ライプツィヒ、ライマーが右ヒザ手術へ…約1カ月の離脱に…

2020.09.13 13:41 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは12日、オーストリア代表MFコンラート・ライマーが右ヒザの手術を受けることを発表した。昨シーズンの公式戦42試合4ゴール7アシストの数字を残すなど、セントラルMFと右サイドを主戦場にライプツィヒの躍進を支えたライマー。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントでのプレーを通じて、右ヒザに問題を抱えており、シーズン開幕まで1週間を切る段階で手術に踏み切ることになった。


なお、週明けの木曜日に手術を受ける予定となっており、離脱期間は約4週間となる。そのため、ライマーは20日に行われるブンデスリーガ開幕節のマインツ戦を含め数試合を欠場することになる。
関連ニュース
thumb

敵地でブレーメンに4発快勝のライプツィヒが首位を追走!大迫は途中出場も見せ場を作れず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第28節のブレーメンvsライプツィヒが10日に行われ、1-4でライプツィヒが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は83分からプレーした。 リーグ戦3連敗中の13位ブレーメン(勝ち点30)が、2位ライプツィヒ(勝ち点57)をホームに迎えた一戦。 ミッドウィークに延期されていたDFBポカール準々決勝のヤーン・レーゲンスブルク戦を1-0で勝利し4強入りを決めたブレーメンは、その試合からスタメンを5人変更。その試合で決勝点を記録した大迫はベンチスタートとなった。 一方、前節バイエルンとの天王山を惜敗したライプツィヒは、その試合からスタメンを5人変更。フォルスベリやハイダラ、ウパメカノらに代えてセルロートやクライファート、カンプルらがスタメンに名を連ねた。 試合は地力で勝るライプツィヒがボールを保持すると13分、エンクンクのサイドチェンジをボックス左で収めたクライファートがチャンスを迎えたが、シュートは左サイドネットに外れた。 主導権を握るライプツィヒは23分、ドリブルで仕掛けたカンプルのパスをザビッツァーがワンタッチで前線に送ると、ダニ・オルモの落としを再び受けたカンプルがラストパス。ゴール前に上がっていたダニ・オルモのダイレクトシュートがゴールに吸い込まれた。 対するブレーメンは、直後にセットプレーからチャンスを迎える。27分、フリードルの右CKニアに走り込んだゼルケがヘディングで合わせたが、これはわずかにゴール左に逸れた。 先制したライプツィヒは、32分にもアダムスのパスで右サイドを抜け出したエンクンクがクロスを供給すると、ボックス中央のセルロートがヘディングシュートをゴール左に流し込んだ。 さらに38分にはザビッツァーのスルーパスからボックス左に抜け出したハルステンベルクがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 その後も攻撃の手を緩めないライプツィヒは、41分に右サイドを突破したオルバンのクロスをゴール前に走り込んだセルロートが流し込み、3点のリードで前半を折り返した。 迎えた後半、ブレーメンはディンクシ、エンボム、トプラクを下げてラシツァ、モフワルド、ヴェリコビッチを投入。対するライプツィヒは、アダムスを下げてヘンリクスをピッチに送り出した。 そして、後半先にゴールをこじ開けたのはブレーメンだった。59分、左サイド深くまで侵入したラシツァのクロスはザビッツァーにクリアされるも、このボールがボックス内のカンプルの腕に当たり、ブレーメンがPKを獲得。このPKはラシツァがゴール右下に沈めた。 ミスから1点を返されたライプツィヒはすぐさま反撃を開始。すると63分、右クロスのこぼれ球をボックス内で拾ったエンクンクのパスでボックス右深くまで侵入したヘンリクスの折り返しをザビッツァーが流し込み、再びリードを広げた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。ブレーメンは83分にサージェントを下げて大迫を投入したが、終盤にかけても反撃できず。試合はそのまま1-4でタイムアップ。完敗を喫したブレーメンはリーグ4連敗。大勝したライプツィヒは逆転優勝へ首位を追走している。 2021.04.11 00:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがオルバンと2025年まで契約延長

RBライプツィヒは9日、ハンガリー代表DFヴィリー・オルバン(28)との契約を2025年まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたオルバンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ライプツィヒでプレーが続けられることを嬉しく、誇りに思っている。2015年に加入してから、クラブでは様々なことが起こり続けてきた。だけど僕たちの道のりはまだまだ終わっていない。これからも目標達成に向けて少しでも助けになりたいと思っているよ」 2015年7月にカイザースラウテルンからライプツィヒへ加入したオルバンは、在籍6シーズンで公式戦189試合に出場し18ゴール6アシストをマーク。今シーズンもここまで公式戦33試合に出場。ブンデスリーガでは23試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 2021.04.10 01:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第28節プレビュー】バイエルンは遠藤ウニオンと、ライプツィヒは大迫ブレーメンと対戦

代表ウィーク後に行われた前節、首位バイエルンが試合巧者ぶりを発揮して2位ライプツィヒとの頂上決戦を制し、7ポイント差に広げて9連覇へ大きく近づいた。そしてチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは4位フランクフルトが5位ドルトムントとの直接対決を制し、7ポイント差に広げてCL出場に近づいている。迎える第28節、バイエルンはMF遠藤渓太のウニオン・ベルリンと、ライプツィヒはFW大迫のブレーメンと対戦する。 FWレヴァンドフスキを欠いた中、ライプツィヒとの頂上決戦を制した首位バイエルン(勝ち点64)は、水曜に行われたCLパリ・サンジェルマン戦ではカウンターに沈み、2-3と打ち負けた。先勝を許してしまったが、切り替えてリーグ戦勝利を掴めるか。 一方、前節ヘルタ・ベルリンとのダービーを引き分けで終えた7位ウニオン(勝ち点39)は、EL出場圏内を維持。ダービーで出場機会のなかった遠藤渓太に出番は訪れるか。 続いてブレーメンvsライプツィヒ。バイエルン相手にスコア以上の内容差で敗れた2位ライプツィヒ(勝ち点57)。優勝は厳しい状況となったが、3季連続でのCL出場はほぼ確実な情勢となっている。バイエルン戦の敗戦を引きずらず切り替えることはできるか。 一方、前節シュツットガルト戦を0-1で敗れた13位ブレーメン(勝ち点30)は、後半半ばに投入された大迫が追加タイムに際どいシュートを浴びせたものの及ばず、黒星となってしまった。残留を争う後続が迫ってきているだけにブレーメンとしては勝ち点1でも積み上げたいところ。DFBポカールで決勝点を挙げた大迫に注目だ。 続いてフランクフルトvsヴォルフスブルクの上位対決。4位フランクフルト(勝ち点50)は前節ドルトムント戦では代表帰りの鎌田が後半から投入されて以降に反撃に転じ、2-1と競り勝った。大きな勝利を手にした中、ここ11戦で9勝と好調を持続する3位ヴォルフスブルク(勝ち点54)との上位対決で勝ち点を伸ばせるか。出場停止明けで休養十分な長谷部にも注目したい。 ブレーメンとの拮抗した試合を制してEL出場権争いに踏み止まった8位シュツットガルト(勝ち点39)は、5位ドルトムント(勝ち点43)をホームに迎える。FWニコラス・ゴンサレス、FWワマンギドゥカに加え、MF遠藤航の相棒であるMFマンガラが再離脱となって選手層が厳しい状況だが、火曜に行われたCLマンチェスター・シティ戦で好パフォーマンスを見せたドルトムントを退けることはできるか。 最後にマインツとの残留争いを引き分けたものの、降格圏の17位を抜け出せずにいるビーレフェルト(勝ち点23)は、金曜に10位フライブルク(勝ち点37)とのホーム戦に臨む。マインツ戦では守備に奔走する形となったMF奥川、トップの位置でのプレーが続く堂安には攻撃面での貢献を期待したい。 ◆ブンデスリーガ第28節 ▽4/9(金) 《27:30》 ビーレフェルトvsフライブルク ▽4/10(土) 《22:30》 ヘルタ・ベルリンvsボルシアMG ブレーメンvsライプツィヒ バイエルンvsウニオン・ベルリン フランクフルトvsヴォルフスブルク 《25:30》 シュツットガルトvsドルトムント ▽4/11(日) 《22:30》 シャルケvsアウグスブルク 《25:00》 ケルンvsマインツ ▽4/12(月) 《27:30》 ホッフェンハイムvsレバークーゼン 2021.04.09 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アンヘリーニョ、SNSで完全復活アピールも…ナーゲルスマン監督「部分的な参加にとどまっている」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がスペイン人DFアンヘリーニョに「焦るな」と諭した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 大腿筋の負傷でチームを離脱したアンヘリーニョだが、今週からトレーニングに復帰。自身のインスタグラム(@angelino_69)を通じて、10日に行われるブンデスリーガ第28節のブレーメン戦に出場する準備ができていると投じた。 しかし、ナーゲルスマン監督は「彼はまだ全体練習に加われておらず、部分的な参加にとどまっている」とアンヘリーニョ本人と異なった見解を示した。 また、「彼が戻ってきたのを誰もが喜んでいる」とした上で、「それでも、彼の人生には学ぶべきことがある。例えば、ケガをしたときにきちんと対応することや、自分の感情をきちんと整理することだ。サッカーの面においては彼の素晴らしい点が多いが、リハビリの段階で改善の余地がある」と続けた。 さらに、「私は厳しい指導者ではないので、ペナルティを与えることはないが、そういう指導者だっている。彼は将来的に別の指導者の下でプレーするだろうし、学ぶべきだ」とSNSの使い方にも警鐘を鳴らしている。 2021.04.09 16:18 Fri
twitterfacebook
thumb

試合巧者バイエルンがライプツィヒとの頂上決戦制して9連覇へ大きく前進《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第27節、ライプツィヒvsバイエルンが3日に行われ、0-1でバイエルンが勝利した。 代表ウィーク前の前節、ビーレフェルトに快勝した2位ライプツィヒ(勝ち点57)は、来季のバイエルン入りが決まっているウパメカノが負傷から復帰。3トップはフォルスベリ、ダニ・オルモ、エンクンクで形成した。 一方、前節シュツットガルト相手に10人となりながらも4-0と圧勝した首位バイエルン(勝ち点61)は、4日後にチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦を控える中、代表戦で負傷したレヴァンドフスキが欠場。アルフォンソ・デイビスとJ・ボアテングがそれぞれ出場停止となった。9連覇に向けて最大の山場となりそうな中、レヴァンドフスキの代役はチュポ=モティングが務めた。 勝利が求められるライプツィヒが立ち上がりから前がかる展開となったが、集中した守備を見せるバイエルン相手にシュートチャンスを生み出すには至らない。 するとカウンターを狙っていたバイエルンが38分に先制した。ミュラーがボックス右深くでキミッヒのロングフィードを引き出し、マイナスに折り返したところをゴレツカがダイレクトで蹴り込んだ。 ライプツィヒが1点ビハインドで迎えた後半、フォルスベリに代えてクライファートを投入した中、ザビッツァーとダニ・オルモに立て続けに同点のチャンスが訪れるも、シュートは枠を捉えきれない。 すると後半序盤のチャンスを生かせなかったライプツィヒは徐々に攻めあぐねる展開に。そこで73分、Y・ポウルセンとセルロートのツインタワーを投入。 だが、引き続き集中した守備を見せるバイエルン相手に攻め手を見い出すことができなかった。結局、試合巧者ぶりを発揮したバイエルンが頂上決戦を制し、ライプツィヒとの勝ち点差を7に広げ、9連覇へ大きく前進している。 2021.04.04 03:26 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly