小林祐希の新天地はカタール? アル・ホールのメディカルチェック受診へ

2020.09.15 10:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベベレンのMF小林祐希(28)だが、移籍先は中東になるようだ。ベルギー『Voetbal Nieuws』が伝えた。2019年7月にヘーレンフェーンを退団し、同9月にベベレンに加入した小林。2019-20シーズンはジュピラー・プロ・リーグで20試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

しかし、今シーズンはここまで5試合が行われ出場はわずか1試合となっている小林。第4節のOHルーヴェン戦で先発していたが、12日に行われた第5節のクラブ・ブルージュ戦ではメンバー外となっていた。

今シーズンから監督に就任したニッキー・ヘイエン監督の下で構想に入っていない小林だが、ヘイエン監督は「小林は、他クラブと話をする許可を求めてきた。我々は彼にも許可を与えた」と移籍を容認する発言をしていた。

退団が確定的となった小林だが、『Voetbal Nieuws』によると移籍先は中東のカタールになるとのこと。アル・ホールのメディカルチェックを受診する予定があるようだ。

小林は東京ヴェルディの下部組織出身で、ジュビロ磐田を経て2016年8月にヘーレンフェーンへ完全移籍。エールディビジでは、89試合に出場し2ゴール8アシストを記録していた。

カタールでは、同じ東京V下部組織出身の日本代表MF中島翔哉がかつてアル・ドゥハイルでプレーした経験がある。なお、アル・ホールは2020-21シーズンのスターズ・リーグで3試合を終え、10位(12チーム中)に付けている。
コメント
関連ニュース
thumb

森岡フル出場のシャルルロワ、10人のレフ・ポズナンに敗れて本戦出場ならず《EL予選》

MF 森岡亮太の所属するシャルルロワは1日、ヨーロッパリーグ(EL)予選プレーオフでレフ・ポズナンとホームで対戦し、1-2で敗れた。 予選3回戦でFW浅野拓磨の所属するパルチザンを下したシャルルロワが、ポーランドの強豪レフ・ポズナンをホームに迎えた一戦。 森岡がフラットな[4-4-2]のセントラルMFで起用された中、シャルルロワは11分にニコルソンがミドルシュートで牽制。 その後もポゼッションを高めていたが、33分に失点する。ダニエル・ラミレスのミドルシュートがDFに当たってコースが変わり、ネットを揺らされた。 追う展開となったシャルルロワは36分にゴリザデーがヘディングシュートでゴールに迫るも、枠を捉えきれない。 すると41分に失点する。ゴール正面から放たれたプチャスの左足ミドルが決まってしまった。 2点ビハインドで迎えた後半、シャルルロワは開始5分にPKを獲得するも、キッカーを務めたレザエイのシュートは相手GKに止められてしまう。 それでも56分に1点を返す。ボックス右でスルーパスを受けたフォールがネットを揺らした。 攻勢に出るシャルルロワは77分に退場者を出した相手に対し、終盤にかけても攻め込んだが、同点弾を奪うには至らず。本戦出場は果たせなかった。 2020.10.02 03:54 Fri
twitterfacebook
thumb

CLグループステージの組み合わせが決定!GSで初めてメッシvsロナウド実現! 死の組は?

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージの組み合わせ抽選会が1日、スイスのニヨンで行われた。 昨季王者バイエルンはグループAに入り、アトレティコ・マドリー、予選を勝ち上がったMF奥川雅也の所属するザルツブルク、ロコモティフ・モスクワと対戦する。 また、グループGではユベントスとバルセロナが同居し、グループステージでは初めてFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドの対決が実現。 最激戦区となったのはグループHで昨季準優勝のパリ・サンジェルマン、ベスト4のRBライプツィヒがマンチェスター・ユナイテッドと、初出場のイスタンブール・バシャクシェヒルと2枠を争うことに。 そして、FW中島翔哉の所属するポルトガル王者のポルトと、DF酒井宏樹とDF長友佑都が所属するマルセイユはグループCに入り、マンチェスター・シティ、ギリシャ王者のオリンピアコスと対戦することが決まった。 FW南野拓実の所属するイングランド王者リバプールはグループDに入り、オランダ王者のアヤックス、昨季ベスト8のアタランタ、ミッティランと対戦する。今回決定した組み合わせは以下の通り。 ◆グループA バイエルン(CL王者/ドイツ) アトレティコ・マドリー(スペイン) ザルツブルク(オーストリア) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) ◆グループB レアル・マドリー(スペイン) シャフタール(ウクライナ) インテル(イタリア) ボルシアMG(ドイツ) ◆グループC ポルト(ポルトガル) マンチェスター・シティ(イングランド) オリンピアコス(ギリシャ) マルセイユ(フランス) ◆グループD リバプール(イングランド) アヤックス(オランダ) アタランタ(イタリア) ミッティラン(デンマーク) ◆グループE セビージャ(EL王者/スペイン) チェルシー(イングランド) FCクラスノダール(ロシア) スタッド・レンヌ(フランス) ◆グループF ゼニト(ロシア) ドルトムント(ドイツ) ラツィオ(イタリア) クラブ・ブルージュ(ベルギー) ◆グループG ユベントス(イタリア) バルセロナ(スペイン) ディナモ・キエフ(ウクライナ) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) ◆グループH パリ・サンジェルマン(フランス) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) RBライプツィヒ(ドイツ) イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) 2020.10.02 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

中島翔哉が日本代表招集外の理由は「所属チームで結果を出すこと」、岡崎慎司&菅原由勢の招集理由も語る

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月以来の活動となる日本代表。今回のメンバーは全てヨーロッパでプレーする選手で構成され、DF菅原由勢(AZ)が初招集となった。 今回のメンバーでは、ラ・リーガでのプレーを実現させたFW岡崎慎司(ウエスカ)がコパ・アメリカ以来の招集となった。岡崎の招集について森保一監督は「岡崎の選考については、リーグで置かれている立場は変わったと思いますが、得点という結果を出しているということと、存在感を出していることで、彼の存在価値は示してくれていると思うので選考に至った」とコメント。クラブでの活躍が招集理由だとした。 一方でエイバルでレギュラーを務めるMF乾貴士ら選考街になった選手もいたが「年齢で日本代表に選ばれないということはないということで、皆さんにも選手にもお伝えできればと思っています」とコメント。招集外の理由は「乾だけではなく、できればもっと多くの選手を選考したいと思っていました。その中で、ポジションのバランスなどを総合的に考えた上で、選考を考えました」と語り、チームとしてのバランスを考えたとしている。 また、初招集となった菅原については「東京オリンピックチームでの活動の中で彼のプレーやオフ・ザ・ピッチでのプレーを見て評価させていただき、今回招集に至っています」とコメント。「出場機会という点では今年に入って足りない部分もありますが、今回のオランダ遠征の招集条件の中で、ヨーロッパ組でチームを編成するということで、チームを作った中で将来A代表に十分絡んでくるだろうという期待も込めて招集しています」と理由を明かし、「期待することは貪欲に活動の中で成長につながる吸収をしてもらいたい、チームに持ち帰って成長してもらいたいと思っています」と将来へ繋がる招集にして欲しいと期待を口にした。 その中で、これまでレギュラー格としてプレーしてきたMF中島翔哉(ポルト)が招集外となっている。中島は新型コロナウイルスによるリーグ中断後から全くプレーしておらず、今シーズンもチーム合流時に問題があった。 森保監督は中島の招集について「中島翔哉の招集については、みなさんもご存知の通り長期間チームでプレーしていなかったこと、チームに合流してトレーニングをしているという情報はもらっています」とし、「まずは所属チームで結果を出して、監督や選手の信頼を掴み取って代表に復帰できるように、代表の活動の選手選考に入るように、日常の活動を行って欲しいと思っています」とクラブでのパフォーマンスを優先し、招集を見送ったとしている。 今回のメンバーには東京五輪世代の選手が7名含まれている中、コーチングスタッフも東京五輪世代のチームのスタッフが入っている。 オリンピックに向けた強化としては「オリンピックのスタッフも今回のA代表のオランダ遠征に帯同してもらうことですが、我々スタッフはA代表と東京オリンピックチームの兼任スタッフとして活動していますので、そういった意味でも今回東京オリンピックチームの活動がない中、A代表の活動をより充実させるために、A代表の活動を持って今後の東京オリンピックチームの活動につなげていけるようにということで帯同してもらうことを考えました」と、代表活動が少ない状況を考えてのことだとコメントした。 また、「選手の招集を見ていただければわかりますが、東京オリンピック世代が7人いる。本大会を考えた場合、3人のオーバーエージが使えることを考えると、スタッフもまずはA代表でカメルーンとコートジボワールに勝って結果を出すこと、この先の東京オリンピックに向けての活動にしていければと思います」とし、来年の東京五輪を見据えたチーム作りをするため、今のうちから準備するとした。 2020.10.01 16:16 Thu
twitterfacebook
thumb

キーワードは「恩返し」、感謝と配慮を尽くした森保一監督が日本代表活動で示したいもの

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月以来の活動となる日本代表。今回のメンバーは全てヨーロッパでプレーする選手で構成され、菅原由勢(AZ)が初招集となった。 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス(COVID-19)は収束する気配がなく、国や地域によっては再び感染者が増えている状況もある。 そんな中でのオランダ遠征での代表活動に関して、森保一監督は「多くの方が環境づくりに尽力してくださったことで、活動できることを絶対に忘れてはならないですし、そういった方々に恩返しになる活動、試合にしなければならない」とコメント。実現に向けて動いた関係者への感謝を持って活動に臨むとした。 また、今回の活動を通じて「日本の国民のみなさんやサポートしてくれるみなさん、支援してくださるみなさんにとって、必要であることでなければならない。恩返しとして、社会貢献しなくてはならないと思っている」とし、日本代表の存在意義を示したいと語った。 観る人には「今回の活動で、我々は戦う集団ですので、勝利を目指して戦い、勝つことで応援してくださる全ての方々に喜んでいたくことをしながら、子供達に夢を持ってもらえる、応援してくださる方々に希望を持っていただくことに、日常生活の中で、我々の活動をいかしてもらいたい」と励みになればとコメント。苦しい生活を余儀なくされている方々には「元気や勇気、根気というのを試合の中で、最後のホイッスルが鳴るまで、1人1人強くが根気強く戦う。どんな困難があっても最後まで戦い抜くという気持ちを持つことと、チーム一丸となって1人1人がチームのために献身的であって、最後まで戦うということを試合の中で表現できればと思っています」と諦めない姿勢を示したいとした。 今回は25名の招集となった日本代表だが、メンバー選考については「当初はもう少し多い人数を考えていました」とし、「実際にオランダに入国するにあたっての制限や我々が招集するにあたって色々な条件を考えたときにこの人数になりました」と予定よりは少ない人数になったことを明かした。 また、セルビアとロシアはオランダへの入国制限があるために招集できず。一方でJリーグメンバーについては「日本は入国制限はないと思うが、国内ではJリーグを戦っているシーズンの真っ只中であること、オランダに行った際に帰国した際に自主待機の期間があると考えると、招集が難しいと配慮させていただき、メンバー選考では外させていただきました」とし、欧州組のみになった理由を改めて説明した。 前述の通り1年近く活動していなかった日本代表だが、今回の活動の狙いについては「A代表の活動は約1年近くできていませんでしたし、今回代表の活動をさせていただくにあたって、基本的なコンセプトの確認、意思統一をやっていければと思います」とコメント。「経験の浅い選手も招集させていただいている中で、これまでやってきた経験が豊富な選手と、経験が浅い若い選手の融合を図りながら、個のレベルアップ、チームとしてのレベルアップを目指して活動していきたいと思います」と今後を見据えたチーム力アップを図りたい狙いを明かした。 2020.10.01 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英など欧州組のみで構成された日本代表メンバーが発表!菅原由勢が初招集、カメルーン&コートジボワールと対戦

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権以来の活動となる日本代表。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり活動が制限され、今回はヨーロッパでプレーする選手のみが招集されることとなった。 今回のメンバーには、これまでA代表に招集されていた選手と東京五輪世代が融合。菅原由勢(AZ)が初招集となった。 日本代表はカメルーン代表と9日(金)に、コートジボワール代表と13日(火)に対戦する。今回発表された日本代表メンバーは以下の通り。 ◆日本代表メンバー GK 川島永嗣(37/ストラスブール/フランス) 権田修一(31/ポルティモネンセ/ポルトガル) シュミット・ダニエル(28/シント=トロイデン/ベルギー) DF 長友佑都(34/マルセイユ/フランス) 吉田麻也(32/サンプドリア/イタリア) 酒井宏樹(30/マルセイユ/フランス) 室屋成(26/ハノーファー/ドイツ) 植田直通(25/セルクル・ブルージュ/ベルギー) 安西幸輝(25/ポルティモネンセ/ポルトガル) 板倉滉(23/フローニンヘン/オランダ) 冨安健洋(21/ボローニャ/イタリア) 菅原由勢(20/AZ/オランダ) MF 原口元気(29/ハノーファー/ドイツ) 柴崎岳(28/レガネス/スペイン) 遠藤航(27/シュツットガルト/ドイツ) 伊東純也(27/ヘンク/ベルギー) 南野拓実(25/リバプール/イングランド) 鎌田大地(24/フランクフルト/ドイツ) 中山雄太(23/ズヴォレ/オランダ) 三好康児(23/アントワープ/ベルギー) 堂安律(22/アルミニア・ビーレフェルト/ドイツ) 久保建英(19/ビジャレアル/スペイン) FW 岡崎慎司(34/ウエスカ/スペイン) 大迫勇也(30/ブレーメン/ドイツ) 鈴木武蔵(26/ベールスホット/ベルギー) 2020.10.01 14:01 Thu
twitterfacebook