アウェイ福岡がフアンマ・デルガドの恩返し弾で4連勝、大宮は4戦勝ちなし《J2》

2020.09.16 21:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
16日、明治安田生命J2リーグ第9節の大宮アルディージャvsアビスパ福岡が行われ、0-1で福岡が勝利した。試合直前に福岡の選手が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染している疑いがあったために急遽中止となっていた一戦。ホームの大宮は前節モンテディオ山形と1-1のドロー。スタメンは1名変更で、河本裕之に代わり西村慧祐が起用されている。三門雄大は古巣対決。

対する福岡は前節FC町田ゼルビアと対戦し2-1で勝利。3連勝中の中、スタメンを6名変更。エミル・サロモンソン、篠原弘次郎、東家聡樹、鈴木惇、石津大介、木戸皓貴が外れ、藤井悠太、ドウグラス・グローリ、増山朝陽、前寛之、菊池大介、遠野大弥が起用。藤井、フアンマ・デルガドは古巣対決となる。

12分に大宮はチャンス。左サイドからのクロスに対し最終ラインの裏に抜けた小島がヘディングで合わせるもGKがキャッチする。

福岡は昨シーズン大宮に所属したFWフアンマ・デルガドを中心に攻勢をかける。ボックスまで攻め込むものの、なかなか決定機は作れない。

それでも27分、右CKを得るとクロスをボックス中央で上島がドンピシャヘッド。しかし、これはGKフィリップ・クリャイッチが鋭い反応でセーブする。

大宮は51分にボックス手前でFKのチャンス。これをイバが直接狙うが、わずかに壁に当たりゴールとはならない。

57分には福岡がチャンス。大きくサイドチェンジすると、ボックス左から輪湖がグラウンダーのクロス。ニアサイドにフアンマ・デルガドが合わせに行くが、DFが対応する。

60分にも福岡がチャンス。浮き球のパスを落としたボールを拾った遠野がドリブル突破からクロス。中央でフアンマ・デルガドが合わせに行くが、畑尾が粘りシュートは打たせない。

それでも65分に福岡がゴールをこじ開ける。ボックス左へ展開すると、前がグラウンダーのクロス。これをボックス中央でフアンマ・デルガドが合わせ、福岡が先制する。

79分に大宮はチャンス。左サイドからのグラウンダーのクロスを戸島が落とすと、小島がドリブルを仕掛け浮き球のパス。これをファーサイドで渡部がヘディングで合わせるも、シュートはミートしない。

89分には黒川が浮き球のパス。ボックス内に抜け出した小島がトラップも、コントロールをミスし決定機を逸する。

その後も高さのある戸島を狙うパワープレーでもこじ開けに行くが最後までゴールを奪えず。そのまま試合は終了し、0-1
で福岡が勝利。敗れた大宮は4戦未勝利、福岡は4連勝となった。

大宮アルディージャ 0-1 アビスパ福岡
【福岡】
フアンマ・デルガド(後20)

◆明治安田生命J2リーグ第9節
▽9/16(水)
大宮アルディージャ 0-1 FC琉球

▽8/1(土)
ファジアーノ岡山 1-2 FC琉球

▽8/2(日)
栃木SC 0-0 アルビレックス新潟
ヴァンフォーレ甲府 1-1 レノファ山口FC
松本山雅FC 1-2 ギラヴァンツ北九州
V・ファーレン長崎 0-0 東京ヴェルディ
京都サンガF.C. 1-0 FC町田ゼルビア
水戸ホーリーホック 3-2 ツエーゲン金沢
ジェフユナイテッド千葉 1-2 ザスパクサツ群馬
徳島ヴォルティス 1-0 モンテディオ山形
愛媛FC 1-2 ジュビロ磐田
コメント
関連ニュース
thumb

首位・徳島が終盤の渡井弾で長崎との上位対決を制す! 大宮は後半ATの畑尾弾で後半戦連勝スタート《J2》

30日、明治安田生命J2リーグ第23節の11試合が行われた。 首位の徳島ヴォルティス(勝ち点44)と3位のV・ファーレン長崎(勝ち点40)の一戦は、0-1でアウェイの徳島が勝利した。 7分、ホームの長崎は玉田が遠い位置から鋭いシュート。しかし、これはGKが防ぐ。 11分には左CKのクロスから毎熊がヘッドもGK上福元がセーブする。対する徳島はボックス右からの浮き球のパスにニアで藤田が合わせるが、枠を捉えらえない。 29分に徳島はチャンス。渡井が小西からのスルーパスをボックス内で受けてシュートも、GKがセーブする。 前半は長崎のペースで進んでいたものの、シュート精度を欠いてしまい無得点。ゴールレスで迎えた後半も長崎が先にチャンスを作るが、ゴールを奪えない。 終始長崎が押し込む展開となったが、1つのチャンスを生かしたのは徳島だった。 ゴールレスで迎えた89分、GKのクリアボールを拾った岸本がクロス。これをニアサイドに飛び込んだ渡井が合わせ、徳島がついに先制する。 その後は長崎が攻め込む時間が続くも、徳島が1点を守り切り逃げ切りに成功。徳島が上位対決を制した。 14位の大宮アルディージャ(勝ち点29)と11位の水戸ホーリーホック(勝ち点30)の一戦は2-1で大宮が逆転勝利を収めた。 前節、京都サンガF.C.に4ゴールを奪って勝利した大宮と、ギラヴァンツ北九州、ザスパクサツ群馬と連勝中の水戸の一戦。試合は大宮ペースで進む。 13分、左サイドでイバと小島の関係で崩すと、最後は奥抜へパスが渡るもシュートが打てない。 すると18分、水戸は右CKからニアでフリック。これを住吉ジェラニレショーンが蹴り込みプロ初ゴール。水戸が先制する。 またしても先制された大宮だったが0-1で迎えた後半立ち上がりの48分にゴール。イバのパスを受けた黒川がダイレクトでパスを出すと、ボックス内右で奥抜がシュート。大宮が同点に追いつく。 同点に追いついた大宮はここから猛攻。奥抜、イバ、黒川を中心に水戸ゴールに迫る。 水戸は72分に先制点の住吉がミドルシュート。強烈なシュートが枠に飛ぶが、GKフィリップ・クリャイッチがセーブする。 78分に大宮は黒川のパスを受けた奥抜がボックス内でDFと競りながらGKをかわしてシュート。しかし、乾がセーブする。 後半アディショナルタイムには西村の自陣からのロングフィードがこぼれたところを戸島が広いシュート。しかし、GK松井がセーブする。 それでも右CKを得た大宮は河面のクロスを畑尾がヘッド。こぼれ球を自ら蹴り込みゴール。2試合連続の畑尾弾で大宮が連勝を収めた。 その他、2位のギラヴァンツ北九州は4分に椿直起のゴールで先制するも、52分に安藤瑞季にゴールを許し1-1でドロー。首位の徳島と勝ち点が開いた。 ◆明治安田生命J2リーグ第23節 ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 モンテディオ山形</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 水戸ホーリーホック ジェフユナイテッド千葉 0-0 京都サンガF.C. FC町田ゼルビア 1-1 ギラヴァンツ北九州 ヴァンフォーレ甲府 0-0 東京ヴェルディ 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ツエーゲン金沢</span> ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 愛媛FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口FC 3</span>-0 ジュビロ磐田 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 栃木SC V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アルビレックス新潟</span> 2020.09.30 21:24 Wed
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW森本貴幸がアビスパ福岡と契約解除、再び海外移籍へ

アビスパ福岡は29日、元日本代表FW森本貴幸(32)と双方合意の下で契約を解除したことを発表した。なお、森本は国外クラブへの移籍を検討しており、現在準備を進めているとのことだ。 森本は、東京ヴェルディの下部組織出身で、15歳10カ月6日で公式戦出場。当時の最年少記録だった。15歳11カ月28日で当時のJ1最年少ゴールも記録するなどし、2006年までプレー。同年7月にカターニアへのレンタル移籍を果たし、2007年1月に日本人最年少でセリエAデビュー。その試合で初ゴールも記録した。 そのままカターニアへ完全移籍すると、2011年までプレー。その後はノヴァーラ、アル・ナスルへと移籍し、2013年8月にジェフユナイテッド市原・千葉へと完全移籍で加入。川崎フロンターレを経て、2018年に福岡へ完全移籍していた。 福岡では明治安田生命J2リーグで53試合に出場し7得点を記録。J1通算では62試合で10得点、J2通算では132試合で24得点を記録していた。 森本はクラブを通じて今回の契約解除についてコメント。挨拶ができなかったことを謝罪した。 「急な決定となり、ファン・サポーターの皆さんへご挨拶も出来ずに申し訳ございません」 「アビスパには2年半お世話になりました。皆さんには本当にたくさんのパワーをもらい熱い応援でいつも支えてもらいました。本当にありがとうございました」 「今回の決断については、僕自身あとどれくらい現役でいられるかを意識する年齢に差し掛かり、ここでもう一度、これまでとは違う環境での挑戦をしてみたいという思いで、クラブに相談しました」 「僕の挑戦に背中を押してくれたアビスパにはとても感謝しています。在籍中に目標のJ1昇格は達成できませんでしたが、今年はレベルの高い選手たちが揃っているので、必ず目標を達成してくれると思います。応援しています」 「そして僕自身も皆さんに、活躍のニュースを届けられるよう新しい環境の中、全力で頑張っていきたいと思います。 2年半本当にありがとうございました」 2020.09.29 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

山形のGK2名が負傷、正守護神の櫛引政敏は全治6カ月、ミン・ソンジュンは全治3カ月

モンテディオ山形は28日、GK櫛引政敏、GKミン・ソンジュンの負傷を発表した。 クラブの発表によると、櫛引は23日(水)の明治安田生命J2リーグ第21節ファジアーノ岡山戦で負傷。左ヒザ前十字じん帯断裂と診断され、手術を受けるとのこと。全治は手術後、約6カ月とのことだ。 また、ミン・ソンジュンはトレーニング中に負傷。右第五中足骨骨折と診断され全治は約3カ月とのことだ。 正守護神の櫛引はJ2リーグで19試合に出場。ミン・ソンジュンはここまで出場機会がなかった。 2020.09.28 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟が昌平高校U-18日本代表FW小見洋太の来季入内定を発表「『結果』という形で恩返しできるように」

アルビレックス新潟は28日、昌平高校に在学するU-18日本代表FW小見洋太(18)の来季加入内定を発表した。 埼玉県出身の小見は、169cm、64kgのFW。今年行われた第98回全国高校サッカー選手権大会では、2年生ながら攻撃の起点となり、昌平をベスト4へ導いた。 新潟は小見の特徴を「常にゴールを狙い、攻守に貢献できる万能型ストライカー」と伝えている。 来季から新潟でプレーする小見はクラブ公式サイトを通じて以下のように意気込みを語っている。 「このたび、アルビレックス新潟に加入することになりました昌平高校の小見洋太です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手としての生活を新潟という地でスタートできることを大変嬉しく思います」 「家族をはじめ、これまでサポートしてくださった方々への感謝の気持ちを常に持ち、『結果』という形で恩返しできるように、より一層頑張っていきたいと思います」 「また、子どもたちの憧れの職業であるプロサッカー選手であるいう自覚を持ち、多くの方々に応援される選手になれるよう、ピッチ内外で責任を持った行動を心がけていきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします」 2020.09.28 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

今季と同じ「44」クラブにJ1ライセンス、岩手、相模原、藤枝、今治がJ2ライセンスを新たに取得

Jリーグは28日、2021シーズンのJリーグクラブライセンス判定を発表した。 新シーズンに向けてJ1ライセンスを新たに取得したクラブはなく、今シーズンと同じ「44」クラブ。一方、施設基準の例外適用を申請した、いわてグルージャ盛岡、SC相模原、藤枝MYFC、FC今治が新たにJ2クラブライセンスを取得した。 なお、今治は、今シーズンの最終節後、J2昇格のための順位要件を充足できなかった場合は、スタジアムの短期改修工事を行わないことが確定するため、J2クラブライセンスの効力が失われる。 ◆J1ライセンス 北海道コンサドーレ札幌 ベガルタ仙台 モンテディオ山形 鹿島アントラーズ 水戸ホーリーホック※条件付き 栃木SC ザスパクサツ群馬 浦和レッズ 大宮アルディージャ ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル FC東京 東京ヴェルディ FC町田ゼルビア 川崎フロンターレ 横浜F・マリノス 横浜FC 湘南ベルマーレ ヴァンフォーレ甲府 松本山雅FC アルビレックス新潟 カターレ富山 ツエーゲン金沢 清水エスパルス ジュビロ磐田 名古屋グランパス FC岐阜 京都サンガF.C. ガンバ大阪 セレッソ大阪 ヴィッセル神戸 ファジアーノ岡山 サンフレッチェ広島 レノファ山口FC 徳島ヴォルティス 愛媛FC アビスパ福岡 ギラヴァンツ北九州 サガン鳥栖 V・ファーレン長崎 ロアッソ熊本 大分トリニータ 鹿児島ユナイテッドFC FC琉球 ◆J2ライセンス いわてグルージャ盛岡※ ブラウブリッツ秋田 SC相模原※ AC長野パルセイロ 藤枝MYFC※ ガイナーレ鳥取 カマタマーレ讃岐 FC今治※ ※新たにJ2ライセンスを取得 2020.09.28 15:50 Mon
twitterfacebook