【J1注目プレビュー|第25節:神戸vsC大阪】5戦未勝利と5連勝、好対照な対決の軍配は

2020.09.16 16:02 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第25節】
2020年9月16日(水)
19:00キックオフ
ヴィッセル神戸(11位/20pt) vs セレッソ大阪(2位/36pt)
[ノエビアスタジアム神戸]◆6試合ぶりの勝利目指し上位に挑む【ヴィッセル神戸】

前節はホームにFC東京を迎えた一戦。先制しながらも、アダイウトン、ディエゴ・オリヴェイラのゴールで逆転を許したが、最後の最後にダンクレーが起死回生の同点ゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。

負け試合を引き分けに持ち込み、勝ち点1を奪えたことはプラスに捉えるべきだが、チームはこれで5戦未勝利。勝ち切れていないという評価の方が正しいかもしれない。

試合の内容もアンドレス・イニエスタという軸を欠きながらも安定しており、相手を上回っている部分も多かった。イニエスタが復帰してより安定感は増したものの、簡単なミスから失点を繰り返すなど、細部までクオリティを保つ必要が勝利へのカギとなるだろう。

選手個々の能力も高く、若手も起用、選手の入れ替えを行いながら一定のクオリティを出せているが、レベルをもう一段階上に上げる必要があるだろう。強敵C大阪を相手にするだけに、よりディテールにこだわった戦い方を見せてもらいたい。

★予想スタメン[3-4-3]
GK:飯倉大樹
DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳
MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ
FW:小川慶治朗、藤本憲明、古橋亨梧
監督:トルステン・フィンク

◆首位を追い続ける中で負けれらない一戦【セレッソ大阪】

前節はアウェイで横浜F・マリノスと対戦し、先制を許しながらも逆転勝利。数的有利な状況をしっかりと活かし、ストロングポイントを出して勝利を収めた。

これで5連勝としたC大阪だが、首位川崎フロンターレの背中はまだまだ遠い。直接対決までは負けられない状況であることは変わらず、今節もしっかりと勝ち点3を目指して戦っていくこととなる。

相手の神戸とは第6節で対戦しゴールレスドロー。試合巧者である両チームの対決となるだけに、拮抗した展開も予想できる。ゴールへ迫るシーンはどちらも多くなるだけに、まずは自慢の堅守をしっかりと機能させたいところだ。

攻撃面では、この先の戦いを考えると多少の入れ替えを考えたいところ。週末には調子を上げて順位も上げてきた鹿島アントラーズ戦が控えているだけに、ターンオーバーを敷く可能性もある。

何れにしても、首位の背中を追う以上は負けは許されない状況。今節も勝利し、連勝を「6」に伸ばせるかに注目だ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介
MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣
FW:奥埜博亮、柿谷曜一朗
監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:浦和vsC大阪】浦和のケチャップは出続けるか? C大阪は2位死守へ

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 17:00キックオフ 浦和レッズ(9位/37pt) vs セレッソ大阪(2位/48pt) [埼玉スタジアム2002] ◆ホームで連勝へ、ケチャップは残っているか【浦和レッズ】 前節はホームにベガルタ仙台を迎えて6-0と圧勝。ホームでは実に8月29日の大分トリニータ戦以来6試合ぶりの白星となった。 この試合では立ち上がりから積極的なプレーを見せると8分に鮮やかな連携から長澤和輝が先制点。その後は“仙台キラー”の興梠慎三が2ゴール、途中出場のレオナルドが2ゴールを挙げるなど、大量6ゴールを奪った。 直近7試合で4ゴールしか奪えなかった浦和は、まさに詰まっていたケチャップが出た状況。その勢いを、今節もホームで見せられるか、真価が問われる試合となる。 チーム状態は上向いているが、この先は上位との試合やアウェイ4連戦など険しい道が続く。浦和の意地を見せるためにも、ここで上位を叩いておきたいところだ。 ポイントとなるのは中盤での守備からのショートカウンター。高いポゼッションを誇るC大阪のパス回しをどこで奪っていくのか、連動した動きが勝敗を分けるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:マルティノス、長澤和輝、エヴェルトン、汰木康也 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆まずは良い守備から、2位を死守へ【セレッソ大阪】 前節は1週間前、ホームに横浜F・マリノスを迎えて4-1と快勝を収めたC大阪。奥埜博亮、豊川雄太が効率よく2点ずつ決めて勝利した。 一時は5試合で1勝4敗と一気に調子を落とし、気がつけば首位の川崎フロンターレははるか遠い存在に。優勝争いよりも、2位を死守することから考えなくてはいけなくなってしまった。 それでもチームの状態は上向き。ホームで連勝を収めただけに、ここでもう一度勝ちグセをつけたいところだ。 ポイントは持ち味である堅い守備から、効果的な攻撃を仕掛けられるかどうか。良い守備でペースを掴んで、一気に攻撃に転じたいところ。浦和守備の隙をしっかりと突いていきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:片山瑛一、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.10.24 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:FC東京vs横浜FM】大型連戦明けの東京と上位に食らいつきたい横浜FM、ストロングポイントを出せるのは

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2020年10月24日(土) 15:00キックオフ FC東京(3位/47pt) vs 横浜F・マリノス(7位/41pt) [味の素スタジアム] ◆必殺カウンターでしたたかに勝てるか【FC東京】 前節は1週間前、アウェイで横浜FCと対戦し1-0で敗れた。 8月から続いていた19連戦が終了。ミッドウィークに試合がない週を久々に過ごし、激戦を戦い続けた選手たちにとっては束の間の休息となったに違いない。 試合を振り返り修正することもままならなかったなか、首位の川崎フロンターレには離される形となったが、上位を守り続けてきたことはチームとして自信になっているはずだ。 この先にはYBCルヴァンカップの決勝、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えており、チームとしては本当に束の間の休息に。今一度スタートを切るための良い期間になったはずだ、 横浜FMは相性も悪くなく、今季は第4節で1-3とアウェイで勝利。ハイラインの裏を突くカウンターでしっかりとチャンスを仕留めていきたい。 チームとしてはこの先待ち受ける戦いに向けても、ここでシーズン初の連敗を喫するわけにはいかない。良い形でリスタートしたいところだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:三田啓貴、アルトゥール・シルバ、安部柊斗、田川亨介 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 出場停止:レアンドロ、ジョアン・オマリ ◆可変システムで相手を撹乱させ連勝を【横浜F・マリノス】 前節はホームに名古屋グランパスを迎えしっかりと2-1で勝利。連覇が消滅した後の試合でしっかりとバウンスバックを見せた。 名古屋戦では終始押し込む展開を見せ、久々先発のMF天野純や左サイドで起用されたDF小池龍太らが躍動して見せた。 これまで突き詰めてきたスタイルを守りつつ、システムを大きく変えて連戦を戦っている横浜FM。もう一段上のレベルに行くためには、やはり結果を出し続けるしかない。 選手とシステムを入れ替えてもなお結果を残し続けられるか。来シーズンのACL出場のためにも上位対決は負けられない。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:朴一圭 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.10.24 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:G大阪vs柏】進撃のガンバ、今季2戦2敗のレイソルに“3度目の正直”なるか

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 16:00キックオフ ガンバ大阪(4位/45pt) vs 柏レイソル(8位/37pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆3度目の正直なるか【ガンバ大阪】 前節は大分トリニータのホームに乗り込み、途中出場の宇佐美貴史→パトリックのホットラインから生まれた決勝ゴールで1-0の勝利。これで引き分けを挟み、9月中旬の秋口から7連勝中と着実に勝ち点を積み上げ、上位勢より試合数が少ないにもかかわらず、来季のACL出場圏内3位に肉薄のところまで迫っている。 そうした進撃は磐石なものではないが、ここ8試合は安定した守りを際立たせ、4試合が無失点。残り4試合もすべて1失点に抑え込む。勝利した7試合のうち実に6試合は1点差。三浦弦太をはじめ、数名の故障者もいるが、J屈指のタレント力を生かしながら、勝負どころで攻守の歯車がかみ合い、勝負強さが光っている。 ホーム連戦の初戦となる今節は柏が相手。今季はルヴァンカップとリーグ戦で対戦しているが、オルンガと江坂任に2ゴールずつを許して、すべて敗北。しかも、G大阪の攻撃陣はいずれも柏守備陣に完封され、あまり良い印象がない対戦カードとなる。勝てば昨季の年間勝ち点47を上回るが、3度目の正直なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、倉田秋 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆仕切り直しなるか【柏レイソル】 前節は湘南ベルマーレのホームに乗り込み、2-3の敗戦。開始早々に先制を許したなか、オルンガや古巣戦だった神谷優太のゴールで逆転したが、終盤に追い上げを許して、ACL出場権が遠のく1敗を喫した。ただ、上位勢は試合消化数が多い状況。いかに勝利という形で素早く立ち直れるかが大事になってくる。 今節のG大阪戦は良いイメージが残る相手でもあるだけに、仕切り直しの一戦にしたいところだ。そんなG大阪との前回対戦はホームの柏が3-0で快勝。現在のG大阪は当時と異なる姿、勢いにあるが、ACL出場権を獲得するのであれば、勝ち点8差の相手との直接対決でもあるだけに、何としてでも叩いておきたい。 ただ、守りの部分に不安を残す。G大阪が無敗を継続する直近8試合でみると、13失点。そのうちの4試合で複数失点している。その間に14得点を奪う攻撃面はさすがの破壊力だけに、守りの部分を修正して今節に挑みたい。今季19試合出場の三原雅俊が出場停止の今節だが、お得意のG大阪を相手に勝利なるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・スンギュ DF:北爪健吾、大南拓磨、古賀太陽、三丸拡 MF:ヒシャルジソン、大谷秀和 MF:クリスティアーノ、江坂任、神谷優太 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.10.24 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:名古屋vs仙台】2位に向け3連敗避けたい名古屋、仙台はピッチで闘えるか

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(5位/42pt) vs ベガルタ仙台(18位/13pt) [パロマ瑞穂スタジアム] ◆2位争いに向け避けたい3連敗【名古屋グランパス】 前節はアウェイでの横浜F・マリノスとの一戦。互いに連敗を避けたい一戦だったが、2-1で横浜FMに軍配が上がった。 名古屋にとってはこれがシーズン初の連敗。今まで敗戦の後にはしっかりと勝ち切ってきたが、横浜FM戦では攻撃の形が作れずに黒星となった。 中2日と過密日程ではあるが、3連敗は避けなければいけない。2位は狙える状況であるだけに、まずは立て直したいところ。疲労もある中でどうバウンスバックを見せるかだ。 ケガ人などの影響もあるが、この過密日程のシーズンをほぼ固定メンバーで戦っている名古屋。負ければすでに溜まってる疲労も、大きく感じてしまうもの。3試合ぶりのホームゲームでしっかりと勝ちたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、オ・ジェソク MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆ピッチ外での不祥事、ピッチで信頼を取り戻せるか【ベガルタ仙台】 前節はアウェイで浦和レッズと対戦し、0-6と惨敗。完膚なきまでに叩きのめされ、チームも最下位に転落した。 それに追い打ちをかけるかのように、ピッチ外の問題が発覚。DV事件を起こしていた道渕諒平の契約解除問題に関してクラブとしての対応が遅れたこともあり、不祥事として大きな代償を払うこととなった。 ピッチ内でも結果が出ていない中で、ピッチ外の不祥事を起こしてしまったことはクラブとして大きな問題を抱えている証拠。しかし、失った信頼を取り戻すのもピッチの上でしか果たせない。 13戦未勝利とファン・サポーターには勝利も届けてられていない現状。しっかりと気持ちを入れ替え、まずは闘う姿勢をしっかりと見せられるかだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:蜂須賀孝治、シマオ・マテ、平岡康裕、柳貴博 MF:関口訓充、浜崎拓磨、椎橋慧也、石原崇兆 FW:長沢駿、アレクサンドレ・ゲデス 監督:木山隆之 2020.10.24 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:鹿島vs広島】開幕戦では広島が完勝、勝敗のポイントは先取点

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 14:00キックオフ 鹿島アントラーズ(6位/42pt) vs サンフレッチェ広島(10位/34pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆フィニッシュの精度を高めリベンジへ【鹿島アントラーズ】 ミッドウィークに行われた前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦し1-3で快勝。連敗を免れた。第6節の湘南ベルマーレ戦以来、3カ月ぶりにスタメン起用された上田綺世が久々のゴールを記録するなど、効果的に3ゴールを奪って勝利を収めた。 過密日程での鳥栖、札幌、神戸というアウェイ3連戦を2勝1敗と勝ち越して乗り切った鹿島。久々のホームゲームではしっかりと勝利を収めたいところだろう。 今節の相手は開幕戦で敗れた広島。3-0と完敗を喫した相手だが、当時の鹿島は最悪の状態。結果、そこから4連敗を喫していた。 今の状態は当時とは比べられないほど改善。課題はフィニッシュの精度だが、久々に先発した上田に結果が出たことも大きなプラス材料だ。ポゼッションの部分は悪い試合を見せていないだけに、勝利へのカギはいかに決定機を仕留めるか。先手を奪って主導権を握りたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:ファン・アラーノ、三竿健斗、永木亮太、和泉竜司 FW:土居聖真、上田綺世 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆ケガ人も復帰、開幕戦の再現なるか【サンフレッチェ広島】 前節はホームに神戸を迎えての一戦となったが、2-1で勝利。川崎フロンターレ戦からのバウンスバックを見せた。 川崎F戦も主導権を握る場面がありながら、フィニッシュの精度を欠いて敗戦となったが、神戸戦では2ゴールを奪って勝利を収めることに成功した。 城福浩監督が親族の不幸で急遽指揮を執れないという不測の事態でも、しっかりとチームが結果を残したことは大きい。チームの調子が上がってきていることからも、しっかりと連勝したいところだ。 ケガ人も戻り、アタッカー陣も駒が揃ってきた状況。誰が出場しても良い状況だが、鹿島戦ではフィニッシュの精度がより重要になる。開幕戦の再現となるのか、先手争いにも注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:東俊希、川辺駿、青山敏弘、柏好文 MF:浅野雄也、森島司 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:レアンドロ・ペレイラ 2020.10.24 11:00 Sat
twitterfacebook