FC東京がU-18日本代表DF大森理生の来季トップ昇格を発表 「ユルネバを歌える日を楽しみにしています」

2020.09.13 17:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京は13日、U-18チームに所属するU-18日本代表DF大森理生(18)の来季トップ昇格を発表した。東京都出身の大森は身長183㎝、体重76kgのDF。昨シーズンは2種登録選手としてFC東京U-23の主戦場である明治安田生命J3リーグ21試合に出場した。クラブは大森のアピールポイントを「深い東京愛を根底に、勝つために周囲を動かすリーダーシップを発揮するDF。正確かつ大胆なビルドアップで攻撃のチャンスを創り出す」と伝えている。

その大森はクラブの公式サイトで以下のように意気込みを語っている。

「来シーズン、トップチームへ昇格することになりました大森理生です。まず初めに自分の大好きなクラブであり、小学校4年生からお世話になっている東京で、プロサッカー選手としてのキャリアを始められることをとても嬉しく思います。そして、今までサポートし続けてくれた家族や、チームメイト、U-15むさしの頃からどんなに遠い場所でも応援に来てくださったファン・サポーターの方々、自分に関わっていただいた全ての方々に深く感謝します」

「たくさんのタイトル獲得に向けて、謙虚な気持ちを忘れず、献身的にチームのために戦いますので、応援よろしくお願いします! この大変な状況を乗り越えて、みなさんとともに味の素スタジアムでユルネバを歌える日を楽しみにしています」
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京MF鈴木喜丈が水戸へ育成型期限付き移籍「全力で戦ってきます」

水戸ホーリーホックは23日、FC東京からMF鈴木喜丈(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年1月31日まで。背番号は「43」に決定している。 FC東京下部組織出身の鈴木は2017年にトップチーム昇格。U-23チームをメインに経験を積んでいたが、今シーズンはFC東京U-23が明治安田生命J3リーグへの参加を辞退していたことから、出場機会がない状況だった。 水戸への武者修行が決まった鈴木は両クラブを通じて、以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリホック 「水戸ホーリーホックのみなさま、鈴木喜丈です。自分自身初めての移籍となりますが、チームの勝利のために全力でプレーします!応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「この度水戸ホーリーホックに育成型期限付き移籍をすることになりました。ここまでずっと応援してくださったファン・サポーターの方々、また、今回の移籍を実現させてくださった両クラブ関係者の方々に感謝します」 「アカデミー時代も含めてここまで積み重ねてきたことをベースにチャレンジし水戸の地で全力で戦ってきます。そして帰ってきた時に成長した姿、プレーをみなさんの前で見せることができるように頑張ってきます」 2020.09.24 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

上位対決は途中出場アダイウトンが躍動でFC東京に軍配! C大阪は今季初の連敗…《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節のFC東京vsセレッソ大阪が23日に味の素スタジアムで行われ、2-0でホームのFC東京が勝利した。 前節のベガルタ仙台戦(1-0で勝利)から中2日で上位対決に向かう3位のFC東京。品田、内田、田川、アダイウトンに代えてアルトゥール・シルバ、安部、永井、ディエゴ・オリヴェイラを起用してホームで連勝を狙う。 一方、2位のC大阪は前節の鹿島アントラーズ戦(1-2で敗北)で連勝が「6」でストップ。そこから中3日での今節だが、片山に代えて丸橋だけのメンバー変更にとどめ、立て直しの一戦に臨んだ。 堅守速攻を特長とするFC東京は、C大阪対策としていつもの[4-3-3]ではなく[4-4-2]の布陣を採用。レアンドロと永井のスピードのある前線へボールを集めて攻撃の芽を伺うが、なかなかチャンスは作り出せない。 C大阪は18分にブルーノ・メンデスの落としから清武がボックス左へ侵入しチャンスを迎えるも打ち切れず。互いになかなかリズムを作れないまま試合を折り返した。 後半は立ち上がりからオープンな展開に。すると58分にC大阪に決定機。丸橋のシュートのこぼれ球を奥埜がシュート。強烈なシュートだったが右ポストに阻まれ、再度狙った丸橋のシュートはGK林に処理された。 FC東京は61分にアダイウトンと内田を投入。すると、すぐさまアダイウトンが流れを変える。63分、自陣からのスローインを受け安部に供給。持ち上がった安部は左へパスをすると、これに走り込んだディエゴ・オリヴェイラがボックス左の角度のないところからシュートを突き刺し先制に成功する。 さらに、その3分後には森重のクロスを内田が滑り込みながら繋ぎ、アダイウトンが押し込み追加点をマークした。 一気に2点のビハインドを背負ったC大阪は3枚替え。鈴木、高木、柿谷を送り込み前線を活性化する。84分には高木の落としに鈴木がシュートもミートできず。 猛攻を受けるFC東京は身体を張った守備で無失点のまま試合をクローズ。結局、2-0でホームのFC東京が勝利し連勝を収めた。一方、C大阪は今季初の連敗を喫した。 FC東京 2-0 セレッソ大阪 【FC東京】 ディエゴ・オリヴェイラ(後18) アダイウトン(後21) 2020.09.23 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:FC東京vsC大阪】最注目の上位対決、首位を追いかける者の意地を見せるのは

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2020年9月23日(水) 19:00キックオフ FC東京(3位/35pt) vs セレッソ大阪(2位/39pt) [味の素スタジアム] ◆トップを追うために負けられない上位決戦【FC東京】 前節はホームゲームとなったベガルタ仙台戦で1-0と薄氷の勝利。古巣対決となったMF三田啓貴の素早いリスタートからカウンターが決まり、連敗を回避した。 AFCチャンピオンズリーグの日程変更により他のJクラブよりも過密日程を強いられているFC東京。特に中盤の選手に多数ケガ人が出ており、過密日程と加えてチームを逼迫している状況だ。 それでも代わりに出場している三田が活躍を見せるなど、チームは苦しい状況でも成長を見せている。チーム全体の力が均一化されていないことが首位川崎フロンターレとの差。その点をこの難しいシーズンで埋めつつあることは大きく評価して良いことだろう。 今節の相手は2位のC大阪。1つ上との対戦となるだけに、負けるわけにはいかない。首位の背中は遠いが、追いつくには勝ち続けるしかない状況。攻撃の形をもつC大阪に対して左サイドがどう対応するのかは試合のカギとなる。C大阪の攻撃を抑え、ショートカウンターを仕掛けることができれば、トップに入るであろう永井謙佑のスピードやディエゴ・オリヴェイラの強さを発揮させることができるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:林彰洋 DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:内田宅哉、アルトゥール・シルバ、三田啓貴、レアンドロ FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ◆痛恨の敗戦、仕切り直しへ【セレッソ大阪】 前節は急激に調子を上げている鹿島アントラーズをホームに迎えた一戦となったが、1-2で敗戦。連勝が「6」でストップし、首位川崎フロンターレの背中が再び遠のいてしまった。 敗れはしたものの、試合内容が悪かったわけではない。しっかりと決定機も作り出し、勝てるチャンスもあった中、勢いで鹿島に上回られたというところか。GK沖悠哉の好セーブにも阻まれるなど、運もなかった印象だ。 しかし、下を向いている暇はない。仕切り直しとなる一戦は、同じく上位のFC東京との一戦。ここで負けるようでは、首位の背中を追いかけることは難しいと言えるだろう。 強度の強いサッカーを展開するFC東京相手に、球際で負けないことが何よりも大事。また自慢の守備陣は、カウンターに警戒しつつ、その芽をしっかりと摘むことが勝利に近づく要素となる。 キーマンは右サイドの坂元達裕と松田陸だろう。C大阪の攻撃の起点になっている右サイドの2人のコンビネーションが機能すれば、自ずとペースを引き寄せることが可能に。縦への突破、中へのカットイン、様々なパターンでFC東京守備陣を翻弄できるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.09.23 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

カウンター炸裂のFC東京が3試合ぶり勝利! 三田の恩返し弾で仙台撃破《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節のFC東京vsベガルタ仙台が20日に味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 前節、大分トリニータに2-3で敗れているFC東京(3位/勝ち点32)は、その一戦からスタメンを5名入れ替え。渡辺、中村、アダイウトン、田川が2試合ぶりの先発となり、内田が6試合ぶりに名を連ねている。 一方、3連敗中の仙台(17位/勝ち点)は0-3の完敗を喫した前節の大分戦からスタメンを4名変更。DFラインに平岡と特別指定選手のアピアタウィア久をチョイスしたほか、中盤に関口、前線に真瀬が入った。 中7日の仙台に対して、中3日のFC東京がペースを握り試合が進んでいく展開となるなかで、ホームチームが13分にカウンター攻撃を炸裂させる。ハーフライン付近でアダイウトンが倒されると、三田がFKをクイックスタート。田川からのリターンパスで抜け出した三田がボックス中央手前から左足シュートをゴール右に流し込んで先制に成功する。 三田の恩返し弾となる今季初ゴールでリードを手にしたFC東京は、21分にも決定機。レアンドロのパスをボックス左で受けたアダイウトンが切り返してから右足シュート。カーブのかかったボールは右ポストに嫌われてしまう。 前半中盤にかけて仙台がボールを保持できる展開となると36分、敵陣右サイド深くでジャーメイン良がFKを獲得。浜崎が供給したボールはクリアされたものの、こぼれ球に反応した関口がボックス手前中央から右足ボレー。しかし、こちらもポストに直撃してしまう。 前半終了間際に関口のスルーパスから長沢がシュートまで持ち込むチャンスを仙台は作ったが、追いつくことはできず試合を折り返す。 両チーム交代なしで迎えた後半序盤の53分には、関口の放ったシュートのこぼれ球をジャーメイン良がボックス右から左足コントロールショット。しかし、僅かにゴール左に外れてしまう。 その後は仙台がボールを保持するも、FC東京が鋭いカウンターから相手陣内に押し入る展開に。だが、両者とも決定的なチャンスをを作り出せないまま、時間が進んでいく。 FC東京は84分に、ドリブルで持ち上がったレアンドロがボックス中央手前からドライブシュートを放つ。これはGKヤクブ・スウォビィクが弾くと、溢れたボールに途中出場の原が反応するも、放ったシュートはカバーに入ったDF平岡のブロックに遭ってしまう。 その後は、ディエゴ・オリヴェイラや永井がボールを上手くキープしながら時間を使ったFC東京が1-0で逃げ切り。3試合ぶり勝利を手にした。一方、仙台は4連敗となっている。 FC東京 1-0 ベガルタ仙台 【FC東京】 三田啓貴(前13) 2020.09.20 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第17節:FC東京vs仙台】上位追走へ3戦ぶり勝利なるか、6戦未勝利の仙台は光を見出せるか

【明治安田生命J1リーグ第17節】 2020年9月20日(日) 19:00キックオフ FC東京(3位/32pt) vs ベガルタ仙台(17位/11pt) [味の素スタジアム] ◆疲労困憊、主導権を握って勝ち切れるか【FC東京】 ミッドウィークに行われた前節はホームに大分トリニータを迎えたが、2-3で敗戦。勝ちにいった展開をひっくり返されての黒星となった。 前半は焦れずに戦ったものの先制されて追いかける展開に。一度は追いついたものの、勝ち越しを狙いにいくと、ラスト10分間で2失点を喫してしまった。 大型連戦中のチームには明らかな疲労の色が見え、パフォーマンスの低下が顕著に。90分間戦い抜くことが難しく、後手を踏む展開はより疲労を生むこととなる。 気がつけば今節が連戦の11試合目。フィジカル面だけでなく、メンタル面、そして頭の中も疲れが溜まっている状況。相手は下位で苦しむ仙台だが、勝ち切るにはまずは先手を奪って主導権を握ることだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村拓海、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、高萩洋次郎、安部柊斗 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 ◆光見えない中、求められる粘り強さ【ベガルタ仙台】 前節はホームに大分トリニータを迎えたが、3失点で完敗。チームは3連敗となり、6戦未勝利となった。 この6試合では1試合で1ゴールが最多。試合中もチャンスを作れないわけではないが、ゴールを奪えるイメージが見えてこないのが正直なところだ。 サイドを使って崩す場面はあるものの、フィニッシュワークの乏しさが気になるところ。また、アタッキングサードに限らず、どの局面でもデュエルでの弱さが目立ち、相手に主導権を握らせてしまう場面が散見される。 球際で強さを見せられなければボールを保持できず、自分たちの戦い方もできない状況だ。 上位との対決となるが相手は連戦真っ只中。若干のアドバンテージがあるコンディション面を生かし、球際の勝負で勝つことが、白星をつかむキッカケとなるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、シマオ・マテ、平岡康裕、パラ MF:浜崎拓磨、椎橋慧也、関口訓充 FW:ジャーメイン良、長沢駿、アレクサンドレ・ゲデス 監督:木山隆之 ※契約上の理由でDF柳貴博は出場不可 2020.09.20 12:50 Sun
twitterfacebook