リバプールがU-17ブラジル代表GKを確保! 移籍金は100万ポンドに

2020.09.14 18:19 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールがフルミネンセに所属するU-17ブラジル代表GKマルセロ・ピタルガ(17)の獲得に成功したようだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じている。フルミネンセの下部組織に在籍するピタルガは、トップチームデビューは果たしていないが、同国期待の若手GKの1人だ。昨年、母国で開催されたFIFA U-17ワールドカップ(W杯)では自身に出場機会はなかったものの、優勝メンバーの1人となっていた。

『リバプール・エコー』によると、先月の段階からピタルガ獲得に向けてフルミネンセと交渉していたリバプールは、100万ポンド(約1億4000万円)の金額で合意に至ったという。そして、来週中にも正式契約となる見込みだ。

また、フルミネンセは今回の契約に同選手が将来的に移籍した際、移籍金25%を受け取れる条項も盛り込んだという。

なお、今年12月20日に18歳の誕生日を迎えるピタルガだが、リバプールのトップチームで守護神を務めるブラジル代表GKアリソン・ベッカーと同様に、ドイツの国籍も有しており、EU圏内の選手扱いとなるため、このタイミングでの加入が可能になるという。
コメント
関連ニュース
thumb

アルテタ監督、リバプールとの敵地2連戦に「本当にタフ」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、リバプール戦に向けた記者会見を行なった。 28日にプレミアリーグ第3節でリバプールと対戦するアーセナル。ここまでフルアムとウェストハムの同じロンドン勢を相手にし、開幕連勝を収めているが、3連勝は2004-05シーズンを最後に遠ざかっている。 リバプールとは今季はすでにコミュニティ・シールドで対戦しており、1-1で迎えたPK戦の末にアーセナルがタイトルを手に。また、昨季終盤のエミレーツ・スタジアムでの一戦でも勝利しているため、直近では2連勝となっている。 しかし、アルテタ監督にとって敵地アンフィールドは初舞台。今回は無観客開催となるが、指揮官は「アンフィールドのファンが作り出すあの雰囲気は彼らをより強くする。しかし、ファンがいなくても彼らがどれだけ強いかは誰の目にも明らかだ」と、無観客が有利に働くことはないと主張。また、前述のコミュニティ・シールドやエミレーツでの試合とは異なるものだと、冷静な見方をしている。 「エミレーツでの試合と決勝戦は全く異なる試合だった。今回もまた違う雰囲気の試合になるだろう。我々は彼らがこのリーグにもたらしたスタンダードや一貫性を知っている。それが彼らが試合の大部分を支配出来る理由だ。だから我々は我々のベストを尽くす必要がある。本当に上手く戦わなければならない。そして願わくば、選手たちにはいい結果を持ち帰ってほしい」 また、リーグ戦の3日後に控えるEFLカップ4回戦でもリバプールと対戦することが決まっているが、アルテタ監督は「通常、わずか4日間で同じ相手と試合をするのは、選手にとっても十分に適応出来るかどうか難しい。1試合目が次の試合に影響するのは明らかで、短期間で同一相手に連勝するのは本当にタフなことだ」とコメントを残している。 2020.09.26 17:43 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、逸材MFバラギジとプロ契約

リバプールは26日、U-18チームに所属するU-17イングランド代表MFジェームズ・バラギジ(17)とのプロ契約締結を発表した。 バラギジは11歳の2015年にマンチェスター・シティ下部組織からリバプール下部組織に加入。昨シーズンは15歳ながらU-18チームに昇格を果たすと、ブラックバーンU-18とのリーグ開幕戦で2ゴールを記録する活躍を披露していた。 今月20日に17歳の誕生日を迎えたバラギジは高い技術力とフィジカルの強さが魅力の攻撃的MF。ボランチでもプレー可能なポリバレント性も備えている。 2020.09.26 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップ監督、ヘンダーソンのアーセナル戦欠場を明言

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンのアーセナル戦欠場を明言した。 クロップ監督は25日、3日後に控えるプレミアリーグ第3節のアーセナル戦に向けて負傷者に関する報告を行なった。その中で最も大きなトピックとなったのが、ヘンダーソンの欠場だ。 同選手は20日に行われた第2節のチェルシー戦で先発出場したものの、前半のみで途中交代。元々コンディションが万全でなかったこともあり、指揮官は次のガナーズ戦は「明らかに間に合わない」としている。 一方で、チェルシー戦を欠場していたDFジョー・ゴメスは練習に戻ってくるようで、出場は問題ないと見られている。 また、移籍後初先発が期待されるMFチアゴ・アルカンタラに関しては「まあまあ、まだわからないよ」と濁すにとどまっている。 2020.09.25 21:52 Fri
twitterfacebook
thumb

「今日の試合は大好き」クロップ監督が2G1Aと大活躍の南野拓実を絶賛「彼がプレスのリズムを作った」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴール1アシストを記録した日本代表FW南野拓実のパフォーマンスを称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するリンカーン・シティとのアウェイゲームに臨み、7-2で圧勝した。 南野は2トップの下でこの試合に先発フル出場すると、1-0で迎えた18分には、ボックス手前右からうまく力が抜けた絶妙な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し今季2点目を記録。4-0で迎えた後半にはエリオットのシュートのこぼれ球を南野が押し込みこの試合2点目を記録。89分にはロングカウンターからディボク・オリジのゴールをアシストした。 7-2と力の差を見せつけたリバプールだが、この試合で3ゴールに絡んだ南野についてクロップ監督が称賛。特に中央でのプレー、そしてプレッシングのクオリティについて高く評価した。 「正直に言って、今夜のタキ(南野拓実)の試合は大好きだ。とても優れており、多くの場面に関与していた」 「彼のクオリティがどこにあるのか、我々の誰もがどんどん理解していると思う。彼が最終的にプレーするところがどこか、それは中央に行く」 「左ウイングや右ウイングでプレーしたとしても、彼はハーフスペース、または中央でプレーする。それは彼の本来の強さがそこで発揮されるからだ」 「彼は本当に素晴らしかった。相手は(ゴールを決められた後)7回もキックオフする必要があった。相手がパスを受けた時に最初に相手を追いかけたのは、タキだった」 「彼は全ての機会でプレス、カウンタープレスのリズムを作った。今夜の試合は本当に好ましいものだった」 2020.09.25 09:35 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、南野が2G1Aの躍動で3部相手に7発圧勝! 4回戦はアーセナルとの対戦に《EFLカップ》

リバプールは24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するリンカーン・シティとのアウェイゲームに臨み、7-2で圧勝した。なお、FW南野拓実はフル出場し、2ゴール1アシストを記録した。 プレミアリーグの前節でチェルシーを破り、開幕連勝スタートのリバプール。28日にアーセナルとのビッグマッチを控える中、今季のEFLカップ初戦ではファン・ダイクを除く先発10人を変更。 GKにアドリアン、最終ラインはネコ・ウィリアムズとファン・ダイクと共に、いずれもデビュー戦となったリース・ウィリアムズ、ツィミカスを起用。中盤はカーティス・ジョーンズ、グルイッチ、シャキリの3センターハーフ、トップ下の南野、2トップにエリオット、オリジが並んだ。 中盤ダイヤモンドの[4-3-1-2]の布陣で臨んだリバプールは、立ち上がりから圧倒的にボールを握る。すると、開始9分にはボックス手前右の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのシャキリが得意の左足を振り抜くと、美しい軌道を描いたボールがゴール右隅に決まり、幸先よく先制に成功した。 さらに、畳みかける攻めを見せるリバプールは18分、前線からのプレッシャーで相手DFのパスミスを誘うと、シャキリがブロックしたボールがDFに当たってこぼれたところに反応した南野がボックス手前右からうまく力が抜けた絶妙な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、コミュニティー・シールド以来の今季2点目とした。 これで完全に乗ったプレミアリーグ王者は、23分にもセットプレーの流れから南野が枠内シュートを飛ばすと、30分過ぎに立て続けにゴールを奪う。 まずは32分、最後尾のリース・ウィリアムズからの正確なフィードをボックス左のオリジが頭で落とす。これを拾ったC・ジョーンズが冷静に対面のDFを外して右足のコントロールシュートを右隅に突き刺す。さらに、36分には右CKの二次攻撃からこぼれ球をエリオットが回収し、中央のC・ジョーンズに繋ぐと、19歳の生え抜きMFが鮮やかなターンから放ったミドルシュートが相手DFにディフレクトし、ゴール右隅の完璧なコースに決まった。 前半に4点を奪って試合を決めたリバプールは、ハーフタイムでファン・ダイクを下げてファビーニョを投入。だが、後半もエンジン全開のチームは、キックオフ直後の攻めでGKと一対一となったエリオットのシュートのこぼれ球を南野が押し込み、開始早々にゴールをこじ開ける。 57分にエリオットを下げて新加入のジョタをデビューさせたアウェイチームは、61分に一瞬の隙を突かれてエドゥンにゴールを奪われるが、直後の65分にはグルイッチのグラウンダーのミドルシュートが決まり、長らく武者修行が続いたセルビア代表MFに待望の初ゴールが生まれた。 その後、セットプレーから2点目を奪われるなど、点差もあってか、試合はやや大味な展開となったが、89分にはロングカウンターから南野のラストパスに抜け出したオリジがこの日のゴールショーを締めくくる7点目を奪い、試合はタイムアップ。 2ゴール1アシストを記録した南野の活躍などで、3部相手に圧勝のリバプールが順当に4回戦進出を決めた。なお、その4回戦では28日にリーグ戦で対戦するアーセナルとの対戦となる。 2020.09.25 05:40 Fri
twitterfacebook