小林祐希の新天地はカタール? アル・ホールのメディカルチェック受診へ

2020.09.15 10:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベベレンのMF小林祐希(28)だが、移籍先は中東になるようだ。ベルギー『Voetbal Nieuws』が伝えた。2019年7月にヘーレンフェーンを退団し、同9月にベベレンに加入した小林。2019-20シーズンはジュピラー・プロ・リーグで20試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

しかし、今シーズンはここまで5試合が行われ出場はわずか1試合となっている小林。第4節のOHルーヴェン戦で先発していたが、12日に行われた第5節のクラブ・ブルージュ戦ではメンバー外となっていた。

今シーズンから監督に就任したニッキー・ヘイエン監督の下で構想に入っていない小林だが、ヘイエン監督は「小林は、他クラブと話をする許可を求めてきた。我々は彼にも許可を与えた」と移籍を容認する発言をしていた。

退団が確定的となった小林だが、『Voetbal Nieuws』によると移籍先は中東のカタールになるとのこと。アル・ホールのメディカルチェックを受診する予定があるようだ。

小林は東京ヴェルディの下部組織出身で、ジュビロ磐田を経て2016年8月にヘーレンフェーンへ完全移籍。エールディビジでは、89試合に出場し2ゴール8アシストを記録していた。

カタールでは、同じ東京V下部組織出身の日本代表MF中島翔哉がかつてアル・ドゥハイルでプレーした経験がある。なお、アル・ホールは2020-21シーズンのスターズ・リーグで3試合を終え、10位(12チーム中)に付けている。
コメント
関連ニュース
thumb

新加入ジョタの初ゴールなどでリバプールが3連勝!アーセナルは今季初黒星…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節のリバプールvsアーセナルが28日に行われ、3-1でリバプールが勝利した。リバプールのFW南野拓実は91分からプレーした。 開幕連勝スタートとなった王者リバプールは、控えメンバー中心で臨んだミッドウィークのEFLカップ3回戦のリンカーン・シティ戦でも圧勝し公式戦3連勝。難敵アーセナルとの一戦に向けては、前節のチェルシー戦から先発を1人変更。ヘンダーソンに代えてジョー・ゴメスを先発で起用した。 対するアーセナルもミッドウィークに行われたEFLカップ3回戦のレスター・シティ戦を勝利し公式戦3連勝。昨季王者の一戦に向けては、レスター戦から6人を変更。オーバメヤンやウィリアン、ジャカらが先発に名を連ねた。 強豪同士らしく一進一退の立ち上がりとなる中、最初の決定機はリバプールに生まれる。15分、ボックス右でボールキープしたN・ケイタのパスを右サイド高い位置で受けたアレクサンダー=アーノルドがダイレクトクロス。これを中央に走り込んだマネが右足で合わせたが、シュートはGKレノの正面を突いた。 さらに20分には、左CKのセカンドボールをペナルティアーク手前のアーノルドがダイレクトシュート。しかし、ボックス内のDFにディフレクトしたボールはコースが変わりクロスバーを直撃した。 ピンチを凌いだアーセナルは、ファーストシュートで先制する。25分、ボックス左まで持ち上がったメイトランド=ナイルズの折り返しがロバートソンのクリアミスを誘うと、浮き球をゴール前のラカゼットが反転しながら左ボレーで合わせると、叩きつけたシュートにGKアリソンが反応できずゴールネットに吸い込まれた。 先制を許したリバプールだったが、すぐに反撃に出る。28分、フィルミノのパスで右サイド突破したサラーがボックス右から切り込みシュート。これはGKレノに弾かれたが、こぼれ球をマネが押し込み、試合を振り出しに戻した。 同点弾で勢いづくリバプールは、34分にもアーノルドの右クロスをファーサイドから走り込んだロバートソンが収めると、飛び出したGKレノの脇を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 迎えた後半、1点を追うアーセナルは60分にジャカを下げてダニ・セバージョスを投入。すると63分、ダニ・セバージョスのスルーパスで抜け出したラカゼットがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKアリソンのブロックに阻まれた。 守護神の好セーブに救われたリバプールは、直後の64分にフィルミノのパスが相手DFにディフレクトしてゴール前にこぼれると、これに反応したマネが反転しながら左足でシュートを放ったが、ボールはゴール左に外れた。 膠着状態が続く中、リバプールは79分にN・ケイタとマネを下げてミルナーと新加入のジョタを投入。すると88分、左CKのセカンドボールをつなぐと、右サイドでボールキープしたサラーのバックパスをアーノルドがダイレクトクロス。これはD・ルイスに跳ね返されたが、こぼれ球をペナルティアーク内のジョタが右モモでトラップしボレーシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 その後、リバプールは91分に南野が登場。しかし、見せ場はほとんどなく試合終了。アーセナルとの全勝対決を制したリバプールがプレミア3連勝を飾った。 2020.09.29 06:14 Tue
twitterfacebook
thumb

ソリアーノのドッピエッタなどでエミリア・ダービーを制したボローニャがホーム開幕戦を勝利で飾る!《セリエA》

冨安健洋の所属するボローニャは28日、セリエA第2節でパルマとホームで対戦し、4-1で勝利した。冨安はフル出場。 ミランとの開幕戦を0-2で惜敗したボローニャは、その試合から先発メンバーを3人変更。ポーリ、スコフ・オルセンの加え、新加入のヒッキーが先発に名を連ねた。冨安はセンターバックで2試合連続の先発となった。 エミリア=ロマーニャ州に本拠地を置く両者の一戦は、ボローニャが開始早々にピンチを迎える。1分、ボックス左からカットインしたジェルビーニョがシュートを放ったが、これは冨安が体を投げ出してブロック。さらに3分には、カラモーのループパスからゴール前に抜け出したブルグマンにヘディングシュートを打たれたが、これはGKスコルプスキの好セーブで難を逃れた。 ピンチを凌いだボローニャは16分、バロウの左CKをファーサイドに走り込んだソリアーノが頭で合わせると、ゴールライン際でGKセペのブロックに阻まれたかと思われたが、ゴールラインテクノロジーによってゴールが認められた。 先制したボローニャは、30分にも相手のパスカットを奪い返したソリアーノがボックス手前からミドルシュートを放つと、これがゴール右上に突き刺さった。 後半も先にスコアを動かしたのはボローニャ。55分、右サイドを持ち上がったソリアーノが、ボックス付近でダイアゴナルランを見せたバロウの空けたスペースへパス。これをボックス中央で受けたスコフ・オルセンがダイレクトシュートをゴール左下に流し込んだ。 リードを広げたボローニャだったが、67分にミスから失点する。GKスコルプスキのキックミスをカットしたブルグマンがパスで中央を通すと、これを受けたエルナニがシュートをゴール右隅に流し込んだ。 1点を返されたボローニャは76分、バロウのスルーパスに反応したパラシオがボックス付近で後ろからイアコポニに倒されると、イアコポニには一発レッドカードが提示された。 数的優位となったボローニャは、後半アディショナルタイムにもパラシオがゴールネットを揺らし、4-1で勝利。ボローニャがエミリア・ダービーとなったホーム開幕戦を白星で飾った。 2020.09.29 05:43 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司の新天地が間も無く発表? スペイン2部サバデル移籍で決定か

レアル・サラゴサからの退団が決定的となっているMF香川真司(31)だが、新天地が間も無く決定するようだ。 スペイン『El Periodico de Aragon』によると、サラゴサと香川は28日か29日にも残りの契約について合意に至るとのこと。さらに、サバデルへの移籍で決着がつく見通しのようだ。 香川は、高額な給与がネックとなり、今夏の退団候補に挙げられていた。本人がスペインでのプレー、特にサラゴサでのプレーを望んだこともあり去就が決まらない状態が続いていたが、新指揮官のルベン・バラハ監督の構想外に。さらに、チームはEU圏外枠をウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスとブラジル人ウインガーのFWライ・ナシメントに与えることを決定。この結果、香川のサラゴサでの居場所がなくなることとなった。 カタールやサウジアラビア、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やトルコからもオファーがあった香川だが、スペインでのプレーを希望。一方で、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のログロニェスからのオファーは拒否。レガネス、ラージョ・バジェカーノ、フエンラブラダからのオファーも進展していない状況だった。 サバデルはセグンダ・ディビシオンに所属しており、今シーズンは現在22チーム中20位。開幕から連敗を喫している。 かつてはFW指宿洋史(湘南ベルマーレ)やMF田邉草民(アビスパ福岡)らがプレーしたこともあり、日本人実業家の坂本圭介氏がオーナーを務めていた時期もあった。 香川は、2019-20シーズンにドルトムントからサラゴサへ完全移籍。セグンダ・ディビシオンで31試合に出場も4ゴール1アシストと期待通りの活躍はできず。また、チームも終盤失速し昇格を逃していた。 夏の移籍市場が残り1週間となった中、新たに浮上した新天地。今回の契約がまとまるだろうか。 2020.09.28 21:56 Mon
twitterfacebook
thumb

残り8日、EU圏外枠も埋まりサラゴサに居場所がない香川真司はどこへ行く?

未だに去就が定まらないレアル・サラゴサのMF香川真司(31)だが、スペインクラブのオファーも断っているようだ。スペイン『エラルド』が伝えた。 2020-21シーズンの夏の移籍市場は10月5日までとなっており、残すところあと8日となっている状況。しかし、サラゴサは香川についてチームから除外することを決断した。 サラゴサは、問題となっていたEU圏外枠の選手について、ブラジル人ウインガーのFWライ・ナシメント、セルタから獲得したウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスを登録。香川のためにその枠を使うことはなく、これによりサラゴサに香川の居場所がなくなったことが決定した。 一方で、香川はサラゴサでのプレーを望み、トレーニングで汗を流している状況だが、現状で試合に出場することは不可能。今年1月に当時ガラタサライのDF長友佑都(現マルセイユ)が置かれたものと同じ状況となっている。 サラゴサとしては残り少ない移籍期間で香川の去就を整理したいとのこと。財政的な問題も含め、香川をチームに留めておきたくない状況だ。香川は昨シーズンより20万ユーロ少ない年俸40万ユーロ(約5000万円)に合意したが、それでもチームに留まれない状況となっている。 スペインでのプレーを目指す香川に対し、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のログロニェスへの移籍がまとまりかけたが、本人が拒否したとのこと。現状は、MF柴崎岳が所属するレガネス、そしてラージョ・バジェカーノからもオファーがあり交渉しているが、進展はないようだ。 さらに、カタールから届いている200万ユーロ(約2億4500万円)のオファーにも香川は応じないことを決めている。そのため、現時点では、レガネスかラージョの2択になっている状況だ。 何れにしてもサラゴサでプレーを続けることは難しい状況となっている香川。あと1週間で新天地を決めなければいけないが、どこのユニフォームに袖を通すのだろうか。 2020.09.28 11:38 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサに大敗もビジャレアル指揮官は久保建英のプレーを評価「全ての試合で貢献」「上手くプレーしている」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、試合を振り返ると共に、日本代表MF久保建英のプレーについても言及した。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは27日、ラ・リーガ第3節でバルセロナと対戦。シーズン初戦となったバルセロナに対し、アンス・ファティに2ゴールを許すなど、前半だけで4失点。そのまま4-0で敗れた。 開幕から2試合を1勝1分けとしていたビジャレアルは、エメリ監督就任後の公式戦で初黒星。これまでの試合と同じでは勝てなかったと、敗戦を振り返った。 「これまでの試合をプレーしてきたチームに継続性を与え、自信と同じ戦術があった。我々はボールを保持したかったが、それが正確にできず、攻撃の時に急いでしまい、避けなければいけないことをしてしまって自分たちで傷つけてしまった」 「最初の45分間は割と順調にスタートしたので、ミスを犯してしまった。ここで勝つためには、もっと多くのことを行わなければいけない」 「前半の出来に関してファンのみんなには謝罪する。これを取り戻していきたい」 また、74分から途中出場し、古巣との対戦となった久保についても言及。一定の評価を下した。 「タケは全ての試合で色々と貢献してくれている。彼は攻撃するためにどのポジションでもプレーすることが可能だが、右サイドではとても快適にプレーしている」 「ボックス内に入ること、いつ突破するのか、いつ動かし始めるのかをやって欲しいと思う。彼はとても上手くプレーしていると思う」 2020.09.28 09:58 Mon
twitterfacebook