伊東純也のヘンクがヴォルフ監督を解任、開幕から5試合で1勝と低迷

2020.09.16 00:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
MF伊東純也の所属するヘンクは15日、ハネス・ヴォルフ監督(39)の解任を発表した。ヘンクは前日、FW鈴木武蔵の所属する昇格組のベールスホットに2-5の大敗を喫し、新シーズンのジュピラー・プロ・リーグ開幕以降1勝2分け2敗と躓いていた。

昨年11月にヘンクの監督に就任したドイツ出身のヴォルフ監督は、これまでシュツットガルトやハンブルガーSVなどで監督を歴任。シュツットガルト時代にはFW浅野拓磨を、HSV時代にはDF酒井高徳とFW伊藤達哉を指導した経歴を持ち、日本人選手と縁のある監督だった。
コメント
関連ニュース
thumb

伊東純也所属のヘンク、デンマーク人指揮官トルップ氏を新監督に招へい!ヘントでは久保裕也を指導

伊東純也の所属するヘンクは24日、デンマーク人指揮官ジェス・トルップ氏(50)を新指揮官に任命したことを発表した。 新シーズンのジュピラー・プロ・リーグ開幕以降1勝2分け2敗とスタートダッシュに躓いたヘンクは、15日に昨年11月からチームを率いていたハネス・ヴォルフ監督(39)の解任を発表していた。 そして、後任に指名されたのは世代別のデンマーク代表やミッティランなどで監督を歴任したトルップ氏。直近では2018年10月から久保裕也(現FCシンシナティ)の所属していたヘントの指揮官を務め、新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズンが打ち切られた昨シーズンは、チームをレギュラーシーズン2位に導き、5シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ出場権を獲得。 しかし、昨シーズン終盤に連敗を喫すると、新シーズン開幕以降も連敗を止められず、8月20日に同クラブからの退任を発表していた。 2020.09.25 00:35 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東が左足ミドルで今季初弾!ヘンクはルーヴェンにドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

伊東純也の所属するヘンクは15日、ジュピラー・プロ・リーグ第2節でルーヴェンをホームに迎え、1-1で引き分けた。伊東はフル出場している。 6日前に行われた開幕節のズルテ・ワレヘム戦を2-1と勝利して白星スタートとしたヘンクは、伊東が右MFでスタメンとなった。 立ち上がりからルーヴェンを圧倒したヘンクはゴールレスで迎えた55分に先制する。決めたのは伊東。右サイドからカットインし、ボックス手前右から左足でゴール左上を捉えるミドルシュートを叩き込んだ。 伊東の今季初弾で先手を取ったヘンクだったが、終盤の85分に追いつかれ、開幕2連勝とはならず。1勝1分けスタートとなっている。 2020.08.16 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

伊東フル出場のヘンクが開幕戦で逆転勝利!《ジュピラー・プロ・リーグ》

伊東純也の所属するヘンクは9日、ジュピラー・プロ・リーグ第1節でズルテ・ワレゲムと対戦し、2-1で勝利した。伊東はフル出場している。 昨季9位のズルテ・ワレゲムのホームに乗り込んだヘンクは、伊東を右MFに起用した[4-5-1]で試合に臨んだ。 ヘンクは立ち上がりからポゼッションで上回るも、ズルテ・ワレゲムの守備を攻略できず全くシュートに持ち込めない状況が続く。すると41分、ヘンクはセットプレーから失点を許す。スラルフィの左CKをデスハフトにヘディングで流し込まれた。 先制を許したヘンクは、前半アディショナルタイムにボックス右深くまで侵入したムニョスのクロスからチャンスを迎えたが、ファーサイドで合わせたニグレンのヘディングシュートは枠の左に外れた。 後半は1点を追うヘンクが押し込む時間が続くと73分、GKヴコヴィッチのパントキックを受けた最前線のデサースがボックス内まで侵入。デサースが相手DFともつれてこぼれたボールを拾ったオヌアチュがチップキックで狙うと、ゴール右に吸い込まれた。 同点弾で勢いづくヘンクは、78分にも伊東の右クロスがゴール前でオヌアチュと競り合ったDFのハンドを誘い、PKを獲得。このPKをデサースがゴール右に突き刺し、勝ち越しに成功。 さらに87分には、ボックス右横の伊東がGKとDFの間にクロスを送るとゴール前に抜け出したデサースが押し込んだが、これはオフサイドの判定でゴールを取り消された。 その後、ズルテ・ワレゲムの猛攻を受けたヘンクだが、集中した守りでこれをシャットアウト。何とか逃げ切り逆転勝利を飾った。 ズルテ・ワレゲム 1-2 ヘンク 【ズルテ・ワレゲム】 デスハフト(前41) 【ヘンク】 オヌアチュ(後28) デサース(後33[PK]) 2020.08.10 01:07 Mon
twitterfacebook
thumb

柏、日本代表FW伊東純也のヘンク完全移籍を発表! 「僕にとってのレイソルはHOME」

柏レイソルは24日、ベルギーのヘンクにレンタル移籍していた日本代表FW伊東純也(27)の完全移籍決定を発表した。 なお、ヘンクは今年3月30日に買い取りオプションを行使し、2023年6月30日までの契約を結んだことをすでに発表していた。 2015年にヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタートさせた伊東は、2016年に柏入りすると、3シーズンに渡って主力として活躍。その後、2019年2月からヘンクでプレー。2018-19シーズンは半年間で公式戦14試合3ゴール2アシストの活躍をみせ、ジュピラー・プロ・リーグ優勝に貢献していた。 初のフル参戦となった今シーズンは、チャンピオンズリーグ(CL)デビューを果たすなど、公式戦38試合で6ゴール9アシストを記録。なお、ベルギーでは新型コロナウイルスの影響によって5月半ばに打ち切りが発表されていた。 今回、改めてヘンクへの完全移籍がアナウンスされた中、伊東は柏の公式サイトを通じて古巣への感謝の言葉を伝えている。 「このたび、ベルギーのKRCゲンクに完全移籍することになりました。2018-19シーズンは途中加入でしたが、リーグ優勝も経験でき、世界最高の舞台であるチャンピオンズリーグにも出場することができました」 「この経験ができたのは、移籍を後押ししてくれた柏レイソルのおかげです。これから、まずは昨シーズン以上の活躍をして、ワールドカップ出場を目指し、さらに努力していきたいと思います」 「今回、柏レイソルを離れることとなりますが、僕にとってのレイソルはHOMEです。これからもベルギーから柏レイソルの活躍を願っています。最後になりますが、ファン・サポーターの皆様、クラブ関係者、そしてレイソルのチームメイトのみんな、本当にありがとうございました。これからも一生懸命サッカーと向き合い、チャレンジしていきます。本当にありがとうございました」 2020.06.24 20:32 Wed
twitterfacebook
thumb

クルトワ、学校の成績の悪さでキャリア好転? 過去にホッフェンハイム行き流れる…

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(28)は、自身の学業成績の悪さに感謝しているかもしれない。ベルギー『HLN』が、ベルギー代表GKの逸話を紹介している。 現在、レアル・マドリーとベルギー代表で正GKを務めるクルトワは、世界屈指の守護神の1人だ。 クルトワがワールドクラスのGKという名声を得た背景には、元々の才能、たゆまぬ努力に加え、有能な指導者との出会い、運など多くの要素が重なっている。 そして、学業成績の悪さも、そういった要素の中のひとつのようだ。 現在、デュッセルドルフでスポーツ・ディレクターを務めるルッツ・ファンネンシュティール氏は、ドイツ『DAZN』でホッフェンハイムのスカウト部門に勤務していた頃のクルトワに関する逸話を明かした。 現役時代にGKとしてプレーしていたファンネンシュティール氏は、2010年に新たなGK獲得に向けた交渉に携わっていたという。そして、当時獲得を狙っていたのが、いずれもベルギーのヘンクに在籍していたクルトワと、ベルギー代表GKコーエン・カスティールス(27)の2選手だったという。 両選手は年齢も利き足(左)も同じで身長も190cm代後半と共通点が多く、ファンネンシュティール氏は「どちらも素晴らしいゴールキーパーだった。ただ、すべてが似ていて、名前だけが違っていた印象だった」と、当時を振り返る。 それでも、より早熟だったカスティールスはクルトワに先んじてトップチームにも絡み始めていたという。ただ、ホッフェンハイムは同時並行で行っていた交渉においてクルトワサイドの感触が良かったこともあり、現マドリー守護神の獲得に一本化していた。 しかし、クルトワ獲得に向けて思わぬ障害となったのが、当時の同選手の学業成績の悪さだった。とりわけ、数学の成績は悲惨なものだったという。 クルトワの両親が学校の卒業を望んでいた事情もあり、中退してホッフェンハイムに行くという選択肢はなく、ホッフェンハイムとの交渉は打ち切りに。 その後、ヘンクに残留して改めて学業との両立を図ったクルトワは、トップチームでの正GK昇格と共に無事卒業も果たした。 そして、アトレティコ・マドリー、チェルシー、マドリーと順調にステップアップを果たし、現在は世界最高のGKのひとりに成長している。 一方、カスティールスはクルトワとのポジション争いに敗れた翌2011年にホッフェンハイムへ加入。2015年にはヴォルフスブルクに完全移籍し、正GKとして活躍している。 なお、ファンネンシュティール氏は最後に、2010年を境に大きく異なるキャリアを歩んでいるクルトワと、カスティールスについて改めて言及している。 「個人的に両者の間にそこまで大きな差はないと思っている。カスティールスはミスが少ないモダンなゴールキーパーだ」 「もちろん、2人が大きく異なるキャリアを歩んでいることは間違いない。カスティールスに関しては少し内向的な性格なんだ。それが彼にホッフェンハイム行きを選ばせ、クルトワはアトレティコやチェルシーでの挑戦を選んだということだ。ただ、当時はカスティールスが先んじていたと思うよ」 アスリートにとっても学業成績が良いにこしたことはないが、時には成績の悪さが幸運をもたらすこともあるようだ。 2020.06.07 19:00 Sun
twitterfacebook