ったコウチーニョとメッシを起点に徐々に流れを掴んだバルセロナは、今週にトップチーム登録となった17歳の新星が魅せる。 15分、左サイド深くに抜け出したジョルディ・アルバからのマイナスの折り返しに反応したアンス・ファティがボックス左から見事な右足のシュートをゴール左上隅に突き刺し、今季のオープニングゴールを決めた。 さらに、19分には自陣からのロングカウンターから中央で長い距離を持ち上がったコウチーニョからボックス左に走り込むアンス・ファティに絶妙なラストパスが通ると、背番号22は冷静にGKとの一対一を制し、ドブレーテを記録。 これで完全に乗ったホームチームは、攻守両面で相手を圧倒。35分にはボックス左に抜け出したアンス・ファティがDFガスパールに倒されてPKを獲得。これをキッカーのメッシが難なく決める。その後、前半終了間際にはブスケッツの意表を突くゴール前への飛び出しがDFパウ・トーレスのオウンゴールを誘い、前半だけで4点を挙げるワンサイドゲームを展開した。 前半ほぼ何もできなかったアウェイチームは、アルカセル、コクランに代えて後半頭からトリゲロス、イボーラを投入。だが、前半同様にバルセロナの素早い攻守の切り替えに手を焼き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 一方、危なげなく時計を進めるバルセロナは70分に殊勲のコウチーニョ、アンス・ファティに代えてデンベレとプリメーラデビューのペドリを、さらに78分にはグリーズマンとブスケッツに代えてピャニッチ、トリンコンと惜しげもなく新戦力をピッチへ送りだす。 対してビジャレアルは74分に古巣対戦の久保をピッチに送り込むと、右ウイングに入った久保は、投入直後に際どいクロスでチャンスに絡む。さらに、試合終了間際の89分にはボックス右からのカットインで左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKネトのセーブに阻まれた。 結局、試合はこのままタイムアップを迎え、アンス・ファティ、コウチーニョ、ジョルディ・アルバらが大きな違いを生んだ新生バルセロナが初陣を快勝で飾った。一方、なすすべなく敗れたビジャレアルは今季3戦目にして初黒星を喫することになった。 2020.09.28 05:59 Mon
twitterfacebook