菅原が終盤出場のAZ、ディナモ・キエフの堅守崩せず敗退《CL予選》

2020.09.16 04:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AZは15日、チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦でディナモ・キエフとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れて敗退した。AZのDF菅原由勢は79分から出場している。直近のオランダ代表に招集されたFWボアドゥ、FWステングス、DFコープマイネルス、GKビゾットの4選手がスタメンとなったAZは[4-3-3]を採用。

一方、直近のウクライナ代表に14選手を送り込んだディナモ・キエフは、FWスプリアガやMFシャパレンコ、MFシドルチュクらがスタメンとなり、こちらも[4-3-3]で臨んだ。

AZがボールを持つ立ち上がりとなったものの、自陣に引くディナモ・キエフ相手に攻撃を仕掛けきることができず、前半に目立ったチャンスはないままゴールレスで後半へ折り返した。

迎えた後半も前がかっていたのはAZだったが、開始4分に失点する。自陣でのミスパスをカットされた流れから最後はジェルソン・ロドリゲスに決められた。

追う展開となったAZは引き続き押し込む展開としたものの、自陣に引くディナモ・キエフの守備を崩せない状況が続く。79分にはフラールに代わって菅原が右サイドハーフに投入された中、終盤の86分に終戦する。

右サイドをオーバーラップしたケジオラのクロスをシャパレンコにヘディングシュートで決められた。このまま0-2で敗れたAZは一発勝負の今予選敗退が決まってしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

劇的同点弾のソシエダがナポリと共に突破!菅原AZは敗退《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・グループF最終節、ナポリvsレアル・ソシエダが10日に行われ、1-1で引き分けた。この結果、ナポリが首位通過、ソシエダが2位通過となっている。 首位ナポリ(勝ち点10)と2位ソシエダ(勝ち点8)による決勝トーナメント進出を懸けた一戦。 引き分けでも突破となるナポリは主力のインシーニェやメルテンス、ロサーノらが先発となった。 一方、3位AZと勝ち点で並ぶソシエダは勝利すれば自力での突破となる中、シルバとオヤルサバルが負傷欠場となり、ウィリアン・ジョゼやヤヌザイ、モンレアルらが先発となった。 ソシエダが押し込む入りとした中、19分に先制の大チャンス。しかし、ウィリアン・ジョゼがクリバリと入れ替わってボックス右に侵入して丁寧に送ったクロスをフリーのポルトゥはミートしきれず、シュートを枠の左に外してしまった。 すると35分、ナポリが最初のチャンスを生かして先制する。CKの流れでルーズボールをボックス手前右で拾ったジエリンスキが胸トラップから豪快なシュートを突き刺した。 1点ビハインドで迎えた後半、ソシエダが引き続き押し込む中、53分にメリノが決定的なミドルシュートを浴びせた。 その後もソシエダがハーフコートゲームを展開した中、リードを保つナポリは70分にメルテンス、ロサーノ、バカヨコに代えてペターニャらバックアッパーを投入。 終盤にかけても攻めあぐねていたソシエダだったが、追加タイム2分に追いつく。左サイドからのクロスのルーズボールに反応したボックス中央のウィリアン・ジョゼが右足を一閃。これがネットを揺らしてソシエダが劇的同点とした。 この結果、グループF最終節もう一試合のリエカvsAZでAZが1-2で敗れたためソシエダが2位通過を果たすこととなった。AZのDF菅原由勢はフル出場していた。 2020.12.11 04:54 Fri
twitterfacebook
thumb

久保のビジャレアルと三好のアントワープはGS通過が確定!菅原、北川はEL決勝トーナメント進出なるか?

10日に、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ最終節が行われる。 ELでは、全48チームが4チームずつグループA~Lまでの12つのグループに分けられており、各グループの1位、2位クラブは決勝トーナメントへ進出。チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで3位に終わった8チームと合わせ、32チームで優勝を争うこととなる。 <div id="cws_ad">◆久保建英がバルサのカンテラで放った輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bmRuU1l5ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今シーズンのELには、MF久保建英(ビジャレアル)、FW北川航也(ラピド・ウィーン)、DF菅原由勢(AZ)、MF三好康児(アントワープ)の4人の日本人選手が出場。すでに、グループIのビジャレアルは最終節を待たずして首位通過を決めている他、アントワープもグループJの首位に立っており、グループステージ突破を確定させている。 一方、グループBのラピド・ウィーンは現在3位。最終節ではホームでグループ2位のモルデと対戦し、1-0で勝つか、2点差以上をつけて勝った場合にグループステージを通過することができる。 また、現在グループFで3位につけるAZは、最終節でグループ最下位のリエカのホームに乗り込む。もう1試合は首位のナポリと2位のレアル・ソシエダの強豪同士が顔を合わせるが、AZが勝利を収めるか、引き分けてもソシエダが敗れた場合に決勝トーナメント進出が叶う。さらに、AZが勝利し、ナポリとソシエダが引き分けた場合、混戦のグループFを首位で突破することになる。 そして、ビジャレアルはホームでカラバフと対戦する予定だったが、カラバフのクラブ内でクラスターが発生したために試合が中止に。開催は未定となっている。なお、アントワープはアウェイでトッテナムと対戦する。 日本人選手4人は第5節でそれぞれ先発出場しており、命運がかかる最終節でも出番は訪れるはずだ。 ◆グループステージ通過(★は首位確定) グループA:★ローマ グループB:★アーセナル グループC:スラヴィアプラハ、レバークーゼン グループD:レンジャーズ、ベンフィカ グループE:グラナダ、PSV グループG:レスターシティ、ブラガ グループH:リール、ミラン グループI:★ビジャレアル グループJ:アントワープ、トッテナム グループK:★ディナモ・ザグレブ グループL:★ホッフェンハイム、ツルヴェナ・ズヴェズダ ◆決勝トーナメント進出の可能性有り グループA:クルージュ、ヤング・ボーイズ グループB:モルデ、ラピド・ウィーン グループF:AZ、ナポリ、レアル・ソシエダ グループI:マッカビ・テルアビブ、スィヴァススポル グループK:フェイエノールト、ヴォルフスベルガー 2020.12.10 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、AZ戦勝ち切れずも…指揮官ガットゥーゾ「別の日なら負けていたかも。ポジティブに捉えなければ」

ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がヨーロッパリーグ(EL)のAZ戦を引き分けたものの、評価した。クラブ公式サイトが伝えている。 ヨーロッパリーグ(EL)グループF第4節終了時点で首位に立つものの、2位AZ(勝ち点7)や3位レアル・ソシエダ(勝ち点7)とわずか2ポイント差のナポリ。決勝トーナメント進出に向けて予断を許さない三つ巴の争いを呈するなか、3日に行われた第5節でAZとのアウェイ戦に臨み、1-1のドローに終わった。 6分にFWドリエス・メルテンスのゴールで先制したが、53分に被弾して同点に。PKのチャンスを許した59分の場面こそGKダビド・オスピナのファインセーブで難を逃れたが、勝ち切れず、1ポイントを積み上げるにとどまった。 とはいえ、他退場で行われた今節のソシエダvsリエカも引き分けに終わったため、勝ち点10で首位をキープしたガットゥーゾ監督は敵地での勝ち点1獲得という結果に悪いものだと思っていないようだ。試合後、チームの出来に納得していない様子をうかがわせつつ、結果に一定の満足感を示した。 「我々のパフォーマンスは素晴らしいものじゃなかった。それは我々も重々承知している。先制した後、試合を終わらせるチャンスがあったのは事実だ。後半をうまくマネジメントできなかった」 「とはいえ、喜ぶべきだ。別の日だったら、ここで攻撃的で、組織的なAZに負けていたかもしれない。(ドローという結果を)ポジティブに捉える必要がある」 「途中出場のプレーヤーにはもう少し期待していた。ベンチから出ていく選手はいつも重要な役割を果たしてくれるが、今夜は総じてあまり良くなかった」 「次戦は木曜日(10日)にホームでレアル・ソシエダと対戦する。最初から最後まで戦い抜かないとならない」 2020.12.04 16:05 Fri
twitterfacebook
thumb

菅原フル出場のAZ、ナポリを圧倒もPK失敗響いてドロー、三つ巴のまま最終節へ《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループF第5節、AZvsナポリが3日に行われ、1-1で引き分けた。AZのDF菅原由勢はフル出場している。 2位AZ(勝ち点7)と首位ナポリ(勝ち点9)による上位対決。3位ソシエダ(勝ち点7)を含めた三つ巴の争いとなっている中、AZは菅原が右サイドバックでスタメンとなった。 一方のナポリはロサーノがベンチスタートとなったもののほぼベストメンバーで臨み、3トップにはインシーニェ、メルテンス、ポリターノが構えた。 AZがアグレッシブに入った中、6分にナポリが最初のチャンスを生かして先制する。右サイドからのディ・ロレンツォのクロスをメルテンスが合わせた。 先制したナポリが自陣に引いて守備ブロックを作る中、AZは20分に同点のチャンス。菅原のクロスが左サイドに流れ、ワインダルの左クロスを中央のアブフラルがダイレクトでシュート。枠の右を捉えていたが、GKオスピナのファインセーブに阻まれた。 その後もAZがボールを持つ中、ハーフタイムにかけてはナポリが危なげなく試合を進め、1点をリードして後半へ折り返した。 迎えた後半もAZがボールを持つ展開で立ち上がると、52分に同点のチャンス。だが、ワインダルの左クロスをファーサイドのステングスが合わせたシュートはわずかに枠の上に外れた。 それでも直後に得た左CKから同点とする。CKのクロスをファーサイドのコープマイネルスがボレーで合わせると、ゴール前のマルティンス・インディがヒールで流し込んだ。 さらに59分、AZがPKを獲得する。アブフラルがボックス左に侵入したところをバカヨコに倒された。このPKをコープマイネルスが蹴ったが、枠の右を狙ったシュートはGKオスピナのファインセーブに阻まれてしまった。 劣勢のナポリはポリターノに代えてロサーノらを投入。すると76分に後半最初の決定機。マリオ・ルイの左クロスにペターニャがヘッドで合わせたが、枠を捉えきれなかった。 さらに86分、ペターニャがスルーパスに抜け出したゴールエリア左に侵入してシュートに持ち込んだが、わずかに枠の右に外れ、1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 グループF第5節もう一試合のレアル・ソシエダvsリエカは2-2で引き分け、最終節を前にナポリが勝ち点10で首位、AZとソシエダが勝ち点8で並ぶ三つ巴のまま決着は最終戦に委ねられることとなった。 2020.12.04 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

マラドーナ氏に捧げる勝利でナポリがグループFの首位に浮上!《EL》

ナポリは26日、ヨーロッパリーグ(EL)グループF第4節でリエカとホームで対戦し2-0で勝利した。 5日にアウェイで行われた同一カードを2-1で勝利した2位ナポリ(勝ち点6)は、直近のミラン戦から先発を6人変更。メルテンスやインシーニェ、ロサーノらに代えてペターニャやジエリンスキ、エルマスらが先発で起用された。 ナポリは先日急逝したディエゴ・マラドーナ氏が現役時代に着用した背番号10のユニフォームを選手全員が着用し入場。試合前には黙とうが捧げられるなど、追悼ムードの中試合開始のホイッスルが吹かれた。 試合が動いたのは41分、バイタルエリアでパスを受けたジエリンスキがターンで相手マークを剥がすと、そのままボックス左深くまで侵攻しクロス。これがアナスタシオのオウンゴールを誘発し、ナポリが先制した。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ナポリは64分にポリターノとジリエンスキを下げてロサーノとインシーニェ、69分にデンメとエルマスを下げてロボツカとメルテンンスを投入。フレッシュな攻撃陣で追加点を狙う。 すると75分、センターライン手前のインシーニェがゴールへ向かうロングパスを送ると、これに反応したロサーノがゴール前でボールを収めると、GKとの一対一を冷静に制し、ナポリが待望の追加点を奪った。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ナポリがマラドーナ氏へ勝利を捧げるとともに、グループFの首位に浮上した。 また、グループFもう一試合のAZvsソシエダは0-0の引き分けに終わった。。AZの菅原由勢はベンチ入りも出場機会はなかった。 2020.11.27 07:23 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly