【J1注目プレビュー|第16節:横浜FCvs名古屋】互いに決定力が課題、ポゼッションvsカウンターの対決は

2020.09.13 14:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第16節】
2020年9月13日(日)
18:00キックオフ
横浜FC(13位/14pt) vs 名古屋グランパス(4位/27pt)
[ニッパツ三ツ沢球技場]◆フィニッシュの精度を上げ連敗ストップへ【横浜FC】

前節はアウェイでのFC東京戦となったが、先制しながらも逆転負け。これで3連敗となった。チームとして推し進めるポゼッションサッカーだが、その形は引き続き見せている。一方で、前線の選手に決め切る力が足りない印象だ。

3連勝時は3試合で8得点を記録していたが、3連敗時は2得点にとどまっている状況。セレッソ大阪、FC東京と上位との対決では、ポゼッションだけでは意味がないことが露呈。フィニッシュワークの大切さを感じたはずだ。

守備陣も、前々節のサガン鳥栖戦を含め、狙われることも多く、GKからスタートするビルドアップが狙われている状況。安定感を取り戻す必要もある。ケガ人も多く、ベストなメンバーを送り込めていない状況もある中、ここが正念場。主導権を握り続けて、4試合ぶりの勝利を掴みたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:南雄太
DF:瀬古樹、伊野波雅彦、小林友希、袴田裕太郎
MF:松浦拓弥、佐藤謙介、手塚康平、松尾佑介
FW:斉藤光毅、皆川佑介
監督:下平隆宏

◆逆転勝ちでリスタート、連勝へ【名古屋グランパス】

前節はホームに横浜F・マリノスを迎えた中、先制される展開となったもののマテウス、ガブリエル・シャビエルのゴールで逆転勝ち。久々の複数得点となった。

堅守が持ち味の一方で、得点力不足は深刻な状態に陥っていただけに、複数得点で逆転勝ちできたことはチームとしてプラスになるはず。この流れを継続していきたいところだが、疲労の色も色濃くなってきた。

攻撃陣は多少の入れかを行なっているものの、最終ラインはほぼ固定。堅守に必要な集中力も連戦が続けば欠いてしまうこともある。しっかりと気を引き締めるだけでなく、多少のターンオーバーも行なっていきたいところだろう。

首位の川崎フロンターレの背中はまだまだ遠いところにあるが、上位を守るためには負けていられない状況。しっかりと連勝を収め、上位争いにくらいついて行けるかにも注目だ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:ランゲラック
DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊
MF:稲垣祥、米本拓司
MF:マテウス、阿部浩之、ガブリエル・シャビエル
FW:金崎夢生
監督:マッシモ・フィッカデンティ
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:横浜FMvs名古屋】連覇消えた王者、連勝ストップの名古屋とともに求められるバウンスバック

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2020年10月21日(水) 19:30キックオフ 横浜F・マリノス(7位/38pt) vs 名古屋グランパス(5位/42pt) [日産スタジアム] ◆連覇消滅、モチベーションをどこに【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでセレッソ大阪と対戦し、4-1で大敗。大阪でのアウェイ連戦を勝利なく終え、さらには連覇の可能性が消滅することとなった。 “鬼門”となっていたアウェイのC大阪戦だったが、試合では相手のプレスにハマり、全くポゼッションが機能せず。パフォーマンスレベルも低く、内容もないまま敗れ去ってしまった。 連覇の可能性がなくなったことに加え、ガンバ大阪戦に続き苦しい試合となったことのショックは少なくない。YBCルヴァンカップとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)による過密日程の影響で選手たちは疲労困憊状態。さらにケガ人が相次いだこともあり、ターンオーバーもままならない状況でここまで戦ってきたツケが回った印象だ。 これによりタイトル獲得の可能性は現状ACLのみ。11月に集中開催となるが、そこに向け、そして王者としての意地を見せるためにもしっかりと前を向いて戦いたい。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆川崎Fを止められず連勝ストップ、仕切り直しへ【名古屋グランパス】 前節はアウェイで川崎フロンターレと対戦し、11連勝を阻みたかったが、結果は3-0で完敗に終わった。 優勝の可能性はかなり低くなったが、2位はまだ目指せる状況。ここで気落ちして連敗していては2位の座も遠くなる。 川崎F戦ではブロックを敷き、相手の巧みなボール回しと、選手のポジショニングにもしっかりと対応していたが、セットプレー絡みで3失点と流れとは関係ないところでやられてしまった。 今節に向けてもしっかりとした守備からまずは入ること。横浜FMの強力な攻撃陣を乗らせないことが重要となる。 川崎F戦ではカウンターの精度を欠いたことも苦しむ要因に。しっかりとストロングポイントを出して、まずは連敗回避と行きたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、オ・ジェソク MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.10.21 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:神戸vs鹿島】ポゼッションで優位に立つのは? 勢いを取り戻したい両者が激突

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2020年10月21日(水) 18:00キックオフ ヴィッセル神戸(11位/33pt) vs 鹿島アントラーズ(6位/39pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆ミスは禁物、しっかりと上位を叩けるか【ヴィッセル神戸】 前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で2-1と敗戦。これで3試合勝利なしとなった。 相性の悪さもありながら、この試合でもセットプレーで失点すると、ミスから追加点を奪われる展開に。後半は圧力を掛けて攻勢に出たが、結局勝ち越すことはできなかった。 11月にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えている中、今節をホームで戦うとリーグ戦ではアウェイ4連戦に。上位を窺うラストチャンスといっても良い状況だけに、4試合ぶりの勝利をあげたいところだ。 相手の鹿島も一時期の勢いはなくなっている状況だが、やはり試合を優位に進めるためにミスは禁物。しっかりと地に足をつけてプレーできるか。後手に回らないことが勝利へのカギとなるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:西大伍、大﨑玲央、渡部博文、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆主導権を握り、上位へ再びエンジンを【鹿島アントラーズ】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦し、1-0で敗戦。アグレッシブさを出せないまま90分を終えていた。 最悪のシーズンスタートとなった鹿島だったが、一時は7連勝を記録し一気に上位に浮上。その勢いには陰りが見えているが、チームとしての成熟度は高まっている。 札幌戦ではアグレッシブさを出せず、インテンシティが低かった印象。そのパフォーマンスをどこまで取り戻せるかが、今節のカギとなるだろう。 互いにポゼッションを好み、守備もアグレッシブさを出すなど似たスタイルで戦う。試合の主導権をどちらが握るのか。フィニッシュの精度も含めて、熱戦となりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、関川郁万、永戸勝也 MF:ファン・アラーノ、永木亮太、レオ・シルバ、和泉竜司 FW:土居聖真、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ 2020.10.21 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:川崎Fvs名古屋】2度目の11連勝へ挑む川崎F、名古屋は2度目の“ストップ・ザ・カワサキ”へ

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月18日(日) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/62pt) vs 名古屋グランパス(4位/42pt) [等々力陸上競技場] ◆2度目の11連勝に挑戦、相手は同じ名古屋【川崎フロンターレ】 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し、0-2で勝利。今シーズン2度目の10連勝を飾った。 前半から広島に良い攻撃を許していた川崎Fだったが、守備陣とGKチョン・ソンリョンの頑張りもあり無失点に。後半はレアンドロ・ダミアン、三笘薫のゴールで0-2と快勝した。 シーズン2度目の10連勝と、その強さは圧倒的だが、川崎Fとしてはここを乗り越えなければ満足できないだろう。前回の10連勝時、11試合目に戦ったのは名古屋。守備に重きを置いた戦い方で、1-0と川崎Fは封じ込められて敗れた。 奇しくも今回も11試合目の相手が名古屋と、奇跡とも言える組み合わせとなったが、川崎Fとしてはこんなチャンスは訪れない。前回と同じ轍を踏まないように、今回は11連勝なるか。普段通りのサッカーで挑みたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、守田英正、大島僚太 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、齋藤学 監督:鬼木達 ◆川崎F相手に唯一のダブルのチャンス!4連勝へ【名古屋グランパス】 前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて3-0と快勝。リーグ戦の連勝を「3」に伸ばした。 シーズン当初から堅守が特徴的だった名古屋だが、この3試合は連続でクリーンシートを達成。川崎F戦に向けて仕上がっているイメージだ。前回もストップした首位チームの連勝を今回も止めにかかるだろう。 特にこの3試合は稲垣と米本のボランチコンビは非常に堅く、中央からの攻撃はなかなか難しくなる。また、川崎Fは前回の名古屋、そしてYBCルヴァンカップ準決勝のFC東京戦も堅く守られた相手に敗れている。 名古屋としては前回対戦時のイメージを崩さず、しっかりと耐えた上で、チャンスを決めきることができるか。唯一のシーズンダブルのチャンスであり、好調なマテウスの一発にも期待だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、オ・ジェソク MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.10.18 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:広島vs神戸】前節11名入れ替えの神戸は誰を起用する?広島は前節の悔しさを払拭できるか

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月18日(日) 17:00キックオフ サンフレッチェ広島(11位/31pt) vs ヴィッセル神戸(10位/33pt) [エディオンスタジアム広島] ◆後は決めるだけ、内容改善を結果に【サンフレッチェ広島】 前節は首位の川崎フロンターレをホームに迎えたが、0-2で敗戦。立ち上がりから押しこむシーンもあったが、最後までゴールを奪えずに敗れた。 前半は川崎Fを上回るパフォーマンスを見せながらも、フィニッシュの精度を欠く場面も。先制を許してからも下を向くことなく、川崎Fのゴールに迫ったが、力及ばず敗れ去った。 試合内容は悪くなく、上昇してきたチームのパフォーマンスを悲観することはない。首位の力を知ったと捉え、しっかりと切り替え、メンタル面を整えることが重要だ。 今節の相手である神戸は再開初戦で対戦し0-3で快勝した相手。川崎F戦で決め切れなかったゴールを奪い、連敗を回避したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:茶島雄介、川辺駿、青山敏弘、東俊希 MF:浅野雄也、森島司 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 ◆前節は11名入れ替え、今節は誰を起用する?【ヴィッセル神戸】 前節は大胆に11名全員を入れ替え大分トリニータと対戦したが、結果は1-1のドロー。大胆な采配を打ったことを考えれば、連敗を逃れたことは大きい。 11月に控えるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のことを考えれば、最悪2チームを編成しなくてはならないこともある。過密日程とともに、そこまで考慮した采配だったと考えれば、収穫は大きかっただろう。 今節はどの11人がピッチに立つのか全くわからない状況。システムも久々に3バックを採用したが、今節は3バックか4バックか読めないところも多い。 アウェイの広島戦ということで、簡単な試合にはならない。しっかりと勝ち点を積み上げていくためにも、前節の11人入れ替えをプラスにできる三浦淳寛采配にも注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:西大伍、大﨑玲央、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 2020.10.18 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:浦和vs仙台】ホーム4連敗中の浦和にとってのターニングポイント、12戦未勝利の仙台を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月18日(日) 16:00キックオフ 浦和レッズ(9位/34pt) vs ベガルタ仙台(16位/13pt) [埼玉スタジアム2002] ◆ホームで5戦勝ちなし、4連敗で止められるか【浦和レッズ】 前節は柏レイソルを相手にアウェイで1-1のドロー。連勝こそならなかったが、チームとしてみせたパフォーマンス、試合内容は手応えがあったはずだ。 1つは柏のエースFWオルンガを封殺したこと。江坂任に決められ失点こそ喫したが、オルンガに仕事をさせなかったことは1つ自身になったはずだ。 また、攻撃陣もちぐはぐさが拭えない試合が続いた中、柏戦は1点に終わったものの、攻撃に厚みを持たせられ、後はフィニッシュの精度といったところまできた。やっと、チームとして1つ課題がクリアできそうな状態だ。 今シーズンの浦和は様々なところで問題が出ては、1つずつ乗り越えてきた。この柏戦で掴んだ手応えを結実させるためには、今節の仙台戦で気持ちよく勝ち点3を獲得したいところ。6試合ぶりのホーム戦勝利を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、宇賀神友弥 MF:マルティノス、長澤和輝、エヴェルトン、関根貴大 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆泥沼の12戦未勝利、我慢は続く【ベガルタ仙台】 前節はホームに横浜FCを迎えて0-0のゴールレスドロー。連敗を免れはしたが、決してポジティブに捉えられる結果ではないだろう。 失点こそしなかったものの、横浜FCのプレスの前にビルドアップが全く機能せず、チームとして戦えていない状況に。得点の匂いが全くしないまま90分を終えていた。 連敗こそ免れたが、12戦未勝利。いくら降格がないシーズンとはいえ、そろそろ上積みが欲しいところだろう。 当然選手層が厚くない中でケガ人が多く出ている状況を考えれば、難しいところは多々ある。一方で、ピッチに立っている選手が体現したいサッカーを披露できていないことも事実。チーム力を上げるためにも、目の前の1試合に向かってしっかりとプレーしたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:柳貴博、シマオ・マテ、平岡康裕、パラ MF:浜崎拓磨、椎橋慧也、関口訓充 FW:道渕諒平、長沢駿、アレクサンドレ・ゲデス 監督:木山隆之 2020.10.18 11:25 Sun
twitterfacebook