セビージャがアルゼンチン代表MFアクーニャを獲得!

2020.09.15 01:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは14日、スポルティング・リスボンのアルゼンチン代表MFマルコス・アクーニャ(28)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月までの4年間で、移籍金はポルトガル『A Bola』によれば1050万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額1250万ユーロ(約15億7000万円)とのことだ。アルゼンチン代表としてこれまで27試合に出場しているアクーニャはサイドハーフ、サイドバック、ウイングバックと左サイドの全ポジションでプレー可能なレフティー。母国のラシンで台頭し、2017年夏にスポルティングに加入して以降、公式戦135試合に出場し、9ゴール25アシストの数字を残していた。

セビージャでは昨季、レアル・マドリーからレンタルで加入し、主力として活躍していたDFセルヒオ・レギロンの買い取りが難航しており、その後釜としてもアクーニャは期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング: バイエルン 2-1 セビージャ《UEFAスーパーカップ》

UEFAスーパーカップ、バイエルンvsセビージャが24日に行われ、延長戦の末2-1でバイエルンが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バイエルン採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200925_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ノイアー 7.0 エン=ネシリとの一対一を2度止めたプレーは流石 DF 5 パヴァール 5.5 オカンポスの突破を制限 4 ジューレ 5.5 L・デ・ヨングに競り負けてPK献上に関与。エン=ネシリに背後を取られる場面も 27 アラバ 5.5 PKを献上。ただ、それ以外は安定 21 リュカ 5.5 攻撃面ではA・デイビスに劣るも、守備は及第点 (→J・ボアテング -) (→ハビ・マルティネス 6.5) 途中出場で決勝点を挙げる大仕事 MF 6 キミッヒ 6.0 正確なパスワークでゲームをコントロール 25 ミュラー 6.0 同点弾を演出。要所で決定機に顔を出す辺りは流石 18 ゴレツカ 6.0 同点弾を挙げる。タイミング良くゴール前に絡んだ (→アルフォンソ・デイビス 6.0) 推進力を生み出した FW 7 ニャブリ 5.5 積極的にシュートには持ち込んでいたが実らず 9 レヴァンドフスキ 6.0 同点弾をアシスト。相手のセンターバックに監視されながらも仕事はした 10 サネ 5.5 突破しきるシーンは少なかった (→トリソ 5.5) すんなりと試合に入った 監督 フリック 6.0 苦戦したが、しっかりと勝ち切った ▽セビージャ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200925_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 ブヌ 6.0 レヴァンドフスキとの一対一を一つ止める DF 16 ヘスス・ナバス 6.0 PK獲得の起点に。守備もニャブリ相手に問題なし 12 クンデ 6.5 身体を張ったプレーが効いていた 20 ジエゴ・カルロス 6.0 クンデと共にレヴァンドフスキを抑える 18 エスクデロ 6.0 サネの突破を制限 MF 8 ジョルダン 6.0 ハードワークを続けて攻守に顔を出す (→フランコ・バスケス -) 25 フェルナンド 6.0 ミュラーの動きを監視 10 ラキティッチ 6.0 セビージャ復帰戦。PKを獲得し球際でも戦っていた (→オリベル・トーレス 5.5) 足を止めずボールホルダーに寄せ続けた FW 7 スソ 5.5 一定のキープ力を見せて時間を作る (→グデリ 5.5) 守備面で貢献 9 L・デ・ヨング 5.5 ジューレとの競り合いで負けず。PK獲得をお膳立て (→エン=ネシリ 5.5) ノイアーとの一対一は相手のシュートストップを褒めるべき 5 オカンポス 6.0 PKを決めて先制点奪取。最後まで運動量落ちず 監督 ロペテギ 6.0 バイエルン相手に善戦も一歩及ばず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ノイアー(バイエルン) エン=ネシリとの一対一を2度止めて逆転勝利に導いた。 バイエルン 2-1 セビージャ 【バイエルン】 ゴレツカ(前34) ハビ・マルティネス(延前14) 【セビージャ】 オカンポス(前13)【PK】 2020.09.25 06:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ノイアー躍動のバイエルン、延長戦でのハビ・マルティネス弾でセビージャに逆転勝利!《UEFAスーパーカップ》

UEFAスーパーカップ、バイエルンvsセビージャが24日に行われ、延長戦の末2-1でバイエルンが逆転勝利した。 昨季のチャンピオンズリーグ王者であるバイエルンと、ヨーロッパリーグ王者であるセビージャの一戦。 バイエルンは先週行われ、8発圧勝としたブンデスリーガ開幕戦のシャルケ戦と同じスタメンで臨んだ。一方のセビージャはラ・リーガ開幕を遅らせる措置を受けている中、公式戦初戦に向けて新戦力のラキティッチがスタメンとなった。 立ち上がりからボールを保持したのはバイエルンだったが、セビージャが11分にPKを獲得する。ヘスス・ナバスのクロスをL・デ・ヨングが頭で落とし、ボックス中央に侵入したラキティッチがアラバに倒された。このPKをオカンポスが決めてセビージャが先制した。 失点後もバイエルンがボールを保持し、ミュラーやパヴァールが決定的なシュートに持ち込むと、30分に同点のチャンス。しかし、ノイアーのロングフィードに抜け出したレヴァンドフスキがボックス右まで侵入して放ったシュートはGKブヌの守備範囲だった。 それでも34分にバイエルンが見事な連係から追いつく。ミュラーのフィードをレヴァンドフスキが丁寧に落とし、ボックス中央のゴレツカがボレーで蹴り込んだ。ハーフタイムにかけてもバイエルンが押し込む展開としたものの、1-1で前半を終えた。 そして迎えた後半、51分にバイエルンが逆転しかける。ボックス手前右からのサネのフィードをレヴァンドフスキがヘッドで落とし、ミュラーのリターンパスをレヴァンドフスキが蹴り込んだ。しかし、レヴァンドフスキのポジションがわずかにオフサイドでVARの末にノーゴールとなった。 その後もニャブリがゴールに迫ったバイエルンが攻勢に出るも、徐々に膠着状態に陥っていく。 すると終盤の88分、セビージャに勝ち越しのビッグチャンス。ロングカウンターに転じ、最後はエン=ネシリがノイアーとの一対一となるが、シュートを止められてしまった。 90分で決着が付かず1-1で迎えた延長戦、開始2分にセビージャに決定機。しかし、再びエン=ネシリの放ったシュートはGKノイアーに止められた。 すると延長前半14分、バイエルンが逆転する。CKの流れからアラバのシュートはGKブヌに止められるも、ルーズボールをハビ・マルティネスが頭で押し込んだ。 そして延長後半のセビージャの攻撃を凌いだバイエルンが2-1で勝利。7季ぶりにUEFAスーパーカップを制している。 2020.09.25 06:33 Fri
twitterfacebook
thumb

フリック監督、UEFAスーパーカップで今季初タイトルへ 「99%の力では十分ではない」

バイエルンを率いるハンジ・フリック監督が、今シーズン初タイトルが懸かるセビージャとのUEFAスーパーカップに向けて意気込みを語っている。『UEFA.com』が伝えている。 フリック監督は昨シーズン、途中就任ながらもニコ・コバチ前体制で崩壊しかけていたクラブを見事に立て直し、2013年以来となるシーズントレブルに導く卓越した手腕を発揮した。 前人未踏の2年連続のトレブルを目指す今シーズンは、先週末に開幕したブンデスリーガ初戦でシャルケを8-0で粉砕するなど、最高のスタートを切っている。 そして、昨季チャンピオンズリーグ(CL)王者として臨む今回のUEFAスーパーカップでは、ヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャを相手に今季初タイトル獲得を目指す。 25日にハンガリーのブダペストのプスカシュ・アレーナで開催されるこのビッグマッチに向けた前日会見に出席したドイツ人指揮官は、EL王者への敬意を示しながらも今季初タイトル獲得を誓っている。 「我々の目標はただ一つ、UEFAスーパーカップで優勝することだ。厳しい戦いになるだろうが、我々は自分たちが優勝できると思っている」 「セビージャは当然のことながらヨーロッパリーグを制覇した。彼らは成熟したチームであり、戦術的にも優れている。(フレン・ロペテギ)監督は良い仕事をしている。ダイナミックで激しい試合になるだろう。両チーム共にフットボール面において多くのことが期待できるし、最高の試合が期待できる」 「我々は準備をしっかりとして、100%の状態で、インテンシティと我々の能力のすべてを試合で発揮して、勝利したいと思っている。セビージャ戦では、99%の力では十分ではないだろう」 「我々はこの試合に勝ちたい。ファイナルだからだ。ファイナルはいつも特別なものなんだ」 また、セビージャ戦に向けた最新のチームニュースでは、新型コロナウイルスの陽性反応が出た知人の濃厚接触者にあたるフランス代表FWキングスレー・コマンが引き続き欠場となる一方、足首の問題を抱えていたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは練習に復帰しており、起用可能な模様だ。 2020.09.24 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督、欧州王者バイエルンとの今季初戦に向け、「この美しい試合でシーズンをスタートできることに感慨」

セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督が、今シーズンの初戦にして初タイトルが懸かるバイエルンとのUEFAスーパーカップに向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 ロペテギ監督は昨シーズン、就任1年目ながらラ・リーガ4位フィニッシュに導くと共に、クラブが伝統的に得意とするヨーロッパリーグ(EL)において歴代最多6度目の優勝をもたらした。 その華々しいセビージャ1年目を経て、更なる成功が期待される今シーズンに向けては、休養期間の短さを考慮され、すでに開幕しているラ・リーガで開幕節、第2節の日程変更が認められたこともあり、昨季チャンピオンズリーグ(CL)王者と対峙する今回のビッグマッチが初陣となる。 25日にハンガリーのブダペストのプスカシュ・アレーナで開催されるバイエルン戦に向けた前日会見に出席したロペテギ監督は、ヨーロッパ王者を相手に今季の初戦を迎えられることを非常に楽しみにしている。 「我々には非常に短い期間の休養しかなかったことは事実だ。プレーヤーの入れ替わりがあった中、ここまで約12日間のトレーニングを行ってきた。現状はは我々がその短い時間の中で学んだことを実証する段階にあるが、我々は現状に満足している」 「もちろん、我々はより多くの試合を必要としているが、今我々はスーパーカップというビッグマッチに臨もうとしており、非常に興奮している。自分たちがどこから来たのか、どこに向かっているのかを考えることなく、バイエルンのような偉大なライバルを倒すことに集中している」 「我々はこの美しい試合でシーズンをスタートできるという、夢のような状況に心を動かされている。バイエルンは多くの圧倒的な個の力を持ったチームであり、それが我々のモチベーションを高め、興奮させ、あらゆる感覚で成長させてくれるはずだ」 自力の差に加え、コンディション面の不利もあってバイエルンに対して、胸を借りる気持ちで臨むような姿勢を見せたスペイン人指揮官だが、勝利するためにはチームとしての一体感が重要だと主張している。 「明日はチーム全員のキャラクターが必要になると思うが、その上でチームとしてプレーすることが求められる。勝利を手にするために個々が自分のベストを尽くさなければならない」 2020.09.24 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ復帰のラキティッチがクロアチア代表引退を発表…「最も難しい決断だった」

クロアチアサッカー連盟(HNS)は21日、セビージャに所属するMFイバン・ラキティッチ(32)がクロアチア代表からの引退を申し入れたことを発表した。 HNSによれば、ラキティッチは今回の代表引退についてHNSのダヴォール・シューケル会長やズラトコ・ダリッチ監督、クロアチア代表で主将を務めるMFルカ・モドリッチとの話し合いを行い決断したとのことだ。 世代別代表ではスイス代表としてプレーしたが、2007年に自らのルーツを持つクロアチア代表を選択することを発表したラキティッチ。同年9月のエストニア代表戦でクロアチア代表デビューを飾ると、ユーロは2008年、2012年、2016年の3大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場していた。 2018年行われたロシア・ワールドカップでは、全試合に出場しチームの準優勝に大きく貢献。ユーロでも通算10試合に出場。クロアチア代表としては歴代4位となる通算106試合に出場していた。 代表引退を決断したラキティッチは、クロアチアサッカー連盟の公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「クロアチア代表に別れを告げることは、僕のキャリアの中で最も難しい決断だった。だけど、僕は今がその瞬間だと思ったんだ。僕は母国のために多くの試合でプレーしてきたけど、ワールドカップのことは忘れられないね。あの時のことは僕のお気に入りとして残り続けているよ」 バーゼルの下部組織で育ったラキティッチは、2005年にプロデビュー。その後、シャルケやセビージャでのプレーを経て、2014年にバルセロナへ加入。バルセロナでは公式戦310試合に出場し35ゴール42アシストを記録。ラ・リーガ4回、コパ・デル・レイ4回、チャンピオンズリーグ1回など、合計13個のタイトルを獲得。 しかし、ロナルド・クーマン監督の新体制では構想外となっていたため、契約を1年残しながらも退団を決意。1日に古巣セビージャへの6年ぶりの復帰が発表されていた。 2020.09.22 01:20 Tue
twitterfacebook