相手をなぎ倒す!ズラタンが圧倒的パワーとスキルを見せて決めたスーパーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

2020.09.16 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがユベントス時代に決めたゴールだ。

◆ズラタンのパワーとテクニックが光るスーパーゴール

バルセロナやミラン、マンチェスター・ユナイテッドなど、数々の欧州ビッグクラブを渡り歩いてきたイブラヒモビッチ。恵まれたフィジカルと圧倒的な得点センスを武器に、在籍した全てのクラブで得点を量産している。

数多くのスーパーゴールを決めてきているイブラヒモビッチだが、ユベントス時代の2005年11月19日に行われた、セリエA第12節のローマ戦でも素晴らしいゴールを決めている。

ユベントスが前半に先制し1-0で迎えた56分、自陣中央からMFエメルソンが前線のイブラヒモビッチにロングボールを出してカウンター発動。イブラヒモビッチは浮き球のボールを反転しながら右足のアウトサイドでトラップし、一気に裏へ抜け出す。

相手DFとの競り合いになるも、イブラヒモビッチは圧倒的なフィジカルの強さで相手をなぎ倒し、フリーでボックス内に。GKと1vs1の場面を作ると、豪快なシュートを沈め、追加点を奪った。

この後もリードを広げたユベントスは、4-1で試合に勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

ベルギーの万能DFアルデルヴァイレルトが決めたトッテナム初ゴールは豪快なヘディング弾【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトがトッテナムで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆頼れる男が決めたトッテナム初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2RTF3YTVlUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスの下部組織で育ったアルデルヴァイレルトは、同クラブで頭角を現すと2013年夏にアトレティコ・マドリーに移籍。その後サウサンプトンへのレンタルを経て、2015年夏にトッテナムに加入している。 安定した守備に加え、高さを活かした攻撃参加や前線への正確なロングフィードなど、攻守に存在感を示すアルデルヴァイレルトだが、記念すべきトッテナム初ゴールは、2015年9月26日に行われた、プレミアリーグ第7節のマンチェスター・シティ戦で決めたゴールだった。 シティに先制を許しながらトッテナムが追いつき、1-1の同点で迎えた50分、トッテナムがシティ陣内右サイド深部でフリーキックのチャンスを得る。キッカーのMFエリク・ラメラが左足からのインスイングのクロスを上げると、アルデルヴァイレルトが頭で合わせる。ニアポストでのヘディングシュートはゴール右に見事に決まり、勝ち越しゴールとなった。 このゴールで逆転に成功したトッテナムは勢いに乗り、得点を重ねると、5-1の大勝を収めている。 2020.10.25 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

チームのプレミア戴冠に花を添えた、史上最高の守備的MFマケレレのチェルシー初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFのクロード・マケレレ氏がチェルシーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆史上最高DMFマケレレが決めたチェルシー初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZSVMzMTJQNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ナントでのデビュー後、マルセイユやセルタ、レアル・マドリーでプレーしたマケレレ氏は、2003年夏にチェルシーに加入。積極補強で急速に力を付けていたチームを中盤の底から支えた。 史上最高の守備的MFと呼び声高いマケレレ氏だが、その記念すべきチェルシー初ゴールは、2005年5月7日に行われたプレミアリーグ第37節のチャールトン・アスレティック戦で決めたゴールだった。 残り2試合を残し、既にリーグ優勝を決めていたチェルシー。この試合の結果に関わらず、試合後にトロフィーリフトとセレブレーションが行われることが決まっていた。 試合は拮抗した展開になると、0-0と膠着状態のまま迎えた90分、MFフランク・ランパードがボックス内で倒され、土壇場でチェルシーがPKを得る。するとキッカーとなったのはマケレレ。ペナルティはセーブされてしまうものの、跳ね返りに反応するとこぼれ球をしっかりと詰めて、先制点を挙げた。 このゴールが決勝点となり、1-0で勝利したチェルシー。優勝を祝うセレブレーションを、土壇場での勝利という最高の形で迎えることに成功した。 2020.10.24 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ラキティッチのプロ初ゴールは豪快ボレー!14年前にスイスで記録【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はセビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチがバーゼルで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バーゼル時代のラキティッチが決めたプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaTUN3dUtiZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スイスで生まれたラキティッチは、母国の強豪バーゼルのユースで育ちプロデビュー。その後シャルケやセビージャ、バルセロナで活躍を見せている。 プロデビューを果たしたバーゼルでは公式戦50試合に出場し11ゴールを記録しているが、その記念すべき初ゴールは、2006年10月22日に行われたスイス・スーパーリーグ第12節のザンクト・ガレン戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた30分、左サイドを攻めたバーゼルは、中央にクロスを上げる。クロスは中央では味方に合わずファーサイドに流れるが、ボックス内に上がってきたラキティッチがこれをボレーシュート。右足で完璧にミートされたシュートはゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットを揺らした。 ラキティッチにとってはこれがプロ初ゴール。試合も2-1とバーゼルが勝利している。 2020.10.18 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

下部組織出身のマリアーノ ICCで決めた嬉しいレアル初ゴールは豪快ミドル【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーでプレーするドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスが決めたクラブ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マリアーノのマドリー初ゴールは豪快な右足ミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuaHBrOVJVUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マドリーのユースで育ったマリアーノは、2016年夏にファーストチームに昇格。翌年出場機会を求めて移籍したリヨンでブレイクを果たし、2018年夏にマドリーに復帰した。 古巣復帰後も充分な出場機会を得るには至っていないマリアーノだが、2016年7月30日に行われた、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のチェルシー戦では、チャンスを掴むきっかけとなるゴールを決めている。 序盤から試合を優位に進めたマドリーが2点を先制して迎えた37分、左サイドを攻め上がったDFマルセロからのパスをマリアーノが受ける。すると、ボックスの外、ゴールまで30mはあろうかという位置からマリアーノがシュートを放つと、右足から放たれた強烈なシュートはGKの頭上を抜き、ゴールに突き刺さった。 このゴールで前半だけで3-0としたマドリー。終了間際にチェルシーの反撃にあうも3-2と逃げ切り、勝利している。 2020.10.17 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

現Jリーガーの豪快な一撃!フェルマーレンが決めたバルセロナ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はヴィッセル神戸の元ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンがバルセロナで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フェルマーレンが決めたバルセロナ初ゴールは豪快なダイレクトボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5SVZjQnFSViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスユース出身のフェルマーレンは、アーセナルでリーグ屈指のDFとしてブレイク。2014年夏にバルセロナに引き抜かれた。 安定した守備力と足元の技術を兼ね備えた万能DFとして活躍したフェルマーレンだが、2015年8月29日のラ・リーガ第2節、マラガ戦では記念すべきバルセロナ初ゴールを決めている。 0-0と両チーム決め手を欠く展開のまま迎えた73分、右サイドで仕掛けたFWルイス・スアレスがボックス左深部からクロスを上げる。これは相手にクリアされるも、ボックス内にいたフェルマーレンがこれをダイレクトボレー。豪快な一撃をゴールネットに突き刺し、見事なクラブ初ゴールを決めた。 このゴールが決勝点となり、バルセロナが1-0で勝利。なお、これがフェルマーレンにとってバルセロナでの公式戦唯一のゴールとなっている。 2020.10.11 17:00 Sun
twitterfacebook