ペップバイエルンの真骨頂!ゴール前の密集をこじ開けてゲッツェが決めたチームゴール【チーム・ゴールズ】

2020.09.15 21:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はドイツ代表MFマリオ・ゲッツェがバイエルンで決めたゴールだ。

◆相手の守備をこじ開けてゲッツェがゴール

ドルトムントで若くして大ブレイクを果たしたゲッツェは、2013年夏にバイエルンに加入。絶対王者の一員となると、2013年から2016年の間にチームの指揮を執ったジョゼップ・グアルディオラ監督の下、美しいサッカーを展開したバイエルンでも輝きを放っていた。

そんなゲッツェは、2014年12月10日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージのCSKAモスクワ戦では、守りを固める相手に対して素晴らしい崩しからのゴールを決めている。

2-0とバイエルンリードの90分、相手ボックスの右手前でボールを持ったFWアリエン・ロッベンが、中央のゲッツェに預ける。ゲッツェは相手を引きつけつつ、再びロッベンにボールを渡すと、ロッベンの裏へと走り込む。

ロッベンがFWロベルト・レヴァンドフスキに出したボールは相手にブロックされるも、これがちょうど裏へ抜け出していたゲッツェへのパスとなる。フリーでボールを持ったゲッツェがこれをしっかりとゴール左に決め、ダメ押しの3点目を奪った。

運も味方したものの、中央に人数をかける相手の守備をこじ開けて決めた見事なゴールとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

相手ディフェンスを真っ二つに切り裂く レアル攻撃陣の切れ味抜群の中央突破【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マドリーが見せた鮮やかな中央突破からベンゼマがゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4R3JiSW1oaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンで若きストライカーとしてブレイクを果たしたベンゼマは、2009年夏にレアル・マドリーに加入。スター軍団の主力へとステップアップを果たした。 得点以外にもポストプレーで上手さを見せるなど、欠かせない存在となっているベンゼマだが、2019年4月15日に行われた、ラ・リーガ第32節のレガネス戦では、見事な連携からゴールを決めている。 レガネスに先制を許し、0-1とリードされて迎えた51分、センターサークル付近でボールを持ったMFカゼミロが、相手ディフェンスライン前のスペースに入っていたMFルカ・モドリッチに楔のパスを入れる。 狭いスペースでボールを受けたモドリッチは、上手く反転してプレスに来た相手と入れ替わり、前を向く。絶好の位置でボールを持ったモドリッチは、裏へ走り出すベンゼマに向けてパスを送る。このパスをベンゼマがダイレクトでシュートを放つも、これは相手GKが一度セーブ。それでも、こぼれ球に詰めたベンゼマが今度はしっかりと決めきり、見事な同点弾を決めた。 このゴールで追いついたマドリーだったが、その後両チームにゴールは生まれず、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.10.21 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

たった3人で相手ディフェンスを切り裂いたインテルの華麗なカウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はインテルのウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴェシーノが決めた鮮やかなカウンターゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJVDZvU09GYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウルグアイでのプロデビューを経て、2013年夏にフィオレンティーナに加入しヨーロッパデビューを果たしたヴェシーノ。その後レンタルでイタリアの複数クラブでプレーした後、2017年夏にインテルに加入した。 インテルではここまで公式戦96試合に出場し、11ゴール6アシストを記録しているヴェシーノだが、2019年4月14日に行われたセリエA第32節のフロジノーネ戦では、鮮やかなカウンターからゴールを決めている。 前半に2点を奪い、試合を優位に進めたインテルは、1点を返され2-1で迎えた93分、カウンターからチャンスを作る。 自陣中央でヴェシーノが相手のパスをかっさらうとそのままドリブルで敵陣までボールを運び、前方にいたMFジョアン・マリオにパスを送る。ボールを受けたジョアン・マリオが前線のFWマウロ・イカルディに鋭いパスを出すと、イカルディがボックス内に走り込んでいたヴェシーノにパス。ゴール前でボールを受けたヴェシーノがGKとの1vs1をしっかり決め、勝利を決定づける3点目を奪った。 鮮やかなカウンターから、たった3人で相手ディフェンスを崩したインテル。試合はインテルがそのまま3-1で勝利している。 2020.10.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムが最終ラインでのパス回しからあっという間の崩しで速攻を決める!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はトッテナムのアルゼンチン代表MFエリク・ラメラが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トッテナムの速攻から最後はラメラが決める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2M1A4bmY1ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチンの名門リーベル・プレートでのデビューを経て、2011年夏に加入したローマで頭角を現したラメラ。2013年夏にトッテナムに加入し、ケガが多いものの長年チームを支えている。 ドリブルやパスでのチャンスメイクの他、ゴール前での決定的な仕事も得意とするラメラだが、2018年9月22日に行われたプレミアリーグ第6節のブライトン戦では、チームの見事な崩しからゴールを決めている。 前半に先制し、1-0とトッテナムリードで折り返して迎えた76分、最終ラインで相手からのプレスをかいくぐったMFエリック・ダイアーがセンターサークル内にいたラメラにパスを送る。素早く前を向いたラメラは左に開いていたFWルーカス・モウラにボールを預け、自らはボックス内へ走る。 ボールを受けたルーカス・モウラは大外から上がってきたDFダニー・ローズへパスを送り、ボックス左からローズがマイナスのボールを入れると、ボックス内に走りこんだラメラがダイレクトでゴールに沈め、美しい崩しから追加点を奪った。 このゴールで2点差としたトッテナム。終了間際に1点を返されるも、2-1と逃げ切り、勝利を収めている。 2020.10.20 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ相手に美しいカウンターからC・ロナウドがさすがのゴール前での強さを見せる!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆美しいカウンターからロナウドが止めを刺すゴールを決める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiN1d1dzVUcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドで世界屈指のアタッカーとしてブレイクしたC・ロナウドは、2009年にマドリーに加入。驚異的なスピードでゴールを量産し、世界最高峰の選手と言われるまでの輝きを見せた。 絶対的エースとして、クラブを象徴する存在であったC・ロナウドだが、2017年5月2日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのアトレティコ・マドリー戦では、見事なカウンターからゴールを決めている。 C・ロナウドの2得点で2-0とマドリーのリードで迎えた86分、自陣でMFカゼミロがボールを奪うとすぐさまFWルーカス・バスケスにボールを送り、カウンターを開始。ハーフウェイラインまでボールを運ぶと、右に開いていたC・ロナウドにパスを送る。 ボックス手前で大外から上がってくるバスケスにC・ロナウドが再びパスを出すと、自らはボックスの中へ。ボールを受けたバスケスが右サイドからボックス内をえぐり、マイナスのボールを出すと、これにC・ロナウドが合わせ、見事なカウンターから3点目を記録した。 C・ロナウドのハットトリックで3-0としたマドリー。同じマドリッドのライバルに先勝している。 2020.10.19 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルの芸術的な崩しからスタンコビッチが強烈ミドルを叩き込む!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元セルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆最後はイブラヒモビッチの落としからスタンコビッチの絶妙フィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkWmZTcW1lcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国セルビアの強豪ツルヴェナ・ズヴェズダでプロデビューを果たしたスタンコビッチ氏は、1998年に加入したラツィオでブレイク。2004年1月にはインテルに移籍し、多くのタイトルを勝ち取った。 パス、シュート、ドリブルとどれをとっても高いスキルを持っていたスタンコビッチ氏だが、2008年12月14日に行われたセリエA第16節のキエーボ戦では、見事な連携から美しいゴールを決めている。 前半にインテルが先制し、1-0とリードして迎えた47分、右サイドでボールを持ったDFマイコンがFWビクトル・オビンナとスタンコビッチとの華麗なワンタッチパスの応酬から右サイドを崩す。中央のFWズラタン・イブラヒモビッチにクロスを上げると、これをイブラヒモビッチが右足のアウトサイドで絶妙の落としをスタンコビッチに送る。後方から走り込んだスタンコビッチは、ボックスの際から左足で強烈なシュートをゴール左下に叩きこみ、美しい崩しから追加点を奪った。 その後反撃を許し、一時は2-2と追いつかれたインテルだったが、勝ち越しに成功し、4-2で勝利している。 2020.10.18 21:00 Sun
twitterfacebook