去就騒がれるアラバが声明「一刻も早く解決策が見つかるように」

2020.09.16 15:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバが、自身の去就に関する声明をドイツ『ビルト』で伝えた。バイエルン育成機関育ちのスター選手として、昨季もチャンピオンズリーグを含む三冠に大きく貢献したアラバだが、来季限りで失効する契約を巡る交渉は難航。それに伴い周囲が騒がしくなっている。

難航の原因は金銭面であるという指摘がある中、バイエルンの前会長であるウリ・ヘーネス氏はそれを認めた上で、同選手の代理人を務めるピニ・ザハビ氏が問題をややこしくしていると発言。

アラバはメディアや同氏のコメントも含めて、契約に関する情報が公になっていることを嘆き、一刻も早い事態の収拾を願った。

「自分の契約状況は公にしたくない。だからここ最近の発言や噂には驚いたし傷つきもしたよ。現時点で書かれていることや言われていることは正しくないし真実でもない」

「今まで僕はこのような件に関して決して話すことはしなかった。バイエルンでの重要な仕事に集中したかったからだ。そして結局はそれが良かったんだ。僕たちはトレブルを達成したわけだしね」

「僕は12年間毎日、この象徴的な赤いユニフォームを着て、献身性とプライド、情熱を持ってやってきた。この素晴らしいクラブの健全性は何よりも優先されるべきことで、僕にとっても重要なことなんだ」

「代理人やクラブの従業員、チームメイトら全ての人たちは僕の心の支えだ。家族の中では意見が違うことや言い争うこともあるかもしれない。だけど、それは常に家族の中にあるものだ」

「クラブや代理人、チームメイト、ファンの皆が自分たちの立場を理解できるように、一刻も早く解決策が見つかることを強く願っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

守備だけじゃない!ボアテングがミュラーに送ったワールドクラスのロングフィード【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングがバイエルンで記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ボアテングがミュラーに送った正確無比なアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGajM4aEZ1SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヘルタ・ベルリンでのプロデビューを経て、ハンブルガーSV(HSV)やマンチェスター・シティでプレーし、2011年夏にバイエルンに加入したボアテング。ブンデスリーガを8連覇するなど多くのタイトル獲得に貢献してきた。 屈強なフィジカルを生かした守備に加え、前線へのロングフィードも得意とするボアテングだが、2018年11月24日のブンデスリーガ第12節、デュッセルドルフ戦では素晴らしいアシストで味方をお膳立てしている。 バイエルンが試合を優勢に進め、1-0のリードで迎えた20分、最終ラインでボールを持ったボアテングは、裏へ動き出したFWトーマス・ミュラーへめがけてロングフィード。正確無比なボールは、相手DFとGKの間でちょうどミュラーに収まると、ミュラーが落ち着いてゴールを決めた。 守備だけでなく、攻撃面でもチームに貢献したボアテングの活躍で2点目を奪ったバイエルンだったが、後半に立て続けに失点を許し、3-3のドローに終わっている。 2020.09.28 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

大敗で連続無敗を「32」で止められたバイエルン指揮官「敗北を受け入れる」

バイエルンのハンジ・フリック監督がホッフェンハイム戦での完敗を受け入れた。クラブ公式サイトが伝えている。 27日に敵地で行われたブンデスリーガ第2節でホッフェンハイムと対戦したバイエルンだが、25分までに2失点。36分にMFヨシュア・キミッヒのゴールで1点を返したものの、後半にも2失点を重ねて、1-4の完敗を喫した。 昨季から続いた公式戦無敗が「32」でストップしたフリック監督。試合には上手く入れたと語りながらも、完敗であったと認めた。 「今日は対戦相手に簡単にチャンスを作らせすぎた。我々はいつも通りの効果的な攻撃ができなかった」 「だが、試合には上手く入れていた。チームを責めることはできない。彼らは戦い、全力を尽くした。私は敗北を受け入れる」 2020.09.28 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンがホッフェンハイムにまさかの完敗… 公式戦無敗記録が32でストップ《ブンデスリーガ》

バイエルンは27日、ブンデスリーガ第2節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-4で敗れた。 開幕戦のシャルケ戦を8発圧勝とした王者バイエルンは、3日前に行われたセビージャとのUEFAスーパーカップを延長戦の末に勝利した。そのバイエルンはセビージャ戦のスタメンから4選手を変更。レヴァンドフスキ、ゴレツカ、ジューレ、リュカに代えてアルフォンソ・デイビス、J・ボアテング、トリソ、ザークツィーを起用した。 ケルン相手に3-2と競り勝って白星スタートとしたホッフェンハイムに対し、3トップに右からニャブリ、ザークツィー、サネ、トップ下にミュラーを据える[4-2-1-3]で臨んだバイエルンが立ち上がりから押し込む展開とする。 しかし、攻めあぐねる状況が続くと、16分に先制された。左CKからビカクチッチにヘディングシュートを決められた。 さらに24分、クリアボールに抜け出したダブールにGKノイアーと一対一の局面を作られると、チップキックシュートでネットを揺らされてしまった。 その後もディフェンスライン背後を取られる形からピンチを立て続けに迎えたバイエルンだったが、36分に1点を返す。ミュラーのパスを受けたボックス手前左のキミッヒがコントロールシュートでゴール右上に流し込んだ。 追加タイム1分にはクラマリッチに決定的なシュートを許すも、ここはGKノイアーが凌ぎ、バイエルンは1-2で前半を終えた。 迎えた後半もバイエルンが押し込む展開としたが、51分にピンチ。自陣でJ・ボアテングがボールをロストし、ダブールに決定的なシュートを打たれたが、枠を外れて助かった。 57分にザークツィーのシュートがバーを直撃したバイエルンは、レヴァンドフスキとゴレツカを投入。 それでもギアが上がりきらず、72分にはコマンを投入。直後にはスコフに決定的なシュートを許すも、ここもGKノイアーが立ちはだかった。 しかし77分、ホッフェンハイムに決定的な3点目を献上する。ベブの右クロスを受けたクラマリッチにトラップからシュートを蹴り込まれた。 さらに追加タイムにはPKを献上してクラマリッチに決められ、1-4で敗れたバイエルンは、昨季からの公式戦無敗記録が32でストップした。 2020.09.28 00:28 Mon
twitterfacebook
thumb

これぞ天才のタッチ!バイエルン時代のハメスが見せた美しいアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はエバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがバイエルン時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ハメスが決めた絶妙ループアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyVHFrdVIyUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ポルトやモナコ、2014ブラジルワールドカップ(W杯)での活躍を経て、2014年夏にレアル・マドリーに加入したハメス。世界屈指のMFとして、レンタル先のバイエルンでも活躍を見せた。 2018年1月21日に行われた、ブンデスリーガ第19節のブレーメン戦でも、自らの才能を見せつける素晴らしいアシストを決めている。 3-2とバイエルンリードで迎えた84分、ボックス手前でボールを持ったハメスは、味方の動きを確認すると、裏へ走り出していたFWトーマス・ミュラーへ向けて柔らかいタッチのループパスを出す。 美しい放物線を描いたパスは、相手DFの頭上を越え、ミュラーの走路にドンピシャで入ると、ミュラーがこれを落ち着いてゴールに流し込んだ。 相手を突き放す4点目を決めたバイエルンが、このまま4-2で勝利している。 2020.09.26 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ポーランドが誇る史上最高峰ストライカー、レヴァンドフスキのバイエルン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがバイエルンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが連携から決めたバイエルン初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhUzNuYTNKNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏に加入したドルトムントでブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに移籍。絶対的エースとして君臨し、ゴールを量産している。 ここまで290試合で247ゴールという驚異的な数字を記録しているレヴァンドフスキだが、その記念すべき初ゴールは、2014年8月30日に行われた、ブンデスリーガ第2節のシャルケ戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた10分、FWアリエン・ロッベンがFWトーマス・ミュラーとの連携で中央突破を図る中、ゴール正面でボールを受けたレヴァンドフスキは、裏へ走るロッベンへパス。 フリーでボールを受けたロッベンは、GKと1vs1になると、絶妙のタイミングで横パスを出す。レヴァンドフスキがこれはゴール右に押し込み、バイエルン初ゴールを決めた。 レヴァンドフスキのゴールで先制したバイエルンだったが、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.09.26 12:00 Sat
twitterfacebook